FC2ブログ
2020-07-11 15:12 | カテゴリ:TV(その他)
昨日は夕方まで仕事で忙しくスマホを見ていなかったら、
夫からのLINEに「草彅くん、おめでとう!」の文字が。
なんだろこれ。お誕生日は昨日だったし、
夫が剛君のお誕生日に反応したことは今までなかったし・・・。
瞬時に何か発表があったに違いないと思ってニュースを見ると、
「大河『青天を衝け』草彅剛が徳川慶喜役!20名のキャスト発表」
と言う文字がネットに溢れていました。
来年の大河に主要キャストで出演という噂はありましたが、
剛君のお誕生日の翌日、つかこうへいさんのご命日に、
発表されたのですね。
それも主役の渋沢栄一と徳川慶喜の物語がパラレルに展開するという
準主役級の出演のようです。嬉しいですね。

2021年大河『青天を衝け』ニュース

ようやっとの連続TVドラマの出演ですし、
おそらく1年がかかりの大役ですね。
徳川慶喜について検索して、
歴史的な解説もいくつか読んでみましたが、
今まで知らなかっただけで、
高貴でかなり魅力的な人物であったことがわかってきました。
幕末から明治維新という日本の大変革期に、
運命に弄ばれながらも苦しみに耐え
国の平和と発展を望んだ最後の将軍。
スポニチの記事には
「関係者によると、
 運命的なものを背負い血肉の通った苦しみを表現できる
 人物として草なぎがキャスティングされたという」言葉も。
作者の大森美香さんは
連続テレビ小説『あさが来た』など評価の非常に高い方。
徳川慶喜の側近役に堤真一さんというこれまた嬉しい悲鳴の配役です。

役者草彅剛ファンにとって待ちに待った朗報でした。
正直言うと主演でないところが若干ざんねんではありますが、
やはり一番大切なのは作品のテーマ、脚本のレベルの高さ、
役の魅力、配役の妙であると思います。
魅力的な作品になる予感がいっぱいの期待作だと思います。
こんなに素晴らしい舞台を用意してくださった飯島さんに心から感謝します。

剛君のキリッとした和装を時代劇でたっぷり見たいという思いと、
どこか日本人離れしていて洋装が似合うんだよねという思いの両方を、
ずっと胸に抱き続けてきましたが、
なんと徳川慶喜役ならどちらも見られる可能性が出てきましたね。
「文人、趣味人としても有名な人だよ。剛君にぴったりのようだね。」
などと夫に物知り顔で言われ、ますます期待が高まるばかりです。

映画『ミッドナイトスワン』の公開も9月25日だと発表されました。
ティザービジュアルとして解禁となった写真は、
薄暗い楽屋の中で、
きらびやかな衣装たちを背景に1人俯き何かを思う凪沙さん。
ふさぎがちな瞳の奥に、
孤独で儚げながらも母のような優しさが見える写真です。
1枚の写真からその人の本質が滲み出ているようでキュンとさせられました。
剛君はまたまた新しい人物を構築して私たちに見せてくれるようです。
試写会の後の感動に震えているような表情の剛君と
やはり満足しておられるような内田監督の2ショットの写真を見て、
素晴らしい作品が出来上がったことが伝わってきましたので、
こちらもとても楽しみです。

46歳のお誕生日を迎え、映画公開を控え、大河出演も発表された剛君、
おめでとうございます

今世の中は日々コロナ感染症に悩まされ、
大雨の被害が続出し大変な状況が続いています。
でも、そんな大変な毎日だからこそ、
剛君の新しいニュースが有難いです。
なんとしてもこの苦境を乗り越えたい。
健康を維持して来年の大河ドラマを観たい。
本当にやるせない毎日だけれど、心からそう思います。
希望があるのと無いのとでは天と地の違いがあります。
この朗報を胸に日々の生活に立ち向かっていきたいと改めて思っています。
頑張って働いて少しでも寄付ができるようにしたいです。
剛君も健康に気をつけてお仕事頑張ってくださいね。

