fc2ブログ
2021-12-07 15:49 | カテゴリ:未分類
大河ドラマ『青天を衝け』
第38回「栄一の嫡男」で
久しぶりに徳川慶喜公がたくさん出てきました。

60歳前後の頃の慶喜公ですが、
昔ゲッターズ飯田さんの占いで、
生まれながらにして60歳と言われただけあって、
草彅慶喜は、まさにその年齢にぴったりの
風情や趣があって、哀愁漂う老公の佇まいを
違和感なく体現していて
びっくりしてしまいました。

正室の美賀子さんは乳がんを患い、
58歳で亡くなられたそうですが、
慶喜公と美賀君が無言で見つめ合う場面では、
苦難の年月を共に歩んできた夫婦の感慨が
表情だけで表現されて、
大変味わい深いものがありました。
無言で気持ちを滲み出す剛君と
川栄李奈さんの夫婦愛が自然で素敵でした

また、回想部分では30歳前後だった頃の
慶喜公も映り、その若々しさにも驚愕。
1年間のドラマの中で10代から70代までを
見事に演じきる俳優草彅剛の無限の才能に
あらためて感嘆せざるを得ません。

また、ラジオ深夜便の「もっと青天を衝け」
のコーナーで剛君が語ったことですが、
草彅慶喜が初登場した能を舞っていた場面も、
ご本人が猛練習して臨んでいたとのこと。
能面を被り、能の衣装に身を包み、
数秒舞う姿が本格的で見惚れてしまうほど!

第37回で慶喜公が栄一にお茶を振る舞う場面も
茶道を極めた人らしい気品が漂っていて
驚かされました。絵を描いていても、
カメラのレンズを覗いていても、
趣味人らしい風情と教養が滲み出ています。
ユーチューブで快活に話す
天然で脳天気風な草彅剛は微塵もありません。

こんな役も見事にこなせるのですから、
あらゆる作品で草彅剛を見てみたいと
夢は大きく膨らみます。
夏目漱石の「こころ」の先生役なんかも
どうだろうと思わず想像してしまうほどです。

本当に不思議な稀有な人ですね、
草彅剛さんは。
裏であらゆることに努力していても
その努力をひけらかしたり訴えたりしない。
全て笑い話のようにさらっと語って、
悲壮感を出さないところが見事です。

でも、作品を見ていると、
裏で重ねている努力が
結果として現れていますし、
そのレベルの高さが半端ではない。
努力だけでは説明できない
役を吸収して体現できる俳優としての
天賦の才能をお持ちなのだろうと思います。

KAATの芸術監督でいらっしゃる長塚圭史さんと
前芸術監督で『アルトゥロ・ウイの興隆』の
演出である臼井晃さんが、
インスタライブの対談で俳優草彅剛のことを
たっぷり語ってくださっていますね。
吸収力が凄い、何事もどんどん吸収してしまう
「底無しのスポンジみたいな人」と。
役を体に吸収して、どんどん研ぎ澄ます、
かつ(観客に)見せるという術も知っている人と。

2021年の『青天を衝け』
再演『アルトゥロ・ウイの興隆』で、
剛君はさらに俳優として飛躍的に進化したようです。
そんな様子を、1年間を通して、
目撃できていることが幸せでたまりません。
また、ファンで無かった一般の人々にも
剛君の俳優としての魅力が広く
伝わっていくことが何よりも嬉しい。

12月、『青天を衝け』も残すところ3回。
私はいよいよ京都で
『アルトゥロ・ウイの興隆』を観劇します。
26日なんか千秋楽と最終回が
被っているので、どうなってしまうことやら!!

12月の「ななにー」で、
吉沢亮君が来てくれましたが、
剛君が吉沢亮君の努力を心から
リスペクトしている姿に一番感動しました。
隣から亮君のセリフを覚える声が聞こえてきた時、
剛君は心から感動し、刺激を受けたのだと思います。
そんな剛君の様子を想像すると胸が熱くなります。
剛君のそんな謙虚さ、心の綺麗さが大好きです。

私も最終回はシャンパンでお祝いしようかしら。
いや、シャンパンは本当に頑張った
吉沢亮君と草彅剛さんで!!

