FC2ブログ
2013-09-12 00:01 | カテゴリ:雑誌
今日はSMAP雑誌デーで、2つの新作ドラマの情報も出ているので、「TVガイド」「ザ☆テレビジョン」「TVぴあ」「TV LIFE」の4冊を買ってきてしまいました。
いろいろいい写真もあり、読み応えのあるSMAPの記事もあったので、書きたいことがたくさんあるのですが・・・。

でも、全部読み終わった時、まず一番最初に私の心に浮かんだのは
「剛君って、やっぱり、感覚人間だわあー。
 インタビューで言っていること
 その時の気分で、コロコロ変わるのよね〜
っていう思いでした。

特に私が個人的に怒っている(笑)いえ悲しかったのは、
「ぴあ」の「机という狭い範囲で戦う姿を演じるのは難しかったですよ。僕SMAPなんで、役者さんじゃないんでね。」って言葉と、
「ガイド」の「俺、俳優じゃなくてアイドルなんだけどね、一応(笑)。」って言葉。

俳優一本でやっている方への謙遜の気持ちも
含んでいるのだとは思いますが、その一方で
「SMAPは、それぞれが俳優活動をして内側の強さを身につけている気がする。」って剛君自身が言っていて、
その部分にはとても共感したのですから。

「ザ☆テレビジョン」では「今や俳優として高い評価を受けている草彅。」ってちゃんと書かれているし、私は思い出してしまったのです。二年前のNHKラジオ深夜便で剛君が2回連続でインタビューを受けた時の放送内容を。録音していたテープをひっぱり出して聞いてみるとやっぱり私の記憶に間違いはなかったです(笑)。
剛君は次のようにNHKのアナウンサーに紹介され、つかさんのことや韓国との出会い、演技論などを熱く語り続けていました。

「今日は歌手俳優の草彅剛さんをお迎えしています。
 草彅剛さんはSMAPとして歌やバラエティー番組で活躍する一方、演技派俳優としての評価も高まっています。」(2011年5月8/9日NHK第1放送)
そう紹介されて、あんなに饒舌にしゃべったのですから、
「俺、俳優じゃなくて・・・」っていうのはないでしょう

まあ、そう言いながら、本当は俳優一本の方にも負けたくないくらい
お芝居が好きなのではないかとは思っていますが。
佐藤浩市さんとももっとお仕事がしたいようで、
「お中元とか贈ろうかな(笑)。」なんて言っていますし。

SMAPの剛君も好きだけど、
俳優草彅剛を愛しているファンもたくさんいるのですから、
言葉の彩だとしても、「俺、俳優じゃなくて・・・」
って言葉は聞きたくないなあ

それと、この間まで「結婚」のことも時々考えたりする、
て言っていたし、禁断のSMAP占いでも
「結婚はどうですか?」って真剣に聞いてたりしたのに、
今回は「僕も結婚に憧れたこともなくて〜」って言っています
今度の『独身貴族』の主人公星野守っていう社長さんが
「結婚するくらいなら、切腹した方がましだ!」なんてことをいう
独自の世界観とこだわりを持つキャラクターらしいので、
憑依型の剛君はもうすっかり
守さんになっているのかもしれませんが

読者からのハガキを読む手塚剛君は、
手塚さんが降りてくる瞬間があるって話しているように
本当に手塚治虫さんに見えてほのぼのとしました

「TVガイド」の「メンバー代表作はコレだ!!」は
面白い企画でしたね。
私が強く共感したのは、中居君が吾郎さんの代表作に
「踊る大捜査線ー歳末特別警戒スペシャル」の犯人役
を選んだこと。
私もあの時の吾郎さんが実は一番ドキッとしたし、
はまっていてカッコいいとずーっと思っていました。
中居君の代表作を剛君が「砂の器」にしたのも、
中居君が意外にも(?)ピアニストという芸術家役が似合っていて、
暗い過去を持つ陰のある男を演じる中居君
素敵だなあって思っていたので同感でした。

剛君の代表作を木村君が「任侠ヘルパー」を、
慎吾ちゃんが「恋に落ちたら〜僕の成功の秘密〜」を
選んでくれていたのは純粋に嬉しかったです。
ちゃんと見ていてくれてるんだなあって思って。

SMAP主演ドラマの企画は剛君の
「探偵SMAP」が一番見たいです。
「傷だらけの天使」のようなおしゃれで切ないような5人の探偵もの、きっと素敵な作品になると思うので、
この企画是非お願いしたいです

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→https://keikostudio.info/tb.php/148-c8149ee5