応援しています

2020-07-05 00:10 | カテゴリ:Youtube
剛君のYoutubeで、
ホットサンドを作っている動画があって、
剛君がものすごく美味しそうに食べているのを見て、
私も食べたくなり、
初めてホットサンドメーカーなるものを
購入することにしました。

知り合いのパン屋さんに
おすすめのメーカーはないかと聞いたところ、
バウルーのメーカーが定番だと聞きました。




真ん中が凹んでいて、ダブルになっており、
焼き上がったパンを二等分にしやすいらしく、
レビューも良かったので
これにしようかなと決めかけました。
でも、レビューを詳しくチェックしていると、
難点は上のフライパンと下のフライパンが、
金具でつながっていて、少々洗いにくいとのこと。
めんどくさがり屋の私は
やっぱり上下のフライパンは
外れて洗いやすい方が良いなあと思い直し、
さらにレビューが良かった鋳物で有名なブランドの
燕三条のメーカーに決めました。
パンの焼き上がりがふっくらと
美味しいらしいのです。




注文が殺到しているらしく、
購入手続きをしてから約2週間たった昨日
ようやく我が家に届きました。
さすが鋳物で有名な燕三条さんということで、
軽くておしゃれで焼印もつくというメーカーは
キッチンに置いてもなかなか可愛いアイテムです💕
休日の今日、8枚切りの食パンを用意し、
早速ホットサンド作りに挑戦しました。
届いたメーカーにいろいろなホットサンドのレシピがついていましたが、
まずはYoutubeで紹介されていた、
ハムととろけるチーズと卵と塩胡椒で作りました。

最初に上下のフライパンにバターを塗ります。
8枚切りの食パンを下のフライパンに置き、
ハムをのせ、チーズで縁取りし、
真ん中に卵を割り入れ、塩胡椒をします。
その上にもう一枚のパンを載せて、
上のフライパンで蓋をし、
取手の金具をかけて閉じます。
弱火でフライパンの上下を返しながら、
時々中を見て、
焦がさないように焼け具合を確認します。
写真のような色目に焼き上がったら完成ですね❣️

IMG_0513_convert_20200705001656_convert_20200705002237.jpg

最初中火にしてしまったので、
焼き上がりが早くなって卵が半熟になってしまいましたが、
最初から最後まで弱火でゆっくり焼くと
卵も硬めに焼けると思います。
レビューの評判通り、
パンは美味しそうにふっくらと焼き上がりました。
サクサクとした食パンの歯応えがたまりません。

この歳で初めて挑戦したホットサンド作りでしたが、
なかなかの仕上がりにとっても満足できました。
今度はレタスやトマトやきゅうりも挟んで
ジューシーなホットサンドも作ってみたいな。
仕上がりがおしゃれで食べやすく、
コーヒーを添えて
休日の朝食を喫茶店気分で楽しめます。

燕三条さんのメーカーは、
デザインも焼き上がりも最高ですが、
実際にホットサンドを作ってみると、
真ん中にも焼きが入る
ダブルのメーカーも欲しいなあと思ったりもし、
いろいろ夢が広がります💓

2020-06-24 22:45 | カテゴリ:雑誌
月テレ8月号で6月の「ななにー」を振り返る剛君。
久しぶりの人狼ゲームで2回も人狼になって頑張ったけど、
3回目に慎吾ちゃんに固執して反省したと言うお話。
最近の剛君は良いことも悪いこともきちんと自己分析して、
オープンに語ってくれるので気持ちいいですね。
STAY HOMEで誰もが内省的になっているように思いますが、
剛君は最近特に飾らずに自分の気持ちを私たちに伝えてくれるので嬉しい。