この12月。剛君のお芝居を堪能しながら
充実した年末を送りたいです。

2021-11-15 15:23 | カテゴリ:未分類
昨日11月14日(日)神奈川KAAT芸術劇場にて
再演『アルトゥロ・ウイの興隆』初日が
無事開幕し、誠におめでとうございます。

ツイートを見ていると、観劇された皆さんが
感動したり放心したり恐怖を感じたりして、
興奮冷めやらぬ様子であることが
ビシバシと伝わってきました。

初演を観た人は、「内容がわかりやすくなり、
セリフが観客の心に刺さりやすくなった」とか、
俳優さんたちの演技が研ぎ澄まされて、
大衆が扇動されて行く恐怖感が高まったとか、
オーサカ=モノレールさんの音楽と剛君のダンスが
キレッキレでその迫力に飲み込まれそうになったとか。

剛君もウイになりきることを躊躇わず、
肝が座った感じでウイとしての表現力が倍増しになったとか。
ツイートを読んでいるだけで、観ていない私にも
迫力満点の舞台の様子が目に浮かんでくるようです。

初演を私は3回観ましたが、回数を重ねるごとに
みるみる進化していった剛君とカンパニーに
興奮したことを昨日のことのように思い出します。

再演ということで、稽古の時から
演出家の臼井晃さんが様々のところをチェックして、
ブラッシュアップしていったと伺いました。

剛君自身も気合十分で、自分の集大成として、
これまで培ってきたことを全てかけて
取り組んでいるとのこと。
その気合いと集中力は、歳をとっても衰えるどころか
さらに熱く熱く燃え上がっているように感じられます。

頼もしいですね、我らが草彅剛は。
3時間という公演時間、41公演という長丁場、
演劇界の巨匠ブレヒトの難解な作品という大きな壁に
怯むことなく全力でぶつかっていく闘志に頭が下がります。

「漢」であり「燃える人」であり「諦めない人」

兎にも角にも、喉が大変だと思いますし、
相当な体力も必要とされるでしょう。
体調管理をしっかりして、怪我などする事なく、
無事全公演完走できますように
心から切に切に願うばかりです。

私は、京都公演の12月24日(金)に
1人でいくはずだったのですが、ありがたいことに
中学校の時の同級生が同行してくれることになりました。
また、京都千秋楽には夫と2人でいくはずだったのですが、
娘と娘の婚約者も同行してくれることになりました。
娘の婚約者はつよポンのドラマや映画が好きなのですが、
舞台は初めてなので、今から予習したりして
とても楽しみにしてくれています。

今回は大きな会場での長丁場ということで、
いつもよりかなりチケットが手に入りやすい状況です。
こんな時こそ、舞台人草彅剛の実力を一般の人たちに
広く知らしめたいですよね。
『ミッドナイトスワン 』や大河ドラマで
草彅剛に新たに興味を持ってくださった方たちにも、
是非観ていただいて、舞台人草彅剛の本領を
知っていただきたいと切に切に願うばかりです。

大河ドラマは2週連続慶喜公の出番がなく寂しいですが、
今まであまり描かれてこなかった明治時代の諸々が
題材になっていてとても見応えがあります。

今まで千代さんはずうっと出ていたにもかかわらず、
実はあまり心惹かれる要素がなかったのです。
でも、明治以降表舞台に立った渋沢栄一をしっかり支え、
自らの意思でより良いことをといろいろ行動する様子に
栄一ではありませんが感服し強く惹かれるものを感じます。

一番魅力的な時にコレラに罹患して亡くなってしまうとは
人の一生のなんと儚いことでしょうか。
寿命は計り知れないものですが、
身を尽くし、心を燃やし、
毎日を精一杯生きなければとあらためて思います。

先日『なぎスケ』シーズン2が終わり、
一旦終了ということが発表されました。
ゆる〜い2人の番組が心のオアシスだったので、
ポッカリと心に穴ができたような寂しさを感じます。

でも、剛君もユースケさんも
前向きにお仕事に取り組んでいるし、
2人とも舞台にかける意気込みが半端ではないので、
ある意味仕方のないことかもしれません。
スタッフの方たちも「一旦終わります」と
ツイートしてくださっているので、
また、2人のリズムが整えば見られるものと信じています。

剛君も、ユースケさんも、舞台頑張って欲しいですね!!

