2017-07-24 17:38 | カテゴリ:雑誌
おかげさまで、今日お昼に無事に退院することができました。
なんとか生還できた日が、記念すべき「月刊ザテレビジョン」の発売日。
ストレートなメッセージにも窓辺で外を伺う少し大人っぽくなった姿にも、
剛君は、ファンが安心出来るように一生懸命思いを込めてくれていますね。

特に恩師つかさんのことをこんなに多く熱く語ることは久しぶりですね。
出会って18年たった「今の方が存在が近くなっている」らしい、つかさん。
恩師との心の交信は、常に剛君を支え、その声は今こそ大きく聴こえてくるという。

私は残念ながら剛君の『蒲田行進曲』は生では観られなかったのですが、
高校生の時、映画館で『蒲田行進曲』を観て鳥肌が立ってしまいました。
「ザ・お芝居」と言い切れる人情活劇に心が熱く震えました。
剛君の本質があの人情活劇によってむき出しになり発掘されたのだと思います。

つかさんが亡くなった時のNHKの追悼番組
「つかこうへい・よみがえる伝説の舞台」をCDに焼いて保存していますが、
その中で剛君がつかさんと『蒲田行進曲』の舞台練習をしている記録があります。
舞台を生で観られなかった私にとっては、
あの練習風景が2人の関係を見られた貴重な宝物になっています。
そういう意味ではあの追悼番組を作って下さったNHKには心から感謝しています。
つかさんにいただいた大きな羽で、羽ばたく剛君に魅了されることが
私の夢でもあったわけで、剛君の「見ていてください」の言葉が嬉しいですね

そして、今月号のラストのページには、
「月刊ザテレビジョン」の編集長様からの連載「お気楽大好き」を継続という、
心のこもった温かいお知らせまで掲載されています。
剛君ファンの熱い思いにしっかり応えてくださった姿勢に、
心から感動いたしました。
ひとりひとりの力は小さくても、
みんなの気持ちが集まれば大きな力になるのですね

最近では、慎吾ちゃんと星野源さんとの対談を掲載をしている
『AERA』の売り上げも凄い。
私も第一回の掲載を買いましたが、
2回以降病院に入ってしまってまだ手に入れていません。
娘が星野源さんに嵌まっていて、
先週の土曜日の大阪城ホールのライブに行ってきました。
入院している私に遠慮していましたが、
入院中私のためにかいがいしく働いてくれたので快く送り出しました。
星野さんと慎吾ちゃんがご縁があったように、
真面目に生きていればいいことがあるはず。
(ちなみに星野源さんもくも膜下出血で私より重篤だったとか
星野さんにあやかって、私も元気になりたいものです。)

私の入院中にも温かいメッセージや拍手をくださった方々に
心よりお礼申し上げます
ヨガにも通っていた私が今回大病をしたのは、ひとえに不規則な生活、
睡眠不足、塩分の取り過ぎに因るものだろうと猛省しています。
家族からも警告されていたのに、
こんなことにならなければ改められませんでした。
今日から健康つよポンを見習って本気で早寝早起きをしようと思います。

ご縁を大切に、愛する人々とともに、
しっかりと前を向いて歩いていきたいなあと心を新たにした今日一日です
2017-06-30 18:18 | カテゴリ:雑誌
8月号のOggiの「絶対的好感論」のテーマは「閉じる」。
剛君のまぶたの裏に去来するいろいろなシーンが切ないです。
「切ない」に決まっていますよね。ファンだって切ないですから。

私は健康と美容のためにジムに通っているのですが、
先日スタジオでヨガが終わって、今日もなんとか頑張れたな、
みなさんも頑張っているなって思いながら、
トレーニング機器を使うたくさんの人たちを横目で見ながら
更衣室に戻ろうとした時、館内に流れる軽快な音楽が耳に留まりました。
ヨガの瞑想から目覚めたばかりのぼおっとした私でしたので、
始めは何の曲なのかがはっきりせず、最近の曲?どこのグループ?
などと思っていると、はっきりしてきた頭に聴こえて来たのは
SMAPのメンバーの歌声。『Dear Woman』でした。
「あっ、SMAPだ!」と思った時、なんだか不意に眼がウルっと。
頑張っているたくさんの人たちの姿とSMAPの曲が重なりあって、
そう、この感じ。SMAPの曲は私たちの応援歌だった

剛君が見ると言う心地いい夢、
Aメロ、Bメロ、サビの声は誰の声?
剛君は作曲にハマっているのですね。
「夏の日のあの子。」以来
「Beetle」など才能を見せて来た剛君ですから、
剛君のあらたな才能が花開き、
今後形になったらいいなあと思います。

