FC2ブログ
2020-09-09 14:50 | カテゴリ:映画
いよいよ映画『ミッドナイトスワン 』の公開日9月25日が迫ってきました。
それに先駆けて9月10日に全国TOHOシネマズ64館で先行上映があります。
一刻も早く観たい私にとっても大変嬉しいお知らせだったのですが、
平日の夜は全てお仕事で詰まっていて、どうしても動かせません。
残念でたまりませんが、行けないけれどとにかく後方支援を頑張っています。
多くの著名な俳優、監督、芸人さんが試写を見て呟いてくださったり、
一般の方が「観たい」と呟いてくださったりしているので、
感謝の気持ちを込めてせっせとリツイートしています。
感動に溢れたツイートばかりで、
とにかく映画へのボルテージが上がりっぱなしの毎日です。

9月25日は平日で昼も夜もお仕事で行けませんが、
まずは26日27日にそれぞれ別の友人を誘って連日通います。
娘にも彼氏と2人で26日か27日に行って欲しいとお願いして承諾をもらいました。
最初の土日の動員数がとても重要だそうで、
なんとか貢献したい気持ちでいっぱいです。
夫はいつも剛君の映画を2回以上一緒に行ってくれるので楽しみにしています。
遠くの友達や家族にもLINEで宣伝活動をして、
何人かは夫婦で行くねと返事をもらいました。
東京で仕事で忙しい息子にも宣伝してしまいました。
TOHOシネマズ錦糸町の9月10日の予約状況を息子が見て、
「あと5席しかないやん」と驚いていました。
「公開して気が向いたら」と言ってくれたので、たぶん行ってくれると思います。

先日の9月のななにーは、ほとんどのゲストが俳優さんで見応え十分でした。
特に「お久しぶりです!」のコーナーに登場された池田成志さんのエピソードは、
『家族のはなしPART1』の舞台裏が手に取るようにわかって面白かったです。
楽しい舞台ではあったのですが、新しい試みが多く、演劇をかじった私にも、
成志さんのお気持ちがなんとなくわかるような気がしました。
そんな大変な状況の中、成志さんがイラッときたという
剛君の様子が目に浮かぶようで、失礼ながら思いっきり笑ってしまいました。
剛君らしいですね。そんな鷹揚な様子が。

そして、それとは逆に煮詰まった時、
剛君が成志さんを呼び出してお話しした内容も
なんか的を射ていて素敵だなあと思いました。
ぼうっとしているようで
座長としての調整力がある剛君を改めて見直してしまいました。
正直私は、舞台『家族のはなしPART1』では
池田成志さんの熱演が光っていたと思います。
最初から最後まで成志さんのお芝居が観客の笑いを誘い、
グイグイ引き込んでくださいました。
あの成志さんの渾身の演技思い出すと、
剛君の言葉がどれほど大きかったかが推し量れます。
今年1月の『アルトウロ・ウイの興隆』も観に来て下さったようで、
ベテランの名役者さんの心を動かすことのできる剛君の人間味が嬉しかったです。

水川あさみさんと真飛聖さんとの
映画『ミッドナイトスワン』トークも楽しかったです。
お2人とは、『37歳で医者になった僕』でご一緒して、
剛君が手作りのカレーを皆さんにご馳走したりして、
キャストの皆さん全員とすごくいい雰囲気を作っていて素晴らしかったですよね。
草彅剛代表作の『ミッドナイトスワン 』での
再共演へとご縁が繋がったことが感慨深い。
お2人の演技があの時から進化していることを率直に褒める剛君が流石でした。
あのトークでは慎吾ちゃんも
『ミッドナイトスワン』を絶賛してくれて嬉しかったですね。
剛君の一番側にいて、役者草彅剛のファンを公言し続けてきた慎吾ちゃんが
あれほど褒めてくれるんですから間違いありませんね。
褒めてくれる慎吾ちゃんの顔を真剣に見つめる真顔の剛君の顔がとても印象的でした。

でも、最後の演技合戦できちんと笑いを取り、
バラエティーを盛り上げる剛君も流石です。
役に同化するという剛君は、あんな短い時間では演技ができないのでしょうね。
でも金八先生の物真似を入れてきたあたり、あれは確信犯でしょう。
自分が役者としてどう思われるかより、やはりエンターテインメントを優先する剛君。
小さな型には簡単にはおさまらないぞという剛魂を見せられたような気がします。