静かに深く情熱を燃やすなぎスケお2人の今後を
これからも精一杯応援して行きます

2021-10-22 18:00 | カテゴリ:未分類
昨日NHKで放送された「シブ5時」での
徳川慶喜を演じる草彅剛さんへのインタビューは
明治期の断髪した徳川慶喜公のお姿を
たくさん見ることができましたし、
剛君の演技の秘密に迫る興味深い内容で、
大変見応えがありました。

所々インタビュアーを煙に巻くような
面白い言葉を織り込みながら、
聞く人を飽きさせないさすがのトーク力を見せつつ、
普段以上に演技の秘密について語ってくれた剛君。

一緒に番組の録画を見ていた夫も、
「シャドーボクシングをしてカマしている。
そこから亮君との駆け引きが始まっているんですよ」
とか、湧き上がる感情を載せていくだけでなく
時には台本にない演じ方を試して見る、
「ここは怒るト書きだけれど、あまり怒るの
やめようかなみたいな。そうしたら監督困るのかな」
とか思ってやってみる、などと言う剛君の斬新な
演技法がたいへん興味深いと言っておりました。

「みんなの総合パワーというか、
 みんなのを受け取ったあとは僕が頑張る」
「視聴者をドキッとさせるために極端にやってみる」
「気持ちがいちばん大事。
 感覚で演じるというのは芝居冥利に尽きる」
「仕事中は食事を取らない」という衝撃の事実も
明かされました。剛君って最近こそ明るくて
苦労している感じを全く感じさせないですが、
若い時からストイックな人だったんですよね。
それこそ、物事の本質を捉えるために、
体も心もピュアな状態であるよう研ぎ澄ましている
っていう感じがあったんです。そういう状態を
キープするために食事を食べていなかったなんて、
その徹底したプロ意識に頭が下がります。

『草彅やすともさんのウサギとかめ』で、
ご自身のことを「りんごでも食べたいなあ」と
のどかに呟いているような
子どもだったと言っていましたが、
そんなあどけない少年が、
お仕事中は食事を取らない
「本質を掴み取る力が凄まじい」
お芝居の求道者になったという事実に感嘆します。
やはり、人並外れた演技の裏には
並々ならぬプロとしての姿勢が
隠されていたのだと再認識させられますが、
くれぐれも健康には気をつけていただきたいですね。

珍しく演技の秘密について多く語ってくれた剛君。
それだけ徳川慶喜という素晴らしい役を
くださったNHKのスタッフの皆さんへの
感謝の気持ちが強いということですね。
番組スタッフと剛君との間にある信頼関係が素敵で
長年のファンとして感慨深い気持ちになりました。

『青天を衝け』の最終回とその前の回が、
15分拡大版になったという
嬉しいお知らせもありましたし、
今後、断髪した白髪も混じる慶喜公を
どのように見せてくれるのか楽しみです。
亮君の演技を確認して「すばらしい」と呟いた
剛君の後ろ姿は渋みと包容力のある
大人らしさがあってとても魅力的でした。

剛君が徳川慶喜をしっかりとコンプリートして、
新しい人生を切り開いていく様子を見届けたいと
期待がますます膨らみます。

昨日公開された『なぎスケ』エピソード49の
ユースケさんの剛君評が
感動的な内容が多くて嬉しかったですね。
「本当の意味で(剛は)俺なんかの何十倍も優しい。
 人のために涙流せたりだとか
 ちゃんと仁義を重んじたりするような人」
そうなんだろうなあと思ってはいたけれど、
嘘をつけない正直なユースケさんにそんなことを
言っていただけるなんて、本当に有り難いことですね!

明日10/23は『アルトゥロ・ウイの興隆』の
一般発売日です。いつの間にか夫も剛君の作品は
全て一緒に見てくれるようになったので、
京都での公演の土日は2枚ずつ申し込んでいたのですが、
これまでは平日のひとり分しか当選せず、
明日の一般発売にかけるしかないかと思っていたのです。
でも、本日ぴあ2次先行抽選の結果が出て、
12月26日(日)の京都千秋楽が2枚当選していました。

コロナ前に最後に見た舞台が
『アルトゥロ・ウイの興隆』で
コロナ自粛後初めて見る舞台も
『アルトゥロ・ウイの興隆』ということになりそうです。
全公演が無事に開催されますように。
そしてあの舞台に込められた願いが
閉塞感いっぱいの世の中を少しでも照らしますように。
そんな願いを込めて、
年末までの日々を気をつけながら丁寧に過ごしたいです。

