2017-10-24 15:40 | カテゴリ:雑誌
久しぶりに永久保存版の雑誌祭りですね。
「TVガイド」はユースケさんと剛君の2ショットが素晴らしいです。
充実した2人の表情が、
20年という年月で培われてきた揺るぎない固い絆を表しています。
ユースケさんの満面の笑顔と感無量の剛君を見て、
今更ながらナギスケという奇跡のコンビに胸が熱くなりました
この背後にはいつも2人を支えてくださっている大熊さんと
ディレクターさんはじめ多くの「ぷっすま」スタッフさんがおられます。

これからもこの奇跡の2人を見続けられますように

「月刊ザ・テレビジョン」にも「ぷっすま」放送900回記念の記事が1P。
「お気楽大好き」はなんかいっぱい服に付けている不思議な剛君が4P。
最初何をつけているのか意識しなかったけれど、よーく見るとこれは!!
どういう意味なのかな?意味なんて特にないよおって剛君は言いそうですが。
スウェットっぽい柔らかそうなラフなスタイルがとても良く似合っています。

自然体の爽やか剛君は今、「ユーチューブ」のお勉強に勤しんでいるとか。
テキトーなところも多い剛君ですが、語学にしろ楽器にしろ凝る時には凝る。
そんな剛君が勉強中ということで期待が高まりますが、
あまりハードル上げるのもどうかと思いますので「お気楽に」待ちましょう。

「72時間ホンネテレビ」に臨む3人への直撃インタビューが面白いです。
それぞれの他の2人への思いがホンネっぽくかつ愛があってほっこりします

「パワスプ」でも慎吾ちゃんが言っていましたが、吾郎さんかっこいいですね。
毎日ジョギングを続けているせいかもしれない!
「72時間ホンネテレビ」中も
3人でトレーニングしたりダンスしたりしてほしいかも。
運動会企画があるという週刊誌の記事を見かけましたがどうなんでしょう!?
剛君、ユーチューブのお勉強もあるでしょうが、
吾郎さんに「かけっこ」負けないようにね〜

2017-10-17 15:30 | カテゴリ:新しい地図
10月16日に本格始動ということで、「新しい地図」サイトが
「クソ野郎と美しい世界」という題名の映画を製作すると発表しました。
3人が登場している新しい動画も発表され、その動画のスタッフに
これまでSMAPとともに上質なものを制作した一流の方々が
たくさん携わってくださっているのを知り、大変心強く思いました。

吾郎さん慎吾ちゃん剛君それぞれの才能や魅力は理解しているつもりですが、
映画で3人の魅力を違和感なく最大限に生かすには
アイデアと技術が必要になると思われます。
3人の魅力が化学反応を起こし、大きな力を生み出すことを祈るばかりです。

映画の題名はストレートでザラザラしていますね。
このザラザラ感から逃げることなくそのまま向かい合うということですね。
日本財団DA企画展MOTOに慎吾ちゃんが作家として絵を出品し
話題になっていますが、その絵の題名もとてもストレートです。
私のような世界の片隅の1ファンがひそやかに願っていることと
真摯に向かい合っていると理解していいのですよね。

明日の「おじゃMAP!!」は2時間SPで萩本欽一さんと太田光さんがゲスト。
懐かしい「欽ドン!」や2ショット対談が見られるそうですね。
私は慎吾ちゃんは欽ちゃんに愛され信頼されるだけあって、
笑いのセンスが超一流だと思っているのでとても嬉しいし楽しみにしています。

動画のラストの吾郎さんがとても大人でクールで見惚れました
われらが草彅剛は美しい横顔だけだったのでじれったいくらいでした。
まああの、男の決意と哀愁が滲み出ている背中が好きなんですけれど。

スタッフの中にシマホCMのクリエイティブディレクターをされた
山崎隆明さんがおられるのは剛君ファンとしてこの上ない喜びです。
シマホCMには俳優草彅剛の魅力が詰め込まれていますものね。
シリアスとコメディーの調合具合が絶妙なので大好きです。
シマホCMが終わってしまってもの凄く寂しかったので、
山崎さんとのつながりが続いていることがわかってほっとしました。

映画が3人3様の魅力を堪能できるものであることを願って止みません。
とにかく剛君を映画館で観られるということが嬉しい

2017-10-11 22:46 | カテゴリ:ぷっすま
「ぷっすま」20周年おめでとうございます
ユースケさん、大熊さん、スタッフの皆さん、
出演して番組を盛り上げてくださるゲストの皆さん、
草彅剛を愛してくださって、ファンのために頑張ってくださって、
本当にありがとうございます。心からの感謝と御礼を申し上げます。

