2014-12-04 01:07 | カテゴリ:TV(その他)
4時間半超えの「FNS歌謡祭」、剛君本当にお疲れさまでした
最近の安定したビジュアルの美しい剛君でしたが、
本当にMCが少なくて、これは冗談なく
「アクセサリー化」してきた感じだったので、
正直なところ剛君の穏やかな司会ぶりを
もっと聞きたかったなあとしみじみ思います。

唯一司会者として存在感があったのは、皮肉にも参加できなかった
ジャニーズSPメドレーの最後にマッチと話した部分
専属の女子アナが2人もいるのだから
剛君があそこでメドレーに参加しても良かったと思うし、
さすがに4人の「SHAKE」は淋しくて、
やっぱり5人でこそのSMAPですね

でも剛君があのジャニーズ軍団の中に混じって
最後に司会者としてマッチと話をしてまとめるのも苦しかったかも。
司会者としてあそこで一歩引いたから、
最後にマッチと熱く話すことができたし、
思いも伝えることができたのかも。
剛君が「マッチさん、ものすごく格好良かったです〜!
僕もこっちで歌ってましたから!」って言った時、「ありがとう〜!」って
応えたマッチのナチュラルな微笑みが優しくて嬉しかったです
剛君が一生懸命話している時の他のジャニーズの面々の表情も
優しい顔が多かったような気が。
SMAPさんは内心ドキドキしているようにも見えたけど。

もう、本当に派閥争いとか気分の悪い感じがなくなるほど、
みんなで団結すればいいのに
争うことにHAPPYは無いと思いますよね
私には剛君の熱くて純粋な表情が一服の清涼剤のように感じた
近藤真彦35周年記念ジャニーズSPメドレーでした

トリのSMAPの曲は「Mr.S」を期待したけれど、「Amazing Discovery」で
演出もちょっと控えめな感じ。この間のUSJが凄すぎたので〜。
歌番組としては、もう少し余裕をもって
味わって聞きたいように思いました。
クリスマスソングメドレーはなかなか聞き応えがありました
剛君が元気そうでいい表情をしていたのは何よりです
SMAPさんたち、Mステスーパーライブでは思いっきり弾けて下さいね

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://keikostudio.info/tb.php/427-d29aa110