2021-10-04 22:45 | カテゴリ:未分類
昨日の10月のななにーでの
天海祐希さんを迎えた俳優SPトークは、
天海さんの真面目なお人柄のおかげか
とても深い内容で大変聞き応えがありました。

天海さんがあんなにオープンに心の中を
語ってくださる方とは知らなかったので、
真摯にお話しされるお姿に
引き込まれてしまいました。
剛君たちも大先輩の謙虚なお姿に刺激を受けたのか、
いつも以上に自分の心の中をしっかり見つめて、
丁寧に答えようとしていたのが興味深かったですね。

天海さんは演じる前にどのように脚本と向き合うか、
具体的に教えてくださいました。
几帳面にしっかりと
お仕事に取り組んでいらっしゃる様子が
よく伝わってきました。本当に真面目な方ですよね。
そんな大先輩のお話を聞いて、
「(自分は)いつか誰かに怒られるだろうなあ。」
と口走った剛君でしたが、すかさず天海さんは
「いつか誰かに怒られる方が、
 賞はお取りにならないですよ〜。
 本当に。素晴らしいです。」と言ってくださり、
剛君も「ありがとうございます。自由にやってます。」
とお礼を述べました。天海さんは、何度も
「感覚的で天才なんですよ。」と3人のことを
おっしゃってくださいましたね。

慎吾ちゃんの話によると、
剛君も若い時は本をしっかり読み込んで
分析しまくって悩んでいたし、
周りの評価も気にしていたらしいですね。
4年前にリリー・フランキーさんを交えて
3人で演技の話をしていた時もそう言っていました。

でも、最近の剛君はそうじゃなくなって変わったと。
剛君も「一周してあんまりこだわりを持たなくなった。
もっともっと遠くの方に届いたらいいなあ。
もっともっと離れている人に届くのが大切なのかな。
そんな感覚かな。」と話しましたね。

さすが「コスモポリタン
ウドちゃんにそう命名された時、
どういう意味なのかわからなかったのですが、
後で調べてみたら、
「国籍、民族などにとらわれず、
世界的視野と行動力を持つ人」とのこと。
ウドちゃん、
難しい言葉の意味を知っているのですね!
(控室トークでは「宇宙とかいう意味」って
ウドちゃんは言っていたような気がしますが)
あの控室トークと俳優トークとが何気に結びついて
なんだか感動してしまいました✨✨✨✨✨
確かに最近の剛君のお芝居は
新境地を開いているように思います。

でも、剛君も天海さんのような大先輩の
真面目なお話を身近にお聞きすることができて、
とてもいい刺激になったのではないでしょうか。
「俺たちも見習わないとな」という気持ちと、
「自由にやってます」という気持ちと
どちらも大切なのではないでしょうか。

吉沢亮君の演技を見て、
「凄いな」って思う気持ちも
とても大切だと思います。
先輩や後輩から刺激を受けつつ、
剛君のコスモポリタンとしての能力に
ますます磨きがかかり、さらにさらに
俳優として進化してくれことを願って止みません。

パラリンピックの選手の皆さんからも
多くのことを吸収し刺激を受けているし、
芸人さんやシンガーの皆さんからも
多くのことを吸収し刺激を受けていますね。
PUFFYのおふたりとのライブも
楽しそうで本当に素敵でした。
SMAPの強みはあらゆることを吸収できる柔軟さ。

「もっともっと遠くの方に届いたらいいなあ」
というコスモポリタン剛君の
ますますのご活躍をお祈りしています💓

それから、『老後の資金がありません』は実は
先日、本を読んだばかりでとても面白かったし、
予告で見た天海さんの演技が突き抜けていて
とても面白そうだったので、
絶対に観に行こうって思ってます💓

2021-09-27 16:32 | カテゴリ:未分類
若い時の剛君の演技の中でも
特に惹きつけられたのは、
時にスパークするピュアな感性、
勢いのある感情の爆発でした。
そんな中でも、
それとは対照的な静かな語り、
感情を湛えた目だけの演技も秀逸で、
剛君の演技の強弱のバランスの良さを、
その変化を味わい楽しんできたと思います。

