2018-06-20 13:21 | カテゴリ:新しい地図
今月6月3日(日)に放送されたアベマTV「7.2時間」について
なぜか感想をなかなか書けなかった私です。
面白くなかったわけじゃない。
第1回2回と回を重ねるごとに充実して見応えが増してきて、
7.2時間どっぷり浸って楽しませていただいています。

ただ、第3回を観終わって数日間、なんだか切ないような気持ちが拭えなくて。
あのオープンカーの慎吾ちゃん、吾郎さん、剛君のやりとり面白かったな。
と思うと同時に、あのBMWにあと2人余裕で乗れるよねと思って。
3人でがっつりいればいるほど、いない2人が見えてきてしょうがない。

各企画もCMもとても見やすくなってきて、
スマスマの続きを見ているような錯覚に陥ることがしばしば。
しんつよの歌、水曜日のカンパネラさんとのライブでも、
3人の衣装可愛いなあ〜、おしゃれ〜!!!3人とも素敵!!!
頑張って歌ってるう!!!レベル高!!!
コムアイさんの歌声も魅力的〜、セットの世界観見事だわあ!!!
あれ❓この感覚。数年前Sライブの感想を書いてた時と同じじゃん!
ちょっと違うのは3人の歌が少し上手くなっている気がする。
責任重大だもんね。人前で歌うって大変なこと。
でも歌い続けてくれて嬉しいなあ。やっぱりSMAPの歌う姿
見続けたいもの。Sライブ好きだったから。

極め付きは「72」を歌っている3人のMV。
あれはまさにまさにSMAPを楽しみ慣れ親しんできた記憶そのもの。
40歳半ばだと全く感じさせないアイドルな3人。可愛すぎる!!!
でも、何も変わっていないのに、どうして2人はいないの❓

吾郎さんが「新しい地図」発足当時、よく言っていたことがある。
ファンの皆さんの喪失感を埋めて行きたいと思っていると。
これがその答えなのかなあと思ってありがたく受け取りたい気持ちと、
埋めていただけて幸せでもあり、切なくてしょうがなくもあり。
またここから考え始めると苦しくなるからストップしてしまう私です。
信じたい気持ちと、前を向いていこうという気持ちと両方あります。

最近目にしたり耳にしたりする3人の怒涛のような活動は、
長年ファンとしても願っていたことに沿うものであり、
今までしたくてもできなかった3人が色々なことに挑戦しているニュースは、
胸のすくような気持ちにさせられます。ちょっと無理だけれど
慎吾ちゃんの絵をフランスまで観に行きたいという気持ちが突き上げてきますし、
吾郎さんの京都の舞台のチケットが取れたから楽しみにしていますし、
剛君の「バリーターク」の千秋楽の様子を伝え聞いて心から安堵していますし、
慎吾ちゃんと三谷さんのミュージカルも吾郎さんの「No.9」も観たいなあ。
剛君は次は何をしてくれるのだろう。きっとまた凄い剛君になるって思うし。

CHIZU MAGAZINE VOL.3も届いて、ちょっと早めの夏のお便りが嬉しいです。
窓の大きい素敵なホテル。ちょっとした写真集のような味わいにうっとり。
剛君、伊豆修善寺温泉に行ったとか。ちょっとドキッとさせられました。
私たちの心を埋めるかのようにアイドルであり続けてくれて、
そして今までやりたくてたまらなかったことに精力的に挑戦している3人。
そんなワクワクするような活動に挑戦してくれる3人を応援しています。

世の中は災害や事件で大変な思いをされている方もたくさんおられますね。
先だっての地震は私の地域でも大きな揺れで、その時は玄関まで逃げたほどです。
幸い被害のないところでしたが、電車が止まって職場などは一時大変でした。
被害に遭われている方々には心からお見舞い申し上げます。
一刻も早い復旧ができますように、政府の的確な素早い対応を望みます。
京阪神を再び襲った地震ですが、みんなで支え合いたいとあらためて思いました。

2018-06-16 12:00 | カテゴリ:舞台
今朝は梅雨の合間とは思えないほどの澄み切った青空です。

兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホールにて
「バリーターク」がいよいよ3公演を残すだけとなりました。
6月16日(土)18:00
  17日(日)12:00/17:00
東京公演から少し間をとって迎えるこの兵庫公演に向けて、
演出の白井晃さんをはじめ、
草彅剛さん、松尾諭さん、小林勝也さん、筧礼さん、
スタッフの皆さんが、今まさにエネルギーと気合いを漲らせ、
心地よい緊張感に包まれながら開演の準備をされていることと思います。

今回はあまりのレアなチケットということもあり、
私は神奈川公演を1回観られたことに感謝をしています。
兵庫出身なので今回の公演も思い入れがあり、
叶うことならもう一度切なくも美しい
「バリーターク」の住人になりたかったと心から思いますが、
今はただ兵庫3公演が無事に行われ、
スタッフキャストの皆さんが思い残すことなく千穐楽を迎えられることを
心からお祈りするばかりです。

「バリーターク」では、静と動、明と暗、高と低、楽と苦、喜と怒、
開と閉、愛と憎、生と死、過去と未来。あらゆるコントラストが
見事な配合によって混ぜ合われ目まぐるしいような時と空間が体現されました。

「お芝居は体に悪い」と剛君に言わしめるほど、
この様々な人間の光と陰を余すところなく表現しきっている草彅剛は
お芝居の申し子だと言わざるをえません。

剛君、今頃何をしているのでしょうね。
「パワスプ」の健康つよポンの話を聞いていても、
かなり健康管理、体調管理を本格的にしているようで、
いつもは茶化してくる慎吾ちゃんもびっくりの本気のつよポンです。
私も家族とつよポンの健康を祈願しながら毎朝スムージー作ってます。
生姜と小松菜またはセロリ、人参、りんご、バナナ、キーウイなど。
ハーブティーも必需品ですね。

お芝居の前はストレッチしながらリラックスリラックス。
私も寝る前のストレッチをするようになってよく眠れるようになりました。
今回の千穐楽2回公演は流石にハイになっているから、
ユーチューブで見つけた目隠しをしてもお昼寝できないかもですね。

つよポンの集中力はそんな細部にわたる努力の積み重ねの賜物です。
のほほんと見せているけど、努力の塊が草彅剛ですよね。

6月放送のアベマTV「ななにー」では#YouTuber草彅で
白井晃さんと松尾諭さんと3人で三茶をぶらぶらして、
「バリーターク」の裏話や素顔をたくさん公開してくれて楽しかったです。
松尾さんが私と同じ兵庫県出身だったとか、デビューのきっかけとか
話してくださったところが特に興味深くて。
剛君の「いい飛行機に乗ったんですねえ」というコメントが素晴らしい!
白井さんのこのご縁に「感謝感謝」というお言葉も嬉しかったあ!!!

でもね、聞き逃せなかったのは、松尾さんの
「稽古の時の草彅さんを思い出すだけで泣けてきます」のお言葉。
あれだけ難解で、また今の草彅剛にあれだけリンクしている内容って、
本当に奇跡の出会いとしか言いようがない「バリーターク」。

「パワスプ」でも剛君言っていましたね。
「バリーターク」が終わる時、「僕本当に泣いちゃうかもしれない」って。
それだけ頑張って、それだけリンクして、全身全霊で向かったお芝居。
草彅剛の思いを声に乗せて全てを解き放ってね。

一緒に泣きたかったなあ。
青い空を仰ぎ見ながらお祈りしています。