FC2ブログ
2019-05-30 15:52 | カテゴリ:舞台
『家族のはなしPart1』はGW中の5月5日昼公演で1回目を観ました。
せっかくのGWでしたので、夫と朝から京都に出かけ、
今まで行ったことのなかった貴船神社と鞍馬寺を初めてお参りしました。
初夏の緑が美しいパワースポットでたっぷりとパワーを充電した後、
いざ京都劇場へ。演劇好きな私にも新鮮な舞台で、斬新さにびっくりでした。
笑って笑って最後にほろっとさせられる癒しの舞台。
犬のHappyが散歩に出た時の気持ちを独白するシーンの詩的な語り。
妻の笑顔が好きでつい笑わせてしまう優しい夫の切ない気持ち。
犬を飼って毎日世話をしている我が家の夫(*゚ェ゚*)も共感の嵐で、
「楽しい舞台だったねえ」ととても喜んでいました。

GWのチケットは急に行けなくなった方から譲っていただいたチケットでしたが、
29日の夜公演は新しい地図サイトで初めて当たった記念のチケット。
運良く前から2列目という良席だったので、同行してくれた地元の友人も嬉しい悲鳴。
剛君の演技ををがっつり真近で観て、「やっぱり生の剛君綺麗だねえ」と感激しきり。
「目の演技から細かい表情の変化まで見られて、ドキドキしたあ」
あまりの感動ぶりに私の方が「良かったねえ、良かったねえ」と聞き役に回るほど。
草彅剛の魅力にまた一人目覚めた人が増えたみたいで、喜ばしいことです(*´∀`人 ♪

第1話「わからない言葉」は構成から表現方法までまさに斬新で面白かったあ。
飼い主夫婦と犬と異国人。お互いにわからない言葉を話し、わかり合うことが難しい。
すれ違う気持ち。ぶつかり合う気持ち。時にパニック!でも愛がないわけじゃない。
わずかにわかる部分を手掛かりに愛しい気持ちをなんとかして伝えようとする。

我が家も4歳になる黒柴ちゃんを飼っているのですが、大人になった3歳くらいから、
ここ1年くらいコミュニケーションに困難さがついて回って、
悩んでいたんですよねえ。厳しく躾ければいいのか、
優しく接すればいいのかわからなくなってギクシャクしちゃって。
でも、試行錯誤の結果、結局犬も一匹の人格のようなものを持っているので、
その人格を尊重しながら接していかないといけないなあと気がつき始めた矢先、
この舞台を観たので、さらにその思いが裏付けられたような気持ちになったんです。

散歩に行く時のHappyの詩的な語りは、
ワンちゃんの散歩に行ける喜びが実感として伝わってきて感動的でした。
極め付けはバクバクさんの美しい歌声にうっとりして遠吠えをするHappy。
わああ、うちの黒柴ちゃんも全く同じような遠吠えをするんです。
毎日夕方6時に!!!夕暮れ時の
午後6時、町内放送で「夕焼け小焼け」の音楽が流れるのですが、
そのしっとりとしたメロディーが流れるのに合わせて、
黒柴ちゃんが歌うように遠吠えを。
毎日のお決まりになっている遠吠えと、
剛君の遠吠えがあまりに一緒だったのでびっくり!

剛君、ここ1ヶ月あまり犬役をやっているせいか、
本当に犬に見えるようになっていました。表情も動きも、
ビクッとする時も、遊んでいる時も、人に甘える時も、遠吠えする時も。
バクバクさんという大自然からやってきた人に触発されて、解放されて、
犬らしさが増していく変化を見事に表現していましたねえ。そして圧巻の遠吠え。
剛君は犬の気持ちだって
きちんとドラマチックに物語にして表現しきれる人なんだって、
あんぐりしてしまいました。その、何をも恐れぬ柔軟な感性と肉体に・・・。

