2017-09-10 23:32 | カテゴリ:パワスプ
9月10日、事務所を退所してから初めての「パワスプ」でした。
解放感からか、気合いが入っているのか、
心なしかパワーアップしたような剛君と慎吾ちゃんでした。
元気が出てくるとてきめん、愚痴も脱線も言葉の混乱も激しくなる
天然つよポン。そんなつよポンを面白がって楽しんでいる慎吾ちゃん。
はっちゃけトークを聞いているとパワーを感じて嬉しくなってきます。

デパ地下で買い物をするという剛君ですが、
自分には何万人、何十万人というファンがいるからお店など言えないとか。
ラストのフリートークではさらにファンの数が増えて何百万人とも(笑)。
慎吾ちゃんに、「今日はどうしちゃったの?人気欲しいの?」と(゚д゚)。
膨大なハガキがbayfmに届いているのでしょうね。複数出していますしね。
契機付けにどんどん人数をでっかく言っちゃってください。

「お気に入りの散歩コース」で送られて来た諏訪湖に関するハガキを、
ブラタモリ風に読んでみてと慎吾ちゃんに言われて挑戦する剛君。
一瞬すっごい期待に膨らみましたが、ほどなく撃沈してしまいました。
「環境が違うんだよ」と悲鳴をあげていましたが、
同じ人とは思えない狼狽ぶり。どこまでも可愛い初心な方です(笑)。

ジーンズソムリエになるんでしょ、と慎吾ちゃんにふられて、
自分はファンの気持ちに寄り添わなくちゃいけないから、
それは趣味にしておきますと言う剛君。
フリートークで再度聞かれたとき、それは副業にすると言ったので、
一緒に聞いていた主人がすかさず「趣味から副業になってる!」と。
いやいやそれは趣味としてと、言い直す剛君。
何をがんばるのかははっきりと言わないけれど、
ファンの期待に応えてがんばろうと思っている気持ちはよくわかりました。

「さあこれから新しい人生が始まります!ワクワクして楽しんで行こう!」
「退所」という言葉をはっきり口にして、
今の心境を自分の口で語ってくれたしんつよ。
何が起こっているのかわからず、憶測だらけの情報に振り回されて来ただけに、
正直2人の言葉を聞けた今日初めて実感としてこの事実を受け止められました。

そして、ふたりの清々しいような明るい声の響きに心が晴れる思いがします。
やっぱり、本人たちが自分の口で話してくれることに勝るものはありませんね。
本当はもっともっと聞きたいこともあるけれど、とにかく今日の言葉で、
やっと新たなスタートラインに立てたことが喜ばしいし嬉しいです。

慎吾ちゃんが「これから始めて行く」と言ったこと、
内容まではわからなかったですが、夢が広がります。
昨年の1月から今年の8月まで、
わけのわからない苦しい時を過ごして来ました。
やっと動き出す時がきたのですね。
たとえ未知の世界で不安があろうとも、可能性がある方が楽しいです。
扉を開いて、新しい世界へ。ワクワクドキドキが始まります

2017-09-07 16:54 | カテゴリ:剛君
今日は仕事が休みで、朝から何をしようか、何を見ようかと考えて、
久しぶりに連続ドラマ『任侠ヘルパー』を引っぱり出して観ていました。
やっぱり、男気漲る味のある翼彦一はいつ観てもカッコいいししびれます。
女や子どもに特に優しく「弱気を助け強気を挫く」シャイなアニキ。
最終回でのリアルなアクションや彦一の表情に胸が熱くなり覚醒します。
ヤクザものは好きではないですが、このドラマの方向性は素晴らしかった。

藤堂「これ以上抵抗しても立場を悪くするだけだ。」
彦一「こんなことをしても一部の年寄りしか救えねえ、
   何の解決にもならねえ。
   そんなことこっちだってわかってんだよ。
   神様じゃああるめえしな。
   だけどおれらは目の前にいる弱ええやつらを
   ほっとくことはできねえ。
   ましてや少しでもかかわった連中を途中で投げ出すことはできねえ。
   これが俺たちの筋の通し方だ。」

