FC2ブログ
2021-04-08 16:12 | カテゴリ:ドラマ
大河ドラマは剛君の演技が毎週見られると言うことで、
ありがたいことに1週間何度も何度もリピ天していますが、
今週の第8回は朝夕2回は必ず
リピして見てしまうくらい見応えがあって、
見るたびに大きな感動があり、
高揚感が収まらない気持ちで日々を過ごしています。

江戸パートに時間を割き、
じっくりと人物の心理を描いてくれたおかげで、
登場人物の状況や心理に感情移入することができ
とても面白かったです。
父親に認められず家臣にも無視されてきた
将軍家定の慶喜を嫌う気持ちを
渡辺大知さんがとても自然に
印象的に演じておられて見応えがありました。
同じく14男として生まれ、自らを「埋れ木」と称し、
能力がないと自覚もあった井伊直弼が、
お茶やお菓子好きがきっかけ?
という思いがけないご縁で将軍に気に入られ、
家定の願いを聞き届けようとする様は、
人間界の理屈ではない感情を表していると言えますね。
凡庸から赤鬼に変身していくさまを
岸谷五朗さんが繊細に演じられました。
慶喜派の武士を平田満さん、
堤真一さんが味のある演技で軽妙に演じていますし、
ショックを受ける父斉昭を竹中直人さんが
哀感たっぷりに表現されています。

そんな中、草彅慶喜の演技が良かったと評判になっていますね。
そこにいるだけで
気品と聡明さが放つオーラで光に包まれているよう。
強弱、緩急、喜怒哀楽を織り交ぜながら、
自然体を核としてゆったりと演じていく様は、
見る者を引き込む魅力に溢れていて、
驚嘆のせずにはいられません。
井伊直弼と対峙した時は22歳だったということで、
声も高めで若々しく、青年らしく見えるところも凄いです。

まず視点が遠くにあるような顔つきがいいですよね。
頭の良い方なので、
凡人が考えるより先を考えているような感じ、
いろいろなことが頭を巡っているような感じがします。
いろいろなことに頭が巡るので、突拍子も無かったり、
凡人の思考より先に表情が変わったり、
そんな切れ者の雰囲気が独特の存在感を放っています。

でも、草彅慶喜の魅力はその切れ者らしさに留まっていません。
剛情ではあっても、
心根はとても優しく公明盛大な方であるようです。
その公明正大な姿勢、
優しさが滲み出ているところが美しいのですが、
その美しさが意図もたやすく
家定の嫉妬心に踏みにじられるという運命。
悲しいかなこれが人間の歴史の足跡だと
唸るように納得させられるのです。

草彅慶喜が緩急取り混ぜて言葉を紡いで行く時の
声の良さと言ったら。
楽器(バイオリン?)の音色のように響く魅惑的な声に、
劇伴の音楽が絡み合って、
協奏曲のように場の雰囲気を高めていく様子は
まさにドラマティックで、
こちらの感情が飲み込まれ揺さぶられます。
セリフと劇伴が見事に一体化している芸術性の高さ。
草彅慶喜のセリフのテンポ、間が、
そのことを踏まえて話しているのではないかと思うくらい
音楽的なのです。

美賀君との寝所の場面も、
ささやくような力の抜けた声が印象的でした。
それこそ何の説明もないあの短いシーンだけで、
慶喜が母君の教えを守り、
美賀君と夫婦らしくなったことがわかります。
膝枕で慶喜が美香君の膝を掴んでいる手、
美香君の手が慶喜の頬を優しく撫でる手が
なんと雄弁であることでしょう❗️

『青天を衝け』の演出を担当している黒崎博氏は
NHK番組紹介サイトのインタビュー特集のなかで、
剛君について次のように語っています。

「草彅さんはえも言われぬ存在感があります。
 『孤高の』という言葉が当てはまるでしょうか。
 15代将軍・徳川慶喜を演じるうえで
 演技として身にまとっているだけではなく、
 もしかするとそれは、草彅さんが役者人生の中で
 積み重ねてこられたことのすべてを使って
 表現されているのかもしれません。
 つくづく徳川慶喜という人物にぴったりだなと思っています」