人狼ゲームはよく演技の練習にも使われるようですが、
素敵な演技をする人が人狼も上手いとは限らないかも。
だって、剛君の感情は豊かだし、どちらかと言うとわかりやすい。
ピュアだから役の感情も憑依しやすいし、感情表現も伝わりやすい。
だから私は基本的には、人狼ゲームで剛君が特別上手くなかったとしても、
剛君の人間味を楽しませていただいています(笑)。

西村さんとの再会は、ファンが喜んだように、
剛君にとっても感慨深いものであったことがわかって感動しました。
『TEAM』と言う作品が、西村さんにとっても、剛君にとっても、
ファンにとっても大きな作品だったということが再確認できて嬉しい。
20年という長い年月を経て完結したと言う『TEAM』。
優れた作品というのは、時を越えて人々の心の財産になると
改めて思います。
もちろん剛君の作品のほとんどが心の財産になっているので、
剛君の演技を追い求め続けているのですが・・・。
吾郎さんの『笑の大学』もとても良かったし、
パルコ劇場での慎吾ちゃんとの『burst!〜危険なふたり』も面白かったし、
ご縁が広がって、剛君たちにますます活躍して欲しいです。

くるみちゃんの出産と子犬たちの子育てに奮闘する剛君の話も、
HAPPYで微笑ましいですね。
やっぱり剛君は父性(母性❓)を強く持っている人だと思います。
剛君の作品で印象に残っている感動的なシーンは、
子どもとのシーンが多いですし。
保護しなければならない存在に対する優しさが溢れ出るっていうか、
滲み出るっていうか。
インスタで子犬たち3匹を腕に抱く剛君の写真を見て、
なんて慈愛に満ちた温かい表情なのだろうと感動しました。
そんな温かい感情を持つ剛君に、心から幸せになって欲しいと
願わずにはいられません。

週刊文春WOMANでは『ミッドナイトスワン』の内田英治監督との対談。
剛君の撮影現場の様子や演技、作品に向き合う様子が詳しく語られていて、
ファン必読の内容になっていますね。
脚本に感動して役を引き受けたと言う剛君。
剛君を100パーセント憑依型の俳優と認めてくださっている内田監督。
制作過程での発見や手応えが語られていて、とても読み応えがあります。
剛君はいろいろな経験を経た今だからこそ挑戦出来た作品と言っていますし、
監督は言葉にできないくらいの剛君の演技だと絶賛されています。
また、忘れられない作品が出来上がったようですね。

楽しみです❣️❣️❣️

2020-06-09 15:17 | カテゴリ:ななにー
6月のななにーはなんと言っても20年あまりの間念願だった
西村まさ彦さんと剛君の再会が果たせたことが嬉しすぎました。

名作揃いの剛君の作品の中で、どれに一番はまったかを考えると
甲乙つけ難い中で、私の中で『TEAM』の存在感は抜きん出ているからです。

青少年犯罪をあらゆる角度からシビアに問い直している
君塚良一さんの脚本が素晴らしかったのは言うまでもありません。
文部省の官僚である理想主義者の青年と
現実主義者の刑事の相克がドラマの主軸になっているシビアな内容の中にも
ラブコメディーの要素が散りばめられていてほっこりさせるところもある
最高級のエンターテイメントドラマでした。

キャスティングもどハマりしていて全ての登場人物が魅力的でした。
特に主役の風見君を演じる剛君と刑事の丹波さんを演じる西村まさ彦さんの
演技合戦に迫力がありすぎました。
両雄が一歩もひかずぶつかり合う様が。
演劇で鍛えた演技派の男っぽい西村さんに対して、
若々しくも一歩も引かずぶつかっていく草彅剛のファイトにいつも感動していました。
まさに漢と漢のぶつかり合い。互いに繊細な部分も持ち合わせている魅力的な漢。
ドラマは青少年犯罪に対しても安易な結論に導かず、人間の闇の深さを描き、
その現実を目前にして呆然と立ち尽くす2人の男を、
ピュアで男気のある西村さんと剛君が演じることで、
悲しみや義憤がひしひしと伝わってきました。名作でしたよね。

