2017-09-07 16:54 | カテゴリ:剛君
今日は仕事が休みで、朝から何をしようか、何を見ようかと考えて、
久しぶりに連続ドラマ『任侠ヘルパー』を引っぱり出して観ていました。
やっぱり、男気漲る味のある翼彦一はいつ観てもカッコいいししびれます。
女や子どもに特に優しく「弱気を助け強気を挫く」シャイなアニキ。
最終回でのリアルなアクションや彦一の表情に胸が熱くなり覚醒します。
ヤクザものは好きではないですが、このドラマの方向性は素晴らしかった。

藤堂「これ以上抵抗しても立場を悪くするだけだ。」
彦一「こんなことをしても一部の年寄りしか救えねえ、
   何の解決にもならねえ。
   そんなことこっちだってわかってんだよ。
   神様じゃああるめえしな。
   だけどおれらは目の前にいる弱ええやつらを
   ほっとくことはできねえ。
   ましてや少しでもかかわった連中を途中で投げ出すことはできねえ。
   これが俺たちの筋の通し方だ。」

彦一「ばかやろうが。」(ニヤリ)
リコ(ニヤリ)「まだ終わっちゃあいねえぞ てめえら。」

剛君がドラマや映画で見せる表情がその場の的を射ていて引き込まれます。
どんな場所どんな人でも一歩引いて見ていて、繊細に観察してきたからかな。
繊細で優しいから、あんなふうに細やかな感情がにじみ出せるのかなあ。

そんな剛君にこれからもいろいろな人を演じて欲しいというのが私の望みです。
これまでも多くの役柄を演じてきましたが、もっともっと幅広く自由に!!

最近は個性的な特異なキャラクターが続いていますが、
「普通の人」を演じさせたら右に出る者はいないとも言われていた草彅剛。
そんな普通の人が成長したり、
変化して行くストーリーも観たいという気持ちが年々強まります。
『世界に一つだけの花』をはじめ剛君のドラマの主題歌からヒットした曲
が多いのも、普通の人の生き様が共感や感動を引き起したと言えると思います。
ドラマティックな特異な役も普通の人の役もどんどん挑戦してください!!
ホームドラマやコメディーなどもぜひ観たいです!もちろん舞台も!!!

「ブラタモリ」で剛君の神秘的な声色を、「パワスプ」で楽しい時間を、
「ぷっすま」で剛君のお姿を拝み、ゆるい癒しの時間をもらって生活しています。
この貴重な時間はなんとしても失いたくありません。
「ぷっすま」ディレクターのいーやまさんのTwitterで
「とりあえず、10月で20年目です、すばらすぃ〜」というツイートがあり、
剛君の収録の様子などもつぶやいてくださるのが有り難くてホッとします。

いよいよ明日9月8日が剛君はじめ吾郎さん慎吾ちゃんの退所日ですね。
約30年にわたるJ事務所でのお勤め、本当にお疲れさまでした。
劇的な30年間だったでしょうし、感慨もひとしおのことでしょう。
それこそ死にものぐるいで働いて来た濃密な時間だったでしょうね。
苦しみも喜びも存分に味わい尽くし、まさに時代を駆け抜けましたね。
自分自身のいろいろを犠牲にしながら踏ん張って来られたことでしょう。
ファンとしてたくさんの楽しみや癒しをいただいたことに心から感謝です。

クリエイターの皆様、スポンサーの皆様、
TV・ラジオ・映画・舞台・雑誌関係者の皆様、
今後とも草彅剛はじめ稲垣吾郎、香取慎吾の活躍が見られますように
何卒お引き立てのほどよろしくお願い申し上げます
ファンの願いがどうか叶いますように、心をこめて・・・


管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://keikostudio.info/tb.php/944-e6834f2e