2014-12-10 00:07 | カテゴリ:CD ・ DVD
予約していたコンサートツアーのBlu-rayが発売前日に到着し、
早速見ました
平日で普通に仕事がある日なので、
ゆっくり見ることはできませんでしたが、
まずは見たいところを少し飛ばし飛ばしの感じで見ました。
ザーッと見た感じの感想ですが、光の調節具合が良く画面が鮮明で、
SMAPさん5人がしっかりアップで撮られていて、
間近で見ているような臨場感がたっぷり。
メンバーの全てを余すところなく味わうことができる、
素晴らしい映像の連続だと思います

コンサートを生で観られることはやっぱり嬉しいことですが、
余程いい席が当たらない限り、距離感があるのは否めません。
今回のBlu-rayはそのじれったい感じを吹き飛ばすくらい、
アップが美しくて間近に観ている感じが味わえるので大満足です

やっぱり剛君を中心に観てしまいますが、今回のツアーの剛君、
どの場面も外れなく充実した美しさと男っぽさがあってびっくりです。
体調も良く、元気がみなぎっている表情で、ダンスのキレも素晴らしい。
『任侠ヘルパー』以来の男っぽい表情が様になっているし、
昨年大きな舞台をたくさん経験したせいか、
舞台慣れをしていて堂々としています。
ステージの上で演じること、歌の世界で表情を魅せること、
たくさんの経験を積んできたからこその魅力にあふれています
おそらく剛君のSMAP史上一番の
男らしい大人っぽい表情をしていると思うし、
歌うことに対する積極性もこれまでで一番なのではないでしょうか。
やっぱりギターとロックンロールに出会ったことが、
剛君の音楽に対する姿勢に革命を起こしたようですね。

『藍色のGANG』も9月の京セラドームでここまで仕上げていたのかな?
思っていたよりもギターを弾いている姿に余裕を感じるし、
熱く歌い上げるロッカー剛の男っぽさが堂々としていて見応えがあります。
この後さらに切ない感じに進化していったので、
やっぱり続きが見たいという欲張りな気持ちになりますね
せっかくこんなにいい曲に出会って新境地を開拓したのですから、
あらゆる機会にまだまだ『藍色のGANG』を歌って、
世間一般の多くの人にも観て欲しい気持ちになります
SMAPの他のメンバーも本当に素敵なので、
これから何回も味わいたいですが、
まずは取り急ぎの感想を書いてしまいました。

私が個人的に自己満足してしまったことを、恥ずかしながら2つほど〜。
私は京セラ公演の9月15日に娘と参戦しましたが、
その時娘とお揃いのアクセサリーを付けていました。
『藍色のGANG』がロックンロールの曲なので、
それに合わせて身に付けていたのが、
下の左の写真のネックレスとイアリング。
「ぷっすま」を見た時、剛君が50年代のギターのギブソンに夢中だったので、
50年代のファッションやアクセサリーを調べて、このチェリーに決定
親子でこのアクセサリーをして行ったのですが、今日の映像を見て、
剛君の周りで踊っているダンサーさんたちが、
チェーンは白のおそらく同じようなアクセサリーをしていたので、
びっくり(最初、白を注文しようとして売り切れでした!)

それから、先月主人と福岡に行ったときは、
50年代といえばドット柄かなと思って、
写真の右のようなスタイルで出かけたのですが、
Blu-rayに付いている写真集の剛君の衣装が
やっぱり大柄の白黒のドット。
うわ〜やっぱり50年代好きなんだわ〜って、
かなりお恥ずかしい自己満足に浸った1日でした



それから、火曜10時の竹野内豊さんのドラマの後に、
『銭の戦争』の予告が流れるという情報を、
直前にツヨ友さんからいただいて、見ることができました
新聞に出ていた時のように剛君がお札を握りしめて雄叫びを上げている、
アップの映像で、とてもシンプルで男らしい予告。
『僕生きシリーズ』の再放送で、剛君の演技力が再注目されている中、
これからもどんどん予告が流れて、
ドラマに向かって盛り上がってほしいです
2014-10-24 00:18 | カテゴリ:CD ・ DVD
今日、我が家に『独身貴族』のBlu-rayが届きました
パッケージやディスクのデザインやカラーがヨーロピアンで、
私の大好きな趣だったので、一気にテンションが上がりました
まずは「Special Disk」をかぶりつきで見てしまいました(笑)。
「Special Disk」の最後でスーツ姿のフランクな剛君が、
「どうせこのDVDをお買い求め下さった皆さん、
 本編を見ないで、こっちを見てるんでしょ。
 だから僕の1番気に入っている台詞が何かは今は言わない!」
ってこちらに向かって話しかけてくるのが図星すぎて、
なんだか剛君と向き合ってしゃべっているような感じで
楽しかったです

