FC2ブログ
2016-07-20 00:20 | カテゴリ:ぷっすま
関西での「ぷっすま」は待ちに待ったTRICERATOPSのライブに出演の回。
今日1日で何度リピしたかというくらい微笑ましくて癒される内容でした
ここ何日間かの音楽番組出演辞退にまつわる騒動で擦り切れた心を
ふんわりと包んで癒してくれる番組の内容に
ただただ感謝の思いが込み上げます。

「ぷっすま」バンドの大熊さんとユースケさんと剛君のやりとりは
全く緊張感なし、計算なしのゆる〜い面白さがたまりません。
大熊さんは心から剛君のことを大切に思って下さっていて、
いろいろ心配したり世話を焼いてくれたり(笑)。
弦の張り替えがどうのこうのと言っている
2人の遠慮のないやりとりはまるで長年の相棒である
タレントとマネージャーのようにも見えてドラマティックでもあり。

そこにいろいろ絡んでツッコミを入れてくるユースケさんも最高。
剛君の体調やらギターの音量やら弾き方やらと、とにかくうるさい。
でも、根底にはギター披露をなんとか成功させてやりたいという
剛君への愛があふれていて、なんともあったかい兄貴ぶりなのです。

実際ユースケさんはもともと福岡のライブハウスから出発した人なので、
バンドライブの盛り上げ方などをちゃんと知っている経験豊富な方。
鈴ひとつで、緊張しきりの剛君をファローし、
かつ盛り上げてくれた手腕はもう流石としか言いようがありません。
ユーモアと優しさに満ちていて本当に素敵でした。

トライセラのメンバーの方々も、和田さん始め、林さん、吉田さんが、
お人柄が素晴らしい穏やかな優しい方ばかり。
そんなバンドのファンの方々なのでやはりあんなに温かいのでしょうね。

剛君は和田さんに「百戦錬磨なのに(どうしてそんなに緊張しているの?)」
と不思議がられるくらい、やっぱりギターは緊張してしまうそう。
「でも、(ギターが)好きなんで!」と言って立ち向かう剛君。
そんなあなたの一挙手一投足すべてが清々しくて微笑ましくて好きなのです。
「好きなんで!」その一言でシンプルに動くことって大切なことですね

和田さんのおっしゃっていたように、
剛君のギターで和田さんが歌えていたので、
それこそ2年前よりはるかに進歩しましたね。
一緒に観ていた主人も音楽好きでブラスバンドやギターをしていたのですが、
アルベジオをいきなり立って披露するのはなかなか難しいものだ、
とのたまっておりました。
皆さんのおかげで最後まで演奏できて本当に良かったです

しかし、実は私が一番ツボだったのは、演奏中の剛君の必死の表情。
普段のほんわかした表情が映画やドラマで魅せる
男っぽい表情に変わる瞬間がたまりません。
そして最高に感動したのは剛君が後半ソロで歌に入った時。
まったく音程がずれていないし、いい声がお腹かから出ていて上手い
剛君ってこんなに歌が上手かったっけいや、凄くいい歌声
私は、剛君がギターをこんなに一生懸命に頑張っている一番の収穫は
「歌が(格段に)上手くなったことではないか」と思っています。

『ブラタモリ』も視聴率がよく、剛君のナレーションも緩急がついて
ますます表現の幅が広がっています。
「会津磐梯山」の五色沼の解説をしている時の声色に深みがあって、
幻想的な自然の神秘をしっとりと語っていて聞き惚れました。
ひとつひとつの仕事、一瞬一瞬を無駄にせず力にしていく姿が頼もしいです。

ギターの技術とともに上手くなっていく歌唱力。
ナレーションによってさらに深みが増す表現力。
今はSMAPとして苦しい時ですが、グループの力になれたらいいですね。

2016-07-14 00:33 | カテゴリ:ぷっすま
Twitterのフォロワーさんからの情報のおかげで
BSジャパンの1995年の時代劇で剛君がゲスト出演している
『付き馬屋おえん事件帳』「たった十日の花嫁」を観ることができました。
(教えていただいて感謝しています。ありがとうございました!)
主人がBSを観るのが好きなので、契約してくれていたおかげでもあります。
こんな昔の本格的時代劇に、島津藩の若殿役で出演していたことを
知らなかったので、思いがけず、21歳の頃の
まさに初々しい剛君の演技が観られて本当にラッキーでした。

