2016-06-27 00:00 | カテゴリ:未分類
keiko_studio

「ポポロ」「お気楽大好き」守りに入らず攻めて行く正義の味方になれますように! https://t.co/90Z8bak6ZZ
06-26 12:30

2016-06-26 00:40 | カテゴリ:雑誌
8月号「ポポロ」にクールな剛君が4P。
1Pめの氷のようなサイコロに寄りかかってこちらを見ている
剛君のアップが絵のように美しくてため息が出てしまうほどです
綺麗な肌、切れ長の瞳、整った鼻筋、上品な口元、無駄のない体つき
孤独を飼いならし、オチャメな優しさを持つ、正義の味方になれますように
ってもうなっているような気もしますが、そんなヒーロー演じていただきたい
いつもコロコロ変わる家族観ですが、今は父親になりたいような剛君。
子どもとの相性はバッチリだと思うので、いつでもなっちゃって下さい。

「お気楽大好き」では一転、カントリー風なカウンターに寄りかかり、
ラフなシャツにラフな表情で癒し系の爽やかさが吹き抜ける剛君
果歩さんご夫妻とは親交を深めているようで、本当に嬉しいことだと思います。
病気を克服し、頑張っていらっしゃるお2人から感じることも多いでしょうね。
ワダソンはじめ、いろいろな分野の先輩からエネルギーをいただいて、
これからも「守りに入らず、攻めていく!」という剛君を応援します。
熊本のことはやはりタモリさんと語り合っているのですね。
「ブラタモリ」での熊本城の堅固な石垣の話は私も印象深かったので、
放送間もない頃の被災した熊本の様子にはショックを受けました。
剛君の2つの映画の舞台にもなった阿蘇。
熊本への剛君の思いは強いと思うし、必ずや支援をしていると思います。

ここ最近、Twitterでお伝えしたりしていたのですが、
私の地元の高校は文化祭シーズンを迎えています。
文化祭と言えば「秋」というイメージがありそうですが、
実際は、進学校ほどできるだけ早く受験勉強に集中できるように、
年々学園祭を早く済ませる高校が増えているのです。

今回お伝えした進学校の高校3年生の出し物はクラス演劇。
真面目な学校で、シリアスな題材を真剣に演じて競うのが伝統だそうです。
その文化祭を私の知り合いが観てきたのですが、
なんとあるクラスが『僕の生きる道』を舞台化して演じていたと言うのです。
今時の高校生がクラスの出し物に『僕の生きる道』を選んだことに驚きましたし、
最後の合唱コンクールでの歌が「世界に一つだけの花」だったことにも感動。

『僕の生きる道』は2003年の作品なので、今から13年くらい前。
今の高校生が5歳くらいだったと思われます。
再放送を観たりして知っているのかもしれませんが、
高校最後の記念すべき文化祭の出し物に選ぶほど名作だと認められているのですね。
私の息子は放送当時中学生でしたが、ドラマを観て心を揺さぶられ自ら書籍を買って、
自分の部屋の本箱に大切に飾っていましたし、夏休みの読書感想文にも書きました。
高校を舞台に「命」のあり方を真摯に描いた不朽の名作。
今時の高校生がクラスみんなで取り組んだのだと思うと心から嬉しく思います。
クラスのみんなで剛君演じるドラマを観て研究もしたことでしょう。
「銭の戦争」や「スペシャリスト」で剛君にはまった高校生が、
剛君のドラマをさかのぼって観て作品の良さを知ってくれたのかもしれません。

そして何よりも感動的だったのが演劇の最後の歌が
「世界に一つだけの花」だったこと。
ネット社会で情報通の高校生たちが、
今、「花」を歌おうと思ったことに意味があります。
草彅剛の演じてきたドラマや、
SMAPの歌がどれだけ人々に影響を与え愛されてきたのか。
あらためて再認識させられるような出来事でした。
今時の若者をなめちゃあいけない。良いものは何か見抜く力があるはずです
2016-06-25 00:00 | カテゴリ:未分類
keiko_studio

昨日の文化祭の結果が出ました❗️「僕の生きる道」を発表したクラスは素晴らしかったのですが、教室と病室と合唱コンクールの舞台転換が大変で暗転に時間がかかり過ぎたので、惜しくも準優勝だったそうです❗️でもあの命の大作に挑み花を合唱した皆さんは本当に立派です💖#世界に一つだけの花
06-24 21:42