マンションの1室が舞台なのに
映像を使って外の風景につなげていった演出も素晴らしい。

演者5人のアンサンブルが見事に調和をして作品の流れを美しく形作っていました。
5人の演者さんたちが努力して協力して一致団結して、
この難しい舞台で見事なアンサンブルを完成させたのだなあと恐れ入りました。
ブラボー(o‘∀‘o)*:◦♪って心の中で叫んじゃうくらい
完成度の高い舞台になっていました。
畠中洋さんの歌声、小林ひなこさんの真顔の日本語、面白かったあ。

第2話「笑って忘れて」は
もちろん愛し合う夫婦の健気さに心打たれるのですが、
深刻な状況にある2人の間を張って
ひたすら笑いをとる池田成志さんの名演が光っていました。
あそこまで表現しきる舞台人はなかなかいません。
アドリブも自在で、舞台の空気を掴んでしまう力量は素晴らしかったですねえ。
ずうっとふざけていたのに、
最後の最後にものすごく大切なセリフを残していくところが見事。
「奥さんが笑うのは、あなたが面白いからじゃない。信頼しているからだ。」と。
もう、そのセリフはお話を通り抜けて、
劇場に集まっているファンの心の代弁のようにも感じました。

小西真奈美ちゃんと剛君の涙ながらの美しい夫婦の姿に、
花を添えまくっている池田成志氏に心からの拍手を送りました。
さすがつかこうへい氏の元で同じ釜の飯を食べた先輩ですね(*´∀`人 ♪

帰り際友人と熱く熱く舞台への感動を漏らしながら帰途に着きました。
「本当に良かった。5人の演者さんの演技を堪能したね。演劇って素晴らしいね。
 生の舞台ってこんなにも心を癒してくれるんだね。剛君幅が出てきて素敵だね。」と。
こんなにもパワーと癒しをもらえる剛君の舞台、
これからもますます楽しみですね\(^o^)/

2019-05-30 12:02 | カテゴリ:映画
久々の更新です。覗きに来てくださっている方、申し訳ありませんでした
体調が悪かったわけではないのです。ちょっと心が低空飛行していました。
4月30日前後の時代の転換。
新しい時代が来るのだとワクワクするような気持ちでした。
でも、いろいろな報道になんか違和感を感じることが多かったんですよね。
時代の変わり目のお祭り騒ぎ、なんか政治ショー化しているような。
時代転換期に今の日本の現状をもっと丁寧に掘り下げて考えるべきなのではないのか。
問題山積なこの国に必要なものは一体何なのかきちんと向き合うべきはないのかと。

そんなざらざらするような違和感だらけ欲求不満だらけの
私の憂鬱を吹き飛ばしてくれたのが、
5月22日に発売された剛君主演映画の原作本『台風家族』でした。
昨日と一昨日の2日間で一気に読み終えたのですが、
前半こそこのロクでもない長男小鉄を剛君が演じたのかと不安がよぎりながらも、
後半の、まさに台風がやってきたような急展開に胸の鼓動が早くなり、
最後は感動の嵐。こう来たかあ〜。参ったなあ〜。いやはや、恐れ入りました。
それほど長くないこの原作本の中に
どれだけ今の日本の世相が浮き彫りになっていることか。

この原作本を書かれた市井昌秀監督と市井早苗夫人に心から脱帽ですし、
こんなに面白い内容が原作の映画『台風家族』の主演に
剛君を選んでくださったことが、心から嬉しくて嬉しくて。
ご夫妻が剛君を人間としても役者としても力量を認めてくださっているからこそ、
この役に当ててくださったであろうことが、ひしひしと伝わって来ました。
市井昌秀監督が「ひとまず小説を通して脳内シアターを起動してもらえたら」と
ツイートしていたように、脳内シアターをフル稼働して楽しませていただきました。

これほどの優れた内容で、草彅剛の魅力が満ち満ちているであろうこの映画は、
絶対、何としても、世に出さなければならないと、改めて固く心に刻みました。
こんな状況を作った人には激しい憤りを感じますが、
映画『台風家族』が世に出るために、
できるだけの力になりたいと思う人は多いと思います。
この作品に心から感動したファンとして、
映画が日の目を見るためにはどうすればいいのか、
これからも熱い気持ちで見守っていきたいです。
どうか監督ご夫妻の作品への情熱、
スタッフキャストの情熱が実を結びますように!!!