私が役者草彅剛に興味を持ったのは、唐沢寿明さん中山美穂さん主演の
1996年放送『おいしい関係』からだったので、その前年に放送された
この時代劇の剛君には出会っていなかったのだなあと回想しました。
主役をやったことがない、役者としては駆け出しの頃の作品ですが、
まだ女性も知らない世間知らずの身分の高い品のある若殿を、
「固さ」さえも人物像の一側面として違和感なく感じさせる
まさに役になりきった演技で、正直びっくりしてしまいました。
剛君はこんな初期の頃から、自分に与えられた役を的確に解釈し、
その役に求められている雰囲気を、わざとらしくなく、自然に、
表現できる若者だったのだなあと、思いがけず、かなり感動しました。

清潔感の中にも大人の階段を上る
若殿の色気も滲み出ていて見応えがありました。
また、相手役の花魁役の緒方たまきさんの感情表現が見事で素晴らしい。
なかなかドラマティックな展開で若殿とおはなさんのハッピーエンドが
嬉しかったです。最後に若殿がおはなさんを抱き寄せるシーンも
愛情のこもった抑制された2人の演技に見惚れてしまいました。
才能ある俳優というものは駆け出しであってもその片鱗を魅せるものですね。
昨年の映画『進撃の巨人・後編』でこの2人が主役のエレンの父母役で
数分と言えども再共演していたのも、今思うと感慨深いものがあります。
緒方さんは演技力のある女優さんなのでまた共演していただきたいものです。

昔の時代劇ですが、人気シリーズだっただけあってなかなか重厚な作品でした。
昔はこんなにしっかり時代劇も作り込まれていたのだとあらためて感心しきり。
山本陽子さん演じるおえんさんのように、
「けじめつけさせてもらいます!」
とビシッと啖呵を切ってみたいという気分にもなりました。

「ぷっすま・アルベジオへの道」の関西での放送分は、
ご結婚された和田さんに剛君が作詞作曲したお祝いの曲をプレゼントする回。
剛君の言葉のチョイスは「夏の日のあの子。」以来才能を感じさせるものばかり。
和田さんの驚きぶりも本物でしたし、剛君のあらたな才能が開眼したと
言ってもいい感じですね。「動いていれば何かにつながる」という剛君の生き方。
どんな時も前向きで、清々しいですし、是非共見習って行きたいと思わされます。

関西ではトライセラのライブに参加した様子が来週やっと放送されるようです。
リハーサル室で、再び大熊さんがフルートで剛君の練習相手になっている様子が
予告で流れましたが、大熊さんの番組や剛君に対するあたたかい対応は
本当に微笑ましいし、感謝しかないという気持ちになりますね。
ぷっすまスタッフ様、TV朝日の皆様に、ファンとして心からお礼申し上げます。
大熊さんの熊の助日記を読むと、
こんな時だからなおさら感謝の気持ちが涌き上がります。→熊の助日記

来月8月26日にいよいよ『スペシャリスト4』、
『連続ドラマ スペシャリスト』が同時発売されます!
超豪華ボリューム特典映像各種・封入特典付きという発表がありました。
この夏は『スペシャリスト』で夏バテを乗り切りたい
→超豪華特典映像・封入特典の内容
2016-06-21 22:27 | カテゴリ:ぷっすま
「ぷっすま」の関西での放送は新企画「超えてくる食堂」で、
手作り感満載のセットと小道具の中、あったかい雰囲気の大熊さん、
ナギスケ、アンジャッシュの渡部さんなど、ほっこり可愛い企画です。
スヌーピーの黄色いTシャツの剛君もナチュラルで落ちついている感じ。
新しい企画を考えて、なんとか番組を盛り上げようとしてくださる、
「ぷっすま」スタッフさんたちの愛を感じて、本当にありがたいです
渡部さんといえば、剛君からFNS歌謡祭の司会を取っちゃった方ですが、
やっぱり司会よりバラエティーに出ている方が存在感ありますよ。

その後、待ちに待った「ギターマン・アルペジオへの道」が新展開。
とうとう2年ぶりにワダソン師匠が剛君のために再登場してくれました。
樹里さんとのご結婚があったせいか、2年前の無精髭?は無くなって、
すっきりしたお顔の、LeeのGジャンをまとったお幸せそうな和田唱さんです

早速アルペジオのために剛君が今練習中だというエリック・クラプトンの
「Tears in Heaven」を師匠とユースケさんに聴いていただくことに。
フリップ芸を見る時に使ったセットが残っていたのでしょうか。
師匠とユースケさんがサイコロを引っ込める度に扉が閉まっていくのが、
なんだかドキドキ感があって楽しかったです。