一番のお楽しみはやはり「インテリゴロウ」での内田英治監督の
『ミッドナイトスワン』撮影秘話でした。
「役に同化する」「受ける芝居ををする究極の役者」
という草彅剛評が的を射ています。
そして「目の奥で芝居をする役者」とも。
本当にその通りで唸るほど納得してしまいました。

私が剛君のお芝居の中で特に印象に残っているシーンの一つに、
『僕と彼女と彼女の生きる道』の
凛ちゃんが家を出ていく時の別れのシーンが有ります。
凛ちゃんが玄関を出て行った後、
玄関を見つめる時の徹朗の瞳の奥が深い沼のようで、
言いようもないほどの深い悲しみが目の奥に揺らめいていて衝撃を受けました。
『ミッドナイトスワン』で、凪沙が一果の踊りの美しさに心を奪われるシーンが
紹介されましたが、あの放心した憧憬の眼差しがとてもリアルで引きつけられました。
カメラマンが自然と寄りたくなる草彅剛の表情を、
実際に映画館の大スクリーンで見られることを心から心から待ちわびています。

先行上映に行かれる方々が羨ましいです。
皆さんどうぞお気をつけて楽しんできてください。
私は公開したらやっとやっと見ることができます。
応援頑張りましょう❗️❗️

2020-08-08 23:03 | カテゴリ:映画
『日本映画navi』2020vol.88の内田英治監督が語る
『ミッドナイトスワン』製作リポートが大変読み応えがあります。

写真もよりすぐりで、凪沙と一果が並んで2人でバレエをする後ろ姿と、
砂浜で一果を抱きしめる凪沙の写真にものすごく魅かれます。
剛君が本当に女性にしか見えないくらい女性らしくて・・・。
役に成りきる方ですが、監督のおっしゃるように
まさに「役柄に入っていく深度が深いんです」。

体型もとてもか細く見えますね。
剛君、こんなに痩せていたことあったっけ❓と
思い出せないくらいなのですが、
これらの映像を見ているとか細い女性らしさが滲み出ていて驚きます。
予告動画の中でも、裏通りをよろめきながら歩く姿が女性らしくて儚かった。

一果のバレエのレッスン姿がとても可愛らしいですね。
レトロな雰囲気の教室と、
地方から出てきた少女が絵のように馴染んでいて素敵です。
剛君ファンはダンスの好きな人が多いなあと感じたことがありますが、
私も例に漏れず踊りにまつわる映画が好きで心に残るタイプです。
好きな映画のNo.1は『リトル・ダンサー』。
『フラッシュダンス』や『ブラック・スワン』など踊りにまつわる映画が好き。
バレエも『白鳥の湖』『くるみ割り人形』などを鑑賞してきたので、
今回の『ミッドナイトスワン』で大好きなバレエを見られることが楽しみです。

内田監督が剛君と衣装合わせをした時の様子を語っておられますが、
その衣装合わせの様子そのものが
まるで映画のワンシーンのようで印象的です。
役者草彅剛を愛してやまないファンにとって、
役の魔法にかかる役者草彅剛の瞬間を垣間見せていただいたようで
嬉しい限りです。

予告動画を見たときに一番心に引っかかってきたのは凪沙の声でした。
監督が剛君が役の魔法にかかる瞬間に立ち会って、
「声もそんなに変えずにお任せしよう」と思われたところが素晴らしい。
予告動画で聞いた低音のナチュラルな声にまさに「リアル」を感じました。
「事実を事実として普通に描きたかった」とおっしゃる監督の思いに
ほっとするというか、そういう映画が見たかったとあらためて思う私です。

さすが映画関係の雑誌ですね。
内田監督の製作意図をたっぷりと伺うことができて心が満たされ、
ますます映画観ることが楽しみになりました。

2020-07-25 23:51 | カテゴリ:映画
9月25日公開の映画『ミッドナイトスワン』の予告動画が
公式サイトおよびYoutubeで公開されました。
30秒・60秒・100秒の3パターンです。

