2014-01-03 15:17 | カテゴリ:ドラマ
久しぶりに大学生の娘がゆっくりと帰省したので、
剛君関連のいろいろを一緒に観ることになりました。
まずは娘は寝てしまって観ていなかったCDTVの年越しライブ、
そしてMステスーパーライブ、「シャレオツ」のMV。
観終わったとき「「シャレオツ」好きやわ。」
って娘がしみじみ言いました。

この歌はやっぱりインパクトがあって魅力的な歌なのですね。
CDTVのトークの時、中居君と木村君が剛君を挟んで、
この歌の歌詞の意味を「わけわかんねえ!」って言っているのに、
すっごく吹き出していました。
「わけわかんない」歌詞に遊びがあって、
曲調もダンスもカッコいいですものね
次にウケること間違いなしの「ぷっすま☆イカ部」。
予想通りバラエティー大好きの娘はひたすら笑って楽しそうでした

最後にまだ娘が観ていなかった『スペシャリスト』のDVD。
ずっとビジュアルの良い剛君を観てきたので、
思わず「このドラマの剛君はそれほどカッコよくはないけどね。
話は面白いと思うよ。」って最初に私がくぎを刺してしまいました。

でも、ドラマが始まると娘はすごく興味深そうに身を乗り出して、
一気に観てしまいました。そして観終わると、
「このドラマの宅間さん可愛い、すっごく好きやわあ。」
ってちょっと興奮気味に言うではありませんか。
「ジャケットにパーカーのあの格好、すっごく可愛い
 姉小路さんの実家の下宿先で、
 薄幸の男のように嘘泣きするところなんか最高!
 弁護士が事務所で殺された時、
 収納の中に犯人が隠れていると確信して、
 扉にバットをひっかけて、
 中から犯人がばたばたと扉を揺らして出てきそうになった時、
 扉に手をそえて振り返った時の宅間さんの顔、可愛い!!!」

正直娘がこのドラマの剛君を
こんなに気に入るなんて思いもしなかったから、
この反応にびっくりしてしまいました。
こんな娘の感想は映画館で『中学生円山』を観て、
お茶している時に言った、
「今までの剛君の中で1番好きかも。」
と言った感じにとても似ています。

私「へええっ!
  あんたがそんなにあの役を気に入るとは思わなかった。
  あのドラマの剛君の演技は確かに可愛いし楽しめるけど、
  髪型とかファッションとかファンの間ではいまいちなのよ。
  特に刑務所の中の髪型がひどいでしょ。」
娘「刑務所でかっこいい髪型なんてありえんやん。
  それにあのパーカーにジャケット姿ほんまに可愛い!
  あのドラマまだまだ続きそうやったやん。
  あのドラマの続きどんどん作ったら、
  今まで剛君に興味なかった人も、
  絶対剛君の魅力に気がつくし、
  絶対ファン層広がると思うけどなあ。」
私「ファンは独身貴族の守さんみたいな
  カッコいい剛君が好きなんよ。
  シャレオツの剛君もカッコよかったでしょ。」
娘「私も独身貴族面白かったし、
  シャレオツの剛君はすっごくカッコいいと思うよ。
  でも、世の中にカッコいい人ならたくさんいるやん。
  剛君の魅力はいろいろな演技ができること。あの可愛さ。
  すっごい武器やと思う。」
私「刑事ドラマで、お決まりのように
  殺人事件がたくさんあるのもどうかと。」
娘「確かにそれはそうかもしれんけど、
  刑事ドラマでたくさんの人に観てもらって、
  剛君の演技の魅力を多くの人に知ってもらうことの方が
  大切な時もあるやん。
  あのパーカーファッションだって
  たくさんの人に親しみやすいと思うし。」
私「刑事ドラマしかできない俳優になってもねえ・・・。」
娘「いろいろやったらいいやん。
  独身貴族のような守さんも
  たまにやるからいいんやと思うけどなあ。」
私「私もあなたも『中学生円山』の下井さん大好きやけど、
  世の中にはお下品で好きじゃない人も多いみたいよ。」
娘「宅間さんも下井さんもすっごくチャーミングだなって思って、
  私は大好きやわ〜。下ネタって言ったって誰もが通る道だし、
  ああいうことをコメディーにするからこそ芸術やって思うわー。
  もう、みんな『中学生円山』5回くらい観て~、
  って叫びたいわあ。」
私「ふーん、あんた面白い娘やねえ。」

てな感じで、お正月に帰省した娘と
熱く草彅剛演技論について語り合いました。
七高剛監督!うら若き女子大生がGOサイン出しています。
『スペシャリスト』の続編放送よろしくお願いします
宮藤官九郎監督!うら若き女子大生が絶賛しています。
1/15『中学生円山』レンタル開始!
できるだけたくさんの人に観てもらえたらいいですね
そして草彅剛様、これからもいろいろな役に挑戦してほしいし、
また星野守さんのようなスーツ姿で
男っぽい社会派ドラマなんかも見せて下さいね
もちろんアニキに会える日も楽しみにしてます

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://keikostudio.info/tb.php/247-f8600df2