「ぷっすま」での大杉漣さんとのギターセッションは
そんな剛君の音楽を愛する気持ちがガンガン伝わって来て、
声をはりあげ歌う剛君の姿に胸が熱くなりました。
剛君の切ない気持ちを丸ごと理解して寄り添ってくださる
漣さんのお姿にも感謝の気持ちが込み上げました。
タマネギをガシガシ食べる漣さんの優しさが、
泣きたいほどに伝わりました。ユースケさん、大熊さんはじめ
皆さんに本当に愛されていますね。

いやな夢の方は、やはり「Fly」のPVの最後のシーンですよね。
高い所から飛び出すのだけれど、地面にたたきつけられてしまう。
その痛みは夢が醒めても感覚が残っているほど。
思い通りにはいかないかもしれない。
周りの人の心もどうしようもない。でもそこに”伸びしろ”がある

Private Photosがいいですね。
ブーツはこれからも険しい道をロックに歩いていく感じがします。
漣さんとの2ショットは何があっても揺るがない固い絆を感じます。
そして、ちゃんと運動しているという剛君が撮った夜の公園の空。
構図が素晴らしくて、写真がとても上手くなっているように思います。
閉じて、感じて、開いて、歩いて、そして進んでいくのですね

2017-06-24 12:39 | カテゴリ:雑誌
本日発売の月刊「ザ☆テレビジョン」の「お気楽大好き」はお宝です
あのような報道があって、日々いろいろと不安にも感じているファンを
一気に安心させてくれるような落ち着きとエネルギーに溢れています。

ギターやドラムやカラオケの話など、
これからも音楽とともにっていう気持ちが伝わってくるし、
SMAPの曲を口に出しているところも自然体で安心します。
剛君が斉藤和義さんを好きだから、私も犬のお散歩でずっと聴いています。
大杉漣さんとコンサートに行ったそうですね。
大好きな斉藤さんのコンサートを楽しんできっと元気をもらえたでしょう。
いろいろな方と触れ合うことで、剛君の歌の世界が発展しそうで楽しみです

ベネディクト・カンバーバッチの作品は両方とも観ましたよ。
どちらも知的な役柄で、「スペシャリスト」に繋がる感じもしますね。
剛君の口から「スペシャリスト」や七高監督のことが出て来たので、
もやもやしていた気持ちに火がついちゃいました。
さらに進化した「スペシャリスト」が観られたら嬉しいし、
主人が特に好きなシリーズなので、続編が放送されれば全力で応援します

演技の仕事はなんでもやりたいけど舞台かな、という言葉も嬉しい。
私はもともと演劇部で、地元で演劇関係の文化活動をしてきたので、
「剛君の舞台」に対する思い入れは特に強いですし期待しています。
剛君の若い時の舞台は、関西だし、仕事や子育てが大変だったので
観られていないのが残念ですが、一段落ついてからは観に行っています。
ライブのチケット取りより、舞台のチケット取りの方が運がいいです。
ライブではなかなかなのに、舞台はびっくりするくらい良い席が取れて。
家族全員がスマホで協力してくれるのですが、
結局私のスマホで2つも取れちゃうとか。
でも実際剛君が今度舞台をすることになったら
さらに壮絶なチケット取りになっちゃいそうですね
すっごいお客さんが来られると思いますので、たくさんのファンのために
全国公演ロングランでお願いします

文化活動の仲間で、「劇団☆新感線」の古田新太さんファンの友人が、
最近「髑髏城の七人」や「阿修羅城の瞳」など舞台のDVDを貸してくれます。
現在上演中の「髑髏城の七人」を慎吾ちゃんが観に行っていたらしいですね。
山本耕史さんが出演されているからかな?
「二都物語」で共演した橋本じゅんさんも舞台で活躍されているし、
剛君も様々な舞台に出られるようになるといいね、と友人と話しています。
剛君の舞台がDVDでも観られるようになったら嬉しいですね。

剛君の理想とする大人像も深くて含蓄があります。
タモリさんが剛君に素晴らしい示唆を与えていらっしゃることがわかります。
きちんと剛君を理解し励ましてくださっているタモリさんに心から感謝です。
NHKから「ブラタモリ」の継続も発表されて、タモリさん、剛君、陽水さんの
ご縁と、素敵な番組が続くことに大きな喜びを感じますね