2019-04-14 19:04 | カテゴリ:新しい地図
3月は仕事が立て込んでいてリアルタイムの視聴がかなわなかったのですが、
4月のななにーは最初から最後までじっくり腰を据えて楽しむことができました。

斎藤工さんとのSNSディナー対決とお花見はとても感慨深かったですね。
そもそも斉藤工さんという俳優を知ったのは『37歳で医者になった僕』でした。
剛君よりも年下のエリート先輩医師という役でクールビューティーな斎藤さんでした。
7年前なんですね。初めての共演は。
なんだ随分時間が経ったような気がしますが。
あの時剛君が作ってきて振舞ったというカレーの話をしてくださっていましたね。
当時も斎藤さんがそのことを語っていた記憶があるので、
よっぽど印象深かったのですね。

私はその後の『スペシャリスト』の初回で、
斎藤さんが犯人役で剛君と対決するシーンがとても心に残っていたので、
ななにーから一週間が経った日曜日に
久しぶりにDVDを引っ張り出して見直してみました。
何もかもが懐かしい。
大杉漣さんも江波杏子さんもみなさんいらっしゃるんですから。
斉藤さんは記念すべき初回の犯人役で、
家族を皆殺しにされて生き残った少年の
屈折した悲しみを繊細に演じていらっしゃいました。
斉藤さんの演技も素晴らしかったのですが、
対峙する宅間演じる剛君がいいんです!!!
火を付けて死のうとする犯人の気持ちをそらせる作り話を
さりげなく切り出す語り口が見事。
緩急をつけた話しぶり、メリハリの効いた動き、
剛君ならでは説得力が凄いんです!!!
姉小路演じる南果歩さんとのテンポのいい掛け合いを久しぶりに見て、
やっぱり面白かったなあ剛君のドラマ。
やっぱり見たいなあ剛君のドラマと思った瞬間、
画面がDVDから放送中のNHKの番組『ええとこ』に変わり、
泉ピン子さんと南果歩さんが映りました。
DVDの果歩さんから現在の果歩さんに変わったから、
あまりの偶然にびっくりしちゃいました。
ピン子さんも最近ワイドショーで
「草彅さんの映画が見られなくなっちゃうじゃないか」と
言ってくださっているのを垣間見たばかりだったので、びっくりしちゃいました。
このお二人仲良しらしい。
絶対旅の間も剛君のこと話題にしてくださっているに違いないと勝手に想像して、
役者仲間にもこんなに絆の深い方々がいるとしみじみ思ってしまいました。
『スペシャリスト』という作品にも
多くのスタッフの方の熱い思いがにじみ出ていました。

話は戻りますが、4月のななにーには
爆笑問題のお二人もホンネトークに出演してくださいました。
私達が知りたいことを、果敢に話題にしてくださって有り難かったですね。
太田さんが剛君の映画を心を込めて撮ってくださったことがよく伝わってきましたし、
剛君がそんな太田さんを信用して、
「また、(長編で)撮ってくださいよ。」と言っていました。
剛君があんなにはっきり言うのは珍しいので、
太田さんが好きなんだなあって思いました。
太田さんって喋りがぶっ飛んでいますけど、根は本当に真面目な方なんですね。
『we are SMAP』に関するお気持ちは本当に真摯で感動しました。
私もライブで『we are SMAP』を聞いた時に鳥肌が立ちましたもの。
作詞した太田さんの作詞に込めた思いをお聞きして、
なるほどなあと唸らされました。

