FC2ブログ
2020-09-09 14:50 | カテゴリ:映画
いよいよ映画『ミッドナイトスワン 』の公開日9月25日が迫ってきました。
それに先駆けて9月10日に全国TOHOシネマズ64館で先行上映があります。
一刻も早く観たい私にとっても大変嬉しいお知らせだったのですが、
平日の夜は全てお仕事で詰まっていて、どうしても動かせません。
残念でたまりませんが、行けないけれどとにかく後方支援を頑張っています。
多くの著名な俳優、監督、芸人さんが試写を見て呟いてくださったり、
一般の方が「観たい」と呟いてくださったりしているので、
感謝の気持ちを込めてせっせとリツイートしています。
感動に溢れたツイートばかりで、
とにかく映画へのボルテージが上がりっぱなしの毎日です。

9月25日は平日で昼も夜もお仕事で行けませんが、
まずは26日27日にそれぞれ別の友人を誘って連日通います。
娘にも彼氏と2人で26日か27日に行って欲しいとお願いして承諾をもらいました。
最初の土日の動員数がとても重要だそうで、
なんとか貢献したい気持ちでいっぱいです。
夫はいつも剛君の映画を2回以上一緒に行ってくれるので楽しみにしています。
遠くの友達や家族にもLINEで宣伝活動をして、
何人かは夫婦で行くねと返事をもらいました。
東京で仕事で忙しい息子にも宣伝してしまいました。
TOHOシネマズ錦糸町の9月10日の予約状況を息子が見て、
「あと5席しかないやん」と驚いていました。
「公開して気が向いたら」と言ってくれたので、たぶん行ってくれると思います。

先日の9月のななにーは、ほとんどのゲストが俳優さんで見応え十分でした。
特に「お久しぶりです!」のコーナーに登場された池田成志さんのエピソードは、
『家族のはなしPART1』の舞台裏が手に取るようにわかって面白かったです。
楽しい舞台ではあったのですが、新しい試みが多く、演劇をかじった私にも、
成志さんのお気持ちがなんとなくわかるような気がしました。
そんな大変な状況の中、成志さんがイラッときたという
剛君の様子が目に浮かぶようで、失礼ながら思いっきり笑ってしまいました。
剛君らしいですね。そんな鷹揚な様子が。

そして、それとは逆に煮詰まった時、
剛君が成志さんを呼び出してお話しした内容も
なんか的を射ていて素敵だなあと思いました。
ぼうっとしているようで
座長としての調整力がある剛君を改めて見直してしまいました。
正直私は、舞台『家族のはなしPART1』では
池田成志さんの熱演が光っていたと思います。
最初から最後まで成志さんのお芝居が観客の笑いを誘い、
グイグイ引き込んでくださいました。
あの成志さんの渾身の演技思い出すと、
剛君の言葉がどれほど大きかったかが推し量れます。
今年1月の『アルトウロ・ウイの興隆』も観に来て下さったようで、
ベテランの名役者さんの心を動かすことのできる剛君の人間味が嬉しかったです。

水川あさみさんと真飛聖さんとの
映画『ミッドナイトスワン』トークも楽しかったです。
お2人とは、『37歳で医者になった僕』でご一緒して、
剛君が手作りのカレーを皆さんにご馳走したりして、
キャストの皆さん全員とすごくいい雰囲気を作っていて素晴らしかったですよね。
草彅剛代表作の『ミッドナイトスワン 』での
再共演へとご縁が繋がったことが感慨深い。
お2人の演技があの時から進化していることを率直に褒める剛君が流石でした。
あのトークでは慎吾ちゃんも
『ミッドナイトスワン』を絶賛してくれて嬉しかったですね。
剛君の一番側にいて、役者草彅剛のファンを公言し続けてきた慎吾ちゃんが
あれほど褒めてくれるんですから間違いありませんね。
褒めてくれる慎吾ちゃんの顔を真剣に見つめる真顔の剛君の顔がとても印象的でした。

でも、最後の演技合戦できちんと笑いを取り、
バラエティーを盛り上げる剛君も流石です。
役に同化するという剛君は、あんな短い時間では演技ができないのでしょうね。
でも金八先生の物真似を入れてきたあたり、あれは確信犯でしょう。
自分が役者としてどう思われるかより、やはりエンターテインメントを優先する剛君。
小さな型には簡単にはおさまらないぞという剛魂を見せられたような気がします。

