FC2ブログ
2016-09-22 01:08 | カテゴリ:剛君
ファンクラブ会員限定の書籍『SMAP』がようやく届きましたが、
なんとも不思議な心持ちがするものですね。
メンバーそれぞれの年輪が刻まれたような写真をじっくりと眺めながら、
この人たちはこの25年間、アイドルとしてどれほど頑張ってきたのだろう、
誠心誠意ファンのために、どれほど身を粉にして働き続けてきたのだろうと、
あらためて思わずにはいられませんでした。

今朝、いつものように「おはスマ」を聴きながらお弁当作りをしていると、
今日はファッションショーの日ということで、モデルウォークのお話。
「僕もステージに立つことがあるので、胸張っていきたいですよね!
 皆さんも胸張って行きましょう!」という感じの剛君の元気のいい声。
「ステージに立つ」ことに関して、現在進行形のような話し振りだったのが
何よりも嬉しかったですし、剛君の前向きな言葉に心が明るくなりました。

その後、中西哲生さんが、SMAPのベストアルバムが12月に発売されること、
投票によって50曲3枚組のアルバムになることを話して下さいました。→★
突然のお知らせだったので、一気に眠気が吹き飛んでしまうほど驚きました。
ベストアルバムだけでなく、「コンプリートシングルス」のDVD&Blue-rayも
発売され、両A面を含むシングル63曲の映像が収録されるそうです。
MVが存在しない楽曲についてはライブなどの秘蔵映像が収録されるらしいので
昔の曲を映像で持っていない私にとっては、とても貴重な内容になりそうです。
→ビクター投票サイト「SMAP 25 YEARS」

「ぷっすま」のイカ部も波瀾万丈で楽しかったですし、
番組愛にあふれるテレビ朝日の皆さんの温かさに心から癒されます。
「ブラタモリ」も大変好調で、剛君のナレーションがタモリさんと呼応し、
相乗効果で番組を盛り上げています。日本を再発見させてくれる番組ですね。

正直なところ「ベストアルバム」が発売されたり、
記念書籍などが送ってこられたりすると、
「いよいよ...」という気持ちになりとても複雑な気持ちになりますが、
常に前向きな剛君の表情や言葉を道標に
信じてついていこうという思いばかりの私です

2016-09-04 10:53 | カテゴリ:剛君
10月号の「Oggi」「絶対的好感論」を購入して1週間以上。
いつもならすぐに感想を書きたくなるのに、
今回はなんだか感想がまとまらない日々が過ぎて行きました。
まず、寂しそうな顔で正面を見る右ページの剛君の写真に衝撃。
左ページは交差点を渡る剛君が横断する道路の彼方を見ている写真。
テーマが「求める」だけに、
今の剛君はいったい何を求めているのでしょう。

文章の前半はいいものを求める「物欲」について。
後半は「好き」だからこそ生まれる「他人」を求める気持ちについて。
これまでの剛君はどちらかというと人間関係のトラブルを避けて、
我慢したり、それこそ「自己完結」しようと心がけていた人だったような。
だから、今回の言葉の裏にある剛君の激しい感情に衝撃を受けました。

この取材があった頃は、解散発表のあった直前くらいではないでしょうか。
右ページの写真に添えられた言葉も、ポジティブ剛には似合わない。
精神的に追い込まれていた剛君が、
どんな気持ちで「求める」という思いを語ったのか気になります。

もうすぐ9月9日。SMAPデビュー25周年の記念日を迎えます。
メンバーからも事務所からも祝う言葉が出てこない不思議な記念日。
でも、ファンも世間の人も真っ当な人達はちゃんとわかっています。
マスコミの中で真実ではない捏造記事や報道を伝えてきた人たちは
その罪の大きさを自覚するべきだし、報いを受けることになるでしょう。
朝日新聞はじめ、ファンの思いをきちんと伝えてくれたり、
ねじ曲げられた報道を冷静に分析して問題を指摘したり、
SMAPが成し遂げてきた功績の偉大さをきちんと論評している記事を見ると、
世の中にはやはり真っ当なジャーナリストもいるのだとホッとします。

「嘘がないようにしたい」
そんな自然体の剛君が好きですし、やはり、
私の「求める」ものは、剛君の「求める」ものを応援することです。

「Private Photos」の写真は充実していますね。
「Oggi」と「1本満足バー」の現場でお誕生日を祝っていただいた
とっても嬉しそうな剛君の笑顔がファンにとって救いになります。
お誕生日にいただいたというエレキとアンプも格好良くて素晴らしく、
これまた剛君の心の支えになりそうな心のこもったプレゼントですね。
こんな素敵なプレゼントを下さったのはどなたなのでしょう

