2014-11-01 03:58 | カテゴリ:雑誌
「Oggi」の「絶対的好感論」の剛君の写真は、
一枚一枚が芸術作品のような趣があって、
極上の美しい写真ばかりだとしみじみ思います。
今回は特に夜に浮かび上がるライトの光が幻想的
剛君が夜も似合う大人の色香を放ち始めたということですね。

「オリ☆スタ」倉木麻衣さんとのスマライブレポ。
SMAPが5人5様の音楽スタイルを見せていたという内容では、
中居君がポップス、木村君がロック、吾郎さんがクラッシック、
剛君がジャズ、慎吾ちゃんがHip-Hopと評されていました。
なんだか剛君、ギターを始めて頑張っているうちに、
精神的にも急激に大人っぽくなって、
ロックのみならず、大人のジャズっぽさまで漂わせ始めました。
「ギターで音楽への扉が開いた感じ」と最近よく語っていますが、
その余波で感性も研ぎすまされ、
どんどん深みが出てきたような雰囲気。
スマライブも1番セクシーに踊っていたとレポの中にありますね

若かりし時、SMAPから逃げてしまいたいと思っていた頃もあったのに、「今ではSMAP以外の人生は考えられない」そう。
ソフトバンクの新CMのSMAPも流れ始めましたが、
グループとして今が1番結束力がある感じっていうくらいの
和気あいあいぶり。(リンクから行けます!)
コンサートでも歌、踊り、ソロ、コント、ファンサービスなど、
全てに強い意志でしっかりと臨んでいる姿勢が伝わってきて、
今年の剛君は、明らかに何かが違うと感じられます

無理しない・・・。辛ければ一度立ち止まる・・・。
でも、逃げ切らない
「僕が大切にしたいのは、
 大きな何かに向かって生きることよりも、
 目の前にある1日を楽しんで全うすること・・・。
 だって、未来は”今日”の延長戦上にあるものだと思うから。」


「今、この瞬間に最高の自分をアピールするほうが大事」
コンサートも、ドラマも、バラエティーも、
そんな気持ちで挑んでいる全力全開の剛君がいっぱいです
たしかに”ゴール”してしまったら、目的を失ってしまうかも・・・。
そんな潔い清々しいようなパフォーマンスを、
ひとつひとつ味わっていきたいです

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://keikostudio.info/tb.php/410-48b15e10