FC2ブログ
2013-03-10 14:02 | カテゴリ:コンサート
とにかく剛君を追いかけた1年間でした。それまではふたりの子どもたちの子育てが最優先の生活だったので、テレビや映画を観て、応援するのが精一杯でした。
でも昨年4月に下の娘が大学生なりほっとしたとたん、もう、じっとしていられなくなったのです。
この歳になってSMAPのコンサートにも初めて行きました。娘と1回、主人と1回、ほんと楽しかったですね

正直私は役者草なぎ剛に一番興味があるので、コンサートはそれほど行きたいと思ったことがなかったのですが、一応子育てが終わったという開放感から、突如行ってみたいと心から思ったのです。
ファンクラブにも入り、チケットの取り方などもいろいろな人から教わって、無事に参戦することができました。

SMAPは生で汗だくになってコンサートをしている時の方が断然歌がうまいですね。それにだてに年数を重ねてきたわけではなく、5人それぞれがこれまで努力を積み重ねて築いてきた自分の魅力を、パフォーマンスを通して、惜しみなく見せてくれているように感じました。まさにファンたちへの心からのプレゼントという思いがしっかり伝わってくるというような感じ

惜しみなくファンを喜ばそうとする彼らのサービス精神に、お世辞でも何でもなく、頭が下がりました。ドームを埋め尽くした一杯の人が、みんな彼ら5人のパフォーマンスに笑顔になり、差し出されるプレゼント(ギフト)一つ一つを心から楽しんでいる。その場にいる人たちの幸福感がドーム一杯にあふれていました
「これだけたくさんの人を幸せな気持ちにさせられる彼らって、やっぱりすごい、っていうか偉大だなあ。」
これが私の初コンサートへの感想です。

よく言われるように歌のうまさがどうのこうのではありませんでした。
慎吾君が中心になって考えたというコンサートの構成や演出も、お客さんを一時も退屈させない素晴らしい内容でしたし、汗だくになって、体力の限界まで出し切って、お客さんを喜ばせようとしているメンバーの姿勢はこれぞ
一流のエンターテイメントだなあと、感服してしまいました

しぶしぶお伴してくれた主人もいつのまにか笑顔になって、ペンライトも一緒にふってくれて、やっぱり「生」はいいなあ、とご満悦でした

剛君の格好いい切れのあるダンス、そしてバク転。一生懸命な歌声。「生」で見られて嬉しかったです

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→https://keikostudio.info/tb.php/2-55e584b7