一番のお楽しみはやはり「インテリゴロウ」での内田英治監督の
『ミッドナイトスワン』撮影秘話でした。
「役に同化する」「受ける芝居ををする究極の役者」
という草彅剛評が的を射ています。
そして「目の奥で芝居をする役者」とも。
本当にその通りで唸るほど納得してしまいました。

私が剛君のお芝居の中で特に印象に残っているシーンの一つに、
『僕と彼女と彼女の生きる道』の
凛ちゃんが家を出ていく時の別れのシーンが有ります。
凛ちゃんが玄関を出て行った後、
玄関を見つめる時の徹朗の瞳の奥が深い沼のようで、
言いようもないほどの深い悲しみが目の奥に揺らめいていて衝撃を受けました。
『ミッドナイトスワン』で、凪沙が一果の踊りの美しさに心を奪われるシーンが
紹介されましたが、あの放心した憧憬の眼差しがとてもリアルで引きつけられました。
カメラマンが自然と寄りたくなる草彅剛の表情を、
実際に映画館の大スクリーンで見られることを心から心から待ちわびています。

先行上映に行かれる方々が羨ましいです。
皆さんどうぞお気をつけて楽しんできてください。
私は公開したらやっとやっと見ることができます。
応援頑張りましょう❗️❗️

2020-08-08 23:03 | カテゴリ:映画
『日本映画navi』2020vol.88の内田英治監督が語る
『ミッドナイトスワン』製作リポートが大変読み応えがあります。

写真もよりすぐりで、凪沙と一果が並んで2人でバレエをする後ろ姿と、
砂浜で一果を抱きしめる凪沙の写真にものすごく魅かれます。
剛君が本当に女性にしか見えないくらい女性らしくて・・・。
役に成りきる方ですが、監督のおっしゃるように
まさに「役柄に入っていく深度が深いんです」。

体型もとてもか細く見えますね。
剛君、こんなに痩せていたことあったっけ❓と
思い出せないくらいなのですが、
これらの映像を見ているとか細い女性らしさが滲み出ていて驚きます。
予告動画の中でも、裏通りをよろめきながら歩く姿が女性らしくて儚かった。

一果のバレエのレッスン姿がとても可愛らしいですね。
レトロな雰囲気の教室と、
地方から出てきた少女が絵のように馴染んでいて素敵です。
剛君ファンはダンスの好きな人が多いなあと感じたことがありますが、
私も例に漏れず踊りにまつわる映画が好きで心に残るタイプです。
好きな映画のNo.1は『リトル・ダンサー』。
『フラッシュダンス』や『ブラック・スワン』など踊りにまつわる映画が好き。
バレエも『白鳥の湖』『くるみ割り人形』などを鑑賞してきたので、
今回の『ミッドナイトスワン』で大好きなバレエを見られることが楽しみです。

内田監督が剛君と衣装合わせをした時の様子を語っておられますが、
その衣装合わせの様子そのものが
まるで映画のワンシーンのようで印象的です。
役者草彅剛を愛してやまないファンにとって、
役の魔法にかかる役者草彅剛の瞬間を垣間見せていただいたようで
嬉しい限りです。

予告動画を見たときに一番心に引っかかってきたのは凪沙の声でした。
監督が剛君が役の魔法にかかる瞬間に立ち会って、
「声もそんなに変えずにお任せしよう」と思われたところが素晴らしい。
予告動画で聞いた低音のナチュラルな声にまさに「リアル」を感じました。
「事実を事実として普通に描きたかった」とおっしゃる監督の思いに
ほっとするというか、そういう映画が見たかったとあらためて思う私です。

さすが映画関係の雑誌ですね。
内田監督の製作意図をたっぷりと伺うことができて心が満たされ、
ますます映画観ることが楽しみになりました。

2020-07-25 23:51 | カテゴリ:映画
9月25日公開の映画『ミッドナイトスワン』の予告動画が
公式サイトおよびYoutubeで公開されました。
30秒・60秒・100秒の3パターンです。