この言葉は、剛君の「(慶喜に)人生かけている」という
インタビューの言葉につながっていると感じますし、
実際草彅慶喜を見ていると、そうなんだろうなと実感します。
特に新しい地図になってからの作品で、
剛君の表現の幅は大きく広がったように思います。
舞台『バリーターク』での
緩急自在の繊細な動きやセリフ回し。
映画『まく子』での
色気のある憎みきれないお父ちゃん。
映画『クソ野郎と美しき世界』での
だらしのないヤクザなお父ちゃん。
舞台『道』での
荒々しく粗野でかつ男臭いザンパーノと音楽劇。
映画『台風家族』での
顔芸たっぷりの狡猾で実は娘思いのお父ちゃん。
舞台『家族のはなし・Part1』での
散歩の好きな犬と心優しい旦那様。
映画『ミッドナイトスワン 』可愛く健気で優しい凪沙。
舞台『アルトゥロ・ウイの興隆』での
独裁者としてオーラを身につけのし上がっていくウイ様。
百面相のように変化する目とリズムを体現するしなやかな肉体。
ドラマ『ペペロンチーノ』での
どこまでも深く妻を愛する素朴なシェフ。

今大河ドラマを見ている一般の視聴者の多くは
この剛君の軌跡を知らない方がほとんどなのですから
驚かれるのも無理はありませんね。
日陰のようなところで懸命にもがき
努力してきた剛君たちの努力が、今ようやく
日の目を見るようになってきたということなのでしょう。

たとえ日陰にいても
腐ることなく前を向いて1歩1歩努力していれば、
その努力は血となり肉となり偉大なる力となっていくことを、
剛君は身をもって示してくれています。

本当に頭が下がります。
感動をありがとうと心から伝えたいです。
心配なのは身体のこと。
健康だけはくれぐれも大切に、
無理をせず日々を過ごしていただきたい。

第9話からは
いよいよ主役の渋沢栄一も時代の動乱に巻き込まれて、
話が全体的に絡まり合っていきそうで
ますます楽しみになってきました。

この大河ドラマが大きな感動とともに
全員で無事完走できることを心の底から願っています❗️❗️

2021-03-18 16:14 | カテゴリ:ドラマ
徳川慶喜の生涯を知りたくて、司馬遼太郎の『最後の将軍』を読みました。
もうすっかり草彅慶喜に心酔しているので、
慶喜様に感情移入してしまい、
悲運の将軍の苦しみが痛いようにグサグサと胸に突き刺さりました。
本当に大変な時代に将軍にならざるを得なかった方で、
聡明すぎるがゆえに誤解され疎まれ非情な扱いを受けることになっていくとは。
平岡円四郎などの側近たちの悲劇もドラマの中で描かれていくと思うと、
慶喜様と円四郎の微笑ましい関係を今十分に味わっておきたいと思いました。

幕末のことは複雑で正直あまり深く理解しようとしてこなかった私ですが、
『青天を衝け』のおかげで初めて真剣にこの辺りの経緯を知りたいと思いました。
令和の現在も大変な状況ですが、
幕末から明治にかけても日本は本当に存亡の危機だったのだと思い知りました。
いつの時代も苦難困難はあるのだとしみじみ思わずにはいられません。
第5回では諍臣の鑑であった藤田東湖が大地震でなくなってしまいました。
激動の日本の歴史の中で、
高い志を持った優秀な方がたくさん命を落とされたのだと切なくなりました。
小説『最後の将軍』によると慶喜様は孤立無援となっていく悲運な将軍ですが、
大政奉還を成した時、大政奉還を立案したと言われる坂本龍馬に、
深く感銘を与えたと記録されています。