剛君はボソッと「3人でも考え方は違いますし」とも言っていました。
「先のことはわからない。」「今、目の前あるのことを一生懸命やるだけ」とも。
剛君はSMAPの解散が報じられても、
スマスマで最後まで体を張ってコントをしていました。
山登りでも最後の最後までSMAPの曲をアピールしていましたし、
最後の最後まで5人の結束を歌にしてギターをかき鳴らしていました。
でも、事務所を出てからは匂わせぶりなことを
自分からは言っていないように思います。
私はそんな剛君の潔さ、男らしさが好きなんですよね。
そんな剛君だからこそ信じられるし、どこまでもついていきたいと思うのです。
いつの日かSMAPの5人が心から笑って集まれる日が来ることを願って。
『世界に一つだけの花』を晴れ晴れと歌える世の中になることを願って。

今、『家族のはなし』の舞台稽古で頑張っているのでしょうね。
今回は新しい地図の会員優先だったので、
ようやく地図サイトでチケットを手に入れました。
京都劇場は近くですし2回は観たいので、きっとどこかで立ち見にも行くと思います。
軽妙なコメディータッチの内容らしく、
またまた新しい剛君に出会いそうで楽しみです

P.S
大杉漣さんの遺作となった『教誨師』がレンタル開始になって観ました。
漣さんの役者魂と人間性ががっつり伝わってくる素晴らしい作品です。
斎藤工監督作品『Brank13』も観ました。リリー・フランキーさんと
高橋一生さんが親子を演じていらっしゃって、心にしみる作品です。
剛君の周りには温かい気持ちや志を持った方がたくさんいらっしゃる。
剛君の優しさに共鳴してくださる方はたくさんいらっしゃる。
 
先日、息子の幼馴染のお母さんと久しぶりにお茶をしたら、
ひょんなことからそのお母さんが筋金入のSMAPファンだと知りました。
中居君のファンだけれど5人のファンでもあり、新しい地図の会員ということも。
手を取り合って感激してしまいました。こんな思わぬ感動があったりします。
みんなの思いを繋ぎ合って、少しでも明るい世の中にしていきたいです。

2019-03-22 16:16 | カテゴリ:新しい地図
『まく子』『半世界』を映画館で、『日本の歴史』をWOWOWで観ました。
それぞれに感想はありますが、今の心境を一言で言うなら、
吾郎さん、剛君、慎吾ちゃんの瑞々しい演技に
胸がキュンキュンしているということです。
40代半ばの3人が、初心に返って、
新しい気持ちで映画や演劇に向かっている気持ちが伝わってきます。
そして、3人にそのような場を与え、
背中を押してくれる方々いることに心から感動しています。
以下、少しずつ私なりの感想を書きますが、ネタバレもありますのでご注意ください。

『半世界』の吾郎さんは上品さと優しさが溢れていました。
炭焼き職人としては、もう少し泥臭くてもいいのではないかと思いましたが、
仲間を気遣ったり口論したりする場面では主人公絋の優しさが神々しくもありました。
池脇千鶴さん演ずる奥さんとのやりとりは愛のある夫婦らしくて心に沁みました。
脇役の方々の演技も味があって、
田舎に住む人々のさりげない日常がほっこりと描かれていて心が温められました。
友人と観に言ったのですが、
たまたまその友人がロケ地三重県の出身で盛り上がりましたし、
阪本監督のオリジナル作品である『半世界』に込められた意味を熱く語り合いました。

『日本の歴史』は私の想像をはるかに上回る傑作で心から感動しました。
三谷幸喜さんの数ある作品の中で、一番感動したと言っても過言ではないくらいです。
三谷さんの人間愛と鋭い歴史認識が見事に構築されていて素晴らしかったです。
芸達者の7人だけでお芝居を組み立てたところも
「因果は巡る」というテーマにぴったり。
これだけの芸達者に惜しみなく演じさせ、たっぷりと見せきる演出に舌を巻きました。
7人の演者さんすべての演技に見惚れましたが、
中井貴一さんの集大成と言えるような演技が歴史絵巻に説得力を与えていました。
慎吾ちゃんの魅力も全開で、
ミュージカル俳優としてのスケールの大きさが見事でした。
慎吾ちゃんの持つ魅力を知り尽くしている三谷さんならではの演出に
深い愛を感じました。

