2017-02-26 16:37 | カテゴリ:ブラタモリ
2週間にわたって『ブラタモリ』は神戸編。
自分が生まれ育った見慣れた風景の中を
タモリさんがブラブラして下さって嬉しいやら懐かしいやら。
結婚して神戸を離れましたが、昨年のお盆も同窓会で三宮へ。
高校の卒業アルバムのスナップ写真も異人館の前で撮りました。
映画評論家の淀川長治さんは高校の大先輩ですし、
子どもの頃、新開地で映画やお芝居や演芸を見た思い出も蘇りました。
学生時代は友達とスイーツを食べ歩いたので舌は肥えています(笑)。
演劇も盛んな場所で、兵庫県出身の演劇人の方は多いですね。
剛君が自分の生まれ育った街を語ってくれるのは嬉しいものです
いつの日か今住んでいる街にもタモリさんに来ていただきたいなあ。

昨日の『ブラタモリ』は実は録画を観ました。
友人と久しぶりの飲み会。その後やはり久しぶりのカラオケに。
私が歌った曲は『Best Friend』『freebird』『華麗なる逆襲』『シャレオツ』
『ずっと好きだった』(斉藤和義)『チェリー』(スピッツ)。
友人が『夜空ノムコウ』を歌って、SMAP率高過ぎでした

雑誌祭りも凄いですね。
『TVガイド』の表紙の笑顔の剛君。
うっすらおヒゲの剛君がラフで自然体で魅力全開です。
真っ赤な口紅、真っ赤な布、真っ赤なバラ、真っ赤な苺。
小道具を使った表情が大人っぽくて色っぽくて摑みどころがなくてゾクゾク。
うーん、これはますますいい俳優、いい表現者になりそう

『月テレ』の「お気楽大好き」では『嘘の戦争』で起こっている奇跡のこと。
遅ればせながら慎吾ちゃんと一緒にお参りに行った報告。
『TVfan』では後輩の菊池風磨君と背中合わせの黒スーツの剛君が綺麗です。

特に『TVnavi』の剛君のインタビューは哲学的でとても深い。
草彅剛流演技論などについてもかなり詳しく語られてあって
読み応えがあり過ぎです。いつもあんなに天然で子どもっぽいのに
こんなインタビューを読むと思考の深さは半端じゃないと思い知ります。
だからこそ魅力が尽きることはないし、
草彅剛が最高値を更新する瞬間の目撃者であり続けたいと思うのです

P.S.『Oggi』4月号の「絶対的好感論SPECIAL」第3弾”コミュニケーション編”。
剛君のファッションはシンプルイズベスト。窓辺の剛君はやっぱり格別
ALL未公開写真で草彅剛の魅力と愛と友情が詰め込まれていますね。

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://keikostudio.info/tb.php/683-9c99fd6c