→「ミッドナイトスワン」公式サイト

30秒も60秒も印象的な場面がいっぱいで、
ナレーションの方の声が味わい深いです。
どこかで聞いたことがあると思う声ですがどなたなのでしょう。
NHK『プロフェッショナル仕事の流儀』でナレーションされている方に
似ているような気がするのですが違いますか❓気になります。
どなたかもし気がつかれたら教えてくださいましね。
100秒の渋谷慶一郎さんのピアノだけの映像もドラマティックで、
映像の美しさと切なさで魅入ってしまいました。
再生回数が13万を超えたらしいですが、
1人で100回でも見てしまうくらい引き込まれます。

『ミッドナイトスワン』の文庫本は迷いましたが読んでしまいました。
かなり衝撃的な内容だったので、やはりこの衝撃を映画で受け止めたかったです。
映画で受け止めたらかなり重く胸にのしかかってきて動けなくなったと思います。
本を読みながら役者さんたちに脳内変換しながら読みましたが、
予告を見た時、剛君も水上あさみさんも真飛聖さんも想像の上をいく存在感で、
映像に引き込まれました。

サングラスをかけて不機嫌そうに一果の前方を歩くちょっと男臭い凪沙。
手作りの料理を一果に食べさせて母性に目覚めてくる凪沙。
階段に座って一果の踊りを眩しげに見上げる凪沙は優しく温かい
母親そのもの。この時の剛君は女性にしか見えないくらい美しいです❣️
バレエの先生に「お母さん」と呼ばれ嬉しさで顔をくしゃくしゃにして笑う凪沙。
その後ノーメイクで短髪で男姿の凪沙が一果を抱きしめる場面では、
風貌を超越した母性に満ちた凪沙の愛情が溢れていました。
そして一転して愛を渇望し、
一果を思うあまり心身のバランスが壊れていく凪沙。

予告を見た時、剛君の声の出し方がとてもナチュラルな野太い声、
作為的なわざとらしさが微塵もないリアルな声だったのでゾワっとしました。
作為的な女らしさを排除して、気持ちそのままで率直に表現しているところがリアル。
「お母さん」と呼ばれた嬉しさで、自然に声が裏返っちゃうところも。

本を読み終わった時、母性について深く深く思い、
自分自身の母性についても省みて思いにふけりました。
凪沙の母性と相剋し触発されて
水上あさみさん演じる早織が変化していくところが味噌。
親による悲惨な児童虐待のニュースが跡を絶たない暗黒世界のような昨今、
「世界にしがみつくように愛した」というこの映画を
私も心して見届けたいし、本当に多くの人に見ていただきたいと心から思います。

2019-11-01 03:05 | カテゴリ:映画
剛君の「ギターはっぴょう会」のチケットが手に入らずなんとも淋しい気持ちです。
「ギターはっぴょう会」の一般発売が11月2日の10時からあるようですが、
何せ枚数が少ないので難しいでしょうねえ。つながる気がしません・・・。
「パワスプ」ではっぴょう会の準備が本当に楽しいと話す剛君の話を聞くたびに、
どうしても見たい聴きたいという思いが募ります。
ファンの切なる気持ちを剛君や地図さんが無視するはずはないと思っていますが、
いかがなことになるのでしょう。
どうにかして見られるようにしていただけないでしょうか。
心からお願いいたします。

来年1月の神奈川芸術劇場での舞台『アルツゥロ・ウイの興隆』も電撃的に発表され、
チケットを手に入れたいと悪戦苦闘しているうちにあっという間に日々が過ぎました。
先行受付で新しい地図がまさかの全滅だったので、しばらく茫然としていましたが、
『バリーターク』の時も当たった「かながわチケット」とは相性がよく、
無事に舞台のチケットを手に入れることができ、心からほっとしているところです。
「シカゴのギャングに扮し、エンターティナーとしての魅力を最大限に発揮します」と
紹介文にありますので、白井さんの演出で問題作がどう出来上がるのか楽しみですね。
東京には息子夫婦がいますし、ビストロジョーにも是非立ち寄りたいと思っています。
新しい地図(4日まで)でもチケットぴあ(5日まで)でも2次先行受付中ですね。
まだ、チケットが当たっていない方が当選しますようにお祈りします。