1ヶ月ぶりの「ブラタモリ・佐渡」で集中している剛君の声を堪能しました。
「ナレーション 草彅剛」と左隅に表示されるのも嬉しいですし、
昔の様子を再現している画の中にいつも剛君を書き込んで下さっている
スタッフさんのお心遣いや遊び心がたまらなく、感謝の気持ちで一杯です

2016-07-28 22:56 | カテゴリ:剛君
月ジョンの「お気楽大好き」はお誕生日特集で2P。
でも御本人は家の掃除などをして、お誕生日だと忘れていたそう。
ファンはお祝いブログやツイに凝ったり、
わざわざタワレコのある京都まで足を伸ばして、
お祝いメッセージを書いたり、「花」を買ってデイリー2位にしたり、
ひたすら剛君のお誕生日を盛大にお祝いしていたのにね
「まあ、そのくらいのスタンスの方がカッコいい気」がするそうです

とうとうコレクションだらけのお家のお掃除を始めたんですね。
ちゃんと整理して、物を減らしたりしているそうですね。
「僕にとって、今がそういう時期かもしれない。」と思うらしい。
整理したり断捨離すると人生の流れが変わるらしいので、
とても良いことだと思います。
あとひと月くらいかかる大掃除の後に、さあ何が変わるのでしょう。

「何事もずうっとやり続けなければいけない」と言う剛君。
ギターをやり続けることはわかったけれど、他は何を続けるのかな?

剛君には作詞作曲の才能があることを結構自覚しているのですね。
特に言葉のチョイスが斬新でセンスがありますし、
「心を込めて」作っているので温かい内容だし、
おっしゃる通り剛君にしか作れない曲になっているのは凄い。
「ライブでもやりたいしね。」と「ライブ」という言葉を、
はっきりと言葉にする剛君の、
一本気な、ぶれない感じが好きなんですよね。

中居君も「27時間テレビ」の「今夜も眠れない」で
いろいろしゃべれない厳しい事情があるような中でも
「SMAPは5人ですから。僕たちは大丈夫ですから。
いろいろバタバタはしたけれど、今は円滑にやっています。
僕たちで相談して決めますから。」と
はっきり言ったところが男らしかったです。

「Oggi」9月号の「絶対的好感論」。
本当かどうかわからない熱愛報道が出た時、
私はとにかく剛君にはどんな形でも幸せになってほしくて、
「おひとりカフェ話も飽きましたし。」と書いたのに、
またまた「おひとりカフェ」がくつろげるという内容です。
白い日本犬を抱きしめる剛君はとてつもなく優しくて可愛いですが
「まだまだ独身貴族を続けるおつもりなのかしら?」とも。

でも、お気に入りのカフェで「台詞を覚えたり、本を読んだり、
観たい映画を書き出したり」しているのならマジで嬉しい
剛君の言葉の中に「ドラマ」や「映画」って言葉が出てくるだけで
嬉しくてたまらないので、独身かどうかはどうぞご自由に。
まあ、いつかは結婚してほしい派ですがお芝居が最優先ですので。

しかしいつもながら思うのは、安定した剛君の精神力の高さ。
様々な辛い過酷な経験が剛君を人間的に強くしたことは否定できない。
何事も「自己責任」だと言い切って、
「穏やかな自分」を保とうとする剛君の笑顔がやっぱり清々しすぎます

といいつつ「Private Photos」の素の剛君や
ユースケさん、トライセラの皆さんも素敵・・・。
免許証の更新に行ったお髭のある渋〜い剛君が新鮮でドキッ。
やっぱりお芝居も観た〜い

2016-07-02 02:24 | カテゴリ:剛君
剛君ファンにとって嵐のような熱愛報道から1日以上がたちました。
ファンの心を千々にかき乱す報道でしたが皆様お元気でしょうか。
Twitterなどのコメントを読むと、ファンの方の気持ちも人それぞれ。
ファンの気持ちは一括りにはできないもので、それぞれのファンにとって
草彅剛という人がどういう存在であるのか千差万別なのだと再認識します。
ファンがタレントをどのように思おうとそれこそ自由なのですから、
自分は自分だと思って、大切な自分の気持ちを愛おしみ尊重したいですね。

だから私も、この機会に自分の気持ちを自由に綴ってみます。
私は草彅剛の演技とダンスと声をこの上なく愛するファンです。
人柄やユニークな才能も好感を持っていますが、
私にとって彼がかけがえのない存在であるのはその3つがあるからなのです。
それ以外の彼ももちろん全部観ていますが、その3つがあればこその剛君です。

