2013-10-19 20:55 | カテゴリ:ドラマ
最近仕事に追われる日々がしばらく続いて大変だったのですが、
今日は久しぶりに休日らしい日がやってきました。
遅くまでゆっくり寝て日頃の睡眠不足を解消し、
ゴーヤの入った果物たっぷりのミックスジュースを作って、
パンとコーヒーで遅めの朝食をとりました。

今週は主人が持ち帰りの仕事があるらしく
2階で仕事を始めたのですが、
私の方は久しぶりの休日らしい休日なので、
今日は家で好きなテレビやDVDを見てゆっくりして、
明日たまっている家事を一気に片付ける計画にしました。

まずは朝食後の一番は『独身貴族』のリピートです。
何度リピートしても毎回楽しいドラマなんて久しぶりだから、
満足と幸せな気分に浸りながらニマニマしたり、
うるっとしたりしながら充実した時間を過ごしました

そしてその後届いてから長らく封を開けていなかった、
『スペシャリスト』のブルーレイディスクを視聴しました。
リアルタイムで見た時、剛君始め出演者の演技が良かったし、
内容もなかなか凝っていて見応えを感じたのは事実です。
でも刑事ドラマでたくさん殺人事件が出てくることと、
剛君の髪型やファッションがあまり好みではなかったので、
積極的にDVDを見ようという感じではなかったのも事実です。

でも不思議ですね。
『独身貴族』で最高にかっこいい剛君を堪能しているせいか、
『スペシャリスト』の剛君にそんなかっこ良さを求めずに、
純粋に演技だけに集中して見てみると、
やっぱり剛君の演技は複雑で味があって素晴らしい
果歩さんや斉藤工君始め共演者皆さんの演技も
安心して見ていられる充実したもので(特に工さん良かった)、
最後まで犯人がわからない凝りに凝ったストーリーに、
あらためて感動してしまいました

メイキングがまたほのぼのした内容で、果歩さんも優しいし、
剛君の人柄の良さがすごく伝わってきて嬉しかったし、
クランクアップの時、「工君との友情が強くなった。」って
発言しているのがなんかジーンとしてしまいました

役者草彅剛は、ビジュアルだけじゃなく、
本当に演技を魅せてくれる人だなあって、
あらためて確認できた『スペシャリスト』でした

そしてもう1つびっくりしたことがあったのです。
実はいつも私と一緒に剛君の作品を観てくれる主人が、
今回の連ドラ『独身貴族』をあまり一緒に観てくれません。
それなのに、私が『スペシャリスト』を観始めると、
2階から降りてきて一緒に観始めて最後まで観てしまいました。
納得いかない私は思わず主人にその理由を尋ねたのです。
「どうして独身貴族は一緒に観ようと言っても観ないのに、
 スペシャリストだと最後まで観るの!」ってね。
そうしたら、主人はしぶしぶこう答えました。
「うーん、僕は田舎者だからあのドラマがキザっていうか洗練されすぎていて、ついていけないっていうか・・・。」
「うーん、でもねそれだけじゃないのよ。北川景子ちゃんは東北から出てきた田舎者の設定だし、ストーリーもどんどん面白くなってるし、ちゃんと観ないとわからないんだからね!」
「わかった、わかった、来週から観るよ。」

うーん、こんなことになるなんて、意外でした
あのドラマはたくさんの共感者を呼んでいるのも事実だし、
うちの主人みたいに真面目で家族愛の強い人には
抵抗があるらしいし。
ドラマって不思議だな。
しみじみとドラマの難しさを感じた一瞬でした。

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://keikostudio.info/tb.php/180-59a1d4a5