2015-07-04 22:12 | カテゴリ:ブラタモリ
わけあって、高齢になった実父としばらく同居することになりました。
夫婦2人の時は自由に剛君やSMAPの番組を見る事ができたのですが、
父がいるとそういうわけには行かず、
夜中に録画を確認する日々です
でも今日は早い時間の「ブラタモリ」をリアルタイムで見たいと思い、
夕食時にNHK7時のニュースを普通に見て、
そのまま「ブラタモリ」へ。

NHKをよく見る父ですが、なぜか初めて見ているような雰囲気・・・。
でも、やはり関西人なので「奈良」には興味があるようでしたし、
鹿をホルンで呼び寄せるという導入にも引き込まれたようで、
タモリさんの軽妙なリアクションも面白く、
自然に番組を見続けています
「よっしゃあ!」と私がひそかに喜んでいたのは言うまでもありません。

番組をしばらく見ていた父がナレーションを聴いて、「!」となって、
「これは・・・おまえが好きな・・・」と気がついたようなので、
「今頃!?」とは思いつつ、「そうだよ〜、剛君
「タモリさんがご指名で剛君がやることになったんだよ〜。」とか、
「タモリさんに可愛がっていただいているんだよ〜。」とか言って、
長年、剛君ファンの私の気持ちを
素直に認めてくれなかった父にアピール

「声を聴いているだけで幸せなのか?」と言われ、「そうだけど、
いつもうまく行きますようにって祈るような気持ち。」
「なにを〜(上から心配してるんだ)。」という返事ながらも、
タモリさんのコメントに笑い、
剛君の歴史解説に興味深く耳を傾ける様子。
なかなか手厳しい批評家の父が最後までしっかり観ていましたし、
番組後も、「面白かったなあ〜」という
嬉しい感想をつぶやいてくれました

剛君のナレーションは回を追うごとに良くなっていますね
特に今回の「奈良」篇は、舞台が終わり、
のどの調子も戻った本領発揮の良い声でした。
落ちついたナレーションぶりが
高齢の父をも納得させるものだったので、
私が剛君を応援する気持ちを
素直に受け入れてくれているように感じました

やはり、NHKのゴールデンタイムの番組で
起用されたことは喜ばしいことですね。
それに「ブラタモリ」は家に居ながらにして、
楽しいブラブラ旅を味わえるし、しかも内容が興味深く、
新しい発見があって勉強になる素晴らしい番組です
我らの剛君が、さらに広く多くの人に再認識される
良いきっかけになるのだという手応えのようなものを感じました

剛君も上半期一番嬉しかったことは、
「ブラタモリ」のナレーションを
タモリさんに褒められた事かもしれないと、「TVG+」で語っています。
あらためて、この番組に声をかけてくださったタモリさんに
感謝の気持ちでいっぱいです


管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://keikostudio.info/tb.php/539-f2e7fad2