FC2ブログ
2020-10-26 23:34 | カテゴリ:雑誌
先日の「パワスプ」で剛君が今までになく自分の気持ちを熱く語りました。
映画『ミッドナイトスワン』の評判がとんでもなく良いこと、
そんな素晴らしい作品に出会えたことを、「神様からのご褒美」だと。
なんて可愛い表現をするんでしょうね、剛君は。
ご褒美をもらえるのは、今まで必死で頑張ってきたという証。
素直に「ご褒美」っていう言葉が出てきたということは、
必死で頑張ってきた積年の思いがあったればこそ。
素直にその気持ちを私たちファンに伝えてくれて嬉しかったですね。
剛君の才能を、努力を、優しさを信じてきたファン冥利に尽きる瞬間でした。

そんな剛君の幸せな気持ちが、JUNON12月号の写真に溢れていました。
白い衣装を着て笑う剛君が清々しくて可愛くて美しくて。
私の大好きな構図。
窓からの太陽の光を受けながら眩さと陰影を併せ持つ吟遊詩人。
草彅剛に持つ私のイメージが見事に映像化されていて心が震えました。
これこそ「神様からのご褒美」と言いたいくらいの素敵な写真です.゚+.(・∀・)゚+.

追いスワンも嬉しい日々ですね。
私の家族は夫、息子、娘、娘の彼氏、妹が観て絶賛してくれました。
息子と娘の彼氏は30歳で同い年なのですが、
特にその2人の感動が凄まじくて。
今時の30歳の男たちを感動させたものって何だったのだろうと、
ますます興味が湧いてきます。もっともっと語り合う機会が欲しい。
友人も、
「深刻な内容でも、観た後に温かい気持ちにさせてくれる剛君は凄いね。」
と言ってくれました。そう。凪沙の目がとても温かくて。
あの温かくて健気な揺れる瞳が脳裏から離れません。
あれが草彅剛の演技力を超越した人間力というものなのでしょうか。
公開も1ヶ月を過ぎ、評判を知った友人たちが、
今になって、映画を観たいと申し出てくれたので、
今週は水曜日のレイトショーと木曜日の昼間に連チャンで追いスワンです

「パワスプ」では大河ドラマの撮影も始まったと報告してくれました。
堤真一さんとの久しぶりの共演に感動して、緊張してしまったと。
まさに新しい地図になって3年。
手探りの苦しい日々を乗り越えての堤さんとの再会と共演。
そりゃあ感動して震えてしまいますよね。
私だって、この3年間、
堤さんが沈黙されているのをずっと気にしていましたから。
剛君を深く理解し、楽屋の暖簾まで作ってくださった堤さんのことを
忘れることはなかったのですから。
こんな素晴らしい再会が用意されていたなんて、
まさに剛君にとって、
「神様からのご褒美」だと実感できる素敵な時間だったのでしょうね。

私もファンとしていただいているたくさんの「神様からのご褒美」を
感謝と喜びを感じながら大切に味わっていきたいです。


管理者のみに表示する

トラックバックURL
→https://keikostudio.info/tb.php/1013-6669a7f4