彦一「ばかやろうが。」(ニヤリ)
リコ(ニヤリ)「まだ終わっちゃあいねえぞ てめえら。」

剛君がドラマや映画で見せる表情がその場の的を射ていて引き込まれます。
どんな場所どんな人でも一歩引いて見ていて、繊細に観察してきたからかな。
繊細で優しいから、あんなふうに細やかな感情がにじみ出せるのかなあ。

そんな剛君にこれからもいろいろな人を演じて欲しいというのが私の望みです。
これまでも多くの役柄を演じてきましたが、もっともっと幅広く自由に!!

最近は個性的な特異なキャラクターが続いていますが、
「普通の人」を演じさせたら右に出る者はいないとも言われていた草彅剛。
そんな普通の人が成長したり、
変化して行くストーリーも観たいという気持ちが年々強まります。
『世界に一つだけの花』をはじめ剛君のドラマの主題歌からヒットした曲
が多いのも、普通の人の生き様が共感や感動を引き起したと言えると思います。
ドラマティックな特異な役も普通の人の役もどんどん挑戦してください!!
ホームドラマやコメディーなどもぜひ観たいです!もちろん舞台も!!!

「ブラタモリ」で剛君の神秘的な声色を、「パワスプ」で楽しい時間を、
「ぷっすま」で剛君のお姿を拝み、ゆるい癒しの時間をもらって生活しています。
この貴重な時間はなんとしても失いたくありません。
「ぷっすま」ディレクターのいーやまさんのTwitterで
「とりあえず、10月で20年目です、すばらすぃ〜」というツイートがあり、
剛君の収録の様子などもつぶやいてくださるのが有り難くてホッとします。

いよいよ明日9月8日が剛君はじめ吾郎さん慎吾ちゃんの退所日ですね。
約30年にわたるJ事務所でのお勤め、本当にお疲れさまでした。
劇的な30年間だったでしょうし、感慨もひとしおのことでしょう。
それこそ死にものぐるいで働いて来た濃密な時間だったでしょうね。
苦しみも喜びも存分に味わい尽くし、まさに時代を駆け抜けましたね。
自分自身のいろいろを犠牲にしながら踏ん張って来られたことでしょう。
ファンとしてたくさんの楽しみや癒しをいただいたことに心から感謝です。

クリエイターの皆様、スポンサーの皆様、
TV・ラジオ・映画・舞台・雑誌関係者の皆様、
今後とも草彅剛はじめ稲垣吾郎、香取慎吾の活躍が見られますように
何卒お引き立てのほどよろしくお願い申し上げます
ファンの願いがどうか叶いますように、心をこめて・・・

2017-08-24 16:15 | カテゴリ:雑誌
「ブラタモリ」「パワスプ」「ぷっすま」を観たり聴いたり、
猛暑の中ゆったりとした時間が流れて行きます。
テレビをつけてもすっかり様変わりした風景が広がっていて
気分の晴れないことが多く、珍しく高校野球をたくさん観ました。
9月まで後少しだなと思うとなんだか宙ぶらりんな気持ちがします。
剛君の気持ちも複雑だろうなあと慮って、ぼんやりしてしまいます。

ようやく9月号の「お気楽大好き」の発売日がやってきました。
先月号はお芝居のことを語っていましたが、今月は音楽への思い。
私はそもそも剛君のお芝居に強烈に魅かれてファンになったので、
SMAPの凄さに魅了されたのはその後じわじわという感じです。

お芝居とダンスを観るのが大好きな私は、SMAPの揃っていない
と言われた個性的なダンスパフォーマンスに目が釘付けになりました。
5人5様の自由でしなやかなダンスに心が躍動する喜びを知りました。
お芝居に惚れ込んだはずの剛君のキレッキレの動きに目を奪われました。