だからSMAPに解散してほしくないのです。
歌って踊ってほしいのです。この間「パワスプ」で「シャレオツ」を聴いた時、
「ストスマ」で「そっときゅっと」を聴いた時、喜びと興奮で胸が熱くなりました。
いろいろなアーティストの曲も聴いていますが、あれほどの喜びは感じられません。
SMAPの曲は本当に音楽性が高く、胸に沁み込む庶民性と説得力と華があります。
音楽界の大御所の桑田佳佑さんもSMAPの楽曲を愛し、認めて下さっています。
多くの才能あるアーティストたちが自分たちが作った曲でも、
SMAPが歌うことで、未知だった新しい名曲に生まれ変わったと証言しています。
そんな奇跡のグループで、
剛君の歌声を聴き華麗なるダンスを観ることが喜びだったのです。
もう半年も新曲が出ていません。5人の華麗なるダンスパフォーマンが観られません。

私にとって草彅剛の演技は唯一無二なるものです。
つかこうへいさんが剛君の才能をいち早く見いだし、
世に送り出してくださいました。
「剛、はやく結婚しろ。」と何度も言っていらっしゃったというのも、
剛君に人間としていろいろなことを経験し、
表現者としての底力をつけてほしかったからではないかと思います。
橋田壽賀子先生が自分の書く最後の脚本の主役に
草彅剛を選んで下さったお気持ちは、素人の私でもわかるような気がします。
長山藍子さんも剛君を大切にして下さいました。
剛君は前々から「マーロン・ブランド」が好きだと言ってきましたが、
彼の人物伝を読んでも波瀾万丈の家庭生活であったことがよくわかります。
外国では一流の俳優はほとんど結婚して子どももたくさんいます。
結婚や離婚を繰り返していても何の問題もありません。
たくさんの人生経験を優秀な作品を生み出す原動力にしている俳優が多いです。

日本は本当にせせこましい国になっていますね。
アイドルのデート写真云々でいちいち「スクープ」だのなんだのって。

剛君の演技をおっかけて来て、100%充実していたのは「任侠ヘルパー」まで。
その後の草彅剛はなんだか忙し過ぎるような気がしてなりませんでした。
SMAPとしての華々しい活躍と、俳優、バラエティー業の両立が大変そうでした。
そしてそれまでは5人の中で注目度が低かったのに、人気が増すに連れ、
時間的なことはもちろん私生活もどんどんタイトになって余裕がない感じでした。
その後のドラマでももちろん光る才能を次々と魅せ続けてくれましたが、
昔ほどドラマにエネルギーを集中できる状況ではないようだと私は感じました。

SMAPとしての活動をきちんと再開してもらいたいです。
年に2曲くらい新曲が出て欲しいです。
歌番組は3ヶ月に1回くらいでもいいです。
ライブも2時間くらいで終わってもいいです。
身体が持ちませんよね、4時間ものライブは。

草彅剛の演技が観たいです。
年に1回の連ドラ、SP、舞台、映画があれば嬉しいです。
こんなにたくさんは欲張りだと言われるのならこの半分でも我慢します。

ジャニーズ事務所はこんなファンの期待に応えてくれるのでしょうか。
もう半年経ちましたが、新曲もライブも歌番組出演も再開されていません。
もうすぐですか?「27時間TV」の時のドラマ「俺たちに明日はある」のように
そろそろ中居君と木村君がこの解散騒動の決着をつけて下さる頃ですか?

「熱愛報道」からどんどん話がずれていっているような感じですね。
つまり、私個人にとって剛君の「熱愛報道」が興味の中心ではないということです。
正直言うと、SMAPとして役者としての剛君がきちんと観られて、
社会的に問題がなけれは、プライベートはのびのびと自由にしていただきたい。
時間的にも余裕を持って、プライベートも充実させて、いい仕事をしていただきたい。
ただそれだけのことです。

私も私なりに剛君の結婚相手はこんな人がいいなあって思い描いてきました。
竹内結子さん、北川景子さん、木村文乃さんなどが
お相手だったらいいなあって勝手に妄想してきましたが、
剛君が幸せになれるお相手は誰かなんてわかるわけがない。
剛君の尊敬する堤真一さんも女優さんと浮き名を流してこられましたが、
「女優は中身は男だから。」と言って
一般人の方と結婚することを勧めていましたし。
芸能人同士結婚しても一般人と結婚してもうまく行く時は行くし
行かない時は行かない。
剛君ももうすぐ42歳の成熟した大人なのですから、剛君の選択を信じます。

