FC2ブログ
2017-02-26 16:37 | カテゴリ:ブラタモリ
2週間にわたって『ブラタモリ』は神戸編。
自分が生まれ育った見慣れた風景の中を
タモリさんがブラブラして下さって嬉しいやら懐かしいやら。
結婚して神戸を離れましたが、昨年のお盆も同窓会で三宮へ。
高校の卒業アルバムのスナップ写真も異人館の前で撮りました。
映画評論家の淀川長治さんは高校の大先輩ですし、
子どもの頃、新開地で映画やお芝居や演芸を見た思い出も蘇りました。
学生時代は友達とスイーツを食べ歩いたので舌は肥えています(笑)。
演劇も盛んな場所で、兵庫県出身の演劇人の方は多いですね。
剛君が自分の生まれ育った街を語ってくれるのは嬉しいものです
いつの日か今住んでいる街にもタモリさんに来ていただきたいなあ。

昨日の『ブラタモリ』は実は録画を観ました。
友人と久しぶりの飲み会。その後やはり久しぶりのカラオケに。
私が歌った曲は『Best Friend』『freebird』『華麗なる逆襲』『シャレオツ』
『ずっと好きだった』(斉藤和義)『チェリー』(スピッツ)。
友人が『夜空ノムコウ』を歌って、SMAP率高過ぎでした

雑誌祭りも凄いですね。
『TVガイド』の表紙の笑顔の剛君。
うっすらおヒゲの剛君がラフで自然体で魅力全開です。
真っ赤な口紅、真っ赤な布、真っ赤なバラ、真っ赤な苺。
小道具を使った表情が大人っぽくて色っぽくて摑みどころがなくてゾクゾク。
うーん、これはますますいい俳優、いい表現者になりそう

『月テレ』の「お気楽大好き」では『嘘の戦争』で起こっている奇跡のこと。
遅ればせながら慎吾ちゃんと一緒にお参りに行った報告。
『TVfan』では後輩の菊池風磨君と背中合わせの黒スーツの剛君が綺麗です。

特に『TVnavi』の剛君のインタビューは哲学的でとても深い。
草彅剛流演技論などについてもかなり詳しく語られてあって
読み応えがあり過ぎです。いつもあんなに天然で子どもっぽいのに
こんなインタビューを読むと思考の深さは半端じゃないと思い知ります。
だからこそ魅力が尽きることはないし、
草彅剛が最高値を更新する瞬間の目撃者であり続けたいと思うのです

P.S.『Oggi』4月号の「絶対的好感論SPECIAL」第3弾”コミュニケーション編”。
剛君のファッションはシンプルイズベスト。窓辺の剛君はやっぱり格別
ALL未公開写真で草彅剛の魅力と愛と友情が詰め込まれていますね。
2016-05-23 00:24 | カテゴリ:ブラタモリ
「ブラタモリ・志摩」は珍しく晴天に恵まれ、とてもテンポが良く、
タモリさんと近江アナ、案内役の方々、剛君のナレーションとBGM、
編集が巧みなのか、全てがうまく絡み合って、とても楽しい時間でした。
ポールモーリアの「エーゲ海の真珠」が流れた時は懐かしさでクスッとして、
音響さんは私と同じ年代の方なのかななんて思ったりして・・・。

その土地の地形や自然条件が、その土地の特産物・宝を生み出すことが
良くわかってとても勉強になりましたし、
タモリさんのリアクションやトークが面白いので飽きることなく楽しめます。
近江アナも緊張感がほぐれてきて、天然の面白さも出てきて可愛らしいですね。
剛君の、合いの手のように入るアットホームなナレも板について来ました。
土曜日の夕飯時、ブラタモリを観ながらひっきりなしに笑う娘を見るのは
若い人にもこの番組が受け入れられていると実感できてとても嬉しいです

「パワスプ」の慎吾ちゃんと剛君のトークもまったりとして癒されました。
ビクターさんに場所をお借りして収録した回の時、
道に迷ったのか最短距離で自分を連れてこなかったマネージャーさんに対して、
マジでブツクサ言っていた剛君の口調には私も正直驚かされましたが、
逆にそんな素の剛君を垣間みることができてホッとしたような気持ちにも。
だっていつもいつもお地蔵様のように穏やかであること自体無理があります(笑)。
ファンはそこまで完璧な人格であることを剛君に求めていないでしょうし・・・。
剛君の存在そのものの「面白さ」を感覚で感じ取って応援しているので、
「いいひと」のイメージだけで好きなわけではないですからね