でも剛君、かなり練習をしているのでしょうね。
エリック・クラプトンの曲で難しいアルペジオでの演奏でしたが、
ちゃんとメロディーとして聴き取れましたし、
ワダソン師匠が歌ってくださって演奏と合った瞬間は鳥肌ものでした
剛君がエリック・クラプトンを聴いているとインタビューに応えていたので、
私もすぐにスマホのリスモでクラプトンのベスト盤を購入して、
頻繁に聴くようになったので、「Tears in Heaven」もお気に入りの曲でした。
聴き慣れたメロディーを剛君の指がつまびくと、じわーっと感動してしまって
韓国語の時もそうでしたが、剛君のひとつのことを学び続ける姿勢は凄いです
恥ずかしそうにそれでも一生懸命に弾ききろうとする姿が本当に素敵ですね

Twitterの皆さんのツイ情報によると、すでに先日19日には、
トライセラトップスのライブに参加させていただき、
「藍色のGANG」と「夜空ノムコウ」を披露させていただいたとか。
ユースケさんも登場して会場はあたたかい雰囲気に包まれたそうですね。
前回もそうでしたが、トライセラのファンの皆さんが本当にお優しいし、
剛君のファンもたくさん観に行かれたようです。羨ましいかぎりです。
2年前のSMAPライブのあの「藍色」がどんな風に進化していたのでしょう。
緊張していたという「夜空ノムコウ」は・・・。
剛君は緊張しいですが、一生懸命な時ほど人柄がにじみ出るので感動します。
関西ではTVでライブの様子を見るのはまだまだ先になりますが、
ライブに飢えているファンにとって、、本当に貴重な映像になりそうです

昨日は「スマスマ」ではなくて、中居君の「神センス!塩センス!」でした。
中居君の司会は生き生きとしていたし自由自在で、最後まで楽しく観ました。
でも、通常の「スマスマ」がない淋しさはなんとも言葉に言い尽くせません。
SMAPはいったいどういう方向に向かっていこうとしているのでしょう。

「ブラタモリ」の剛君のナレーションや、
「パワスプ」の健つよ即興ソングなどに癒され、なんとか心をつなぐ週末。
月曜日の何とも言えない淋しさも「ぷっすま」で解消する日々が続きます。
今週は「TVガイド」「ザ☆テレビジョン」「TVnavi」
につよしんごろうの「境界線クイズ」の記事、「ポポロ」に剛君、
月ジョンの「お気楽大好き」もありますね。
雑誌があるとホッと一息という感じです・・・

2016-05-12 23:44 | カテゴリ:ぷっすま
今週の「ぷっすま」、関西での放送は「物件拝見トレジャーバトル」。
初っ端から、黒の革ジャンに黒のパンツでビシッとキメている剛君が完璧です。
この格好良さ、バラエティーだけで見るのはなんとももったいない

「千秋ちゃん」との会話は微笑ましくてほっこりしました
「(結婚生活は)どうなの〜?」
「あ、ほんと〜!」「それ、いいよね!」
「ちがうね、千秋ちゃん!」「子どもの方が大きい?」「あっそう〜!」
「どうする?」「あ、あった〜!」「どっちだと思う?」「こっちだと思う?」
「すごいね〜!すごいよ千秋ちゃん!」
「俺ね〜、千秋ちゃんと組まなかったらわからなかったよ〜!」

「カメハメハー!!」一発めであっけなく上を向く剛君。
「まっずい!わさび、わさび!」
「あっちむいてはー!!」キメ顔が楽しくて可愛い
「へええ〜、ピッコロなんだ〜。」
(千秋ちゃん)「どれくらいの速さ?」「結構マッハ!」
カードを引いて喜ぶ剛君。「あ、ドラゴンボールだ!」とはしゃぐ千秋ちゃん。
まるで小学生みたいなリアクションをする2人の息がぴったりで(笑)。

この気さくさ!相づちの入れ方!そして気持ちよく褒める!
ひとつひとつ相談しながらも、さりげなくリードもして頼もしさを見せる。
剛君っていつの間に、こんなに包容力があって余裕があって
優しさと楽しさ両方を兼ね備えた大人の男になったのでしょう
千秋ちゃんも最初は根掘り葉掘り聞く「週刊草彅」に戸惑っていましたが、
徐々に剛君の優しさにほぐされて、いろいろポロリしてくれました。
剛君も女性に対して素敵なコミュニケーションができるようになってきたので、
自分自身の幸せも考えたら?なんて思ったり
とにかく完璧にキマっている黒の革ジャンに水色のお財布が可愛過ぎです

安定した穏やかな顔つき。柔らかな表情の中に時折見せる鋭い眼差しが
男っぽくてクールで、そんな草彅剛を無性に「映画」で観たくなりますね
SMAPメール伝言板で他のメンバーの映画情報が送って来ると、
そんな時ばかりは、剛君の映画情報があればどんなに嬉しいだろうと思います

