FC2ブログ
2021-07-23 00:01 | カテゴリ:未分類
第23回『青天を衝け』の
「篤太夫と最後の将軍」の余韻が凄くて、
何度も繰り返し見ています。

メインテーマ音楽とともに出演者が紹介
されますが、「徳川慶喜 草彅剛」は
江戸時代から明治時代に変わる瞬間
扉が開いてバババーンと出てきますね。
あれはこの番組の制作陣が
日本の時代の扉を開いたのは
徳川慶喜公だという強い思いがあって、
この作品を作っていることが
象徴されていますね。
それは今回の大河が渋沢栄一の書き残した
『徳川慶喜公伝』に込められた思いを
もとにしているということがあるでしょう。

脚本が本当によく練られていて、
幕末の大政奉還前後の状況がわかりやすく、
徳川慶喜公にとても感情移入してしまいます。

水戸藩出身ながら将軍にならざるを得なかった
複雑な背景を抱えた英邁すぎる慶喜公。
無残にも身内によって大事なものを次々と奪われ、
討幕派の巧妙な策略によって追い詰められていく
孤独な悲劇の将軍を思って胸が苦しくなりました。

原市之進の死を知った時の慶喜公の悲嘆。
1人囲碁に向かい薩長との駆け引きに
頭を巡らす慶喜公の孤独。
ひとりぼっちで苦悩する将軍のそばで
そっと寄り添う渋沢成一郎。
成一郎がこの時そばで慶喜公の苦悩を
見ていたからこそ、後に栄一にも
慶喜公が苦悩していた様子で
伝わったこともあるはずですね。

それにしてもこの辺りの剛君の演技が
深くて沁みるのです。
決してやりすぎない抑えた演技なのですが
悲しみに震える気持ち、
1人で追い詰められていく気持ちが、
じんわりかつしっかりと伝わってきます。

そして大政奉還。
声を張りすぎず、でも丁寧に
心を込めて時空を越えて。

淡々と話が進んでいくようで、
後半は一段ギアを入れ直し、
思いを込めて願いを込めて

「それゆえ政権を朝廷にお返しし、
 広く天下公平な議論を尽くして
 天子様の決断を仰ぎ
 同心協力してこの国を守りたい。
 さすれば日本は、さすれば日本は
 海外万国と並び立つことができよう」

この私心なき国を思う高邁な精神。
御神君である家康公でさえ
反論できなかったという異色の演出で
ドラマティックに描き、
説得力と深い感慨を生み出しました。

二条城の広間に1人脱力する慶喜公。
幕臣たちの誰にも理解されず深まる孤独。
松平春嶽と和解できたのが唯一の救い。

小御所会議で土佐藩主の山内容堂が
「慶喜公は祖先から受け継いだ
 将軍職をも投げ打って、
 大政を奉還された。
 慶喜公が優れた人物いうことは
 もう天下に知られておる。
 会議をするならここに呼ばんで
 どうするがじゃ」と唸ってくれて
ぐっときてしまいました(涙)。

でも、岩倉具視、西郷吉之助、
大久保一蔵たちが束になって、
慶喜公排斥を推し進めていきます。
薩摩の挑発に乗り、
殺気立つ幕臣たちも
もはや慶喜の言うことを聞きません。
なんてことでしょう。
なんて悲しい運命だったのでしょう。

第23回の慶喜公の覚悟と孤独と悲哀。
剛君の気高く複雑で深みがある演技。
これまでももちろん素晴らしかったのですが
作品ごとに演技の幅と深さと技術を
更新していく剛君の姿に今更ながら驚き
感嘆させられています。
剛君の演技は押し付けがましさがなく
内面から滲み出てくるもので
その場の空気を作っている感じがします。

いつもなら「僕は何も考えていない」と
うそぶきますが、
9月号の月テレ「お気楽大好き」で珍しく
ポロッと本当のことを教えてくれました。
「演じる時はさまざまな場面で
 想像を膨らましていろいろ考えている」と。
そうでしょ。そうでしょ。
そりゃあそうでしょ。
そうやって人知れず努力するあなただから
作品ごとに演技力が
更新しているのだと思います。