また将軍を退いてからの隠遁生活では人と会うことを避けていらっしゃったとか。
特に将軍時代の心の傷が深く、その辺りの人々と会いたがらなかったそうです。
そんな中、生涯面会し続けたのは渋沢栄一だったということで、
渋沢栄一も慶喜公の名誉を回復したいと『徳川慶喜公伝』を著しているほどです。
『最後の将軍』を読んで慶喜様の孤独を知ってみると、慶喜様にとって、
渋沢栄一の存在がどれほど心の癒しであり希望であったかが伺われます。
次はぜひ、この『徳川慶喜公伝』を読みたいと思っています。

そんな深い因縁を持つ2人が、第6回「栄一、胸騒ぎ」でとうとう出会うようです。
予告の「出会いは突然に」の字幕のバックに映る草彅慶喜のなんと麗しいこと❣️
回が進むごとに吉沢栄一の魅力もどんどん増してきていますが、
合理的で頭の良い熱血漢である渋沢栄一と聡明で麗しい貴公子慶喜との出会いから
いよいよ物語は盛り上がっていくことでしょう。
演技派の2人がこの唯一無二の因縁をどう紡いでいくのか心から楽しみにしています。

明日はいよいよ第44回アカデミー賞授賞式21:00〜22:54ですね。
内田英治監督、草彅剛さん、服部樹咲さんはじめ受賞スタッフ一同で参加されます。
レッドカーペットを歩く姿が日テレ公式Youtubeチャンネル
「第44回日本アカデミー賞授賞式』で14:35〜15:00頃生配信されるそうです。
金曜日はいつも仕事ですが、たまたま明日はお休みでリアタイできます。
祈りながら、剛君はじめミッドナイトスワンチームの勇姿を見届けます❗️❗️

P.S.『ミッドナイトスワン』の特典つきBlu-ray・DVDの受注予約が始まりました。
新しい地図の公式サイトのみの販売ですね。
プレミアムインタビュー&未公開シーン初公開❣️
未公開カットによるポストカードも封入だそうです。

2021-03-12 17:17 | カテゴリ:ドラマ
BSプレミアムで3月6日に放送された震災関連ドラマ「ペペロンチーノ」。
皆さんがおっしゃっているように
終始微妙な違和感を感じながら見ていたのですが、
ラストで事情が判明し、「そうだったのか」という納得と
大きな感情が沸き起こり涙がポロポロとこぼれ落ちました。
童話のようなお話だと執筆者の方が語ったと耳にしたことを思い出し、
なるほど、
でもなんと切なくて悲しくて愛おしいお話なのだろうと深く感じ入りました。

喪失感、脱力感、虚無感のプールに浮かびながらのどうしようもない気持ち。
たくさん出会いの中で心が救われ、前を向いて歩き出す経緯。
それでも行く手を阻むコロナなどの厳しい現実。
自然は人間たちに容赦無く襲いかかり、そして何もなかったような美しい風景。

昨日3月11日に東北大震災10年目という節目を迎えましたが、
まだまだ多くの人たちが多くの苦難と闘っておられるのだと思い知りました。
また、このようなドラマを通して、
より身近にその思いに触れることができたように思います。

剛君演じる潔さん。ちょっと甘えん坊だけどとっても優しい人。
そういう人ほど傷つきやすくアルコール依存症になりやすいのかな。
國村隼さん演じる佐々木先生に出会ったことで危機一髪救われます。
潔さんの弱々しいみっともなさを剛君が自然体で見事に演じ、
燻銀のような存在感がある佐々木先生とのやりとりが真に迫っていました。
大きな傷を抱えている者同士だから共鳴しあって救われたのかもしれません。
私は母をアルコール依存症で早くに亡くしたので、
自分が母を助けられなかったことに複雑な気持ちにもなりました。
と同時に母は本当に優しい人であったし、
いつも私のそばにいるのだと再確認できたようにも思いました。