『まく子』は西加奈子さんの原作に感動していたので、
映像化は大変そうだなあと思いました。
でも、コズエ役の新音さんが綺麗で、
いかにも異星から来た宇宙人という感じでとても魅力的。
つみきみほさん演じるオカアサンと祭りの時に呼びあうシーンが
とても印象的で心に残りました。
サトシ役の山崎君が少年の思春期の繊細な心理を丁寧に演じていて、
朴訥とした雰囲気が可愛い。
お母さんの須藤理彩さんとお父さんの剛君が
とても自然体でいい味を出しまくっていたので、
正直この親子の絡みをもっともっともっと観たかったなあ!
映画を観た方のほとんどが草彅剛の演技を褒め称えていますね。
指先までなりきっていると。
そぼ降る雨の中、浮気相手の傘に踊り入って微笑み合う影は、
いかがわしさがあまりにリアル。
こんなダメエロカッコいい親父にも成りきってしまうなんて、なんと文学的な...。
成長期の息子を思いやって、
ぶっきらぼうに熱々のおにぎりを握る背中も男臭い・・・。
最後に洗濯機の前で息子と対峙するダメ親父の、
理屈じゃない父性に心を鷲掴みにされます・・・。
最近、荒々しく表現する役が続いていたので、
繊細で文学的に表現する草彅剛はたまりません。
がっつり見たい。映画俳優である草彅剛も。
そういう余韻に浸ってしまうエンドロールでした。
ちなみに原作を読んでいない隣の夫は、
「いい映画だった」としみじみと感動しておりました.゚+.(・∀・)゚+.。
P.S. 一週間後の今日、娘と2回目を観てきました!
  1回目の娘はSFに驚きながらも、
  出演者皆さんの演技が上手いと感心していました。
  私もどっぷりと作品の世界観に浸り、
  出演者皆さんの心のこもった演技を味わいました。
  主役の二人にもしっかり感情移入してしまい、
  最後はウルウルと大きな感動に包まれました。
  前の方の席でかぶりつきで観るのがオススメです(*゚ェ゚*)

昨夜、NHK「ニュースウォッチ9」でインタビューを受ける慎吾ちゃんを見ました。
慎吾ちゃんの個展に有馬アナと桑子アナが来て、
じっくりと話を聞いてくださいました。
新しい地図のファンミの様子や、
剛君のインタビューまで入れてくださってとても充実していました。
地上波でここまで丁寧に報道してくださったのは初めてなので
本当に嬉しかったですね。
慎吾ちゃんも一言一言噛みしめるように、
言い間違わないように誠実に答えていました。
剛君の慎吾ちゃんを思う気持ちもありのままで、
仲間として力強くバックアップしていました。
公共放送として、やっと公正に報道してくれたという思いで
胸がいっぱいになりました。
慎吾ちゃんのパワフルでキラキラした眼差しに
明るい未来が見えてくるような気持ちになりました。

一人一人の願いが大きなエネルギーとなって、
開かれた明るい未来になってほしいです

2019-02-28 17:01 | カテゴリ:新しい地図
昨日、愛知県立体育館で行われたファンミの昼の部に参加してきました
+゚。*(*´∀`*)*。゚+。
平日なのでいつもなら一緒に行ってくれる家族がなく、おひとりさまの参加でした。
でも、このブログによくコメントをくださる方に連絡を取ったところ、
奇遇にも同じ日だったので、名古屋駅で待ち合わせをして初めてお目にかかり、
カフェでお茶しながら、剛君のファン談義で盛り上がることができました。
同じ気持ちを遠慮なく分かち合える方がいるって幸せですね。

私の席はアリーナCブロックでその方はスタンドだったので、会場では別々でしたが、
席もおひとりさまばかりを集めてくださっていて、全然寂しくはなかったです。
両隣も剛君のファンの方で、
一つ離れたところにヤンチェのコートを着た慎吾ちゃんファンの方。
皆さんと和やかに歓談しながら、とても楽しい時間を過ごしました。
普段私のそばにコテコテの剛君ファンはいないので、
同志の方々とお話しできるのは本当に嬉しい。