そして「鋼のような心を持って」とか
「優しい人間になりたい」とか
思っている人だから、
人間的に惹きつけられる魅力があって
いつまでも見ていたい人なんだろうなあ。

『青天を衝け』の草彅慶喜とても素敵です。
表現の幅が広がって貫禄も出てきて、
とても見応えがあります。脚本の視点
内容も新鮮で示唆に富み見応えがあります。

それなのに『青天を衝け』の放送が
全41話で、年内で終了すると発表され、
大きなショックを受けました。
オリンピックによる休止が発表された時も
要望のメールを送ったので、
放送時間を延長してほしいともう一度
メールを送りたいと思います。

ただそう言う気持ちがあると同時に、
草彅剛は「ペペロンチーノ」のような
たった1時間しかないドラマでも、
忘れられない演技を見せてくれる人だ
と思ったりもします。
そして、今回の脚本家
大森美香さんに対する信頼も
半端なくあります。

要望は出しつつ、信じるところは信じつつ
最後まで精一杯応援を続けていきたいです。

2021-07-11 13:40 | カテゴリ:未分類
剛君ゲストの「土曜スタジオパーク」生放送。
最初から最後までハラハラドキドキワクワク
ジーンニマニマジーンゲラゲラとさせられて、
とっても楽しい放送でした。
30年以上芸能界の第一線で鍛え上げた
「見せる」トークを体現した剛君はさすが!!

竹中直人さんを筆頭に、堤真一さん、
吉沢亮君、吉田羊さん、小西真奈美さん、
ユースケさんのコメントが剛君の良さを
的確に表現していて聞き応えがありました。

竹中直人さんの「大人しい」「ズシンと重い」
堤真一さんの「品格」と「燃える魂」
変顔(笑)で引き出した?「ほんわか笑う」
吉沢亮君の「オーラ」と「厚み」
「危なっかしさ」「ミステリアス」
小西真奈美さんのつかさんとの回想を
交えながらの「天才」
「フレッシュな反応」と「懐の深さ」
ユースケさんの
「面白くなさすぎて一番面白い」
特に、吉田羊さんの草彅剛評が繊細で的確で、
「セリフでなく言葉」「演技でなく自然」
「実存感」「役との境目がない」
「役のために自分の体を差し出している」
という表現がなるほどまさにと思わされて、
大きな反響がありましたね。

剛君は褒められると無邪気に喜びますし、
それ以上にそれぞれの方の良さも絶賛します。
ギブアンドテイクがとても自然で、
心からそれぞれの方を
尊敬していることが伝わってきます。
普段から自分の良さも周りの方の良さも
それぞれを肯定し
生かし合いたいと思っている
ポジティブな精神がにじみ出ています。

また、微笑ましく感動したのは
スタッフさんからのお誕生日プレゼント。
デニムと革で作られたジーンズのエプロン。
「TSUYOPON✖️SEITEN WO TSUKE」
「I'm Too BRICHT」
半年以上一緒にいるスタッフさんに、
こんなに心のこもったプレゼントをいただける
剛君は、どれほど愛されているのだろう。
スタッフさんが剛君のことが大好きだって
わかるなあとしみじみ。

それと剛君のコメントの中で注目したのは
監督さんとの関係。
「監督さんに剛君わかってないだろうって
 ばれてきて、リハーサルからすごい
 丁寧にめちゃくちゃ説明してくださって!」
あ、剛君また言ってる。
自分は歴史わかんないとか、興味ないとか。
普通の俳優さんは普通
こんなことは言わないものなのに
剛君は惜しげもなくこう言いますよね。

でも、それって、剛君の「餅は餅屋」という考え方
に基づく立派な仕事の流儀なのかもしれません。
「餅は餅屋」とは「物事にはそれぞれ専門家があり、
素人はとてもかなわないということ」ですね。
監督には監督のプロとしての見識と思いがあり、
歴史に詳しくない自分が
無理やり情報を集めていろいろこねくり返して
考える必要はない。脚本の意図を汲み取って、
監督の思いを、自分という素材を通して
表現してもらうことが一番大切なのだ。
吉田羊さんがおっしゃった
「役のために自分の体を差し出す」
とはまさにそういう意味あいもあるのでしょう。