NHKで『逆転人生』にゲスト出演し、久々に地上波で剛君を見ることができました。
テレビで剛君を観られることの嬉しさを噛みしめつつも、
あれほどテレビに出ていた剛君が、久々のテレビ出演で大汗をかいているのを見て、
切ない気持ちにもなりました。
こんなに人間愛と愛嬌がある人をテレビに出さないなんて、
視聴者無視すぎるうって思って。
そうしたら再放送があり、さらにネットで話題になったということで、
『NETBUZZ』という番組でも取り上げてもらって再再放送。
日本語教師の笈川さんと中国の生徒さんたちとの微笑ましい交流や感動的な逸話が、
剛君の実感のこもった的確で純粋なコメントともに話題になり、
たくさんの方に見ていただけることになって、本当に良かったです。
国際交流とか平和というのは、当たり前のことですが、
一人一人の人間性が一番大切なのだと改めて思い知りました。
日本語教育に邁進されている笈川さんはもちろん、SMAPとしても個人としても
国際交流に頑張ってきた剛君も人に癒しを与える平和の使者なのだと思います。
変な忖度など無くなって、本当に求められている人がテレビに普通に出られるよう、
放送業界が真っ当な世界にならなければ、日本に明るい未来はないと、
声を大にして訴えたい気持ちになります。
剛君を温かく迎え入れてくれた山里亮太さんにも感謝の気持ちでいっぱいです。
『NETBUZZ』の最後に笈川さんのお姉さんがSMAPの大ファンで、
笈川さんもお姉さんとコンサートに行ったりしていたので、剛君と会えることを
とても喜んで緊張していたという話なんかも出て、嬉しかったですね〜。

『台風家族』は夫と娘と娘の彼氏と友人たちと何度も足を運んで観ました。
家族のあれこれは役者陣の演技合戦が舞台のようでもあり大層見応えがありました。
剛君の演技ではやっぱり包帯やコルセットを剥ぎ取るところ。
愛する娘や弟妹に理解されない無念さと怒りを滲ませながら
開き直る瞬間の男臭い表情が秀逸で1番好き。
開き直りが加速していくクズダンスが2番目。
車を暴走させる時の引きつった漫画みたいな表情が3番目に好きです。
映画でありながら漫画の登場人物のようにコメディーとして誇張できる表現力は流石。
剛君の演技がやっぱ好きやねん。新しい表現に果敢に挑戦する柔軟さが大好き!!!
〇〇が流れていくところに同行者みんな唖然としましたが、映画を観終わった後、
友人たちが〇〇が流れていくところをもう一回観たいというのがおかしくて。
シュールなんですよね、監督の感覚が。本当にあれには驚かされました。
「シュール」の意味を調べてみると「非日常過ぎて目を疑いたくなるような光景」
とあります。でも逆にシュールだからこそ一生忘れない映画になっているのですよね。
監督はどうしても〇〇を流したかったらしい。それも芸術なのだと私は知りました。

角田陽一郎さんと剛君の対談で、小さい時の映画体験について聞かれた時に
『龍の子太郎』が俳優草彅剛のほぼ8割を占めているようなことが語られていました。
私も松谷みよ子さんが書かれた『龍の子太郎』に一番感銘し影響を受けた人間なので、
剛君の告白は私にとって大きな驚きでした。私は細々と演劇活動をしてきたのですが、
『龍の子太郎』をどうしても劇化したくて、地元の子どもたちとお母さんたちとで
協力して劇にし、発表したことがあるのです。
龍は大きすぎて作れなかったのですが、オーバーヘッドプロジェクターを使って、
龍のお母さんを舞台上のスクリーンに映し出した時はなかなかの感動ものでした。
剛君が「お母さんが龍になって死んでしまう時に今まで一番泣いて人生が変わった」
って話していましたが、父性とか母性とかに敏感な人なんだなあって思ったりします。
私が好きなドラマ『TEAM』と同率一位の『僕と彼女と彼女の生きる道』も父性ですし。

今日発表になった剛君の主演映画『ミッドナイトスワン』も
トランスジェンダーの凪沙が育児放棄されている少女に
母性を抱き始めるという内容らしいですね。
剛君は「台本を読んだ時、とても感動し涙が止まらなかった。その時の気持ちを
作品として見せて、また新しい作品の力やお芝居の力に目覚めることができたら
いいなと思います。」と。
最近言うことに深みが増しているような気がします。
新しい挑戦に真摯に立ち向かっているからなのでしょう。
剛君を追っかけることで、
私自身もどんどん新しい世界へと誘われ感性が広がっていくように感じます。
私たちの知らないところでお仕事が渋滞中の剛君でしたが、
くれぐれも身体に気をつけて頑張っていただきたいと願わずにはいられません。

