fc2ブログ
2023-12-30 23:58 | カテゴリ:未分類
年末、我が家は機械でお餅つきをします。
近くに住む娘夫婦が手伝いに来て、3升のもち米を使い、
お正月に飾る鏡餅や家族みんなが食べる
お雑煮用のお餅を家で全部手作りしています。

一升ずつもち米を蒸す間、先日放送された『ブギウギ』の
総集編前編を私達夫婦と娘夫婦の4人で観ました。
始まってしまえば誰も口をきかず見入ってしまいました。
とても上手く編集されていて、1時間半があっという間、
見応えがあって本当に面白かったです。
家族みんなが剛君のファンなので、
羽鳥先生が登場してからは特に気持ちが高揚しました。
要所要所で羽鳥先生が登場し、名台詞をぶっ込んでくれるので、
主人公にとってキーパーソンであることは間違いありません。
緩急自在でかつぐっとくる台詞で決めてくれる剛君の演技に
惚れ惚れしてしまいますし、主役の趣里さんや奥さん役の
市川さんとのコンビネーションの良さもとても楽しいです。
大河ドラマの慶喜といい、朝ドラの羽鳥先生といい、剛君に
素晴らしい役で活躍の場を与えてくれたNHKに感謝ですね。

12月11日(月)には娘と2人で京都劇場に
舞台北村想作『シラの恋文』を観劇に行きました。
『家族のはなし』『アルトゥロ・ウイの興隆』以来の
新しい舞台で、ラブレターの代筆で思い人と友人の仲を
取り持った『シラノ・ド・ベルジュラック』に着想を得た物語。
主人公志羅がゴーストライター役で、結核療養所で輪廻の恋・・・。
シラさんは穏やかで優しくて奥深くて、私の好きな
この上なく文学的な剛(君じゃなくて)さんでした✨
特に段田安則さん演じる所長さんに恋文の代筆を頼まれて
文面を朗読するシーンが素敵すぎました。
シラさんの文章がロマンティックで朗々と語る声にうっとり。
剛君の声は豊潤で柔らかくて詩的でなんと魅力的なのでしょう!!
そうだった!!様々な役を見事にこなしている剛君だけど
この声と語りは舞台という大きな空間で放たれてこそ最高に輝く✨✨
剛君の柔らか声と大原櫻子さんの力強い声とのアンサンブルが見事で、
なんともロマンティックな世界に引きずり込まれました💗
娘からも「誘ってくれてありがとう!剛君の演技はさすがでした!
良い気分転換になりました☺️」という感想をもらい嬉しい私でした。

そんな感動に浸っている間にも
テレビでは12月16日・23日(土)の2週に渡り、
ドラマ『デフ・ヴォイス法廷の手話通訳士』が放送されました。
ろう者の俳優さんや出演者の方がたくさん出ておられて、
とても自然にリアルに演じていらっしゃるのに驚かされました。
そのようなドラマを作ろうと尽力されたドラマのスタッフの方々の
志と努力に敬意を抱かずにはいられませんでした。
そして剛君演じるコーダという立場の方の葛藤や苦しみも
初めて知ることができました。そしてそれぞれ立場は違っても、
家族に悩み、家族を強く思っているのだということを・・・。
剛君、手話を使って演技するのにかなり努力されたようですね。
剛君の手話はとても綺麗でしたし、
何よりも伝えようとする気持ちが溢れていて胸に迫りました。
剛君の演技を見続けたいと思うのは、やはり剛君の根底に
伝えたい、理解し合いたいという確固とした熱い情熱が
あるからなのではないでしょうか。

昨日は『ワルイコあつまれ』の年末スペシャルが1時間ありました。
胆のう君の剛君の演技が独特でこれまた見入ってしまいました😲
今年1年様々な役に挑戦し台本がなかった時はなかったと言う剛君。
そんな嬉しい悲鳴の1年の締めくくりに胆のう君のあのキャラ・・・。

剛君、今年1年様々な役で私たちを魅了し、
楽しませてくださって本当にありがとうございました。

大晦日の夜、今ふっと脳裏に蘇ってきたのは
『罠の戦争』の最終回の
「何が秩序だ!この程度で壊れるものなら壊れればいい。
 古いものが無くなったら新しい芽が出る。
 俺たちが見たこともないような新しい何かが。」です。

本当に1年間お疲れ様でした👏👏👏👏👏💕💕💕💕💕
来年が良い年になればいいですね。
もちろん心から応援しています!!
どうぞ良いお年を〜✨✨✨