「監督の気持ちに触れて応えていくような感覚かな」
この辺りの気持ちは、現在発売中の
『文藝春秋8月号草彅剛「徳川慶喜を語る」』でも
詳しく語られています。私はKindle版を購入して
読みましたが、とても読み応えがありました。

そう言いつつも
「最近歴史に興味が湧いてきた」など
前向きな発言もあり、
知的な大人らしさを添える感じも良かったですね。

チャーミングといえば馬のバンカー君との闘い。
頑張っているバンカー君と馬をお世話している人まで
話題にしてスポットを当てる草彅剛恐るべし!!

みんなを笑顔にしてくれる剛君の魅力が満載だった
NHK「土曜スタジオパーク」ありがとうございました❤️

2021-07-07 13:34 | カテゴリ:未分類
第21回の『青天を衝け』面白かったですね!
私は大学受験で日本史で受験しましたし、
大河ドラマも小さい頃から長い間見続けましたが、
今回の『青天を衝け』は本当に切り口が斬新で、
しかもほとんど史実に基づいているというところが
驚かされ感動させられます。

また、そんな凄い作品を大森美香さんという
女性が生み出したということにも!
世の中暗いニュースばかりで八方塞がりですが、
大河ドラマの中では
偉人たちの高い志を見せつけられて、
心が洗われるような気持ちになり高揚します。

渋沢栄一と徳川慶喜の関係は本当に奇跡的ですね。
そんな奇跡の関係を作り出したのは平岡円四郎。
やはり平岡円四郎の功績はとてつもなく大きい。
歴史上それほど有名でない人の中にも
日本の歴史に大きな功績を残した人がいたのだと
あらためてしみじみと思わされます。
将軍となった慶喜公の「父の願いが叶った。
円四郎も喜んでおるやも知れぬ。」という言葉に
ぐっとこみ上げてくるものがありました。

そして期待通り渋沢栄一と徳川慶喜を演じる
吉沢亮さんと草彅剛さんの演技が素晴らしいですね。
吉沢さんの若々しいエネルギッシュな安定した演技。
話が進むにつれ疾風怒濤のような展開ですが、
表情豊かに清々しく楽しく演じられていて
とても見応えあります。

また対する
徳川慶喜を演じる草彅剛さんが深みがあって素敵。
まもなく47歳になる剛君ですが、
30年以上のキャリアがあってこその多彩さと深み。
アイドルとして若々しさを保ってきた剛君の努力と、
長年の芸能活動で培ってきた経験が深みをもたらし、
まさに今老成しているようなところがある慶喜公に
奇跡のようにぴったりとはまっています。
凪沙役も潔役もそうでしたが、慶喜役も
現在の草彅剛だからこその魅力が爆発していますね。

二条城で慶喜公と篤太夫が久しぶりに対面するところ
見応えがありました。
慶喜公の髷頭の洋装姿。本当に魅惑的で素敵でした。
普通の人なら変になってしまいそうなところを
見事に着こなしてしまう慶喜公。
和装も洋装も似合ってしまう
中身を伴った本物のイケメンだから。
剛君が見事に着こなしているので
誇らしい気持ちにもなり惚れ惚れしてしまいました。

弟の昭武公に5つの心得を話していましたが、
先の先まで見通して準備を怠らない慶喜公の
英邁さが手にとるように伝わってきました。
強力なリーダーシップも取れる指導力の持ち主です。
孝明天皇が崩御なされなければ、
優秀な側近が暗殺されなければ
どうであっただろうと思わずにはいられません。

「アルトゥロ・ウイの興隆」でもギャングのボス
でしたが、
「久しぶりだなあ渋沢。
 どうする?もう将軍になってしまった」などと
低音ボイスで軽口を言う上様のなんと渋いこと。
この魅惑的な渋い男の魅力は今の草彅剛だからこそ。
長年のファンでもドキッとさせられますよね!
一瞬高倉健かと思ってしまうくらいの渋さでした。
上様の心のうちを隠さず話してくれる様子に
殿を愛する篤太夫は
どれほどの喜びを感じたことでしょう。

殿の心の重責を慮る篤大夫から
思わず口に出た東照大権現様の遺訓。
「人の一生は重荷を負うて遠き道を行くが如し。」
その臣の思いに共鳴して遺訓を唱和する慶喜公。
上様の命を受け、遠い異国に旅立つ篤太夫に
これほどの名誉と喜びがあるでしょうか。
共に高い志を持ち共鳴し合う主従の唱和の
なんと心の通った美しい姿であったでしょう。
吉沢亮さんと草彅剛さんそれぞれが持つ清潔感が
このシーンをさらに感慨深いものにさせました。
名作大河ドラマに
またまた名シーンが生まれた瞬間でしたね!!

