FC2ブログ
2013-05-19 18:14 | カテゴリ:映画
今日、舞台挨拶つき『中学生円山』を観てきました。(運よく、チケットを譲っていただけました。

舞台挨拶では、サービス精神いっぱいの剛君が、
場を仕切ってたくさん話をしてくれて楽しかったです。
昨日の舞台挨拶で、「「面白い!」って思ったら、たくさんツイートして下さいねって言ったので、夜、普段は見ないツイッター見てみたんです。みんな「面白い!」ってツイートしてくれてる中に、「剛くんに頼まれた」みたいなツイートがあって・・・」って笑ってました。

宮藤監督や平岡君の話も聞けて良かったです
宮藤監督は、「男の人向けに作った映画を、こんなに女の方に観ていただいて。」と言って笑いをとっていました。
平岡君は、「草彅さんの演技が一番刺激的で勉強になった。」と言っていました。
素直で可愛い少年(青年?)ですね~。

映画のほうですが、皆さんのおっしゃるとおり、「面白かったー。」
こんなに笑った映画はここ近年思い出せません。
私の場合、他の人より吹き出すタイミングが早くて、
何度か恥ずかしい思いもしちゃいました
みなさん、すっごく面白いのですが、私的には仲村トオルさんのなんとも言えない平凡なお父さんの可笑しさが心地良かったですねー。

それと、今日本当に映画を見て一番強く思ったことは、
今まで「下井さん」のことを「変な人」だと番宣だけで決めつけたように書いてきましたが、
「それだけじゃなかったんだー。」ということ。

もちろん「怪しい人」らしく、笑えるところ満載ですし、剛君の「変な人」演技は見もの中の見ものには違いないのですが、それだけじゃあなかったんですよねー。

剛君が一番最初にこの映画を試写で見た時、「この映画、かっこいいですねー。」って監督にいの一番に言ったらしいのですが、私も映画を見終わった時、また見終わって数時間たった今でも一番心に残ったのは、意外にも

「下井さん、かっこいいー!!。」

って気持ちでした。今でもその気持ちがじわじわきていてヤバイ感じです。
かっこよさって、服装とか髪型とかじゃないんだなー。
あの、だっさい格好のだっさい髪型の下井さんが、
それこそめちゃくちゃかっこいいのです

まだ、映画を見ていない方のために、詳しくは書きませんが、私はあらためて剛君?いえ「下井さん」の変人さ、可愛さ、そして格好良さに今浮かされちゃっています
だからまた、「下井さん」に会いに映画館に行くことになりそうです。

今日は生剛君に会えてすごく嬉しかったのですが、それ以上に「下井さん」が心に残っちゃいました。変なファンですねー

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→https://keikostudio.info/tb.php/43-76d72587