矢田亜希子さんの演技を久しぶりに見ましたが、
気丈な女性をこちらも自然体に演じていらっしゃってとても素敵でした。
剛君と矢田さんが共演した『僕の生きる道』という名作の
数々の名シーンが今でもふとした瞬間に蘇るほど印象に残っていますが、
おふたりともあれから多くの年月ご苦労を経てこられたことでしょう。
その年輪が感じられるおふたりの演技に感慨深いものがありました。

剛君の演技はここ3年くらいの間で
ひと作品ごとに大きく更新されているようで驚きの連続です❗️❗️
『バリーターク』で閉じ込められた世界から
外へ飛び出す登場人物を演じましたが、
その後の剛君はまさに道無き道を行く挑戦者開拓者そのもの。
様々な人物(犬にまで)になって、新しい表現を次々と見せてくれています。
そのひとつひとつの経験が血となり肉となり表現の幅もどんどん広がって✨

『ペペロンチーノ』の潔さんの思いが、
ドラマのラストにかけて明らかになっていく時の表情の変化に引き込まれました。
溢れる思いを噛みしめながら
吉田羊さん演じるあかりさんに語りかける時の抑制した表情。
切なくて悲しくてでも限りなく愛おしくて。
深く深く心に染み入る声、眼差し、仕草、涙、微笑み。
剛君の年輪を重ねて更新される柔らかい演技にこころが震えました。

お店の看板を出しに潔さんが外に出るラストシーン。
美しい海を目前にして本物の東北の粉雪が優しく降り注いでいました。
潔さんの背中を見守るあかりさん。雪。そして海。
このドラマのおかげで、日々生かされている自分や
そばにいる家族友人を
もっともっと大切にしなければとしみじみ思いました。
そして今なお多くの困難と闘っている東北の方々を応援したいと
強く思いました。

そのような気持ちにさせてくれたドラマ『ペペロンチーノ』に感謝です。
脚本家、キャスト、スタッフ、このドラマに関わった全ての皆様、
本当にありがとうございました。
皆さんもおっしゃっているように、
NHK総合で再放送され、多くの人に見ていただきたいと願います。

2021-02-14 23:56 | カテゴリ:ドラマ
とうとう長年の悲願だった剛君出演の大河ドラマが
本日無事に放送開始となりました。
オープニングテーマ曲とともに登場人物の名前が紹介される時に、
「草彅剛」と紹介されるタイミングと背景の映像が素晴らしすぎて、
俳優草彅剛が多くの人に待ち望まれていたことがひしひしと伝わり、
ファン冥利に尽きる大きな喜びに満ちた瞬間となりました。
剛君ファンのみなさん、本当に本当に嬉しかったですね😭😭😭❗️❗️

第1回の放送では、剛君演じる徳川慶喜が登場するシーンは最初の3分ほど。
でも、それは主人公渋沢栄一と徳川慶喜が運命の出会いを果たす大切な場面。
史実もほぼこの通りだったらしく、
1キロほど渋沢栄一が慶喜が乗る馬を追いかけて走って行ったとか。
日本の歴史を大きく動かした2人の出会いは
なんとドラマティックだったのでしょう。

また、剛君演じる慶喜公のなんと気高く威厳のあること❗️❗️❗️
いやあ、20年以上ファンで追っかけていますが、
長年剛君を見てきた私たちさえ見たこともないような
気品と奥深さを感じました。
渋沢栄一の言葉をきちんと受け止めている
息遣い、目配り、顔の角度、素早い身のこなし、低音の魅力。
育ちの良さ、聡明さ、決断力の早さ。
たったの3分で徳川慶喜が傑出した優れた人物であったことが、
説得力を持って伝わってきました。