次回はいよいよ大政奉還ですか・・・。
もうすっかり慶喜公と篤太夫に
感情移入しているので
残念と言うか悔しいと言うか。
でも慶喜公と渋沢栄一が日本の行く末を
心から案じ思っていたことは事実でしょう。

今日七夕はTOHOシネマズ日比谷で
『ミッドナイトスワン』再上映を祝して
剛君の舞台挨拶✨があるとか。
また明後日7月9日は剛君の誕生日✨
7月10日(土)NHK総合13:50〜14:50
「土曜スタジーパーク」にて草彅剛出演✨

剛君に元気をもらいつつ頑張ります!

2021-06-30 17:15 | カテゴリ:ドラマ
第20回『青天を衝け』で将軍家茂の 
悲痛な思いや死を目前にしてしまった慶喜公。
先の見えすぎる自分は 
誤解されやすいことも悟っていて 
将軍と帝を支えることだけに 
心血を注いでいた矢先、 
将軍家茂のご遺志であると突きつけられ、 
逃げ場がなくなってしまう。 

篤太夫に心から身を案じられ、
「将軍家を継いではなりませんぬ」
と懇願されても、 そんなことは百も承知。
命を落とした家茂の代わりに自分が
倒壊を免れない幕府を
引き受けざるをえないと覚悟を決める。 

表情のなかった慶喜公が 
笑顔を見せたのはほんの束の間。
再び表情を失くした慶喜公の
底知れない悲しみが 
瞳の奥から伝わってく来るようです。

『ミッドナイトスワン』の凪沙の瞳も 
『ペペロンチーノ』の潔の瞳も 
『青天を衝け』の慶喜の瞳も
それぞれ立場や中身は違うけれど、 
奥底に深い悲しみが沈んでいました。
あの底知れない悲しみを見ると、
心が震えるような気持ちにさせられるのです。

SMAPでトップスターでアイドルで
カッコ良くて可愛い
剛君のはずなのに、
底知れない悲しみを知っている人。 
その悲しみの深さで 
私の心をいつまでもぐるぐるさせ切なくさせる人。
そんな俳優草彅剛の魅力は
とどまることがありません。

放送文化基金賞、『ペペロンチーノ』での演技賞、
あらためて受賞おめでとうございます。

 
 
そして『ミッドナイトスワン』が 
イタリアのウディネファーイースト映画祭でも
好評とのこと。重ね重ね嬉しいですね。 
トークイベントで内田英治監督が
イタリア語でインタビューを受ける様子を 
Youtubeで見ましたが、 
世界の映画祭でも注目される
剛君のことが誇らしくて、感慨深かったです。

深い悲しみを突き抜けた先に 
なんらかの光を見せてくれる剛君の演技。 

これからもますます目が離せませんね💓



 P.S. ウディネ・ファーイースト映画祭にて、
   『ミッドナイトスワン』が
   劇場の観客より最多得票数を得て、見事
   最高栄誉であるゴールデン・マルベリー賞を
   受賞したそうです!
   海外の観客の皆さんの心にも届いた証。
   嬉しいですね。
   剛君おめでとうございます+゚。*(*´∀`*)*。゚+


2021-06-21 13:02 | カテゴリ:ドラマ
篤太夫「殿、それがしの今の話、
    おわかりになりましたでしょうか。」
慶喜「否。途中からお主の顔に魅入り、
   聞いていなかった。」
篤太夫「なんと!?」
慶喜「お主は円四郎風に言えば
   まことおかしろい。このひと月
   不毛なことばかりに気をすり減らしていた故
   お主を見て少しばかり気鬱が治った。
   仁を以てなすか。
   お主がまことに信用のある札を作り、
   民をも喜ばせることができると言うのならば
   是非見て見たいものだ。」
篤太夫「ははっ、必ずやってみせます。」