今回の「熱愛報道」が本当かどうか週刊誌のネタですので信憑性がわかりません。
ただこういう話が全く出てこなかった剛君にも、
こんな話題があってホッとしています。
「おひとりカフェ」の話ももう聞き飽きましたし・・・。
「命短し恋せよ乙女」ではありませんが、
剛君には彩りのある豊かな人生を送ってほしい。
そしてそこで蓄積したエネルギーで、
さらに磨きのかか合った本物の芸を観せてほしい。

「世界に一つだけの花」購買活動。私も最初は参加していたのです。
でもある時、お金はもっと別のことに使うべきではないかと言う衝動にかられ、
震災支援金とユニセフに毎月募金が引き落とされるように手続きをしてしまいました。
でも、今回、剛君が女性と2人だけで食事をして和やかな時間を過ごしている
という絵を想像したとき、突然また、
「花」のCDを剛君の誕生日にたくさん買いたいという新たな衝動が生まれました。
なんなんでしょう。剛君があたたかい時間を持てているならお祝いしたいという
→購入するならオリコン調査協力店で!

今のところSMAPの活動が不透明なので、
事務所のことを信用していいのかどうかわかりません。
ここで真っ当な対応をするかどうか、最後のチャンスかもしれないですね。
もし、もし、剛君の熱愛が本当なら、あたたかい対応をお願いしたいです。
事務所がどうであろうと、熱愛がどうであろうと、
剛君への応援の気持ちは変わりません

2016-03-26 01:30 | カテゴリ:剛君


我が家にも「Okiraku2」が到着し、剛君そのものが箱から飛び出して来て、
すぐ側でいろいろと話しかけてくれているような親近感に心から癒されます
いろいろな不安を感じていたファンの心を満たしてくれる大満足の内容ですね。
「ヴィンテージみたいな本物の男」になりたいという剛君のこだわりが貫かれていて、
我が家にリアルな「草彅剛」がやってきたというくらいのインパクトです

写真集もブロマイドも大好きなファッションに身を包んだヴィンテージ剛がいっぱい。
それぞれの写真に剛君の多様な魅力がにじみ出ていて小さな写真にも魅入ってしまう。
優しさ、可愛さ、無邪気さはもちろん、男っぽさ、色気、危険な感じ、哀愁などなど。
それぞれの写真1つ1つをモチーフにそれぞれの物語が始まりそうな表情の剛君
創作意欲がかき立てられますね〜
たくさん映画が撮れそうだなって思うのは私だけ
1枚の写真だけでこんなに多くを語ってしまう草彅剛。
是非とも映画で観たいものです。「窓辺の剛君」を見つける度に、
そうそうここから物語が始まるのよねえと浸ってしまいます

剛君プロデュースのデニムクラッチバックの味わいと完成度が素晴らしく、
本気で使い込みたくなるおしゃれな一品。このバックを持っていると、
いつも剛君と一緒にいるようなお守りになってくれる気がします。
バックを抱きしめてデニムの感触を味わうと何とも言えない安らぎも
剛君のこだわりや感性に触れられているからなのでしょうね。
四葉のクローバーのような銀色のボタン、
葉っぱが♡のカタチをしています
あんまり素敵なバックなので、
もうひとつ購入したいという気持ちにもなっちゃいます

書籍「Okiraku2」のしんつよ対談は、
本当に魂が通い合っている2人の真実が伝わってきて心に沁み込みますし、
剛君の心の軌跡、つかさん、高倉健さん、タモリさんの存在の大きさも
あらためてしっかりわかります。
SMAPのメンバーとは話さなくてもわかり合っているし、
SMAPがあってSMAPのファンがあってこその、
「今」であり「自分」であることも語られています
ジーンズの継ぎはぎに剛君直筆のタグなどすべてに剛君の思いがぎっしり。
こんな素敵な企画を実現してくれたKADOKAWAさんに心から感謝です

そして何より嬉しかったのは、今月の月刊テレビジョンの「お気楽大好き」で
「安心してください、連載は続きますよ〜。」の剛君の力強いお言葉
そういう言葉が今ファンにとって一番心が晴れる嬉しいことなのですよね
「Okiraku2」と剛君の笑顔が我が家に届き、春の予感にときめきます


この4月から2人同時に社会人デビューする子どもたちが、
私たち夫婦の結婚記念日に贈ってくれた花籠にも春の香りが