FC2ブログ
2013-06-05 00:15 | カテゴリ:雑誌
サッカーのワールドカップ出場を決める大切な試合が始まる前に、慎吾君が応援で出てきたから、それでなくても日本人として緊張する試合なのに、それ以上に変な緊張しちゃいました。
これで、試合に負けたらどうなるんだろう。慎吾君が傷ついたらどうしよう。
なんて、変な気持ちで、試合の行方を見てしまいました。(ちょっと不純で本当にすみません。)

『女性自身6/18号』の「SMAP 僕たちの奇跡」の内容、
とっても良かったです
週刊誌(?)ってちょっとなめてました。(これまたすみません。)
メンバーの本音がかなりしっかり語られていて、びっくりしました。
じーんときました。
特に木村君の本音が率直で、感動しました。
剛君のことも「舞台に映画にあのノンストップな感じ。敬服しますね。」 (以下『女性自身6/18号』引用)って、言ってくれています。

吾郎さんの「初めて『NHK紅白歌合戦』でトリを務めたとき。歌う前に、誰が言い出すでもなく、自然と円陣組んだんだよね。」っていうのも、ぐっときました。

剛君の「SMAPは僕の中の正義。信じる正義なんです。」っていう言葉も剛君らしい

中居君は「相性のいいメンバーも、悪いメンバーもいません。」と、リーダーとして優等生のお言葉。

でも今回一番感動したのは、慎吾君の、
「SMAPが傷つくと僕も傷つく、僕が傷つくとSMAPも傷つく・・・。僕にとってSMAPは自分自身、SMAPの存在こそが僕の存在です。」
の熱い熱い思い

剛君の親友である慎吾君が傷ついたら、剛君も悲しくなります。
今日サッカー日本代表ワールドカップ出場決定して、
本当に良かったああ

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→https://keikostudio.info/tb.php/58-abfc3997