2016-07-28 22:56 | カテゴリ:剛君
月ジョンの「お気楽大好き」はお誕生日特集で2P。
でも御本人は家の掃除などをして、お誕生日だと忘れていたそう。
ファンはお祝いブログやツイに凝ったり、
わざわざタワレコのある京都まで足を伸ばして、
お祝いメッセージを書いたり、「花」を買ってデイリー2位にしたり、
ひたすら剛君のお誕生日を盛大にお祝いしていたのにね
「まあ、そのくらいのスタンスの方がカッコいい気」がするそうです

とうとうコレクションだらけのお家のお掃除を始めたんですね。
ちゃんと整理して、物を減らしたりしているそうですね。
「僕にとって、今がそういう時期かもしれない。」と思うらしい。
整理したり断捨離すると人生の流れが変わるらしいので、
とても良いことだと思います。
あとひと月くらいかかる大掃除の後に、さあ何が変わるのでしょう。

「何事もずうっとやり続けなければいけない」と言う剛君。
ギターをやり続けることはわかったけれど、他は何を続けるのかな?

剛君には作詞作曲の才能があることを結構自覚しているのですね。
特に言葉のチョイスが斬新でセンスがありますし、
「心を込めて」作っているので温かい内容だし、
おっしゃる通り剛君にしか作れない曲になっているのは凄い。
「ライブでもやりたいしね。」と「ライブ」という言葉を、
はっきりと言葉にする剛君の、
一本気な、ぶれない感じが好きなんですよね。

中居君も「27時間テレビ」の「今夜も眠れない」で
いろいろしゃべれない厳しい事情があるような中でも
「SMAPは5人ですから。僕たちは大丈夫ですから。
いろいろバタバタはしたけれど、今は円滑にやっています。
僕たちで相談して決めますから。」と
はっきり言ったところが男らしかったです。

「Oggi」9月号の「絶対的好感論」。
本当かどうかわからない熱愛報道が出た時、
私はとにかく剛君にはどんな形でも幸せになってほしくて、
「おひとりカフェ話も飽きましたし。」と書いたのに、
またまた「おひとりカフェ」がくつろげるという内容です。
白い日本犬を抱きしめる剛君はとてつもなく優しくて可愛いですが
「まだまだ独身貴族を続けるおつもりなのかしら?」とも。

でも、お気に入りのカフェで「台詞を覚えたり、本を読んだり、
観たい映画を書き出したり」しているのならマジで嬉しい
剛君の言葉の中に「ドラマ」や「映画」って言葉が出てくるだけで
嬉しくてたまらないので、独身かどうかはどうぞご自由に。
まあ、いつかは結婚してほしい派ですがお芝居が最優先ですので。

しかしいつもながら思うのは、安定した剛君の精神力の高さ。
様々な辛い過酷な経験が剛君を人間的に強くしたことは否定できない。
何事も「自己責任」だと言い切って、
「穏やかな自分」を保とうとする剛君の笑顔がやっぱり清々しすぎます

といいつつ「Private Photos」の素の剛君や
ユースケさん、トライセラの皆さんも素敵・・・。
免許証の更新に行ったお髭のある渋〜い剛君が新鮮でドキッ。
やっぱりお芝居も観た〜い


管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://keikostudio.info/tb.php/643-86485b96