2016-11-12 18:54 | カテゴリ:剛君
先日の「スマスマ」で幾万の星々に囲まれ『昴』を歌うSMAPは
5人の顔が涙ぐんでいて悲しそうに見えました。
あの切ない表情の意味はなんだったのでしょう。
瞳に涙がにじむ時は、押し殺していた何らかの感情の扉が開かれ
表にあふれそうになる瞬間だと思われます。
そんな彼らが歌う「さらば 昴よ」の心中が理解しきれない私は
底知れずしんみりとしてしまいました。
「我も行く 心の命ずるままに」という歌詞が心に残ります。

ただただ、私たちを癒し、幸せを与えてくれていたSMAPを
辛い目に遭わせている人たちのことを絶対に許すことができません。

先日、録画予約している「ぷっすま」を観ようとしたら、
「スマスマ」と「ぷっすま」の間にBSプレミアムで放送された
『あなたへ』が録画されていました。主人が録画してくれていたようです。
何度も観ているのに、剛君と健さんの場面をやはり何度もリピートします。
田宮が倉島のミニバンに乗り込んで、
「あなたなら助けてくれると思ったんです!」と飛び切りの明るさで言うシーン。
運転席の倉島(健さん)が後部座席の田宮(剛君)を振り返った時の
飛び切りうれしそうな照れ笑いは演技を越えた愛しさが出ていて嬉しくなります。
健さん、空の上から慎吾ちゃんや剛君のこと見守ってくださっていますよね。
今度3人で食事に行こうと言い残して旅立たれた健さん。
バラエティーは「スマスマ」と「スマステ」しか出演されなかった大スター。
どうかどうかこれからもあの大きな愛で彼らをお守りください

本日の「ブラタモリ」「真田丸スペシャル」の剛君の声はいつも通り元気でした。
真田丸での戦いの場面を再現している映像の中に、大将姿のタモさんと、
そのすぐ前の石垣で鉄砲を構える剛君の武士姿が確認されました。
恒例になった漫画での剛君の登場が嬉しくて、思わず画面にかぶりつきますね。

私事ですが、先日地元で同じ文化活動に参加しているお仲間と
親しくなる機会がありました。その方は大のお芝居好きで、
特に劇団☆新感線のファン、古田新太さんの大ファンだそうです。
私も『二都物語』で共演した橋本じゅんさんと剛君の掛け合いが
面白かったこととか、新感線主宰者のいのうえひでのりさん演出の
堤さんの舞台を観たとか話をして、大変盛り上がりました。
来年公演予定の『髑髏城の七人』に出演される方々も、
剛君や慎吾ちゃんが共演したことのある方がたくさん。
正直このような舞台に出演できる方々が心から羨ましいです。
剛君もきっときっと舞台をしたいと思っているでしょうし、
演劇ファンとしてはそんな素晴らしい舞台に
出演できるようになったらいいのにと願わずにはいられません。
いいご縁があることをただただお祈りするばかりです

ドラマ『嘘の戦争』の公式Twitterが作られましたね。
クランクインしたのか剛君の美しい横顔が印刷された真っ赤な台本や、
衣装合わせがあったことなどが、ツイで公表されました。

世の中はいろいろな不条理がまかり通って暗澹たる気持ちになりますが、
天才詐欺師役の草彅剛の演技は嘘がヘタな剛君らしく
「嘘が無い」演技で視聴者を惹き付けることでしょう。
悲惨な境遇に育った主人公という設定ですが、
嘘ばっかりのこの世の中に嘘八百という武器を駆使して、
真実の演技で光(希望)を差し込んでほしいです


管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://keikostudio.info/tb.php/663-64ca48d4