そんな素晴らしい作品で、最強のバディを組んだ2人が
この20年あまり、ほぼ共演することもなく会うこともなかったのですね。
私はお2人の演技合戦を再び見たくて、ずうっと心待ちにしていました、
西村さんを映画『家族はつらいよ』シリーズなどで拝見するたびに、
やっぱり西村さんお上手だなあ、
西村さんは剛君のことどう思っていらっしゃるのだろうと考えました。

でも、ななにーに来てくださって、
剛君と再会した西村さんはこうおっしゃいました。
「いつも思い出していたんだよ。
 気にはかけていたのさ。当たり前じゃないか。」と。
しばらくすると感極まったように「嬉しくて!」と
目を潤ませてもくださいました。
「まさか今日草彅さんと会えるとは思わなかったなあ。」
「草彅さんなんて呼ばないでくださいよ。」
「いや、僕はずっと草彅さんだから。」
剛君も「(演劇出身の西村さんと近藤さんおふたりと)
    ご一緒できて本当に本当に勉強になりました。」
と心を込めてお話していましたね。

いやあ。この再会の瞬間、私も本当に本当に嬉しかったです
その上「やる(一緒に芝居)いつ❓」「古いのやろう、古いの。」
「今日は会えて嬉しかったです。」とおっしゃってくださりました。
ああ、よかった。西村さんが喜んでくださっている

しかし、
こんなふうに元共演者の方にも求めていただいているのに、
いまだに民放で剛君のドラマが制作されないのはやはり納得できませんね。
私たちが思っている以上にやはり大きな圧力があるように思います。
剛君の実力があればあるほど、それをよしとしない組織があるように思います。
悔しいし、焦ったい・・・。

『TEAM』の脚本を書かれた君塚良一さんは萩本欽一さんのお弟子さんで、
欽ちゃんのお宅に居候されていた時期もあるそうですね。
そんなふうにドラマの世界にも通じている欽ちゃんが、
『アドリブで笑』に剛君が出演した時に、剛君に
「三大二枚目俳優と言えば草彅剛!草彅剛!草彅剛!」連呼させました。
そうやって、剛君を番組の冒頭に紹介してくださったことに、
どれほどのお気持ちが込められていたでしょうか。

なんか芸能界って本当に大変なところなんですね。芸能界だけじゃないか。

西村さんも役者は60歳くらいで1人前だとおっしゃっていました。
暗に、剛君たちもこれからだよと、励ましてくださっているように感じました。

どうかどうか、今回ななにーで再会できたご縁を大切に
剛君たちがお芝居をできる環境がますます広がることを願わずにはいられません。
そして最強のバディ、西村さんと剛君の競演が見られることを
心から待ち続け応援していきます。
演劇関係者の皆様、何卒よろしくお願いいたします。
   
2020-05-31 21:38 | カテゴリ:パワスプ
5月最終の「パワスプ」のしんつよの声にとても癒されました。
すでに3ヶ月くらい続いている自粛生活ですが、
STAY HOMEをしている剛君と慎吾ちゃんが色々工夫をしながら、
毎日を前向きに過ごしているということが伝わってきて、
励まされるし、2人の優しい声に心がほっこり温かくなりました。

東京に緊急事態宣言が出された頃は、東京にいる息子家族が心配で、
「パワスプ」にもナーバスなメールを送ってしまったので、
この温かくなった気持ちを伝えたくて、今日改めてメールをしました。

「しんつよのおふたり、こんばんは。

今日のパワスプ(5月31日)もとても楽しく聴かせていただきました。
東京の緊急事態宣言は解除されましたが、
今日もまだリモートでのラジオ放送でしたね。
それでもお2人のSTAY HOMEが充実されているのか、
声も穏やかで、内容も充実していて聞き応えがありました。