2回にわたる「何ポンでしょう?」を楽しく拝見しました。
このユルユル企画の裏には、ユースケさん、大熊さんはじめ
スタッフの皆さんのもの凄い思いが込められているのではないかと思いながら。
ゲストの皆さんのお志。つよポンのいつにない神妙な表情。
皆さんのお気持ちに全身全霊で感謝していたのではないでしょうか
ユースケさんがカメラに向かって訴えたかったのはなんだったのでしょうか。

でもいろいろあって思うんです。
みんなのこのあたたかい思いは必ずややわらかい風になるのではないかと。

20年間「ぷっすま」が育んできた笑顔と愛と癒しは輝かしい。
剛君とユースケさんと大熊さんとスタッフの皆さんの出会いはミラクル。
出演してくださるゲストの皆さんはウイットに富んでいてほのぼのします

そんななんやかんやを思いながらの「何ポンでしょう?」でした。
そんな中でも剛君が朗読した「ポエム」が素敵でした
3つのポエムをそれぞれ違う読み方をしていて巧みでした。
やっぱり朗読のプロ。長年の経験と努力と人柄で培って来たその才能で
これからも荒波を越えて行ってほしい。ね、つよポン

2017-10-07 23:44 | カテゴリ:新しい地図
「おじゃMAP!!しんつよ2人旅」何度も繰り返し見ました。

解き放たれた剛君は少年のように弾けていて天衣無縫の輝きがあります。
と同時に長年バラエティーで揉まれ培って来た経験値の高さも。
剛君はまさにゴールを決めずに常に新しい表現を求めるチャレンジャー
権威や体面に執着することなく、自由と愛と表現することを楽しむ人。
そんな人だから笑顔になれる。驚きがある。惚れ惚れする。胸が熱くなる。

くるみちゃんに始まり、愛車、古着、ギター、慎吾ちゃんの作品、
ピクニックセット、バーベキュー、おジャーマップ、恋話などなど、
「おじゃMAP!!」は剛君と慎吾ちゃんの2ショットを存分に味わえました。

特に「パワスプ」の収録現場が見られたのはなかなかのお宝もの。
ラジオを聴きながら「このせっまい部屋」や「近くで笑ってる人誰?」
といつも想像していたので、映像で見られてスッキリするというか嬉しくて。
しかしまあ、本当にザキヤマさんもびっくりの小さな狭い収録現場
スマスマの楽屋で録っていることも多かった「パワスプ」とは
あのような世界だったのですね〜。親近感湧き過ぎのアットホームさです

ストリートダンスで慎吾ちゃんと剛君が踊る姿を見られたのもお宝もの
ただ私は、剛君たちが事務所を退所することがわかってからこの方、
駅前でストリートダンスをするしんつよを頭の中で思い描いて来たので、
なんだか想像通りになったことが不思議でたまらなかったです。
このことはブログにも書いたことがあります。
記事を遡らないといつ書いたのかも思い出せないのですが・・・。
今回ばかりは剛君の発想と自分の想像が一致したので感動も一入でした。
「しんつよ」と言えばやっぱりあの姿がスタートだと言う気がするので。
「原点」を思い出して輝いた2人。これからもバンバン踊って欲しいし、
2人が3人に、3人が5人になればやっぱりいいのにと自然に思いました。

踊る剛君は音符のようにリズムを体現することができる人。
慎吾ちゃんのガタイの大きさや骨格も迫力があってオーラがあります。
でこぼこコンビの踊りを見ていると自然と身体が揺れてきます

「スマスマ」のS-Liveと「僕らの音楽」を思い出したしんつよライブ。
懐かしい(と言うほど前ではないのに)スタッフさんが周りにいたようです。
慎吾ちゃんの感激と緊張が剛君にも伝わって2人の気持ちがとてもリアルでした。
2人のリアルな様子を見ていると、彼らが第3者によって
愛しい「歌」の世界から引きはがされたということがわかりました。
そして今、自分たちの意志で「歌」の世界の扉を再び開いたということも。
その意志の元に、東京タワーの真下に
懐かしいスタッフさんたちが笑顔で集結してくれたようでした。

歌を愛する人たちが、気心の知れたNAKAMAが2人の再出発のために。

剛君の歌声、柔らかで深くてとても良い声でしたね。
ギターもかなり上手くなっていて弾き語りがだんだん様になってきました。
魂のこもった「Shintsuyo be on right」に涙が流れました。
魂の入った2人の表情に胸が熱くなり、本気の手応えに震えました。
人間って40歳過ぎてもこうやって再出発することができるのですね。