剛君が「皆さんとお会いする機会や、表現する機会に」という言葉を
使っていることが、ファンにとって何よりも嬉しいですね。
これからも剛君は私たちに姿を見せ続けてくれるし、
しかも今まで以上に濃度の濃い剛君であると言ってくれているのですから。

「これからかな、人生は」という剛君に期待し、
ファンとしても明るい気持ちでポジティブに生きようと思うことができた
「バースデイスペシャル・お気楽大好き」に感謝の気持ちでいっぱいです

「あっと驚か」される日を楽しみに毎日をがんばりましょう

P.S. 遅ればせながら、「ぷっすま」特集のある月刊『TVnavi』も
  購入しました。「ぷっすま」への剛君の素の気持ちが書かれていて
  面白いですね。ナギスケの自然体すぎる関係性も微笑ましい
  剛君の望む「ギター企画」は何度でも実現していただきたいし、
  荻野番組プロデューサーが地方ロケ・2人舞台やイベントをしたいと
  考えてくださっていることに感動し、とにかく嬉しかったです。
  ユースケさんもお忙しくて大変でしょうが、プロデューサーさんの案を
  全面的に支持したいし、ファンとして心から喜ばしい企画だと思います。
  スタッフの方々に感謝の思いを込めて、要望を出し続けたいです

2017-05-26 00:08 | カテゴリ:雑誌
5月24日発売の「TVstasion 」の巻頭グラビアに剛君が5P。
お髭を蓄え、どこか哀しみを湛えた眼差しの剛君は
写真だけでも十分ドラマティックな存在です。

この眼差しに吸い込まれて、底知れず引かれてしまうのは
剛君の切れ長の瞳の中に深い本物の哀しみがあるからだと思う。
その哀しみの深さや広さに私は救いを感じるのかもしれない。

少しやさぐれた寂しげな雰囲気は写真だけでも劇的であり、
現在の得体のしれない日本人の不安や失望感に響いてくるものがある。

三宅監督、ユースケさん、タモリさん、中居君、そしてファンへの想い。
大切な人たちへ、感謝を込めて素直な気持ちを発していますね。
一番好きなのは最後のページのガラス越しの剛君の横顔。
哀しい眼で空を見上げる横顔が絵のように美しくて儚げです。
こんな繊細な表情を見せる俳優を使った作品が観たいのです。
観続けたいという思いが募るばかりです。絶対に観続けるつもりです。

「お気楽大好き」の剛君はお髭の無いキレッキレの好い男です。
今回の撮影場所が新緑に囲まれた自然の中で
アジアンかつエキゾチックな雰囲気で素敵。
森の中の国王のような気品さえ感じます。
眼を閉じている横顔は彫りの深さと顔のパーツの美しさが際立っています。
こんなに綺麗な顔をしていたのだと今更ながら思い、思わず・・・。

こちらの記事では陽水さん、タモリさん、慎吾ちゃん、中居君の話題。
2つの記事でこんなに人のことを話題にするのは珍しいことですね。
やっぱり、人は人の中で生かされているのだとしみじみ思います。

渓谷を見つめる剛君の横顔はやはり彫りが深くて男っぽさが増しています。
ちょっと哀愁のある趣ではありますが、その眼差しは強く、
男気のある草彅剛を強烈に感じます。この男気は半端じゃない。
こんなに男っぽい俳優、今の日本にそんなにいますか?って叫びたい。
一見柔らかそうで、こんなに熱い男気を湛えている人はそうそういない。
だから一の瀬浩一にあれほど人々は魅了されたのでしょう。
心の熱量は半端ない人なのですよね。

フレンチブルドックの赤ちゃんとお散歩している剛君も素敵でしたね。
「FRIDAY」はおかしな記事だったので買いませんでしたが、
鼻をかむ剛君を見上げるブルちゃんのお顔は最高に可愛かったです。
私も黒芝を飼っていて毎朝毎晩お散歩しているのでわかりますが、
ワンちゃんにあんな風な表情で見つめられるご主人様は本当に優しい人です。

剛君って深い哀しみを湛えながらも誰にも負けない男気と優しさがあるのです。
こんな風に書くと、また慎吾ちゃんに
「誤解されてるよ〜」って言われるのかな?いいんです
誤解であろうとなかろうと。草彅剛という素材にもっと魅了され続けた〜い