楽曲のバラエティーに富んだ音楽性、心にしみる歌詞の素晴らしさに感動。
SMAPがただのアイドルグループではないとを知って愛するようになりました。
40代の彼らの音楽とダンスをもっともっと楽しもうと期待に満ちていました。
歌やダンスの上手い下手ではなく、音楽の楽しさを教えてくれたGPでした。

剛君はお芝居も好きですが、音楽もこよなく愛する人ですね。
感情が豊かなのでしょう。大胆さと繊細さを合わせ持つ熱いハートです。
お芝居も、音楽も、ナレーションも、MCも創作表現活動全般が好きなのですね。

ギターと出会って、剛君のそんな世界がグレードアップしましたものね。
舞台の楽屋で大杉漣さんと小澤征悦さんの影響でギターを始め、
「ぷっすま」の企画で和田さんに出会い『藍色のGANG』を唄ったのは大きい。
ライブで汗まみれになって、ロックにギターをかき鳴らす姿は
それこそ上手い下手を飛び越えた男臭さが溢れていて新境地を見せつけられました。
ラッキーにもクリスマスライブで観られた、アカペラの『ラストクリスマス』にも
鳥肌が立ちました。剛君の大胆さと繊細さがギターによって紡ぎ出されましたね。

何度も書きますが、上手い下手とかではないのですよね。
大胆であれ、繊細であれ、あふれる想いがあって音楽が生まれる。
私は、そんな思いによって生まれた音楽を聴きたいし、そんな音楽で楽しみたい。
斉藤さんのライブに感動した剛君の「ああ、夢が膨らむ」という言葉が嬉しい

窓辺のソファーで寝そべった剛君のピックを口にくわえた横顔と
ギターをつま弾く優しげな長い指先が美し過ぎます。
Tシャツとスカジャンのデザインやカラーに意味があるように感じてしまいます。
『beetle』『HYSTERIC、ゴロチ』は剛君の傑作。
『bestfriend』『夜空ノムコウ』は名曲。剛君のありのままの気持ちですよね。

草彅剛さま、いつもファンの気持ちに寄り添ってくれてありがとうございます。
あなたの音楽とお芝居を、そして表現活動をこれからも見続けたいです。
新しい環境になったら、是非、あなたとファンが繋がれるFCを作っていただきたい。

どんな環境になったとしても、あなたの思いが形になることを願って、
できるだけ「お気楽」に?楽しく応援したいと思います

2017-08-07 12:33 | カテゴリ:パワスプ
『ギター』      作詞・作曲 斉藤和義

淋しい時には ギターを弾こうよ
下手でもいいから 願いをこめて
悔しい涙も 虚しい怒りも
冷たい嘘も 忘れてしまうから

大人にだって 晴れた夜を
子どもにもっと まぶしい扉を

指先がちょっと痛いけど
その気になって もっとかき鳴らそう
yeah yeah yeah! yeah yeah yeah yeah! yeah yeah yeah!
迷路の終わり

このまま朝まで ギターを弾こうよ 
下手でもいいから 歌も唄いましょう
ほんとは優しい となりの誰かも 
迷える世界も ひとつになれるかな

重なりあった自由なハーモニー
見つめあって もっと恋のメロディー
yeah yeah yeah! yeah yeah yeah yeah! yeah yeah yeah!
涙を越えて

Fになんて負けないで
自分流に押さえりゃいいのさ
夢だけは置いてかないで
譜面なんて気にしないで

混ざりあった自由なハーモニー
抱きしめあって もっと愛のメロディー
yeah yeah yeah! yeah yeah yeah yeah! yeah yeah yeah!
迷路の終わり
yeah yeah yeah! yeah yeah yeah yeah! yeah yeah yeah!
涙の終わり


8/6の「パワスプ」でのフリートークの時、
剛君は誕生日はずっと家にいて、外に出なかったと言っていました。
「お気楽大好き」にも同じことが書かれていましたが、
きっと誕生日に出かけたら、
またあること無いこと書かれてしまうと思ったのでしょうね