2016-03-24 00:13 | カテゴリ:ぷっすま
「スマスマ20周年ビストロSP」は20年間の足跡が丁寧に編集されていて、
スタッフさんの「スマスマ」へのSMAPへの思いが詰まっていた内容でした
ほとんどの映像は観たことがあって懐かしさが込み上げましたが、
森君がいた本当の初期の頃はまだ「スマスマ」を観ていなかったので、
今回、ビストロの1回目や、森君が出ていた頃の映像を録画でき、
永久保存版になったなあと思いました。
若い頃のみずみずしく美しい剛君の映像も嬉しいです

「ビストロ」は森君が料理が上手だったことから始まった企画だそうですね。
何もできなかったメンバーが20年間もゲストの方々のために料理を学び、
ゲストの方に少しでも喜んでいただこうと作り続けたことは
アイドルとして、芸能人として、驚異的な努力・忍耐力であったことでしょう。
吾郎さんや慎吾ちゃんがコメントしていたように、
まさに「人生観を変える」20年間の営みだったことでしょう

ゲストの方々が国内外を問わず第一線の著名人を網羅していることが
あらためて凄いことだと思いましたし、そんな方々に「おいしい!」と
言っていただけるものを料理で作るとということは並大抵のことではありませんね。
メンバーには、究極の「おもてなしの心」がしっかりと根付き育ったことでしょう。
おもてなしの心がSMAPメンバーの人間的魅力を築く原動力となったに違いない
やはり普通の人間ができないような凄いことを黙々とやり続けた結果、
それぞれがとても魅力的で、世界の著名人をはじめ、みんなから愛され、
一目置かれる人たちになったのだろうなあと思ったりしました。

手軽なファーストフードについつい甘えた生活になりそうな私ではありますが、
「ビストロ20年」を観て、料理を通しておもてなしの心を持つことの大切さを
あらためて胸に刻んだようなSPでした。
東北でのビストロに来た方たちの笑顔はやはり1番輝いていましたし、
支援金お願いのSMAPさんたちの映像が新しくなっていたのは前進でした。

そんな風に感慨深い「ビストロ20年」でしたが、昔の映像のメンバーたちの
一体感を微笑ましく思えば思うほど、切なくなるような気持ちになったのも事実。
時の流れは美しくもあり残酷でもあります。
「SMAPは日本の財産である」と心から思うと同時に、無理をせず、
メンバーそれぞれに自由に幸せを求めて欲しいという気持ちにもなる私。
もちろんベストなのは、SMAPのメンバーがSMAPのままで、
お互いを認め合って、心から笑い合える日が来ることだと思っています

今週関西地区放送の「ぷっすま」は先週最終回だった「スペシャリスト」から
吹越満さんと芦名星さんを迎えての「グルメバトル」でした。
剛君も吹越さんも黒一色にまとめたシャレオツなファッションで、
芦名さんのモノトーンの衣装を含め、スタイリッシュな大人の雰囲気
剛君はチームワークが抜群だった「スペシャリスト」のお仲間が来てくれて
嬉しくて嬉しくてたまらないように、生き生きとおしゃべりが弾んでいます。

吹越さんのことを「越さん」と呼んで、「やっぱり僕たち仲間だよね!」と
息もぴったりのハイタッチ吹越さんもノリノリで
本当に剛君と気が合っているような雰囲気でいらっしゃるのが嬉しいし、
芦名さんのことを剛君が「星(せい)ちゃん」と呼ぶのも微笑ましい
芦名さん、ドラマではカラッとしたボーイズな感じですが、
剛君に「星ちゃん」呼びされている時はちょっと可愛い女子っぽさで新鮮。
剛君が思わず「越さん」「星ちゃん」に「ついていきます!」と言っちゃったり。
とにかく剛君の生き生きとした楽しそうな顔を観られることが嬉しい。
剛君、「越さん」のように癖のある大人の役者さん大好きですものね

本日発売の「TVガイド」は中居君が表紙で、3/29の「UTAGE」SPのことが
たっぷり語られています。「UTAGE」への剛君出演は中居君のオファーだったとか。
「UTAGE」独特のライブの緊張感の中、
剛君はどんなパフォーマンスを見せてくれるのでしょう。
私は中居君と剛君の「チェインギャング」をリクエストしたのですが、
見事にそれはしないと中居君に宣言されてしまいました
剛君は前回同様川畑さんの伴奏でリベンジに挑戦するみたいですね。
「緊張感がないと面白くない!」というポリシーを持っている中居君の
オファーを受けた剛君が、緊張感と本気にあふれた
どんなパフォーマンスを見せてくれるか楽しみです。
確かに「UTAGE」の剛君、緊張感を糧にしながら、楽しそうです
「ぷっすま」から始まった「ギターマン剛」
いろいろな人に応援していただいて、今後ますますの活躍が期待です