2015-03-23 00:18 | カテゴリ:TV(その他)
「NHKスペシャル・未解決事件追跡プロジェクト」を見ました。
どの事件も知っていましたが、
未解決だということをあらためて思い出し、
遺族の方の深い悲しみや今なお残る心の傷に胸がしめつけられ、
捜査関係者の無念の気持ちも重く受けとめました。

特に「世田谷一家殺人事件」はまさに衝撃的な残虐な事件で、
当時、被害者のご家族が本当にお気の毒でたまらない気持ちでした。
人ごととは思えず、恐怖に震撼させられたことをも思い出しました。
やはり同じような年頃の一男一女の親でしたので、
事件に対する関心が高く、
この事件の犯人を予想するノンフィクションも読んだりして、
防犯のために家中の窓に防犯ブザーを付けたりしました。
あれから15年経った今日、
まだ未解決なのだと思い起こさせられました。
被害者のご主人のお母様がご高齢であるのに、
まだ事件の解決のためのビラを作っていらっしゃる様子が
痛々しく、涙があふれました。

この番組のナビゲーターというお役目は
アイドルの剛君にとってとても重いものがあったでしょう。
でも、このような番組はたくさんの人が見てこそ
意味があるんですものね。

真摯に取り組んでいる剛君は
大変なプレッシャーだったと思いますが、
よく頑張って下さったと思います。
剛君の一言一言噛み締めるようなナレーションも、
被害者のご遺族の気持ちをよく伝えていて、
胸に沁みいるようでした。

昔にさかのぼると少年犯罪が社会問題になりつつあった頃、
『TEAM』で犯罪少年に対する風見を演じる剛君の姿を見た時、
世の中で闇の介護ビジネスが問題になっている頃、
『任侠ヘルパー』で彦一を演じる剛君の姿を見た時、
日韓関係がこじれた直後に舞台『ぼくに炎の戦車を』で
しっかり演じている剛君の姿を見た時、
言い知れぬ戦慄を覚えましたが、
今日もその時の感覚に通ずるような気持ちになりました。
警視庁の代表の方が、未解決事件を風化させないためにも、
『公開捜査』に協力して欲しいと訴えられている時も・・・。

番組終了後、すぐにTwitterで
『警視庁・公開捜査』をフォローしました。
SNSは使い方によっては時に凶器になりますが、
良い使い方をすれば犯罪を減らし
事件を解決できる情報源になります。
このプロジェクトが継続され、犯罪を許さない社会作り、
そんな気運を高めることができたらと意をあらたにした
『NHKスペシャル・未解決事件追跡プロジェクト』でした。

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://keikostudio.info/tb.php/497-db9e0501