でも、斉藤和義さんのライブに行ったことを話し始めた時は、
一気にテンションMAXに
3時間ものライブを斉藤さん独りとギターと小道具だけで進めたらしく、
「感動したわ〜
「最高だった〜
「ヤバかったわ〜
「凄くな〜い」と
斉藤さんのアーティストとしてのお力に心服した様子。
「感動したわ〜」の「わ〜」に力が籠っていてびっくりしてしまいました
独りだけでこれほどのライブができるという事実が衝撃的だった様子。
慎吾ちゃんに「つよポンも?」と振られて、
「40年後くらいかな?生きていればね。」とも。

そしてラストの曲の『ギター』を聴いて
「それこそ泣いたね。」と言う剛君の感動と衝撃が
ラジオの向こうからストレートに伝わってきました。
他の方のライブで本泣きできる剛君の瑞々しい感性がいいなあ。
『ギター』という曲を作られた斉藤和義さんの偉大さは言わずもがな、
斉藤さんの曲に涙する剛君の純粋さを愛しいと思うのです。
ギターを始めるきっかけをくださった大杉漣さんと一緒に行ったライブ。
剛君がこれだけ感動して涙できたのも、隣に漣さんがいてくれたからですね。

一方の慎吾ちゃんは、映画『君の名は。』でしっかり泣けたらしいですね。
私も『君の名は。』を観たので、慎吾ちゃんが感動したポイントが
わかるような気がしました。あの画のタッチ、凄くきれいでしたし、
「人が人を助ける」という大きなテーマが掲げられているように思いました。

剛君と慎吾ちゃんそれぞれが「泣けた」というお話が聴けた「パワスプ」。
放送直後に、bayfmの公式twitterから番組へのメッセージを求めるツイートが。
なんだか、bayfmさんからの、「パワスプ」を続けていきたいので、
皆さんからのメッセージをお願いします、というサインのような気がして、
すぐに放送継続を願うメッセージを送りました。
→「パワスプ」へのメッセージ shintsuyo@bayfm.co.jp

番組継続のこととか心配したらきりがないですが、
吾郎さんと剛君と慎吾ちゃんの感性と才能と優しさは
必ずや「迷路や涙を越えて」行くと思うし、ついていきたいと思うのです

2017-07-30 22:39 | カテゴリ:パワスプ
一ヶ月は仕事を休んで身体の調子を整えようと療養していますが、
毎日熱く寝苦しい日々が続いていますね。
独立組3人の番組継続に関する記事がスポーツ紙で発表されたらしいですが、
発表の仕方や時期を考えると胡散臭さがあって油断できない気持ちがします。

そんな疑心暗鬼な気持ちの中、今日の「パワスプ」に耳を傾けましたが、
しんつよの何も変わらない元気なトークに心が洗われるようでした。
特に剛君の元気そうな明るい声が印象的でエネルギーに溢れているよう。
その力強い語り口を聴いていると、清々しくて男っぽい人だと感嘆します。
逆境に立つほど、それを跳ね返すエネルギーが湧いてくるようですね。

それは剛君がドラマや映画や舞台などで演じて来たキャラクターにも通じます。
追いつめられた時の、次の一手が鮮やかで男らしい。
「何も考えてないようで考えていて考えていない」本能のようなものでしょうか。
そのざっくりした鷹揚さと男気に、魅力を感じる人が多いのでは?

剛君が選んだSMAPの『TAKE OFF』の歌詞がまた前向きで力強い。

「誰にも負けない物何か1つ
 目を閉じ探す 心のアルバム
 見つかれば It's show time! 羽ばたける!
 本当の自分を今、取り戻した
 少年の時代に 飛ばした紙飛行機
 もろくても自由に風を切っていた様に」

9月号の「Oggi」の「絶対的好感論」のテーマは「伝える」。
高倉健さんと撮った『あなたへ』を思い出して、
アナログな自分を大切にしたい、
何かを伝える時、伝える方法をチョイスできる人間でありたいという
自分の意志をきっぱりと表明しています。