本当に久しぶりに、守さんやゆきさんに再会できて嬉しかった〜
進さん、玲子さん、他共演者の方々や監督、スタッフの方たちなど、
「独身貴族」の撮影現場の楽しそうな様子を数々見ることができて、
懐かしさとともに名シーンが心の中に蘇ってきて
胸がいっぱいになりました。慎吾ちゃんが描いた
アーティスティックな絵も素晴らしくてオフィスにぴったり
明日も仕事ですが、このままゆっくり全編見直したいと思うくらい、
気持ちはすっかり「独身貴族」の世界に引き戻されました

エンディングの「シャレオツ」がアニメの映像とともに
最後までたっぷり聞けるのも感動的
武内監督が「シャレオツだよね!」
って言いながら演出されていたので、
やっぱりこの言葉は素晴らしいキーワードだなって
あらためて思いました

なんと言ってもメイキングの良さは、本編では見られない、
「笑顔いっぱい」の守さんやゆきさん、進さん、玲子さん、
デヴィ夫人、加恋ちゃん、他出演者の様子が見られること
本編の方は途中から話がいろいろ入り組んじゃって、
出演者の方々の深刻な顔が多くなってしまったけれど、
あまりにも楽しそうなメイキングを見ていると、
みなさん裏側ではこんな素敵な笑顔を見せていたんだなあって
意外な感じがしたくらいです。何が1番嬉しいかって言えば
やっぱり守さんとゆきさんが笑顔で絡むシーンがたくさんなこと
本当はこういう雰囲気の楽しいラブコメディーを
作りたかったんじゃあない

伊藤英明さん、去年の今頃は剛君と一緒に
独身貴族の気持ちがわかる〜って言ってらっしゃいましたが、
発表ではDVD発売日の今日ご入籍だそうですね
剛君も英明さんと共演できて仲良くなれたことを喜んでいましたし、
守さんと進さんのシーンの台詞が1番お気に入りだそうです
一足先に独身貴族を卒業される伊藤さん、どうぞお幸せに〜

本編はこれからまたゆっくりじっくり楽しみたいと思いますが、
メイキングの最後になぜか「See You Again」って文字が
その言葉になんだか胸がきゅんとして、やっぱり、
守さんとゆきさんの笑顔がもっと見たいなあって思う私でした
2014-09-03 11:36 | カテゴリ:CD ・ DVD
昨日届いた新アルバム『Mr.S』のCDとDVD,
多彩なアーティストに楽曲を提供してもらっただけあって、
どの曲も新鮮で音楽性が高く、
アルバムとして聞き応えがあって
テンションの上がる充実した内容で嬉しいですね

アルバムのテーマ曲「Theme of Mr.S」を作曲したのは
宝塚歌劇団の太田健さんという方らしく、
ダンディズム
でドラマティックにショーアップされた世界が
創り出されていて、魅惑されるような感じ。
生バンドの音に迫力があって、大人も浸れる心地いい響きです

「Mr.S-SAITEI DE SAIKOU NO OTOKO-」のMVも
まさのアルバムのテーマを代表するような世界観で、
ダンディーでゴージャスで
ミステリアスなSMAPにあふれています
メンバー全員が年相応の大人の男Mr.Sを見事に演じていて、
一曲のMVなのにそれぞれの表情や動きに引き込まれるし、
色鮮やかなセットや衣装にも魅了されて飽きることがない仕上がり。

やっぱり剛君の表情や動きに釘付けになってしまいますが、
今回のMVの剛君はMr.S像を自分の中にしっかりイメージして、
完璧に演じきっていて、本当に素晴らしいです
昨日は、「不器用でアドリブに弱い剛君」と書きましたが、
剛君のおそるべき才能は、「役を演じる」となると
その不器用さが消失し、完璧にその役を表現しきれるところ
とてつもなく美しくて色っぽくて、
母性本能をくすぐる甘えるようなまなざし、
怠惰な雰囲気、ミステリアスな危険な感じ、
近づいたら大変なことになることがわかっていても
忘れられない離れられない、あなたこそまさに「Mr.S

アルバムの中のソロ曲「藍色のGANG」は作曲者の和田さんの
剛君への愛があふれているような曲ですごく嬉しいですね
剛君そのものを素材にした内容と、ロックンロールの軽快な感じ、
切ない音調に変わるところ、すべて聞き応えがあって楽しいです

