FC2ブログ
2013-03-31 14:01 | カテゴリ:ドラマ
菅野美穂さん、堺雅人さんとご結婚されるのですね。SMAPとゆかりの深い方だっただけに、感慨深いものがあります

剛君のドラマ初主演作「いいひと」でも地元の恋人役を爽やかに演じて、剛君の主演デビューをしっかり支えて下さいました。また、2005年のフジテレビ開局45周年記念特別企画「海峡をわたるバイオリン」では主人公(剛君)の妻役で、定評の演技力を見せつけてくれました

このドラマで剛君が演じた主人公は、韓国出身で、日本に渡って独学でバイオリン制作の第一人者となられたチン・ショウゲン氏という実在の人物でした。差別、貧困などと闘いながらも、周囲の人々に助けられながら、過酷な苦労の連続の末に、夢に近づいていく主人公の姿は実話とはいえ、とてもドラマティックで感動的な物語でした

最高級のバイオリン「ストラディバリウス」を、独学で作り出そうとする主人公の姿は、芸術家らしい鬼気迫るものがあり、そんな夫を極貧生活のなかで支える日本人妻の姿も普通では考えられない忍耐を強いられるものでした

草なぎ剛と菅野美穂。演技派対演技派の本気のぶつかり合いは本当に見応えがあり、一見の価値があると思います。その夫婦をかげながら支える日本人の町医者を、大ベテランの田中邦衛さんが演じて下さっているのも素晴らしいです

剛君が主人公になりきって、芸術家の執念をみせる場面は、狂気をも感じさせるさまざまな表情を見せていて、剛君の役者魂に感服してしまいます。他の共演者も笑福亭鶴瓶さん、田中祐子さんはじめ演技派揃いで、この作品は文化庁芸術祭優秀賞を受賞しました

最近、剛君のファンになられて、作品を見ていない方、剛君の狂気が見れるこの作品、ぜひ観て下さいね

それからあんなにすごい夫婦役をともに演じて下さった菅野美穂さん。お幸せをお祈りしています


管理者のみに表示する

トラックバックURL
→https://keikostudio.info/tb.php/11-3a5169ca