FC2ブログ
2013-09-20 00:23 | カテゴリ:ドラマ
今日は本屋さんで、
『ブラックジャック創作秘話4』が発売されていて、
少年チャンピオン壁村編集長と手塚治虫氏の
信頼関係についてのエピソードが
たくさん書かれているという情報を得ていたので、
やっぱり買って一気に読んでしまいました。

手塚さんが時代から取り残されて挫折していた時期に、
最後まで見離さずに手塚さんを愛し、
復活のチャンスを作ってくれた編集長。
実直で大人しい感じでありながら、
周囲に男気を感じさせたという壁村さん。
その壁村さんが鬼気迫る漫画家手塚氏を信じて
尽力するいきさつに男のロマンや友情を感じ、
心打たれるものがありました

「手塚先生はなぜ少年漫画にそこまでこだわったのでしょうか?」
「未来を担う子どもたちに直接語りかけたかったのだと思います。
 壁さんはそんな手塚治虫を認め、尊敬し、少年誌の編集長として
 生涯思いを受け止め続けたのではないでしょうか。」

(「ブラックジャック創作秘話4」より引用)

今日の関西テレビの『神様のベレー帽〜』先取りガイドは
その壁村編集長役の佐藤浩市さんへのインタビューが中心でした。
「昭和って言う時代とともに草彅君がどう演じるのか、
 その辺が魅力になっていると思いますので、
 是非楽しみにして下さい。」
と、あたたかく語って下さいました。
ピース又吉さん演じる赤塚不二夫さんを、
電柱によじ登って見つけ出すシーンも面白そう

佐藤さんは映画のお仕事が立て続けでお忙しかったのに、
今回は剛君と再共演してみたいと引き受けて下さって、
現場でも高校野球の話なんかしながら
盛り上がったって雑誌に書いていました。
「草彅の手塚治虫をやればいい。」って
佐藤さんに言っていただけたことが励みになったと、
剛君もいろいろな雑誌のインタビューで語っています。
剛君にまた素敵な先輩ができたようで、心強いですね

今晩は木曜日10時の織田さんのドラマが最終回だったので、
ドラマ後の予告を見守っていたら、
キターって感じで『独身貴族』の予告が流れました。
美男美女が集まったって感じで豪華な雰囲気
そちらもやっぱり嬉しかったです

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→https://keikostudio.info/tb.php/156-17f8452b