イカに関する蘊蓄を話す剛君が面白かったです。
「ぷっすま」でイカの勉強をたっぷりしたことがあったし、
もともと剛君はイカが大好きなので、イカ愛に溢れていてニンマリしました。
今年の1月に剛君の舞台『アルトウロ・ウイの興隆』を観に言った際、
初めてビストロジョーのディナーをいただいたのですが、
メニューの中にイカ墨パスタがあって、
とても美味しかったのをしっかり思い出しました。

斎藤和義さんの『空の星が綺麗』は大好きな曲なので聞き惚れました。

慎吾ちゃんが Youtubeでヨガやストレッチをするようになった話も好きです。
ファンはやっぱり慎吾ちゃんの健康を心配しているし、
やっぱり身体を大切にして、健康的な慎吾ちゃんでいて欲しいと願っているので、
ラジオ体操しているとかヨガやストレッチしている話は本当に嬉しいです。

東京に緊急事態宣言が出された頃に、ナーバスなメールをしてすみませんでした。
皆さんのご協力のおかげで、息子の働いている病院もなんとか体制を立て直し、
閉鎖されていた救急センターも診療を開始しました。
ラブポケットファンドを立ち上げてくださったおかげで、
皆さんの応援してくださる気持ちも伝わって、励まされたようです。
色々とお心遣いいただき本当にありがとうございました。

緊急事態宣言が解除されたと言ってもコロナとの戦いはまだまだ続きますね。
みんなで心を合わせて、少しずつでも安全で快適な日常を取り戻していきたいです。

5月〇〇日は私の誕生日だったのですが、
新しい地図から心のこもった誕生日カードが届いたので嬉しかったです!
剛君のメッセージが特に胸にグッときました❤️

来週は「ななにー」ですね。無観客ライブがあるらしく楽しみにしています。
いつも私たちに寄り添ってくださってありがとうございます。
みんなで頑張りましょう!!!

kitakeikoより」

昨夜は『すべらない話ベスト』をがっつり見ました。
やっぱりゴールデンタイムにSMAPのメンバーがTVで見られるのは嬉しいものですね。
Twitterでも話題になっていましたが、
出演者は中居君と吾郎さんと慎吾ちゃん3人でしたが、
話の中に剛君と木村君も登場したので、SMAPが勢揃いした感じでしたね。
その後、録画していた日テレの歌番組、SMAPの『Triangle』の映像も見ました。
恋しくて切なくて・・・。
SMAPを見るとやっぱり心が喜びを感じますし、SMAPの存在感は格別です。

昨日は剛君の映画『ミッドナイトスワン』の出演者の発表もありました。
剛君が演じる凪沙さんがとても女らしくて雰囲気があります。
ネグレクトの母親を演じる水川あさみさんとの絡みも迫力がありそうです。
繊細な心理描写が求められる作品のようなので、剛君の本領発揮が期待できそう。
公開される頃には映画館に安心して通えるようになっていてほしいですね、

まだまだ苦しい生活が続きますが、光の射す方にしっかり進んでいきたいです

2020-05-20 17:33 | カテゴリ:新しい地図
高橋克典さんがYoutubeで「オンライン読み聞かせ」を始められたので、
第1回目の『あらしのよるに』を聞かせていただきました。
さすがに克兄は正真正銘の俳優さんでした。
とてもお上手なので失礼ながら見直してしまいました。
絵本を丁寧に心を込めて読んでおられる様子に、克兄のお人柄を感じ、
やっぱり素敵な方なんだなあとあらためて思いました。
思わず、剛君も読み聞かせしてくれたらいいのにとか、
この狼さんとこやぎさんを克兄と剛君とで読み合わせするのを聞いてみたいとか、
妄想してしまいました。剛君の朗読も素敵なのでいかがでしょう❓
大人っぽいと思ってきた克兄の絵本との組み合わせが新鮮だったように、
剛君には逆に大人のメロドラマをやって欲しいかも。
久しぶりな感じで新鮮で聞き惚れてしまうと思うのですが。