一つ一つが楽しみですね。
明後日は「ななにー」で久しぶりの人狼ですし、豪華なゲストの方々も楽しみです💖

2019-09-08 17:10 | カテゴリ:映画
草彅剛様、主演映画『台風家族』の公開、おめでとうございます
9月6日に剛君の6年ぶりの主演映画が公開され、
剛君を映画館の大画面でたっぷり見られる嬉しさに心が震えています。
9月6日は動かせない仕事が詰まっていましたので、
7日に夫と朝一で車を飛ばし、2回連続で早速拝見してきました。
日曜日はちょっと家を離れられない用事があって行けないのですが、
映画『台風家族』を少しでも多くの方に見ていただきたくて、
感想をyahooの映画サイトに書きました。
一般の人に少しでも見る気になっていただきたくて書くのはなかなか難しいですね。
以下はyahooに書いた私のレビューのコピーです。

「監督のぶっ飛んだ構想から生まれた家族物語を、
凄腕の俳優陣たちが素手でグイグイと引っ張って作り上げた手作り感たっぷり。
構想はぶっ飛んでいるのだけれど、
親兄弟や子どもに持っている感情を丁寧にすくい上げている脚本で、
ドタバタともめている兄弟たちに笑えたり共感したりして飽きさせない。
 個性豊かな俳優陣たちの演技合戦を見るだけでも一見の価値あり。
あのドタバタ劇場を引っ張れる長男役の
草彅剛さんのパワーと緩急自在の演技がさすが。
MEGMIさんの演技は「こんなお姉ちゃんいる!」って感じが凄い。
三男の中村倫也君は甘くて若くてピュアな感じが際立っていて最高。
草彅剛さんと尾野真千子さんと甲田まひるさんの
3人家族の関係性も面白くてグッとくる。
そして両親役の藤竜也さんと榊原るみさんの姿に胸をえぐられる。
藤竜也さんのいぶし銀の存在感ある演技と不器用な愛情表現は、
自然と涙が流れるくらい素晴らしい。
 ほとんどが実家を舞台とした閉塞感ある物語だが、
台風が迫ってくるにつれ家族の謎が解き明かされていき、
台風とともに飛び出していく家族たち。
朝日に輝き波打つ海がなんとも忘れられない。
結末はリアルなドラマというより家族ファンタジーになってはいるが、
いつもは見て見ぬふりをしている家族への想いに
きちんと向き合わずにはいられなくなり、
最後はなんとも温かい気持ちになる。
馬鹿馬鹿しい兄弟たちに笑いながらも見終わった後にじわじわくる感じの秀作。」

初日と土曜日の「台風家族」に関するツイート数が映画の中で1位だったとか。
NAKAMAのみなさんの頑張りが凄いのでしょうし、
中村倫也君やMEGMIさんなど旬な方が出ていらっしゃるのも心強いですね。
出来るだけ一人でも多くの方に見ていただいて、
6年ぶりに主演を張る草彅剛の演技の魅力を実感していただきたいと願うばかりです。

剛君の演技を映画館の大画面で見られて本当に幸せですね。
即興だったというクズダンスがなんとも変な味わいがあって、
うわあ天才って本当に思いました。
娘や兄弟たちに罵倒されてやり場のない感情を押し殺し、
包帯やコルセットを剥ぎ取る表情が切なすぎてドキッ
玄関の外に投げ捨てたコルセットを蹴飛ばす時の左足が華麗すぎて胸キュン
見たことのある表情の中に見たことのない表情がふっと出てくる時の至福感。
欲と本音が渦巻く家族の密室劇のおかげで、
また新しい草彅剛に出会えたことが嬉しくてたまりません。

家族や友人を巻き込んで映画館に通う日々がしばらく続きそうです。
何回も何回も見てまたたっぷり感想を書かせていただきます。
みなさん、大画面の草彅剛を心ゆくまで楽しみましょう
\(^o^)/+゚。*(*´∀`*)*。゚+