余韻に浸っているうちにブログも更新出来ず、もう今週の「パワスプ」です。
今日はBayfmの偉い方が来られてちゃんとしたスタジオで収録しているそう。
偉い方が「おじゃMAP!! 」を見て、
ちゃんとしたスタジオで収録するように言ってくださったとか。
本気の気持ちが人の気持ちを動かしていくのですね
元気を取り戻してエンジンがかかってきた慎吾ちゃんが嬉しいです。
剛君、なんだかんだ言ってお兄ちゃんだね。頼りがいがある。

「変な人でさ、変な事言ったり急に変な事したりするけどさ
 スッゴク真面目でしょ?こんな所が好きです。」
という慎吾ちゃんの愛の言葉がとても自然で感動しました。
その通りですね。私も基本真面目な人が好きなので全く同感です

大きな慎吾ちゃんが笑った。剛君が笑った。くるみちゃんが吠えた。
ザキヤマさんも笑った。ザキDが面白くて温かくて素晴らしかったです。
新百合ケ丘駅でしんつよを見守った人たちもとても優しく笑っていました。
みんなが本当の笑顔をひとつひとつ取り戻して
みんなで元気になりたい

2017-09-30 15:14 | カテゴリ:雑誌
月末おまちかねの剛君の連載2本。
ようやく隠遁生活から抜け出し、攻めていく感じの発言にドキドキします。

月刊テレビジョン「お気楽大好き」は映画を見て運動を始めたというお話。
剛君の観たというDVDは後追いして観ることが多いですが、
今回の海外ドラマもなかなかハードで重そうな感じ。
でも面白いらしいので、TUTAYAの宅配で頼みました。
いつも内容が重いんですけどね〜怖いものみたさで観ちゃいます。

”最強の43歳”を目指して運動も再開したというお話。
やっぱり剛君は身体能力の高さが大きな魅力なのでこれは嬉しい報告です。
これからも出来うる限りアクティブな剛君であって欲しい!

ギターと歌も楽しみですが、ダンスもことあるごとに踊ってほしい。
若かりし時、慎吾ちゃんと曲に振り付けして完璧に踊れるまで踊り続ける
という生活をしていたらしいですが、そんな熱量を思い出して。
そして殺陣もアクションも映画やドラマでどんどん見せてほしいです。

Oggi11月号「絶対的好感論」の「テーマ」は「のこす」。
「”のこりもの”はいつ輝くかわからないから、面白い」

来月12月号でこの連載は終了するそうですが、
とにかくこの連載の五十嵐さんが撮った写真が本当に魅力的でした。
剛君の内面を浮き彫りにしてくれる芸術性の高い写真が大好きでした。

今回の撮影場所は東京の古めかしい大きな建物の路地裏。
建物の壁面から突出している通気口が大きな生き物のように呼吸していて、
人気の無い寂しく狭いアスファルトの1本道が
街の中心地に向かって遠くまで続いています。
そんな1本道に独り佇み、挑むようにこちらを見る草彅剛が凛々しい。
いままで星の数ほど剛君の写真を見てきたけれど、
この写真の力強さ、美しさに、見たこともないようなパワーを感じます。

剛君たち3人の活動に関して、
日々上げたり下げたりいろいろな記事が出るけれど、
正直そんなものに一喜一憂されたくありません。
どういう事情でこうなったのか、推測してもしかたがない。
その時その時最前を尽くすしかない。
たとえ孤高の道だとしても自分を信じて進むしかない。
最後に信じられるのはやはり自分だけ。
建物と建物の間に埋もれているようなひっそりとした寂しい道。
剛君がさっそうと駆け抜けていくのが見えるような気がします。

四国のおばあちゃんのところに行ってきたのですね。
剛君のおばあちゃんはとても感性の鋭い賢い方のようで、
剛君の応援団長とも言える方ですね。
剛君が「俳優」に留まらず「歌」を大切にしたいという気持ちが
伝わってくるようなエピソードです。

「Youtuber草彅」を始めるということで話題になっていますが、
剛君はもともとビデオ演出に興味がありますよね。
ミュージック・ビデオやスケートボード・ビデオの制作で著名な
スパイク・ジョーンズのDVDを家でずうっと流し見しているらしいので、
常に面白い、インパクトのある表現にアンテナを立てているのでしょう。

昨年終了したスマスマでも、「SINOHARA TV」や「コップのツヨ子」など、
最後まで面白いことをしようと身体を張って頑張っている姿が印象的でした。
言われて一番嬉しい言葉は「面白いね」という言葉だといつも言っていました。
正直スベっていることも多かった気がしますが、それでもめげなかった。
剛君が「頑固」って言われる所以でしょうか?
人の評価とか気にせず、ひたすら「面白い」ことを追求し続けている人。
そのひたむきさに時々あきれるような気持ちになりながらも敬意を抱きます。
「SINOHARA TV」も「コップのツヨ子」もクオリティーが素晴らしかった