→「ミッドナイトスワン」公式サイト

30秒も60秒も印象的な場面がいっぱいで、
ナレーションの方の声が味わい深いです。
どこかで聞いたことがあると思う声ですがどなたなのでしょう。
NHK『プロフェッショナル仕事の流儀』でナレーションされている方に
似ているような気がするのですが違いますか❓気になります。
どなたかもし気がつかれたら教えてくださいましね。
100秒の渋谷慶一郎さんのピアノだけの映像もドラマティックで、
映像の美しさと切なさで魅入ってしまいました。
再生回数が13万を超えたらしいですが、
1人で100回でも見てしまうくらい引き込まれます。

『ミッドナイトスワン』の文庫本は迷いましたが読んでしまいました。
かなり衝撃的な内容だったので、やはりこの衝撃を映画で受け止めたかったです。
映画で受け止めたらかなり重く胸にのしかかってきて動けなくなったと思います。
本を読みながら役者さんたちに脳内変換しながら読みましたが、
予告を見た時、剛君も水上あさみさんも真飛聖さんも想像の上をいく存在感で、
映像に引き込まれました。

サングラスをかけて不機嫌そうに一果の前方を歩くちょっと男臭い凪沙。
手作りの料理を一果に食べさせて母性に目覚めてくる凪沙。
階段に座って一果の踊りを眩しげに見上げる凪沙は優しく温かい
母親そのもの。この時の剛君は女性にしか見えないくらい美しいです❣️
バレエの先生に「お母さん」と呼ばれ嬉しさで顔をくしゃくしゃにして笑う凪沙。
その後ノーメイクで短髪で男姿の凪沙が一果を抱きしめる場面では、
風貌を超越した母性に満ちた凪沙の愛情が溢れていました。
そして一転して愛を渇望し、
一果を思うあまり心身のバランスが壊れていく凪沙。

予告を見た時、剛君の声の出し方がとてもナチュラルな野太い声、
作為的なわざとらしさが微塵もないリアルな声だったのでゾワっとしました。
作為的な女らしさを排除して、気持ちそのままで率直に表現しているところがリアル。
「お母さん」と呼ばれた嬉しさで、自然に声が裏返っちゃうところも。

本を読み終わった時、母性について深く深く思い、
自分自身の母性についても省みて思いにふけりました。
凪沙の母性と相剋し触発されて
水上あさみさん演じる早織が変化していくところが味噌。
親による悲惨な児童虐待のニュースが跡を絶たない暗黒世界のような昨今、
「世界にしがみつくように愛した」というこの映画を
私も心して見届けたいし、本当に多くの人に見ていただきたいと心から思います。

2020-07-11 15:12 | カテゴリ:TV(その他)
昨日は夕方まで仕事で忙しくスマホを見ていなかったら、
夫からのLINEに「草彅くん、おめでとう!」の文字が。
なんだろこれ。お誕生日は昨日だったし、
夫が剛君のお誕生日に反応したことは今までなかったし・・・。
瞬時に何か発表があったに違いないと思ってニュースを見ると、
「大河『青天を衝け』草彅剛が徳川慶喜役!20名のキャスト発表」
と言う文字がネットに溢れていました。
来年の大河に主要キャストで出演という噂はありましたが、
剛君のお誕生日の翌日、つかこうへいさんのご命日に、
発表されたのですね。
それも主役の渋沢栄一と徳川慶喜の物語がパラレルに展開するという
準主役級の出演のようです。嬉しいですね。

2021年大河『青天を衝け』ニュース

ようやっとの連続TVドラマの出演ですし、
おそらく1年がかかりの大役ですね。
徳川慶喜について検索して、
歴史的な解説もいくつか読んでみましたが、
今まで知らなかっただけで、
高貴でかなり魅力的な人物であったことがわかってきました。
幕末から明治維新という日本の大変革期に、
運命に弄ばれながらも苦しみに耐え
国の平和と発展を望んだ最後の将軍。
スポニチの記事には
「関係者によると、
 運命的なものを背負い血肉の通った苦しみを表現できる
 人物として草なぎがキャスティングされたという」言葉も。
作者の大森美香さんは
連続テレビ小説『あさが来た』など評価の非常に高い方。
徳川慶喜の側近役に堤真一さんというこれまた嬉しい悲鳴の配役です。