三谷幸喜さんの戯曲『12人の優しい日本人』のリモート演劇も
ゆったりと鑑賞させていただきました。リモートでも十分楽しめる作品。
お馴染みの実力ある俳優さんたちの台詞の掛け合いが見応えたっぷり。
閉塞感で押しつぶされそうになっている演劇界に風穴を開ける試みですね。
最後、カーテンコールまでされたので、久しぶりに舞台鑑賞をしたような
熱い感動に心が震えました。『台風家族』に出演されていた相島一之さん、
『TEAM』で剛君と相棒だった西村まさ彦さんにどうしても思い入れが強くなって。
西村まさ彦さんのことは何かの雑誌で、
剛君が西村さんに演技の影響を強く受けたと言っていたし、
2人のコンビネーションの素晴らしさが心に焼きついて離れないので、
是非とも再共演して欲しいと願っている俳優さんNO.1ですね。
西村さんはどう思っておられるのかなあ・・・。大好きな俳優さんです

大河ドラマ『麒麟が来る』に高橋克典さんも西村まさ彦さんも、
伊藤英明さん、木下ほうかさん、木村文乃さん、尾野真千子さんも
今川義元は片岡愛之助さんで、徳川家康は風間俊介さんですしねえ❓
前回は相棒であるユースケさんまで登場しました。
皆さん、熱演で素晴らしく、活躍されています。
不思議なことに自然と剛君の影がちらちらするような役者陣ですね。
ユースケさんなんか『なぎスケ』でいつも見ているから完全に身内意識で見ましたが、
ガッツリとしたお芝居を拝見するのは久しぶり。
癖のある朝倉義景という役を印象的にとぼけて演じておられるのが素晴らしくて、
やっぱりユースケさんも一流の役者だなあと感心しました。
葛藤の多い屈折した斎藤高政役の伊藤英明さんも細やかな心理描写がお上手で。
しみじみ剛君とがっぷり共演された方々は皆さん活躍されているなあと思います。
別の番組ですがで谷原章介さんを見ていてもいろいろなシーンが蘇りますし。
朝ドラに松尾諭さんが出られていても身内のような気持ちが。
今トレンディーな佐藤健さんが弟役だったと言ったら娘はびっくりしてますし。
剛君ファンとしては贔屓目に考えてついつい
剛君との共演で皆さんの魅力が倍増していったのではないかと思ってしまいます。

そしてファンである草彅剛さんが、
表舞台になかなか出られない状況にますますじりじりしてしまいます。
もったいない、もったいない、もったいない
来年の大河ドラマに出演するという噂もありますが、どうなのでしょうね。
そのようなファンとしての鬱屈した感情を抱えながら、
日々が過ぎていくのが苦しいといえば苦しいのですが、
同じように草彅剛さんのドラマ出演を待ち望んでいる人は沢山いると思うし、
やはり、これだけの芸能界の功労者を
世の中が放ったままではないだろうという思いがあるので、
なんとかさびしい日々をじっと耐え忍んでいます。

くるみちゃん、お母さんになられたそうでおめでとうございます
ファンのこのような気持ちを剛君は知ってか知らずかわかりませんが、
今はチビちゃんたちのお世話が大変で、育てがいを感じているようですね。
剛君の強力な父性(母性❓)が溢れ出ているようでかけがえのない時間ですね。
レオン、マチルダ、モモちゃんたちがスクスクと育っているようで何よりです。
『レオン』て映画を見たことがなかったので、この度見ましたが、
いつものように剛君のお勧めの映画はハードボイルドなのでびっくりしました。
人間の闇を見据えたようななかなかシビアな作品で。
とても切なく悲しかったです・・・。

いつもほんわか楽しい剛君ですが、心の奥底でしっかり人間を見据えている
魔物のような感性を持つ貴方。
貴方の研ぎ澄まされた演技が見たくて見たくてたまりません。
その日を楽しみにこの厳しい毎日を辛抱して頑張りますね。