今日の「パワスプ」の選曲も明るい気持ちになるようないい曲ばかりでした。
「ポジティブダンス」の後に「唐獅子牡丹」。この時主人が
「この前かかったばかりじゃない?」と言ったのでその通りだと驚きましたが、
この曲を聴くとアニキを思う切ない気持ちできゅんとなるので困ります
「スマスマ」でしんつよ2人でギターデュオを披露した「天国うまれ」の原曲。
「buzzer beater」は奇跡を起こす歌、「そのまま」は前向きな愛の歌。
選曲がとても素敵だったし、慎吾ちゃんと剛君の安定したまったりトーク。

「君からもらった雪(勇気)の代わりにさ 僕の愛をあげるよ」
というメッセージ、信じてていいんですよね
2016-05-07 23:12 | カテゴリ:ブラタモリ
長かったゴールデンウイークもあと1日となりました。
長野県に就職して社会人となった息子は、休みも無く働いているので、
新居や職場の様子を見に、夫婦で信州長野市を訪ねました。
北陸新幹線が開通したので、特急に乗り、金沢で乗り換えて新幹線へ。
善光寺まで歩いてお参りすると、僧侶の皆さんが門前に並んで、
熊本地震への募金活動をされていたので気持ちだけ協力させていただきました。
お天気にも恵まれた素晴らしいGWでしたのに、
熊本では旅行のキャンセルが相次ぎ、避難生活でもいろいろ問題が起こっているとか。
今週の「スマスマ」では木村君が呼びかけてくれましたが、
関心を持ち続けて、できるかぎりの協力を続けることが大切ですね。

4日の夜は仕事を終えた息子が、
初任給をもらったということで御馳走をしてくれました。
ささやかな夕食ではありましたが、
親としては感慨深い記念すべき日を迎えられました。
早く仕事に慣れて、研鑽を積んで、
少しでも世の中のお役に立てる社会人になってほしいです。

宿泊ホテルに入る前、水を買いに入ったコンビニで週刊「ザ・テレビジョン」を購入。
SMAP「5人のスマ論」が20年の中から厳選されて紹介されています。
それぞれの個性が滲み出ていますが、
剛君の言葉は「人を信じる」気持ちが強い気がします。
仲間を信じる、スタッフを信じる、自分たちの番組を信じる、そして自分を信じる
負けず嫌いだけれど、謙虚でなければこういう言葉は出てこないでしょう。
謙虚さと自信と愛があふれる言葉のひとつひとつが深くて目が覚める思いがします。
他のメンバーの言葉もやはり非凡さを感じさせる含蓄のあるピュアな言葉ばかり。
剛君の言うように、やっぱり「SMAPは本質的にいいひとが集まっている」のですね

スポーツ誌を賑わすジャニー社長の記事も出ましたが、あの衝撃的謝罪放送から
時間が経ち過ぎていますし、今回の問題の本質に関して何も釈明されていません。
そういうわけでモヤモヤは晴れませんが、剛君は前を向いて歩いているのですから、
そのしなやかな姿や表情を信じてついていこうという気持ちばかりの私です。
願いは事務所がSMAPをきちんと大切にマネジメントしてほしいということのみ

「5人のスマ論」に戻りますが、剛君がリスペクトしているのはやはりタモリさん!
「タモリさんとお話していると、
 言葉では説明できない自分の回路みたいなものがつながるんです。」

今夜の「ブラタモリ・伏見」はますます細部まで変化をつけて丁寧に語る剛君でした。
剛君の癒しの良い声に丁寧さが加わって、耳に優しく、ゆったりと内容に浸れました。
桑子アナから替わった近江アナも、少し柔らかさや愛らしさが出て来ましたね
関西に居ながら、伏見にあれほど秀吉の思いが込められていたとは知りませんでした。
繊細かつユニークな剛君の感性を理解し、
導いて下さるタモリさんがいてくださることは有り難いし、
この素晴らしいご縁が続くことを心から願う微笑ましい「ブラタモリ」です

2015-11-01 17:10 | カテゴリ:ブラタモリ
「人々はなぜ富士山頂を目指すのか?
 タモリさんが身をもって解き明かします
という剛君の力強いナレーションで始まった「ブラタモリ」。

富士山の近景や雲海、火口付近の映像が壮大で美しくて、
やはり「富士は日本一の山」だと今更ながらに思いました。
私は残念ながら富士登山をしたことがないのですが、
70歳のお誕生日を迎えられたばかりのタモリさんが、
見事富士登山を成し遂げられ、「ブラタモリ」の中で
富士山の魅力を全国に伝えられたのは素晴らしいことですね

