2015-09-26 12:06 | カテゴリ:CM
「2015 55th ACC CM FESTIVAL」でシマホCMにより、
剛君が演技賞、CMが「ゴールド賞」を受賞しました
1,733点のエントリーCMの中からゴールド賞は10作品。
その中にタモリさん出演の宇宙人シリーズBOSSのCMも入賞。
タモリさん自身も演技賞を受賞されています。演技賞では
『瞼の母』を演出して下さった渡辺えりさんの名前も。
剛君にとって芸能界で親のような存在であるお2人との同時受賞。
ご縁を深く感じますし、喜びも倍増するように思います
剛君とタモリさんの演技を見ていると、お2人に共通するのは
「自然体」であるということ。全く余計な力が混ざっていない。

特に剛君の演技は役を演じるのではなく「アニキ」そのもの。
そのものになって、作品世界に溶け込む力は見事です。
演じる時は自分を真っ白にして、役そのものに憑依できる
そのピュアな肉体・感性が役者草彅剛の最大の魅力です。
それでいて剛君自身が個人的に持つ情感の豊かさ深さが
細やかな感情表現を生み出す原動力になっているところが
優れた役者としての素質のように思います。

「演技賞」「ゴールド賞」が紹介されているサイトには
リンクから行けます!「ゴールド賞」の作品紹介の右端の
「詳細」をクリックすると、
受賞CMを動画で全部見ることができます。
あらためて受賞作品を見ると、
クリエイティブでインパクトの強い作品ばかりで、
短時間で人を惹きつける作品には独特の魅力がありますね

シマホのCMの出所編も初めて見ることができました。
アキラ役の人が正面から見える作品で、可愛くて微笑ましいです。
シマホのCMは映画のワンシーンのような作りになっていて、
そのワンシーンがきちんとショートストーリーになっています。
ダンディーさ、コミカルさ、細やかな情感が
凝縮されていてクスッとできてほろっとさせられるCMです。
CMプランナーさんたちの「アニキ」への愛があふれています。

こんなにたくさんの人に愛されている「アニキ」。
一流のプロの人達の感性をも惹きつけて止まない「アニキ」。
ドラマでも映画でもいいですから「アニキ」に会いたいです
剛君が演じてきた他のキャラクターもそれぞれ魅力的ですが、
やっぱり「アニキ」は別格です
西谷監督、今、翼彦一はどうしていますか?

今日の夜7:30〜は「NHKのど自慢・SMAPin山田町」の放送です。
東北の皆さんとの交流・SMAPメンバーの素顔、
心して見させていただきます


管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://keikostudio.info/tb.php/565-1924df49