真骨頂である受けの芝居の極み。
この時はまだ一介の百姓である渋沢栄一の進言にきちんと耳を傾けて、
すぐに屋敷に呼び寄せる指示。
剛君のお芝居は相手のお芝居をきちんと受け止めていることがわかる。
だからこそ吉沢亮さんのあの素晴らしい眼差しも生きてくるのです❗️❗️
吉沢さんの熱量を引き出している吸引力を感じました。

剛君凄いね❣️本当に本当に素晴らしかったし誇らしかったです。
あれほどまでに将軍様(になるお方)が似合うとは。
想像以上に、期待以上に徳川慶喜公になり切っていて感動しました。
長年のファンの予想をも裏切ってくる草彅剛恐るべしです❗️❗️❗️
何十回もあのシーンをリピできるくらい本当に見応えがありました。

物語も渋沢栄一と徳川慶喜の幼少期が
同時進行的に描かれていて興味深かったですね。
竹中直人さんはじめキャストの皆さんも魅力的。
日本が歴史的に大きく変革を遂げた時代。
今こそ私たちはその変革の時代を振り返り、
様々なことを立ち止まって考える時なのかもしれません。

とにかく今日まで生き延びて悲願の大河ドラマ第1回の目撃者になれて
この上なく嬉しかったです。
どうか1年間、この大河ドラマが無事に放送され、
今日の感動がますます大きなものになりますように。
吉沢亮さん、草彅剛さん、スタッフ、キャストのみなさん、
全力で応援しています❤️

2020-11-18 15:40 | カテゴリ:ドラマ
昨夜、オンラインでのファンミーティング
「NAKAMAtoMEETINGvol1_5」がLIVEで配信されました。
大きなステージで本格的な照明を使い、豪華な衣装に身を包んだ
3人のパフォーマンスやトークが見られて、
ひとときライブに行ったような時を忘れる楽しい時間を過ごせました。

バイクで登場した剛君の姿が過去のライブを彷彿とさせる感じで、
ドキドキしてしまいました。
トークの中で3人が今年1年の大変さを振り返る時間がありましたが、
吾郎さんが感極まって涙ぐんでるように見えたのは気のせいでしょうか。

オンラインライブだとすべての人がA列ど真ん中気分を味わえると、
どなたかがTwitterで呟かれていましたが、まさにそうでしたね❣️
剛君の弾き語りが見られたらいいなあと思ってはいましたが、
ドアップで2曲も披露してくれたので、本当に嬉しかったです。
皆さんもおっしゃっているように新曲の「みち」がとてもいい曲。
メロディーが切なくて、コード進行も複雑でグッと引き込まれました。
歌詞の「僕らまだ道の途中さ」が仲間に呼びかけている感じで、
剛君の仲間を思う熱い思いが胸に染み込んできました。
やっぱり仲間思いの熱い人だと再確認できて、感動がこみ上げました。
聞きようによってはカップルの気持ちにも解釈できて、
奥行きのあるいい曲だなあって、惚れ惚れしてしまいました。
今回のライブで私的に一番グッときたところです。

ライブの中でも大河ドラマの撮影が始まったことが報告されましたが、
今月の月テレ「お気楽大好き」でも撮影初日のことが話されていました。
大御所の役者さんとのシーンでとても緊張したとか。
父親役の竹中直人さんとのシーンかなあと勝手に想像したのですが、
20歳の時の慶喜なので、緊張しているくらいで良かったのかもと言っていますね。
撮影初日が大政奉還の日だったことから、
慶喜公が見守ってくれているような御縁を感じたとか。
とうとう慶喜の生涯を描く旅が始まったのだと、こちらまで緊張してしまいます。

先日来年の大河ドラマ『青天を衝け』の2月14日放送の第一話で描かれる、
主人公渋沢栄一と徳川慶喜の出会いのシーンの撮影風景も、
ニュースで公開されました。
主演の吉沢亮さん従兄弟役の高良健吾さん側近役の堤真一さんとの顔合わせ。
和気藹々のほっこりトークに、清々しい期待感を抱きました。

