FC2ブログ
2013-05-14 23:32 | カテゴリ:雑誌
KINEJUNnext vol.05「中学生円山」の中で
1番好きな写真は、P14・P15・P16です

今、剛君の心が、役者魂が、
自由に解き放たれている感じが伝わってくるから。

宮藤監督と一緒にお仕事できて、本当に良かったですね

感受性の強い、まさに妄想好きだった少年が、
今、この歳で、監督と作品を作ったことで、
解き放たれた、って感じですね

宮藤監督は、普通みんながおおっぴらにしない
思春期のモヤモヤを、おおっぴらに作品にしちゃいました。
どはずかしく、おげひんかもしれないけど、
確かに誰の心の中にもあった、いや今もある、
妄想の世界を、逃げずに真正面から作品化したことによって、
そこに芸術が生まれた!という感じでしょうか。

剛君はその芸術的感性を、持っている人だから、
宮藤監督の描きたいことを、ほとんど話し合わなくても
感覚で表現することができたのでしょうね

2人の対談を読んでいると、
どこかその感覚を共有できている喜びが伝わってきます。
P16・17の写真は、剛君の解放感、を表していて素敵です。
他の番組(「ぷっすま」のエガちゃんとの対決とか)でも、
すごく自然体で、自由で、面白い剛君

今までいろいろ辛抱したり、
控えめだった剛君を見てきた年月があるからよけい、
今ずいぶんと「自由」になってきた
穏やかな表情の剛君に癒され、
楽しませてもらっています


管理者のみに表示する

トラックバックURL
→https://keikostudio.info/tb.php/38-dfaf4c0e