役者草彅剛ファンにとって待ちに待った朗報でした。
正直言うと主演でないところが若干ざんねんではありますが、
やはり一番大切なのは作品のテーマ、脚本のレベルの高さ、
役の魅力、配役の妙であると思います。
魅力的な作品になる予感がいっぱいの期待作だと思います。
こんなに素晴らしい舞台を用意してくださった飯島さんに心から感謝します。

剛君のキリッとした和装を時代劇でたっぷり見たいという思いと、
どこか日本人離れしていて洋装が似合うんだよねという思いの両方を、
ずっと胸に抱き続けてきましたが、
なんと徳川慶喜役ならどちらも見られる可能性が出てきましたね。
「文人、趣味人としても有名な人だよ。剛君にぴったりのようだね。」
などと夫に物知り顔で言われ、ますます期待が高まるばかりです。

映画『ミッドナイトスワン』の公開も9月25日だと発表されました。
ティザービジュアルとして解禁となった写真は、
薄暗い楽屋の中で、
きらびやかな衣装たちを背景に1人俯き何かを思う凪沙さん。
ふさぎがちな瞳の奥に、
孤独で儚げながらも母のような優しさが見える写真です。
1枚の写真からその人の本質が滲み出ているようでキュンとさせられました。
剛君はまたまた新しい人物を構築して私たちに見せてくれるようです。
試写会の後の感動に震えているような表情の剛君と
やはり満足しておられるような内田監督の2ショットの写真を見て、
素晴らしい作品が出来上がったことが伝わってきましたので、
こちらもとても楽しみです。

46歳のお誕生日を迎え、映画公開を控え、大河出演も発表された剛君、
おめでとうございます

今世の中は日々コロナ感染症に悩まされ、
大雨の被害が続出し大変な状況が続いています。
でも、そんな大変な毎日だからこそ、
剛君の新しいニュースが有難いです。
なんとしてもこの苦境を乗り越えたい。
健康を維持して来年の大河ドラマを観たい。
本当にやるせない毎日だけれど、心からそう思います。
希望があるのと無いのとでは天と地の違いがあります。
この朗報を胸に日々の生活に立ち向かっていきたいと改めて思っています。
頑張って働いて少しでも寄付ができるようにしたいです。
剛君も健康に気をつけてお仕事頑張ってくださいね。

応援しています

2020-07-05 00:10 | カテゴリ:Youtube
剛君のYoutubeで、
ホットサンドを作っている動画があって、
剛君がものすごく美味しそうに食べているのを見て、
私も食べたくなり、
初めてホットサンドメーカーなるものを
購入することにしました。

知り合いのパン屋さんに
おすすめのメーカーはないかと聞いたところ、
バウルーのメーカーが定番だと聞きました。




真ん中が凹んでいて、ダブルになっており、
焼き上がったパンを二等分にしやすいらしく、
レビューも良かったので
これにしようかなと決めかけました。
でも、レビューを詳しくチェックしていると、
難点は上のフライパンと下のフライパンが、
金具でつながっていて、少々洗いにくいとのこと。
めんどくさがり屋の私は
やっぱり上下のフライパンは
外れて洗いやすい方が良いなあと思い直し、
さらにレビューが良かった鋳物で有名なブランドの
燕三条のメーカーに決めました。
パンの焼き上がりがふっくらと
美味しいらしいのです。




注文が殺到しているらしく、
購入手続きをしてから約2週間たった昨日
ようやく我が家に届きました。
さすが鋳物で有名な燕三条さんということで、
軽くておしゃれで焼印もつくというメーカーは
キッチンに置いてもなかなか可愛いアイテムです💕
休日の今日、8枚切りの食パンを用意し、
早速ホットサンド作りに挑戦しました。
届いたメーカーにいろいろなホットサンドのレシピがついていましたが、
まずはYoutubeで紹介されていた、
ハムととろけるチーズと卵と塩胡椒で作りました。

最初に上下のフライパンにバターを塗ります。
8枚切りの食パンを下のフライパンに置き、
ハムをのせ、チーズで縁取りし、
真ん中に卵を割り入れ、塩胡椒をします。
その上にもう一枚のパンを載せて、
上のフライパンで蓋をし、
取手の金具をかけて閉じます。
弱火でフライパンの上下を返しながら、
時々中を見て、
焦がさないように焼け具合を確認します。
写真のような色目に焼き上がったら完成ですね❣️

