FC2ブログ
2021-01-27 15:25 | カテゴリ:映画
本日、第44回日本アカデミー賞の各賞が発表され、
「ミッドナイトスワン 」が9部門で優秀賞を受賞することができました。

優秀作品賞   「ミッドナイトスワン 」
優秀監督賞    内田英治
優秀脚本賞    内田英治
優秀主演男優賞  草彅剛
優秀撮影賞    伊藤麻樹
優秀照明賞    井上真吾
優秀美術賞    我妻弘之
優秀録音賞    伊藤裕規
新人俳優賞    服部樹咲

これまでもいろいろな映画賞が発表され、
ノミネートされて受賞に至らなかったことも多く悔しかったのですが、
今回は9部門で優秀賞を受賞することができ、
やっと報われたような気持ちになりました。

「ミッドナイトスワン 」の脚本を書き、
映画制作のために奔走された内田監督が2つ受賞されたので、
監督の情熱がようやく形として認められたようで、
まずはホッといたしました。
また、凪沙と一果をこよなく愛し、
映画をより良いものにするためにご尽力くださったスタッフの方々が
数多く受賞されたのも嬉しい限りです。
渋谷さんが音楽賞を受賞されていないことに納得いきませんが、
毎日映画コンクールでは唯一スタッフで受賞されました。
どういう基準で決めているのかなかなかわからないものですね。

服部樹咲さんはたくさん受賞されているので、
なんと言っても剛君の初受賞がたまらなく嬉しく、
長年のファンとして感慨深いものがあります。
苦節20年以上。演技力が高く評価されながらも、
国内の映画賞とは無縁なところで頑張ってきた剛君が、
ようやく表舞台の映画賞の優秀賞をいただけたのですから・・・。
優秀主演男優賞5人の中に「草彅剛」が入っているということが、
長年剛君の演技力に惚れ込み応援してきた者にとって、
この上なく嬉しく、
やっとここまでこれたのだという喜びが溢れてきます。
剛君の熱烈なファンは多いけれど、
周りの知人たちにはなかなか分かってもらえなかった過去の日々。
そんな日々も今回の受賞で報われるかななんて思ったりもする私。
兎にも角にも、メジャーな賞をいただけると、
より多くの人に剛君の演技を見てもらえるような気がして嬉しいのです。

「ミッドナイトスワン 」は衝撃的な部分もあるけれど、
人間にとってなくてはならない当たり前の「愛」が描かれていて、
深いところで生きる指針を示してくれる素晴らしい作品だと思います。
無理解から生まれる差別感情が渦巻く生きにくい人間界。
母性を抱く健気で可愛い凪沙さんを剛君の人間力と表現力で演じ切りました。
草彅剛の愛ある演技を多くの人に見てもらいたいし、感じてもらいたい。
そして世の中がもっと優しい世界になったらいいなあ・・・。

最優秀を取ってもらいたいけれど、まずは優秀賞がとても嬉しい私です。
日本アカデミー賞をきっかけに、多くの人々に
もっともっと「ミッドナイトスワン」を見ていただきたいし、
今後の草彅剛の演技に注目していただきたいなあと心から願います。

→日本アカデミー賞公式サイト

2021-01-19 16:23 | カテゴリ:日常
年が明けましたのに長い間ブログが書けませんでした。
新年早々、コロナ禍で恐れていた事態が現実になったからです。
遠く離れて暮らしている身内家族が感染してしまったという連絡。
一生懸命感染対策をしながら必死で働いていたのに感染したそうです。

その日から今日まで心配で、心配で、
私自身も生きた心地がしませんでした。
この苦しい気持ちを隠してブログを書くことはできないので、
こうして状況を書いてはいるのですが、
身内の詳細(誰それ)については省略することをお許しください。

緊急事態宣言が11都府県に発令中ですが、
その地域に住んでいる人は、感染しても容易にホテル療養や入院ができません。
身内も、家族みんなが感染したので、結局家族全員で自宅療養になりました。
発熱、せき、身体のだるさ、味覚臭覚障害、など
いろいろ報道されているような症状が次々とあったようですが、
その症状も数日で治まっていき、2週間後には自宅療養解除になりました。

世間で言われている軽症者の中に入るのかもしれませんが、
本人たちの感想ではなかなかしんどかったということです。
よく言われているように、最後まで症状として残るのは臭覚障害で、
なんとも気分のよくない症状らしいです。
中には臭覚障害が半年以上続く人もあり、不安感が募るそうですが、
身内家族は最近じわじわと臭覚も回復しているように感じるそうです。
ニュースで、急変した人の話などをよく聞くので、
幸いなことにそういうこともなく療養解除になって本当に良かったです。

でも、あらためて私たち夫婦や、
80代の姑や老父が感染したらどうだろうかと考えるととても怖いです。
高齢者が感染すると重症化することが多いそうですが、
今の逼迫した状況では入院することがなかなかできないとか。
考えただけで恐ろしいです。

とにかく不要不急の外出はしない。
外出しても絶対に気を緩めることなくマスク、手洗い、手指消毒を忘れない。
仕事はしなくてはならないので、感染対策をしながらの仕事は大変です。
身内だって一生懸命感染対策をしながら仕事をしていて感染したのですから、
本当に感染を防ぐことは難しいことのようです。
怖くても目の前に仕事があるだけマシなのかもしれません。
感染爆発によって仕事を失ったり、利益が激減してしまった業種もたくさん。
政治家は本当にしっかりして欲しい。国民のために働いて欲しい。
国民もちゃんとした政治家を選べるようにしっかりしないといけない。

前代未聞のコロナ禍。
私たちは本当にいろいろな意味で試されているのですね。

身内の自宅療養が解除になったという報告を受けてから、
私の日常もますます緊張感を保ちつつ徐々に復活し始めました。
戯言ではなく、長年の悲願だった剛君のドラマ
2月14日(日)スタートの大河ドラマ『青天を衝け』を見るために
3月6日(土)放送の『ペペロンチーノ』を見るために
そしてまた剛君の舞台や映画やドラマを見続けるために
なんとしても生き延びたい、という切実たる思いがあるのですから。

大河ドラマスタートまで1ヶ月を切りましたね。
パワスプで慎吾ちゃんも言っていましたが、
大河ドラマの始まりに「草彅剛」と名前が画面にアップされる瞬間を
想像するだけで胸がいっぱいになります。
『青天を衝け』のPR動画で動く徳川慶喜を見ることできましたが、
やっぱり想像の斜め上を行く得体の知れない雰囲気の慶喜様に
一気に心をかき乱されてしまいました。
慶喜様は日本の歴史の大きな節目に大きな決断をしてきた運命の人。
2021年という混迷の時代に、剛君が見せてくれる徳川慶喜公が
魅力的で人々に示唆を与えてくれるような人であって欲しいなと思います。

生きていくことは本当に厳しくて大変です。
だからこそエンタメを心の支えに頑張ろう思うことって悪くないですよね。
とにかく一刻も早くコロナが収束するようにみんなで頑張りたいものです。

→大河ドラマ『青天を衝け』公式サイト

P.S. 森君がレース中に落車し、骨盤骨折という大怪我を負ったと知りました。
  元旦に元気なお姿を見せてくださったばかりなのにショックです。
  1日も早いご回復を心からお祈りしています。
  無理をせず、ゆっくり療養してください。