慶喜「またたくまに一橋の懐が安定したと、
   京のみならず江戸の家中も驚き喜んでおる。」
篤太夫「領内の民たちも今はようやく安堵し、
    紙は使いやすいと喜んでおります。」
慶喜「渋沢篤太夫よ。よくやった。」

いやあ、まさに第19回は、
徳川慶喜と渋沢栄一のラブストーリーが始まった回と
言ってもいいくらいの微笑ましいおふたりでした。
慶喜と円四郎も相思相愛のラブラブでしたが、
円四郎が自分の身代わりに渋沢栄一を連れてきたのか
と思ってしまうくらい、慶喜と篤太夫の間にも
ピュアな愛が生まれた感じがしました💕

慶喜様は二心殿と呼ばれたほど、
掴み所のない謎の人物だと言われてきたようですが、
実際のところはこの大河で描かれているように、
国を思い、民を思い、将軍家茂や孝明天皇を重んじ、
なんとかして日本という国を守ろうと
孤軍奮闘していたのではないかと思われます。
頭の良い方ですし、恫喝してでも物事を動かす
男気もあり、倒幕を目指す薩長には
さぞかし目障りな存在であったのでしょう。
家茂や孝明天皇からは大きな信頼を得ていながら、
公家や幕臣たちの多くに理解されなかったのは、
やはり周りの人々の世の中を見通す力が
足りなかったからなのではないでしょうか。
それとは逆に、頭が良く、
世の中の先が見通せていた人物には
きちんと評価されていたようです。
橋本佐内、平岡円四郎、坂本龍馬、勝海舟、
そして渋沢栄一などなど。

私はこの度、渋沢栄一著『論語と算盤』という書も
読みましたが、論語のメインテーマは「仁」ですね。
今回篤太夫が作った一橋家の銀札の中央にも
「仁」の字が❗️
「仁」とは、「他を思いやり慈しむ心。特に儒教で
他を思いやる心をもとにして自己を完成させる最高
の徳」という意味だそうです。

篤太夫が猪飼様に木綿の物産所を作りたいと言った時、
「仁を以って得たりでなければ意味をなさねえ」と言い、
慶喜様も「仁を以ってなすか」と呟きました。
2人の目指す方向が一緒だったからこそ、
身分の差などを飛び越えて、惹かれ合い
見つめ合う関係になったという脚本が本当に素敵です。
渋沢栄一という人物が
日本の資本主義の父と言われるほどの功績を残したのも
「仁」という大きな志があったればこそという解釈には
納得せざるをえません。私利私欲で、これほどの功績を
残せるはずがないですよね。

山道を馬で駆ける慶喜様がカッコ良かったですね〜💕💕
品良く恫喝する慶喜様、げっそりお疲れの慶喜様、
篤太夫に魅入り、瞳に生気が蘇ってくる慶喜様、
どの表情も自然体で魅力的でした。
力の抜けているところが、
高貴な浮世離れした人物らしくて味わい深いです🙆‍♀️
来週はさらに怒涛の展開のようで楽しみです。

2021-06-16 16:01 | カテゴリ:ドラマ
主役の渋沢篤太夫がまさに主役になった第18回でしたね。

2月に始まった『青天を衝け』ですが、
主役の渋沢栄一のめっぽう威勢はいいが、
若気の至りというか井の中の蛙といおうか
短絡的な雰囲気に感情移入できず、
視聴者として少々焦ったい気持ちがありました。
それとは対照的に老成したような慶喜様の魅力と、
幕末の幕府の実態、一橋や水戸家中の人々への興味で
ドラマへの期待を膨らませてきた私ですが、
ここにきて、渋沢篤太夫の人間としての躍進ぶりが凄い❗️

やはり「可愛い子には旅をさせよ」ですね❗️
栄一が血洗島を出て志士になりたいと言った時、
ご両親が悩んだ末に了承しましたが、
その時代、なかなかできないことだろうと思って
見ていました。大人物の背後にはやはり
素晴らしいご両親がいるのだとあらためて思います。