でも、『ミッドナイトスワン』以降の
剛君の演技はさらに細やかに
進化または深化したように感じます。

『ミッドナイトスワン 』では性別の境を、
『ぺぺロンチーノ』では現実と非現実の境を
『青天を衝け』は時空の境を越えていく感じ。

感情の爆発と静の演技という区別もない世界。
説明のつかない得体の知れない感情が
心のままに自然と浮かび上がってくるような表情。
間を取って演技をするというような
技巧的なものではない、
感情や意識、存在そのものが
その場の空気を支配する集中力が
とてつもないのです。

第28回『青天を衝け』
篤太夫と八百万の神」での
慶喜公と渋沢篤太夫の主従としての別れの場面。
あの場面だけでもどれだけ
フェーズが変わっていったでしょう。

新政府への批判をとうとうと述べる
篤大夫の話を聴きながら
横を向いたまま顔を曇らせていく慶喜公。
「ここは良いが外では気をつけよ」
ただただ新政府に目をつけられないよう
命を狙われないよう篤太夫を心配する慶喜公。

国を思い東照神君の偉大さを噛み締めながらも
新政府に疑われないよう
政治から決別する意志を述べる慶喜公。

「行きたいと思っておるのであろう!
 これが最後の命だ。
 この先は日本のために尽くせ。」

水戸藩に渋沢を引き抜かれることは阻止したのに
渋沢篤太夫の本願である
「日本を変えたい。日本のために働きたい」
という思いを見抜き、
新政府への出仕を後押しする慶喜公。
この時は真っ直ぐに篤大夫の目を見つめています。

「元の名とはなんだ」「渋沢栄一と申します」
「渋沢栄一」とつぶやき、
名乗りながら馬を追いかけてきた
渋沢との出会いを回顧する慶喜公。
「そんな名であったかなあ」
この時の懐かしそうに遠い目をする慶喜公に
渋沢栄一も感極まり涙が溢れ出ます。
あの出会いから、2人は共鳴し合い
深い絆で結ばれた主従になったのですから。

「今までありがとうございました。」
「渋沢栄一、大儀であった。息災を祈る」
「はっつ」

顔を庭に向けたまま、
別れの言葉を告げる慶喜公。
本当はそばに置いておきたい
渋沢栄一だったでしょうが、
国のため、渋沢本人のため、
そして2人で見たの夢の続きを託すため、
万感の思いで渋沢栄一を送り出した慶喜公。
寂しさと安堵が入り混じった
沈黙の横顔に胸が震えました。

東照神君に思いを馳せたり、
栄一との出会いの場面を思い起こしたり、
美賀君との数年ぶりの再会に
子どものようなあどけない表情をしたり。
なんか、剛君の表情が
時空を越えていく感じがするのです。
静かな湖面にふわりと風が吹き、
漣が広がっていくような柔らかく繊細な表情。
そんな表情を見ていると
こちらも時空を越えて心が解放されるような
そんな気持ちになるのです。

知らず知らずのうちに私たちは目に見えない傷を
たくさん心に負って生きているような気がします。
なぜ剛君の演技を見続けたいのか。
剛君の演技が、そんな心の傷をそっと癒してくれる。
そんな気がしてなりません。
お芝居の醍醐味って
そういうことなのではないのでしょうか。

剛君は何も考えていないようでやるべき時を
きちんとわかっているプロ中のプロですね。
例えば『ワルイコあつまれ』での徳川慶喜は
コントと芝居の中間を意識したと言っていますし、
「好きの取調室」での演技も、
全力ではあってもリアルなお芝居とは違いました。

進化するエンタテイナー。
だから私は剛君になんでも自由に
挑戦していただきたい。
そしてこれからも剛君のお芝居を楽しみつつ、
人生を深く味わいながら生きていきたいです。

2021-09-24 17:13 | カテゴリ:未分類
今朝、出勤する前に、
「『ワルイコあつまれ』でブログを書いて!」
と言い出した夫。
もう何年もブログを書いているのに、
そんなリクエストをされたのは初めてです。

