FC2ブログ
2013-08-25 18:51 | カテゴリ:雑誌
二日前から地方の親元に里帰りをしています。
(明日は家に帰りますが。)
金曜日に大学生の息子の運転で高速道路を走っている時、
助手席に座って、スマホで「笑っていいとも」を
必死で見ようとがんばりましたが、
電波の入りが悪く、「同級生5」がたまたま見れただけでした。
落ち着いた司会ぶりだったし、最後「鉄腕アトム」で
さりげなく番宣ができて良かったですね。

地方に帰省していても、
24日は月刊誌がたくさん発売される日なので、
それを買って母のパソコンで更新したらいいと思っていたら、
地方によっては雑誌の発売が、
1、2日遅れるところがあるのですね。
先ほど遅れてやってきた娘に、雑誌を買ってきてもらって
やっと見られました

『TVfan』『TVnavi』の手塚剛の写真それぞれ、
剛君も言っているように、本物の手塚さんとは骨格が違うので、
外見を再現するのは簡単なことではないと思います。
それでもさすが剛君、
手塚さんの精神性を掴もうとした結果でしょう、
全体的に手塚治虫さんの雰囲気が、漂っています

『TVfan』の写真はインテリ漫画家手塚さんの知的な感じ、
『TVnavi』の写真は夢見る漫画家手塚さんの明るいまなざし、
が印象的に撮られています。いつも新しい構想が次々と浮かんで、
新しい作品を生み出し続けた、天真爛漫な芸術家の顔をしています

文章でみると、『TVnavi』で剛君と佐藤浩市さんの
2人のインタビューが続けて載っていることと、
その内容に一番興味がわきました。
確かに『あなたへ』では共演しましたが、ドラマでは初共演の2人。
あの映画で終わることなくお互いにもっと近づきたい、
知りたいと思い合っている様子が感じられて、嬉しかったです。

特にベテランの佐藤さんが、映画の仕事が続いたし、
お父様のこともあって休もうと思っていたのに、
剛君ともっとがっつり演技したいと思ったし、
作品のテーマにも惹かれて出演をあっさり引き受けてしまったと、
おっしゃって下さっていることに、感動してしまいました。
佐藤さんは、慎吾ちゃんとは少し親交があるようですが、
俳優としての剛君にも興味を持って下さったことが、
とても嬉しかったです

佐藤さんの壁村編集長に扮している写真も、
昭和のちょっとアナーキーだった
名物編集長の雰囲気を醸し出していて、とても魅力的です
天真爛漫な天才漫画家とアナーキーな鬼才編集長との友情が、
どう描かれるのか、本当に楽しみになりました

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://keikostudio.info/tb.php/133-ba629546