しかし、あんな過酷な登山中でも
タモリさんのコメントは面白くて、さすがのプロ
タモリさん「酸素はいいものですね〜。」
タモリさん「何かご褒美があるといいんだがなあ、ギャラ倍とかね。」
桑子アナ「金ですか
登山者「フル充電してきました。」
タモリさん「フル放電しています。」
登山者「生きるエネルギーをいただきました。」
タモリさん「生きるエネルギー使い果たしてます。」
とかなんとか言いつつも、
山頂に立った時のドヤ顔のタモリさん
いつも以上に力強く堂々と火口の説明をしている
剛君のいい声が、荘厳な富士山の凄さをしっかり伝えてくれました。

剛君も昔富士山に何度か登ったことがあって大変さは知っているし、
70歳で初登頂のタモリさんをお祝いする気持ちもあったのでしょう。
聞いている私も高揚するような熱いナレーションが良かったです

剛君「その前に立ちはだかる剣ヶ峰!富士登山最後の難関です!」
タモリさん「坂道学会としてはこれ登っとかないとなあ。
      く〜、飛行機なんかに乗りやがって。」
それでも無事に剣ヶ峰も制覇し、満足そうなタモリさん。
タモリさんにとって富士登山は70歳という節目の
素晴らしい記念になったでしょうし、そんなタモリさんの姿を
剛君がナレーションでお祝いできたことに私も胸が熱くなりました

剛君にとっては今年は厄年で、足を重傷捻挫してしまって、
いろいろ思うように行かないことがあったようですね。
捻挫のおかげで予定変更になったお仕事もあったのでしょうね。
でも考えてみれば、人生は山あり谷あり。
ポジティブな剛君はきっとこの悔しさや経験を糧に、
さらに高み目指して頑張ってくれるに違いないと思います
そんな剛君のパワーをしっかり感じた「富士山頂」でした。

昨夜の「スマステ」「スマシプ未公開集」も楽しかったです
「自由人草彅剛」の素の姿にまたまた笑わされつつも、
ところどころで見せる心遣いや優しい表情に品の良さも
BBQの時、剛君と中居君が黙々と火起こししていた姿が素敵でした〜。
ああいう姿に男らしさを感じて胸がきゅんとなります

2015-08-23 00:24 | カテゴリ:ブラタモリ
「ブラタモリ」出雲編も内容が盛りだくさんで見応えがありました。
剛君のナレーションも落ちついていてますます馴染んできています。
毎回、番組の中に「なるほど」と感じ入るところがありますが、
今回の場合、出雲大社の御神座の天井に描かれた「八雲之図」には
雲が7つしか描かれておらず、解説の先生のお話によれば、
「完成しないことによって永遠性を求めている」らしいとか。
「『永遠性を求める』。なんだか難しい話になってきましたね〜。」
と剛君の軽やかなナレーションが入りましたが、この難しいお話は、
なんとなく剛君自身にも通づるものがあると感じたのは私だけかな?

出雲大社を縁結びの神様として、御師たちが全国に広く知らしめ、
参拝客を集めたという歴史が紹介されました。
番組の最後にタモリさんが、
「(私が)平成の御師として(がんばって広めますか?)」
と言っていたのが、なんだかそれらしくてほっこりしました

最近芸能界も結婚ラッシュで、連日のように結婚の発表がありますね。
ザキヤマさん、堀北真希さんと山本耕史さんなど、
しんつよと縁の深い人たちが次々と結婚を発表されているので、
おめでたいことですがびっくりします
私は基本「SMAPも〜」と思っている方なので、
ここはタモリ御師になんとか・・・と正直思ってしまいました

ちょっと気になって2013年7月放送の
「スマスマ」ゲッター飯田氏の占いなんか
録画DVDの中からを引っぱり出して見直してしまった私。
剛君が「結婚はどうですか?」と聞いた時の答えが
「2013年10月以降2014年初めて会った人か、2016年2018年出会った人」
「一番選べすぎて、チャンス逃しやすくて、選び間違えするっていう癖がある」
「1回周りに聞いた方がいい」
剛君「結構失敗多いんです僕。だめになっちゃう。」
所詮占いですからどうなのか分かりません。この時の占いによると、
吾郎さんはその年の12月にもう運命の人に出会っているはずになりますしね。

先月の「Oggi」9月号の「絶対的好感論」の最後では次のようにも言っています。

恋愛でもきっと同じ。未来につながる思いや願いは、
 どんどん口にするべきだし、言うのと言わないのではかなう可能性が
 まったく違ってくると思う。だって何事も”言ったもの勝ち”。
 まずはエントリーしてみなくちゃ、何も始まらないんだから。


剛君仕事でも恋愛でも「かなえたい思いや願いはどんどん言葉にして」
ぜひとも貪欲に願いを形にしてほしいし、
その全てのことを楽しみにしている私です