血洗島で両親や親族、
村民たちの温かい愛情に包まれて
すくすくと育った青年が、
世の中に飛び出し、大海を知って、
自分の視野の狭さ、浅はかさに気づいていく。
多くの人々の考えや生き方に触れ、
困難を乗り越える術や、
自分を生かす道に気づいていく。
吉沢亮さんの演技も、高良健吾さんの演技も
困難に翻弄されればされるほど多彩になり、
見応えが出てきて面白くなってきました❗️❗️

ここにきて、血洗島で起こったことが
全て伏線として見事に回収され、
渋沢栄一という人物像を立体的に作り上げ、
ドラマティックにストーリーを展開にさせていく
説得力、構成力に感嘆せざるをえません。

それは渋沢栄一だけでなく
主人となる慶喜にも当てはまります。
篤太夫の話を聞き、父斉昭を思い出す慶喜。
「お百姓様と言って尊んでおった。」という言葉で
視聴者の脳裏に農人形が鮮明に思い浮かびましたし、
雷神となった烈公の姿が竹中直人さんを想起させ、
独特のおかしみも感じます。
「円四郎め、真に不思議なものを押しつけよった」で
死してもなお円四郎の存在を感じることができます。

出会うべくして出会い、不思議なご縁を結び、
そして真の主従となった徳川慶喜と渋沢栄一。
脚本の素晴らしい説得力に感動してしまいました❗️❗️

なんと言っても吉沢亮さんの恐れを知らない
清々しい軽妙な演技が見応えがありますし、
それを受けるどっしりと落ち着いた気高い慶喜様を
剛君が見事に演じていて惚れ惚れします。
草彅剛さんを追っかけて25年になりますが、
その役その役ごとに芯をしっかり捉えて
役のイメージを体現することのできる
俳優としてのセンス・能力に恐れ入るばかりです💓
剛君演じる役が魅力的なのは、
役のイメージを体現できるというだけにとどまらず、
剛君自身が持つ繊細で深い人間愛を感じるから
というのも大きな一因であると常々思っています。

16日水曜日放送の『歴史探偵』で、
「謎の将軍 徳川慶喜」が放送されたのを見ましたが、
ドラマの慶喜のような魅力的な内容ではありませんでした。
徳川慶喜の行動については賛否両論あるのは事実で、
どちらかというと
負の側面を事実として捉えた内容だった感じがします。
歴史の流れは無情で、慶喜がどんなに頑張ろうとも
最後四面楚歌にならざるをえなかったことも事実でしょう。
薩摩には薩摩の義というものがあったでしょう。
また、慶喜が自分の名誉に拘って、大政奉還後に
錦の御旗を掲げてしまった薩摩軍と
全面戦争を続けることのいろいろな意味での
リスクの大きさもあったでしょう。
慶喜公自身も「一生の不覚」と
思っていることもあるようです。
それでも渋沢栄一は晩年の慶喜に根気よく向き合い、
名誉を回復したいと粘り強く尽力しました。
そんな2人の稀有な関係が、
大森美香さんの脚本によって
丁寧に描かれることを期待したいですね。

先週に引き続き、今週もまた
剛君の嬉しい受賞の知らせが届きました。
第30回『日本映画プロフェッショナル大賞』の
主演男優賞を『ミッドナイトスワン 』で
受賞したそうです。
映画のプロフェッショナルにこだわる審査員の方々の
お墨付きをいただけて嬉しいし、第28回の大杉漣さん
(29回は受賞者なし)に続いての受賞で、
尚更感慨深いものがありますね。

剛君、主演男優賞おめでとうございます❗️❗️

ここにきて、剛君の実力が正当に評価されて
本当に嬉しいです。

世の中は幕末かと思うほどの
危機感を感じる今日この頃ですが、
本物のエンターテインメントの力で
世の中が少しでも良い方向に向かったらいいなと
願うばかりです。

P.S. 武田耕雲斎の最期が切なくて悲しかったです😭
  津田寛治さんお疲れ様でした。
  「烈公!今おそばに」が滲みました。