IMG_0513_convert_20200705001656_convert_20200705002237.jpg

最初中火にしてしまったので、
焼き上がりが早くなって卵が半熟になってしまいましたが、
最初から最後まで弱火でゆっくり焼くと
卵も硬めに焼けると思います。
レビューの評判通り、
パンは美味しそうにふっくらと焼き上がりました。
サクサクとした食パンの歯応えがたまりません。

この歳で初めて挑戦したホットサンド作りでしたが、
なかなかの仕上がりにとっても満足できました。
今度はレタスやトマトやきゅうりも挟んで
ジューシーなホットサンドも作ってみたいな。
仕上がりがおしゃれで食べやすく、
コーヒーを添えて
休日の朝食を喫茶店気分で楽しめます。

燕三条さんのメーカーは、
デザインも焼き上がりも最高ですが、
実際にホットサンドを作ってみると、
真ん中にも焼きが入る
ダブルのメーカーも欲しいなあと思ったりもし、
いろいろ夢が広がります💓

2020-06-24 22:45 | カテゴリ:雑誌
月テレ8月号で6月の「ななにー」を振り返る剛君。
久しぶりの人狼ゲームで2回も人狼になって頑張ったけど、
3回目に慎吾ちゃんに固執して反省したと言うお話。
最近の剛君は良いことも悪いこともきちんと自己分析して、
オープンに語ってくれるので気持ちいいですね。
STAY HOMEで誰もが内省的になっているように思いますが、
剛君は最近特に飾らずに自分の気持ちを私たちに伝えてくれるので嬉しい。

人狼ゲームはよく演技の練習にも使われるようですが、
素敵な演技をする人が人狼も上手いとは限らないかも。
だって、剛君の感情は豊かだし、どちらかと言うとわかりやすい。
ピュアだから役の感情も憑依しやすいし、感情表現も伝わりやすい。
だから私は基本的には、人狼ゲームで剛君が特別上手くなかったとしても、
剛君の人間味を楽しませていただいています(笑)。

西村さんとの再会は、ファンが喜んだように、
剛君にとっても感慨深いものであったことがわかって感動しました。
『TEAM』と言う作品が、西村さんにとっても、剛君にとっても、
ファンにとっても大きな作品だったということが再確認できて嬉しい。
20年という長い年月を経て完結したと言う『TEAM』。
優れた作品というのは、時を越えて人々の心の財産になると
改めて思います。
もちろん剛君の作品のほとんどが心の財産になっているので、
剛君の演技を追い求め続けているのですが・・・。
吾郎さんの『笑の大学』もとても良かったし、
パルコ劇場での慎吾ちゃんとの『burst!〜危険なふたり』も面白かったし、
ご縁が広がって、剛君たちにますます活躍して欲しいです。

くるみちゃんの出産と子犬たちの子育てに奮闘する剛君の話も、
HAPPYで微笑ましいですね。
やっぱり剛君は父性(母性❓)を強く持っている人だと思います。
剛君の作品で印象に残っている感動的なシーンは、
子どもとのシーンが多いですし。
保護しなければならない存在に対する優しさが溢れ出るっていうか、
滲み出るっていうか。
インスタで子犬たち3匹を腕に抱く剛君の写真を見て、
なんて慈愛に満ちた温かい表情なのだろうと感動しました。
そんな温かい感情を持つ剛君に、心から幸せになって欲しいと
願わずにはいられません。

週刊文春WOMANでは『ミッドナイトスワン』の内田英治監督との対談。
剛君の撮影現場の様子や演技、作品に向き合う様子が詳しく語られていて、
ファン必読の内容になっていますね。
脚本に感動して役を引き受けたと言う剛君。
剛君を100パーセント憑依型の俳優と認めてくださっている内田監督。
制作過程での発見や手応えが語られていて、とても読み応えがあります。
剛君はいろいろな経験を経た今だからこそ挑戦出来た作品と言っていますし、
監督は言葉にできないくらいの剛君の演技だと絶賛されています。
また、忘れられない作品が出来上がったようですね。

楽しみです❣️❣️❣️