2015-11-01 17:10 | カテゴリ:ブラタモリ
「人々はなぜ富士山頂を目指すのか?
 タモリさんが身をもって解き明かします
という剛君の力強いナレーションで始まった「ブラタモリ」。

富士山の近景や雲海、火口付近の映像が壮大で美しくて、
やはり「富士は日本一の山」だと今更ながらに思いました。
私は残念ながら富士登山をしたことがないのですが、
70歳のお誕生日を迎えられたばかりのタモリさんが、
見事富士登山を成し遂げられ、「ブラタモリ」の中で
富士山の魅力を全国に伝えられたのは素晴らしいことですね

しかし、あんな過酷な登山中でも
タモリさんのコメントは面白くて、さすがのプロ
タモリさん「酸素はいいものですね〜。」
タモリさん「何かご褒美があるといいんだがなあ、ギャラ倍とかね。」
桑子アナ「金ですか
登山者「フル充電してきました。」
タモリさん「フル放電しています。」
登山者「生きるエネルギーをいただきました。」
タモリさん「生きるエネルギー使い果たしてます。」
とかなんとか言いつつも、
山頂に立った時のドヤ顔のタモリさん
いつも以上に力強く堂々と火口の説明をしている
剛君のいい声が、荘厳な富士山の凄さをしっかり伝えてくれました。

剛君も昔富士山に何度か登ったことがあって大変さは知っているし、
70歳で初登頂のタモリさんをお祝いする気持ちもあったのでしょう。
聞いている私も高揚するような熱いナレーションが良かったです

剛君「その前に立ちはだかる剣ヶ峰!富士登山最後の難関です!」
タモリさん「坂道学会としてはこれ登っとかないとなあ。
      く〜、飛行機なんかに乗りやがって。」
それでも無事に剣ヶ峰も制覇し、満足そうなタモリさん。
タモリさんにとって富士登山は70歳という節目の
素晴らしい記念になったでしょうし、そんなタモリさんの姿を
剛君がナレーションでお祝いできたことに私も胸が熱くなりました

剛君にとっては今年は厄年で、足を重傷捻挫してしまって、
いろいろ思うように行かないことがあったようですね。
捻挫のおかげで予定変更になったお仕事もあったのでしょうね。
でも考えてみれば、人生は山あり谷あり。
ポジティブな剛君はきっとこの悔しさや経験を糧に、
さらに高み目指して頑張ってくれるに違いないと思います
そんな剛君のパワーをしっかり感じた「富士山頂」でした。

昨夜の「スマステ」「スマシプ未公開集」も楽しかったです
「自由人草彅剛」の素の姿にまたまた笑わされつつも、
ところどころで見せる心遣いや優しい表情に品の良さも
BBQの時、剛君と中居君が黙々と火起こししていた姿が素敵でした〜。
ああいう姿に男らしさを感じて胸がきゅんとなります


管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://keikostudio.info/tb.php/573-0ad37663