「面白い」って言われることは正直一番難しいことかもしれません。
でも表現の中で、「面白い」なくしては本当の感動にはたどりつけないかも。
どんなに回り道しても豊かな表現を追求しようとする剛君が「面白い」です。
「パワスプ」の時に「新しい地図」に「いろいろなことを書いていこう」と
言いつつ、「消したっていいんだから。」と剛君は言いました。
そういう、自由に押したり引いたりする思考が素敵なんだな。
書いたり消したりするけど、めげないで前に進む人なのだと思います。

10月2日から「1本満足バー」の新CMが放映されることになりました
元気いっぱいに弾ける剛君に、はたまたお口があんぐりしそうです
10月4日の「おじゃMAP!!」2時間SPに剛君が登場も見逃せません。

P.S. 「ブラタモリ・高知」も「ぷっすま・カレ飯自慢GP」も
  自然体でゆったりと「面白く」転がしていく充実トークに癒されます

2017-09-23 00:22 | カテゴリ:新しい地図
昨朝6時に起きていつものようにお弁当作りを始めたら
5時に起きて犬の散歩をしている主人からビックニュースが!
「3人のホームページができてるよ〜!動画も出てるよ!!」
一気に眠気が吹き飛んでPCに走り寄ると、洗面所の娘も飛んで来て
「私も見たい、見たい!」といつになく興奮しています。
メッセージ性の高いクールな動画を見て「凄いわあ。」と感嘆。
私は、こんな日が必ず来る、という心づもりがあったのですが、
娘の中ではもやもやが続いていたらしく、
あざやかな発表に純粋に感動しています。

「最近興味ないみたいやったのに、なんでそんなに興奮してるの?」と聞くと、
「解散騒動からこの方ハッキリせんなあ、けじめつけてよって思ってたから、
今回の発表で、ちゃんと考えてたんやあ、良かったあって感動したわあ。」と。
「ハッキリしなかったのは、自分たちの意志で解散したんじゃなくて、
 解散させられたからでしょう!」
「そんなん一般の人にはわからへんし。でも、この前向きな感じいいわあ!」

朝日新聞に「新しい地図」の広告も出ていると言うことで買いに走りました。
見開きいっぱいのシンプルでおしゃれで暗示性の高い広告のデザインにも感嘆。
若い娘の♡をも掴んだ衝撃的な発表は、3人の再スタートとして喜ばしいです
この広告は私も参加したSMAP大応援クラウドファンディング広告への御礼だとか。
ファンの広告を掲載した朝日新聞と東京新聞にのみ載せたことで、
ファンの気持ちへの返礼の意味が込められていることがわかりますね。

剛君たちの今後をイメージした時、「freebird」からの「空」って感じだなあと
思っていたので、あのデザインを見た時、イメージ通りだと嬉しくなりました。
「NEWS MAP」が「NEW SMAP」を、
「NAKAMA」の「N」が中居君・「K」が木村君・「M」が森君を
暗示しているという説がファンの間から沸き起こって話題になっています。
真意はともかく、「そうだったらいいなあ。」「そうなったらいいなあ。」
と想う気持ちは私にもあります。
「草彅剛」のファンであり、剛君には今まで以上に自由に活躍してほしい。
そして翼を持った自由な5人がまた集結出来たら最強なのにと夢見ています。

昨日の午前中仕事に行くまでの時間、ぎりぎりまで粘って入会手続きをしました
「登録完了」となった時の喜びは一言では言い表せないような気持ちでした。
20000台の会員番号!3人直筆の御礼のメッセージ!これで剛君と繋がった!
吾郎さん、剛君、慎吾ちゃんを直接応援できる!→公式ファンサイト「新しい地図」

型にはまっていない自由で優しい無限大の可能性にワクワクします
入会するといきなりCDとぷっくりシールがもらえるとか。CD!
なんて素敵な響きなんでしょう☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆(((o(*゚▽゚*)o)))

剛君の誕生日に「パワスプ」に送ったお祝いのハガキに
「吾郎さん、慎吾ちゃんと仲良くね。」って自然に書いた私の気持ち。
3人が一緒の新事務所「CULEN(カレン)」で頑張ることが嬉しいです。
新しい「Culture &Entertainment」を目指して活躍してほしい。
閉塞感漂う日本の文化やエンターテイメントが風通しのよい世界になるように。
動画や広告の斬新さやカッコよさをみると優秀なスタッフがおられるようです。
剛君たちの第二の芸能活動が豊かなものになりますよう、全力で応援します。

「新しい地図」に新しい道を書いて、楽しいことをたくさん実現した〜い

P.S. 今夜は剛君もお世話になった『スマステ』の最終回をしっかり見届けます。