私も断然、アナログが好き。こんな時代だからこそゆっくりが好き。
この療養中にいろいろ気の向くままにDVDを観て時間を過ごしていますが、
やっぱり心に響いてくるのはじっくりと時間をかけて作られた作品。
丁寧に描かれた人間模様や心理描写。
高倉健さんの『冬の華』をあらためて見直したり、
菅田将輝さんの『キセキーあの日のソビトー』に感動して浸ったり。
もう何回観たかわからない『嘘の戦争』を観て、
映画のような剛君と六平さんの丁寧な演技に今更ながら感服したり。

「ぷっすま」の公式サイトの「熊の助日記」に綴られた言葉のように、
人肌の感じられる温かくて柔らかい表現が心にしみます。

この世の中にある美しい表現を見逃さないような生活をしたいと思う
今日この頃です

2017-07-24 17:38 | カテゴリ:雑誌
おかげさまで、今日お昼に無事に退院することができました。
なんとか生還できた日が、記念すべき「月刊ザテレビジョン」の発売日。
ストレートなメッセージにも窓辺で外を伺う少し大人っぽくなった姿にも、
剛君は、ファンが安心出来るように一生懸命思いを込めてくれていますね。

特に恩師つかさんのことをこんなに多く熱く語ることは久しぶりですね。
出会って18年たった「今の方が存在が近くなっている」らしい、つかさん。
恩師との心の交信は、常に剛君を支え、その声は今こそ大きく聴こえてくるという。

私は残念ながら剛君の『蒲田行進曲』は生では観られなかったのですが、
高校生の時、映画館で『蒲田行進曲』を観て鳥肌が立ってしまいました。
「ザ・お芝居」と言い切れる人情活劇に心が熱く震えました。
剛君の本質があの人情活劇によってむき出しになり発掘されたのだと思います。

つかさんが亡くなった時のNHKの追悼番組
「つかこうへい・よみがえる伝説の舞台」をCDに焼いて保存していますが、
その中で剛君がつかさんと『蒲田行進曲』の舞台練習をしている記録があります。
舞台を生で観られなかった私にとっては、
あの練習風景が2人の関係を見られた貴重な宝物になっています。
そういう意味ではあの追悼番組を作って下さったNHKには心から感謝しています。
つかさんにいただいた大きな羽で、羽ばたく剛君に魅了されることが
私の夢でもあったわけで、剛君の「見ていてください」の言葉が嬉しいですね

そして、今月号のラストのページには、
「月刊ザテレビジョン」の編集長様からの連載「お気楽大好き」を継続という、
心のこもった温かいお知らせまで掲載されています。
剛君ファンの熱い思いにしっかり応えてくださった姿勢に、
心から感動いたしました。
ひとりひとりの力は小さくても、
みんなの気持ちが集まれば大きな力になるのですね

最近では、慎吾ちゃんと星野源さんとの対談を掲載をしている
『AERA』の売り上げも凄い。
私も第一回の掲載を買いましたが、
2回以降病院に入ってしまってまだ手に入れていません。
娘が星野源さんに嵌まっていて、
先週の土曜日の大阪城ホールのライブに行ってきました。
入院している私に遠慮していましたが、
入院中私のためにかいがいしく働いてくれたので快く送り出しました。
星野さんと慎吾ちゃんがご縁があったように、
真面目に生きていればいいことがあるはず。
(ちなみに星野源さんもくも膜下出血で私より重篤だったとか
星野さんにあやかって、私も元気になりたいものです。)

私の入院中にも温かいメッセージや拍手をくださった方々に
心よりお礼申し上げます
ヨガにも通っていた私が今回大病をしたのは、ひとえに不規則な生活、
睡眠不足、塩分の取り過ぎに因るものだろうと猛省しています。
家族からも警告されていたのに、
こんなことにならなければ改められませんでした。
今日から健康つよポンを見習って本気で早寝早起きをしようと思います。

ご縁を大切に、愛する人々とともに、
しっかりと前を向いて歩いていきたいなあと心を新たにした今日一日です