何がそんなに面白いのか、
『ワルイコあつまれ』がツボにはまったらしく
面白い、面白いと言っています。
私も面白いと思うし、大人も子どもも楽しめる
斬新な教育番組だと思うので
続けてほしいと願っています。
でも、「好きの取調室」を吹きながら
ニヤニヤしながら見ている
少年のような夫の気持ちには及ばないかも。
いい歳をした大人の男に受けているこの番組は
なかなか稀有な番組なのではないでしょうか。

3人のスマスマで培ったコントとの相性の良さが
発揮できる場があったらいいなあと思っていたので、
やっぱりこう言う番組は貴重だと思います。
吾郎さんの時々ピリッと毒を吐く知的な司会ぶりが
とても余裕があって素敵でしたし、
慎吾ちんも子どもたちと融和していてなんか楽しい。
無駄に演技力を発揮している剛君の刑事も
ドラマ仕立てで学術にひきずり込むからから凄い。
「好きの取調室」と言う設定を考えた人に拍手👏
吾郎さんが「知」、慎吾ちゃんが「遊」
剛君が「情」って感じで個性がバラバラなのも🙆‍♀️
やっぱり3人で番組を作るのは総合的に強い!
これが5人ならなおさらなのは言うまでもないです。

第2回『ワルイコあつまれ』には
『青天を衝け』で栄一と千代の
子ども時代を演じていた子役さんたちも
出演していて引きつけられました。
時代劇の子役もいいけれど、
子どもが記者になって
大人にいろいろ質問すると言う設定が、
とても進歩的で知的でいいなあと思いました。
記者になってハキハキと話す子どもたちに
拍手を送りたかったです👏

剛君の「シリシリダンス」も
キレと優雅さがあってとても嬉しかったですね。
慎吾ちゃんの時から練習してきたので
やっと踊れるようになりました。
剛君が歌う曲で踊れるというのも癒されます!
見ていて知的にも身体的にも刺激をもらえる
この楽しい番組が続いてほしいと切に願います。

そうこうしていると、また新しい番組
『草彅やすとものうさぎvsかめ』が
読売テレビ10月3日(日)午後0時35分から
4週連続で放送されることが発表されました。
全国放送だったらなおさら嬉しいですが、
まずは関西に住んでいるのでほっとしています。
他の地区で見られない人も、Tver、GYAOなどで
見逃し配信されるということでよかったです!
新しい地図になって5年目ですが
なかなか民放に自由に出られないもどかしさの中、
ローカルからでもどんどん踏み出していかなきゃ。
やすともさんとのまったりと楽しいトーク
期待しています💕💕💕

話は変わりますが、
娘が来年の4月に結婚する予定なのですが、
そのお相手が、神奈川県の茅ヶ崎出身で、
SMAPの中では剛君が1番好きで、
剛君の映画やドラマもたくさん見てきた彼で、
私としては話が合ってとても嬉しいのです。
今は関西の私たちの住んでいる所にある
会社に勤めていて、結婚後も娘たちは
私たちの近くにいてくれるのでなおさらです。
先日も、家でお茶している時に、
私が録画して夫がCDに焼いた
『ペペロンチーノ』を2人で見て号泣したと
話してくれたので嬉しかったです🙆‍♀️💕

「渋沢✖️北区青天を衝け 大河ドラマ館」
の公式Twitterで、徳川慶喜公の髷を落とした
等身大パネルの展示が始まったと言う
ツイートを目にしました。慶喜公がいつ
髷を落とすのか気になっていたので、
髷を落としたお姿は感慨深いものがあります。

第27回では土方歳三が亡くなり、
戊辰戦争が終わる様子が切々と描かれました。
観音様を拝み、ひっそりと静かに
幕臣たちの死を弔っているような慶喜公。
先が読みすぎる慶喜公は、フランスからの
借款が得られないと知った時から、
無理をして戦わない方が国のためにも
徳川のためにも良いと思われたのでしょう。
有能な側近たちが次々と暗殺されたことにも
深く深く心を痛め限界を感じていたでしょう。
恥を一身に受けて生きながらえるというのも
どれほどお辛かったことでしょう。
戊辰戦争終結後に栄一が慶喜公を訪ねても
お会いにならず、廊下を隔てて思い合う主従の
姿がとても切なかったですね。

民部公子に
「やはり兄と渋沢との仲はスペシアルだったのだな」
と言わしめた慶喜公と渋沢栄一の明治編。
最後まで1話1話噛み締めて見つめていきたいです!