入場する時に「新しい地図」から頂いた記念品がとても素敵だったです。
デザインが洗練されていてとっても綺麗で、ロゴ入りに誇りを感じました。
ファミリーマートさん特製のチーズケーキもしっとりしていてとっても美味しかった。
忘れられない味なので、是非ファミマでリピートしたいと思いましたが、
「地図ケーキ」で検索してみると、関西での販売は3月12日で、
もうちょっと先のようです。
販売されたら是非とも購入してまたあの美味しさを思い出したいなあと思っています。
そして3つ目はサイリウムのペンライト。
ペンライトを振るのはMr.S以来なので約4年ぶり❓
うわああ、やっぱりやっぱり楽しい。
嬉しい。幸せ。泣く。感謝!感謝!感謝!ヽ(≧∀≦)ノ

ファンミに参加して一番嬉しかったことは、
やはり見応えのある歌とダンスを楽しめたことですね。
ななにーで聴き慣れている曲とクソ野郎の楽曲が次々と披露されましたが、
3人とダンサーさんがきちんと準備してライブに臨んでいることが伝わってきました。

ダンサブルなSMAP、ダンサブルな草彅剛が大好きだった私にとって、
SMAPで歌って踊っていた時と
同じレベルのダンスを踊ってくれたことが震えるほど嬉しくて。
そうそう、こんなSMAPが、剛君が見たかったし、恋しかったんですよね。
パワスプで「ファンミーティングの準備何もしていないよねえ」
なんて言っていましたが、
会場で私たちを驚かせ感動させてくれるためのフェイクだったんですねえ
(((o(*゚▽゚*)o)))

それに今まで以上に3人の声が出ていて奥行きのあるいい声でびっくりしました。
ななにーの時は発声の準備なくライブが始まっちゃうような時があるので、
声が詰まって出にくそうな時があるのですが、
ファンミの3人はとても声が出ていたんです。驚きました!!!
隣の剛君ファンの方も同じことをおっしゃっていたので、空耳じゃないと思います。
「剛君が歌う時、いっつも緊張するけれど、
 今日の剛君の歌は余裕があるし味わい深いよね」
って、感動の気持ちを語りあったりしたので。一体どうしたっていうのでしょう。

これは私の憶測ですが、
12月に3人とも本格的に舞台を頑張っていたおかげではないかと。
3人とも舞台の評判が良かったですし、
舞台で腹式呼吸が鍛えられたのではないでしょうか。
どうやって観客に魅せるかという舞台感覚もより進化しているような気がしました。
特に剛君の歌声が良くなっているように感じたのですが、
「道」で1ヶ月、低音を響かせる新しい発声を試みたせいで、
腹筋が鍛えられ音域が広がったのかも。
吾郎さんも慎吾ちゃんも舞台映えしていて見応え十分。
演劇公演で身についたことが、ライブでもよりよく発揮されているような気がして、
嬉しさとワクワク感と満足感で心が満たされていく喜びを感じました。
チャレンジしたことが歌やダンスにも生かされていくって素晴らしいことですね。

会場はドームの頃と違ってこじんまりしているので、3人がとても近くに感じました。
シンプルなステージにも関わらず、
照明やスクリーンの使い方が洗練されていて素晴らしくて。
体育館であることを忘れて、歌の世界にどっぷり浸ることができました。
たくさんのスタッフの方が準備して盛り上げてくださったのだと
感謝の気持ちでいっぱいでした。

3人の生トークもゲームコーナーも
NAKAMAとの交流を大切にしてくれているのを感じました。
剛君から「ただのファンクラブじゃない、NAKAMAのみなさん」
と言ってもらいましたしね+.(*'v`*)+