2017-04-28 00:27 | カテゴリ:雑誌
連載が2つあるってことは、やはりファンには嬉しいものですね。
「お気楽大好き」ではピンクのしだれ桜と戯れるすっきり爽やかな剛君。
新緑が美しい日本庭園をバックに座っている姿も凛々しくて男前です
『冬のサクラ』の一本桜と震災のことを思い出したようですが、
桜の花にはその美しさとともに儚さもあって、だからこその風情が。
桜の花に負けないくらいの洗練された切れ長の美しい瞳に吸い込まれます
奇しくも昨日我が家にも「公益財団法人東日本大震災復興支援財団」から
寄付金領収書なるものが届き、
私自身も財団とともにある思いを再確認したばかりです。

ご家族と交流したり、料理を作る主婦のような生活をしているらしい剛君。
今まで本当に忙しくて人並みにお花見もできなかったことを思うと、
ゆったりと人間らしく味わいながら過ごす時間も貴重ですね。
「僕はこれからも頑張るから。任せて!」の言葉が心強くて
ファンへの愛を感じさせてくれる剛君を信じる気持ちが高まります。

「絶対的好感論」では舞台やドラマでの演技に対するお話が中心です。
『TEAM』や『フードファイト』の頃を振り返って、
自分が「演技」に「慣れる」ことがないように自省しています。
私のイチオシの『TEAM』の頃、本当に一生懸命だったのですね。
役者が40代以降「慣れ」を克服することがどれほど大切なのか
しっかりと自覚している剛君。
グループの話も出してSMAPを忘れていないと示しながらも、
今後、舞台やドラマなど演技のお仕事を中心に頑張りたいという
意志やメッセージが感じられて、期待せずにはいられません。

先日の「パワスプ」ではいきなり「映画観ていますか?」という話から。
「ベネディクト・カンバーバッチに嵌まっている」と剛君が言ったので
追っかけ剛の私はこの男優さんが出ている映画を4本も観てしまいました。
『シャーロック』『イミテーション・ゲーム』
『それでも夜は明ける』『つぐない』です。
いつものことですが、剛君が嵌まる俳優さんはなかなか癖者ぞろいです。
個性的というか、複雑というか、一筋縄ではいかない名優ばかり。
正直言って後味が好い作品と言うより重苦しい問題作が多いですね。
でも草彅剛が憧れる俳優さんは、ただのヒーローではないことは確か。
剛君がそんな本物の俳優さんたちのように
世界に通用する作品に出られる日を夢見る私の思いも強まります。

韓国・アメリカについでイギリスの俳優さんに嵌まったこともなんだか嬉しい。
剛君って日本男子でありながらなぜか西洋風な雰囲気もあると思う私。
イギリス映画の重厚な映像にも合うと思っちゃうのは贔屓目でしょうか?
ただ、ここだけの話、ベネディクト・カンバーバッチは演技派だけれど、
「草彅剛の方がさらにハンサム」だと思う私でした。

最近ブログの更新がなかなかできないのは、
仕事の合間に本を読んで映画ばかり観ているからです。
草彅剛をどうしたら役者として俳優として活躍させられるのか、
1素人ごときが毎日本気で思いをめぐらしています。
業界のプロの方になんとかしていただきたいのはやまやまですが、
自分の夢は他力本願なだけではいけないのではないかとさえ思い詰めます。

グラサン剛が渋くてかっこ良過ぎた「ぷっすま」の占いでは
チャレンジャーの剛君はこれからどんどん好い運気になるらしい。
ラッキーカラーは白。「お気楽大好き」も「絶対的好感論」も
白いシャツでスキッと春らしい装いです。

私事ですが、最近車を買い替えまして、新しいオーディオで
「SMAP 25 YEARS」を聴きながら新緑の中ドライブを楽しみました。
ひとりひとりの熱い願いが幸せを運んでくれるといいですね

P.S. 大変嬉しいニュースが飛び込んできました
視聴者による満足度と有識者の意見をもとに、
各期の質の高いドラマを表彰する
「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」において
『嘘の戦争』の演技により草彅剛さんが主演男優賞を受賞しました。
ひとえに『嘘の戦争』のスタッフキャストの皆様が
愛あるお仕事を精一杯してくださったおかげですし、
剛君が全力を出し切った成果だと思います。
広く世間一般の方に剛君の演技力の高さが認められて
心から嬉しく思います。『嘘の戦争』であらためて草彅剛の
俳優としての素晴らしさを知ってくださった方が友人にも家族にも
知人にもたくさんいて、ものすごく手応えを感じることができました。
スタッフキャストの皆様、本当にありがとうございました。
業界の皆様、今後とも草彅剛の演技がたくさん観られますよう
ファンの1人として心よりお願い申し上げます。
→「コンフィデンスアワード・ドラマ賞」