FC2ブログ
2013-05-30 01:05 | カテゴリ:映画
剛君の追加舞台挨拶が6/2(日)に決まったことがSMAP事務局から、
連絡がありましたね。
宮藤監督と剛君が、できるだけたくさんの人に観てもらいたいと願っている気持ちが伝わってきます

この円山キューピーは私が5/19(日)に、
京都に舞台挨拶と映画を観に行った時に買ったものです。
可愛いですよね
この可愛さの中に、監督や剛君始め、スタッフ、キャスト皆さんの気持ちが
表れているように思います

主人に映画の感想を聞いた話は、前にもご紹介しましたが、
ひとつ書き忘れていたことがありました。

「他にあの映画で感じたことなかった?」
「そうだな、一生懸命作ったんだな、って感じがした。」
「なんで、あんなに一生懸命作ったんだと思う?」
「さあ。なんでだろう。」「・・・・・」

「きれいごと」だけではない、人間に対する深ーくあたたかいまなざしで、
一生懸命作った映画だと私は思います。

「くだらない」とか「下品だ」とかこきおろす人もいますが、少なくとも私の家族は楽しんでいましたよ。NHKの「朝イチ」でもあたたかくきちんと紹介されたそうですね。

宮藤監督や剛君が、あの映画をたくさんの人に観てもらいたいっていう気持ち、応援したいですね
もっと、みんなで中学生を愛してあげたいですねー。
父親役の仲村トオルさんが、
「何があっても父さん…おまえの味方だからな。」って、
ギューと円山君を抱きしめたような気持ちで
                   
                    円山キューピー

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→https://keikostudio.info/tb.php/52-ced1254a