剛君演じる徳川慶喜の姿を初めて見ることができて、ドキドキしましたし、
立派な馬に乗って静々と進む高貴な姿は気品があって美しい。
気高い雰囲気を纏いながらも色白で華奢な感じもあって、
ちょっと意外な気持ちになったのですが、
あの感じは若さや初々しさを表現しているのだなあと合点がいきました。
最初は慶喜の子ども時代を演じる子役さんでスタートするようなので、
その子役の子と違和感なく繋がらなくてはなりません。
野外での鷹狩りや水戸の弘道館で、
竹中直人さんと子役さんの撮影している様子もニュースで見ましたが、
やっぱり子役の男の子が子どものころの剛君に似ている感じで、
スポーツは得意ながらも色白で繊細な感じのある美男子。
渋沢栄一の年齢とも2歳違いという若い役なので、
剛君は役作りであの初々しさを醸し出しているのだなあと思いました。

先日、『ミッドナイトスワン』の紙使用のパンフレット
「SPECIAL CINEMA BOOK」が届いたので、
毎日のように眺めたり読んだりしているのですが、
インタビューの中で「自らを「役をかみ砕いてからじゃやれないタイプ」の役者」
だと言っているので、私たちファンには見えないところで
ものすごく話を聞いたり資料を読み込んだりして
研究しているのだなあとあらためて感じました。
その上で演じる瞬間は全てをゼロにして無意識のうちにその人に成りきる。

今回の徳川慶喜は有名な歴史上の人物ですから、
いつも以上に資料や勉強することがたくさんあったことでしょう。
青年期から壮年期までの半生を演じるので、
大きな流れで見せていくプランも必要になるでしょう。
そのスタートとなる第一話での渋沢栄一との出会いの場面。
高貴で若々しく初々しいお姿に、
なるほどそうきましたかとキュンとさせられたのです。

舞台『道』の演出家のルヴォー氏が剛君は作品全体を深く理解していて、
優れた演出家にもなれるとおっしゃっていたし、
内田監督も剛君の演技をとやかく言わなくても
ある程度任せて大丈夫と思ってくださっていたようですね。
今回の徳川慶喜もたくさん勉強しながらも、
どう表現しようかと感覚を研ぎ澄ませていることでしょう。
難役だけにどんな最後の将軍を見せてくれるのか、本当に楽しみです。

大河ドラマの撮影スタートだけでも緊張しますのに、
震災で被災したレストランのオーナーを演じる
BSプレミアム放送の地域ドラマ『ぺペロンチーノ』の主演も発表されました。
吉田羊さんと夫婦役で、國村勇さん、矢田亜希子さんなどの共演者も。
BSプレミアムのドラマに出演して欲しいと長年願っていたし、
吉田羊さんとの共演も見応えがあるだろうと嬉しい発表ですが、
このコロナ禍、寒い季節の撮影に、
剛君の身体は大丈夫なのだろうかと心配が先に立ってしまいます。
どうかどうか無理せず、感染に十分気をつけながら、
身体を労わりながら慎重にお仕事を進めて欲しいと心から願っています。

『ミッドナイトスワン 』のセカンドランもスタートするようで嬉しい悲鳴です。
報知映画賞では作品賞・監督賞・主演男優賞・助演女優賞2人・
新人賞の6ノミネートで、5つの読者投票1位を獲得。
NHK「おはよう日本」での特集でも、剛君と監督のインタビューが秀逸でした。
ハワイ映画祭を皮切りに、台湾・香港・カイロ映画祭など海外での上映も。
あれやこれやをお祝いしての舞台挨拶生中継付上映が、
11月29日(日)13:00の回に決定。
私も娘と共に参加するつもりです。でも、かなり冷え込んできました。
感染には十分気を付けて暖かくして参加したいと思っています。

剛君、本当に身体に気を付けて無理をしないで頑張ってくださいね〜❗️❗️