「そうさ オレが噂の藍色のハートで愛する男
 夜を青く染めよう
 ただしオレにハマると危険だぜ 途中下車は出来ないから
 銀河の果てまでRock'n Roll 地獄の果てまでRock'n Roll
 Oh Yeah! Oh Yeah! Baby!」

なんかそのまますぎて自然と笑顔になります
2014-04-09 12:24 | カテゴリ:CD ・ DVD
今日は新曲『Yes we are』と『ココカラ』の発売日
昨日届いていたのを今朝見ました。
『Yes we are』は地球儀に座って、
世界を見ているような壮大な空間。
宇宙服みたいな近未来的なネクタイとジャケットが斬新ですね
画面も明るくて優しい光に包まれている世界。
国境を越えた内容と映像に癒しと希望を感じる作品です

『ココカラ』は明るくてポップで軽快に踊っていて、
新年度を迎えて「さあ、やるぞ!」って感じの私としては、
こちらの曲の方が今の心境にぴったりで楽しいです

どうして5人はこんな色の衣装を着ているのだろうと
思いながら見ていましたが、なるほどこの曲は
日本橋応援ソングということで
「和」をモチーフにしているのですね。
衣装の色は日本の古典での襲ね色目のような色合いで、
さくら吹雪にぴったりな
ちょっと和風テイストの美しい映像です

中居君と剛君のソロパートが長めな曲だし、
剛君が歌いながら桜の花びらをキュッとつかんだところが、
かっこ良くて素敵でした

『Mステ』でこの曲を初披露した時、
大サビの剛君の笑顔がとっても明るくて魅力的だったので、
またこの曲を歌う時があったら、
とびっきりの笑顔で歌ってほしいな
2014-01-17 01:17 | カテゴリ:CD ・ DVD
今日仕事から帰ってきたら、ようやく『中学生円山』
ブルーレイデラックス・エディションが届いていました。
内容が良いと評判のメイキング付きのものです。
今見終わって一言、これから購入しようと思われる方は、
DVDであっても是非ともこのメイキングが付いている
デラックス版を買われるのが良いと思いました。
俳優草彅剛の裏側、撮影現場での素の姿がたくさん見られて、
剛君ファンにはたまらない貴重な記録になると思いました。

下井さんとしての撮影初日、
ベビーカーの大ちゃんを空に飛ばして銃を構えるシーン。

いきなり大吉役の子どもに「直史がんばろうな。」って
本名で語りかけている姿が素敵でした。

下井さんのカメラ目線をアップで撮った時に、
「すごい!画が変わった!プロが来たって感じ。」
って宮藤監督につぶやかれていました。

宮藤監督の方が剛君よりも4つも年上なのに、
剛君に敬語で話しかけていて丁寧な対応。
剛君にはあまり細々と演出せずに、
信頼している感じが伝わってきました。

素の剛君は私が思っていた以上に、
上品で優しさのにじみ出ている人だなあと
あらためて感じました

作品に出演する時も、特に気負いというものがなく、
剛君自身がよく語っているように、
自分を常に真っ白な状態にしていて、
作品や監督が求めているものを感覚で察知し、
さっとその色に自然と切り替わっちゃう人。

常にピュアな状態でいられるように自分を浄化しつつも、
いろいろなものにすぐに染まれるように、
いろいろなものを見て吸収して、
引き出しをたくさん作っておくという努力を惜しまない人。
あらためてそんな感じの俳優さんなのだと思った
撮影現場の剛君でした。

それから特に印象的だったのは共演の中学生の平岡君や
大吉役の直史ちゃんに向けるまなざしの優しさ!
子どもが好きなんですね、基本的に。
剛君の中にも子どもみたいなピュアなところがあるから、
共鳴し合うものがあるのでしょうか。
愛のある言葉掛けや対応が自然で、
見ているだけで本当にあったかい気持ちになれました。

下井さんのピストルを持った時の危ない感じ、
アクションやシャウトする姿はもちろん
草彅剛の演技の見どころではあります!

でもきっとあの映画の根底にあるものは、
下井さんが大ちゃんや中学生の円山君に向けていた
あたたかいまなざしであるように思いました。
映画を撮っていた宮藤監督の瞳の奥にも、
同じようなあたたかさが
一貫してたたえられていたと思います。
そしてエンケンさんはじめ共演者の中にも・・・。

監督と剛君には多くの言葉がなくても、
つながっているものがあると思いましたし、
そんな映画だから、
私はあの映画と下井さんが好きなんだなって、
あらためて感じることができました