2015-02-03 10:13 | カテゴリ:スマスマ
ビストロの時の中居君とのトーク。
中居「プロポーズとか考えてる?」
剛「ないっすね。まだね。おれ、愛とかわかんないんで。
  人を好きになるとかわかんないですね。」
中居「まだわかんないっすか?」
剛「まだ若いのかもしれない、だから・・・。」
中居「若くねえって!」
剛「自分はね、気がね(若いんだと思う)!」
中居「若くねえって!」
剛「だけどやっぱり追いつかないね(実年齢に)精神年齢が。」
中居「アイドルはわかんない!」
剛「好きとかがわかんないの。本当わかんない!
  寂しいとかないですもんね。」
慎吾「いやあ〜、結構『寂しい』とか言ってるよ〜!!」
剛「それは言うだけで、言うだけで、思ってないね。
  たぶん心底思ってない。心底思ってない。」
中居「ちゅーしたいなとか思わないの?」
剛(速攻で)「いや、それはある!それはある!」
中居「それが愛なんじゃないの?」
剛「いやちがう!それはちがうね、たぶんね。」
中居「ちゅーしたいっていうのは愛じゃない?」
剛「そう、だってキレイな人見てたら、ちゅーしたいなって男として思うわけ。」
中居「キレイな人見たら、ちゅーしてえな、ちゅーしてえな!?」
剛「そう、単純に。そう、だから、そこは違うよね。」

これらの発言が本当なら、剛君には今恋人がいないのでしょうか?
そしていつものようにドラマをやっている時は、
相手役の女優さんにドキドキしてしまっているのかな?
特に今回は2人の女性に愛される?役だから・・・。
それで「こんなに揺れ動く自分はまだ精神年齢が若いんだ!」とか、
思っちゃうのかな?剛君は本当にピュアというか
真っ白な心で役に入っていくから、
役に入り込むとプライベートな自分がなくなってしまうのかも
本当に役者気質の強〜い方なのかもしれませんね
今は寂しくないかもしれないけれど、
撮影が終わったらまた寂しくなりそう〜

リック・アストリーさんの「Together Forever」。
本当に懐かしかったみたいですね。
剛「今日はちょっと込み上げてくるものがありました。」
中居「ちょっと涙出そうになったもん。」

まだデビュー前に光GENGIのコンサートで歌うSMAPさんたち可愛かった
14歳の剛君は色白でお肌が柔らかそうな愛らしい顔で、
歌ったり踊ったり軽々とバク宙しているところが
まさに妖精のような可愛らしさでした

あれから26年。可愛かった剛君はいまだに第一線で活躍するアイドルで
男らしさや渋みもにじむ十分大人になりました
(でも精神年齢が若過ぎていまだに愛がわからないらしいですが。)
そんな剛君が今本気ではまっている『銭の戦争』が本日第5話。
さらに物語が大きく動き出すようです。熱い富生を応援します。  

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://keikostudio.info/tb.php/468-feb9e006