2016-06-24 00:00 | カテゴリ:未分類
keiko_studio

地元は文化祭シーズンですが、ある進学高の高校3年生のクラス演劇で、あるクラスが『僕の生きる道』を上演したらしいです❗️観た人に最後の合唱は「仰げば尊し」だったの?って聞くと、「ううん、世界に一つだけの花だった‼️」とか🌺❗️今時の高校生たちの思いに感動(T_T)💖#SMAP
06-23 22:54

SMAP草なぎがTRICERATOPSのライブに乱入!! 会場からは大声援で国民的アイドルSMAPの力を魅せつける!! https://t.co/rGQLOj94DB #夜寝られなくなるアプリ -> https://t.co/ad2AxgIZJH
06-23 09:34

2016-06-21 22:27 | カテゴリ:ぷっすま
「ぷっすま」の関西での放送は新企画「超えてくる食堂」で、
手作り感満載のセットと小道具の中、あったかい雰囲気の大熊さん、
ナギスケ、アンジャッシュの渡部さんなど、ほっこり可愛い企画です。
スヌーピーの黄色いTシャツの剛君もナチュラルで落ちついている感じ。
新しい企画を考えて、なんとか番組を盛り上げようとしてくださる、
「ぷっすま」スタッフさんたちの愛を感じて、本当にありがたいです
渡部さんといえば、剛君からFNS歌謡祭の司会を取っちゃった方ですが、
やっぱり司会よりバラエティーに出ている方が存在感ありますよ。

その後、待ちに待った「ギターマン・アルペジオへの道」が新展開。
とうとう2年ぶりにワダソン師匠が剛君のために再登場してくれました。
樹里さんとのご結婚があったせいか、2年前の無精髭?は無くなって、
すっきりしたお顔の、LeeのGジャンをまとったお幸せそうな和田唱さんです

早速アルペジオのために剛君が今練習中だというエリック・クラプトンの
「Tears in Heaven」を師匠とユースケさんに聴いていただくことに。
フリップ芸を見る時に使ったセットが残っていたのでしょうか。
師匠とユースケさんがサイコロを引っ込める度に扉が閉まっていくのが、
なんだかドキドキ感があって楽しかったです。

でも剛君、かなり練習をしているのでしょうね。
エリック・クラプトンの曲で難しいアルペジオでの演奏でしたが、
ちゃんとメロディーとして聴き取れましたし、
ワダソン師匠が歌ってくださって演奏と合った瞬間は鳥肌ものでした
剛君がエリック・クラプトンを聴いているとインタビューに応えていたので、
私もすぐにスマホのリスモでクラプトンのベスト盤を購入して、
頻繁に聴くようになったので、「Tears in Heaven」もお気に入りの曲でした。
聴き慣れたメロディーを剛君の指がつまびくと、じわーっと感動してしまって
韓国語の時もそうでしたが、剛君のひとつのことを学び続ける姿勢は凄いです
恥ずかしそうにそれでも一生懸命に弾ききろうとする姿が本当に素敵ですね

Twitterの皆さんのツイ情報によると、すでに先日19日には、
トライセラトップスのライブに参加させていただき、
「藍色のGANG」と「夜空ノムコウ」を披露させていただいたとか。
ユースケさんも登場して会場はあたたかい雰囲気に包まれたそうですね。
前回もそうでしたが、トライセラのファンの皆さんが本当にお優しいし、
剛君のファンもたくさん観に行かれたようです。羨ましいかぎりです。
2年前のSMAPライブのあの「藍色」がどんな風に進化していたのでしょう。
緊張していたという「夜空ノムコウ」は・・・。
剛君は緊張しいですが、一生懸命な時ほど人柄がにじみ出るので感動します。
関西ではTVでライブの様子を見るのはまだまだ先になりますが、
ライブに飢えているファンにとって、、本当に貴重な映像になりそうです

昨日は「スマスマ」ではなくて、中居君の「神センス!塩センス!」でした。
中居君の司会は生き生きとしていたし自由自在で、最後まで楽しく観ました。
でも、通常の「スマスマ」がない淋しさはなんとも言葉に言い尽くせません。
SMAPはいったいどういう方向に向かっていこうとしているのでしょう。

「ブラタモリ」の剛君のナレーションや、
「パワスプ」の健つよ即興ソングなどに癒され、なんとか心をつなぐ週末。
月曜日の何とも言えない淋しさも「ぷっすま」で解消する日々が続きます。
今週は「TVガイド」「ザ☆テレビジョン」「TVnavi」
につよしんごろうの「境界線クイズ」の記事、「ポポロ」に剛君、
月ジョンの「お気楽大好き」もありますね。
雑誌があるとホッと一息という感じです・・・