両隣りの剛君ファンの方たちと、
お見送りは誰かなあとドキドキしながら出口に向かいましたが、
通路に近づいた時に中から「つよポンだ!!」っていう声が聞こえて、
テンションMAXに。
いざ目の前にするとガチガチになって何も言えない私。
剛君はお手振り人形のように両手で手を振っていて、
必死でガン見しましたが目が合いませんでした。
あんなに近くにいるのに・・・。

でも、こんなに楽しいファンミーティングになるとは思っていなかったので、
これ以上贅沢を言ったらバチが当たりますね。
いつの日かちゃんと目を合わせられる日が来るまで、
神様ポイントたくさん貯金しておかなきゃあ。頑張りましょう

2019-02-05 17:45 | カテゴリ:ななにー
2月のななにー面白かったですね。
前半は3人のまったりした雰囲気が心地よくて癒されました。

占いは特に目新しいことはなかったですが、ふと我が家を見渡すと、
東南の方角に地図カレンダーと家族写真が飾ってあったので良かったです(^-^)/
吾郎さんと慎吾ちゃんが「山」で剛君が「宝石」というのもうなづけましたし。
剛君のお相手は賢い人がいいらしいのも、
実はかなり知的な人であるだろうと想像している剛君のイメージに合っていて、
なるほどって思いましたし。

発表されたばかりで楽しみにしていた剛君主演の『台風家族』が、
公開延期になるというニュースで一昨日から悶々としていました。
市井昌秀監督のオリジナル脚本で草彅剛主演。
私も監督が5年前に撮られたという『箱入り息子の恋』をレンタルして、
大杉漣さんが出演されていたんだと感慨深く拝見して、
心から楽しみにしていたのでショックでした。
世の中で生きていくには大きな責任が伴うのにとあらためて思いつつ、
映画に真摯に携わった方々の気持ちも報われて欲しいと願わずには入られません。

後半の「ものマネー」は抱腹絶倒の面白さでした。
慎吾ちゃんのどん十郎始め吾郎さんと剛君の滑り気味のモノマネも
「スマスマ」や「いいとも」を彷彿とさせて懐かしい。
最近は忖度が鼻についてめっきりテレビで大笑いすることがなくなったので、
久しぶりに「芸に笑う」という醍醐味を味わうことができました。
主人もお風呂に行けないくらいアベマTVにかぶりつきで楽しんでいました。
「こんなに面白い芸人さんたちがたくさんいるんだねえ。信じられない!!」と
感嘆の声を上げながらめいいっぱい笑わせていただきました。

ものまねが長時間続いたので、途中でSライブがあったことにも救われました。
やっぱり3人の出番がないと寂しいですから。
スチャダラパーさんたちとのラップがノリノリでこれまた楽しかったです。
歌って踊っている姿を魅せてくれることはやっぱり有り難い♪(/・ω・)/ ♪。

兎にも角にも慎吾ちゃんと吾郎さんと剛君が
泣くほど笑っている姿を見られたのが嬉しかったですね。
3人が楽しそうに笑えば笑うほど、場が盛り上がっていくのがわかりました。
3人の無邪気さが芸人さんたちの芸を引き出しているのではないかと思えるほど、
全体の雰囲気が和みました。これはまさに「いいとも」の時と同じような和やかさ。
中居君のものまねが飛び出しても、屈託なく笑う3人が嬉しかったし、
偽のさんまさんとタモリさんと大竹しのぶさんと3人が居並ぶ場面は、
いいともの風景そのもので、懐かしくて感慨深くてたまりませんでした。
それこそ無邪気にTVを楽しんでいた頃が懐かしくて切なくてキュンとしましたね...。

「笑う門には福来たる」ですよね。
あんなにたくさんの出演者があんなに笑顔になれるって凄いことです。
前日の「欽ちゃんと慎吾ちゃんの仮装大賞」を見ても思いましたが、
どれだけ多くの人が番組を見て心から楽しいと思ったことでしょうか。
人間の価値はどれだけの人を幸せな気持ちに、
笑顔にできるかということにかかっているのだとあらためて思います。

自分自身にもそのことを突きつけながらこれからも応援頑張ります( ̄^ ̄)ゞ