2016-09-22 01:08 | カテゴリ:剛君
ファンクラブ会員限定の書籍『SMAP』がようやく届きましたが、
なんとも不思議な心持ちがするものですね。
メンバーそれぞれの年輪が刻まれたような写真をじっくりと眺めながら、
この人たちはこの25年間、アイドルとしてどれほど頑張ってきたのだろう、
誠心誠意ファンのために、どれほど身を粉にして働き続けてきたのだろうと、
あらためて思わずにはいられませんでした。

今朝、いつものように「おはスマ」を聴きながらお弁当作りをしていると、
今日はファッションショーの日ということで、モデルウォークのお話。
「僕もステージに立つことがあるので、胸張っていきたいですよね!
 皆さんも胸張って行きましょう!」という感じの剛君の元気のいい声。
「ステージに立つ」ことに関して、現在進行形のような話し振りだったのが
何よりも嬉しかったですし、剛君の前向きな言葉に心が明るくなりました。

その後、中西哲生さんが、SMAPのベストアルバムが12月に発売されること、
投票によって50曲3枚組のアルバムになることを話して下さいました。→★
突然のお知らせだったので、一気に眠気が吹き飛んでしまうほど驚きました。
ベストアルバムだけでなく、「コンプリートシングルス」のDVD&Blue-rayも
発売され、両A面を含むシングル63曲の映像が収録されるそうです。
MVが存在しない楽曲についてはライブなどの秘蔵映像が収録されるらしいので
昔の曲を映像で持っていない私にとっては、とても貴重な内容になりそうです。
→ビクター投票サイト「SMAP 25 YEARS」

「ぷっすま」のイカ部も波瀾万丈で楽しかったですし、
番組愛にあふれるテレビ朝日の皆さんの温かさに心から癒されます。
「ブラタモリ」も大変好調で、剛君のナレーションがタモリさんと呼応し、
相乗効果で番組を盛り上げています。日本を再発見させてくれる番組ですね。

正直なところ「ベストアルバム」が発売されたり、
記念書籍などが送ってこられたりすると、
「いよいよ...」という気持ちになりとても複雑な気持ちになりますが、
常に前向きな剛君の表情や言葉を道標に
信じてついていこうという思いばかりの私です


管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://keikostudio.info/tb.php/652-512f30f4