2016-06-14 00:43 | カテゴリ:スマスマ
「スマスマ」でのビストロ、今日も剛君勝っちゃいましたね。
最近ずうっと勝っているような気がします。
今日のゲストのキョンキョンとふみふみは味があって素敵でした。
お2人の映画、観たいなあって思いましたし、
剛君とも共演して下さる機会があればいいのにって思いました

「限界クイズ」も挑戦する直前の草彅剛の表情が男っぽくて、
萌えどころ満載で楽しめました。
出川さんのMCとゲストの掛け合いのグダグダ感がなんか可愛い。
剛君のコーナーらしいほんわかとした雰囲気が癒されますね。
自転車の時に『メッセンジャー』の映像が映ったのが嬉しかったし、
本当にあの映画での剛君の疾走姿、カッコ良かったなあと思います。
一輪車に勝っても「こんなみっともない勝ち方いやだよ〜!」と言う
剛君の男らしさにまたまたきゅんとさせられました。

雲梯への挑戦は無理過ぎて、あっけなく失敗してしまいましたが、
27時間テレビのライブでのバク転シーンの剛君のカッコイイこと
最後にみんなで高級サクランボを食べちゃって、
剛君の失敗感も忘れるほど、会場が和んで終わったのは良かったです(笑)。

「スマラブ」での吾郎さんの選曲は、中島みゆきさんの名曲「糸」。
最近の吾郎さんは振る舞いやトークに自信と余裕があって素敵ですね。
先日最終回を迎えた『不機嫌な果実』もシリアスとコメディーの
バランスが絶妙で、最近にはちょっとなかった娯楽ドラマでした。
吾郎さんの演技もバラエティーに富んでいて視聴者を楽しませました。
吾郎さんのこれまでの努力の積み重ねが実を結んできたようで、
好評のうちにドラマが終わって良かったなあと思いました。

「糸」という曲を選んだ理由を話す吾郎さんの話し振りも、
大人っぽくて味わいがありました。「仕合わせ」っていい言葉ですね
吾郎さんが込めたかったメッセージを受け取ったような気がします

「糸」を歌った時のセットがまた私好みでたまらなく素敵でした。
5人の衣装も黒白で統一しながらもデザインが違っていてファッショナブル。
剛君のハイカラーの王子様のようなスタイルがとても似合っていて、
雨がしたたるガラス窓をバックに歌う剛君がこの上なく美しかったです
こんなヨーロピアンな剛君を見ると、やっぱり外国映画に出て欲しいと思いますね

「糸」の歌詞を今のSMAPのメンバーはどのような思いで歌ったのでしょうね。
剛君と慎吾ちゃんの瞳には涙がにじんでいるように見えたのは気のせいですか?
中居君のソロ部分「織りなす布は いつか誰かを 暖めうるかもしれない」
は、まさにSMAPがはたしてきた仕事そのものを表しているように思いました。

5人全員の心からの「メッセージ」だとしたら、どんなに嬉しいでしょう
「糸」はたくさんの歌手の方々がカバーしてきた名曲中の名曲ですが、
今回のSMAPの「糸」はSMAPにしか歌えない、
まさに世界にひとつだけの、本当に貴重な胸に沁みわたる「糸」でした

2016-06-09 23:39 | カテゴリ:未分類
会報届きました。
感激しているファンの方がたくさんおられるのにもかかわらず、
なぜか私の心は沈鬱な気分のままだったので、
ブログにもこんな気持ちをどう書けばいいのかわかりませんでした。

私は役者の草彅剛に心底惚れ込んでファンになり、
一生ついて行くつもりになりました。
草彅剛の演技を見続けることが人生の生き甲斐のひとつとなり、
家族も自分自身も「草彅剛」がこんなに大きな存在になって驚いています。
私にとって、草彅剛の演技には、
他の俳優さんでは満たされきれないものがあり、
人生を味わって生きるために、なくてはならないものになりました。

世の中には私と同じように感じている方もおられるようですし、
どうしてそこまで草彅剛の演技を求めるのか不思議な方もおられるようです。
メンバーの個人の仕事よりSMAPとしての活動が最重要の方もおられます。
本当に、考え方感じ方は人それぞれ、求めるものも人それぞれだと思い知ります。

毎日主人とも娘とも繰り返しこの問題について話題にしてきました。
主人は「SMAPあってこその草彅君なのだから、解散しないで良かったじゃない。」
と言います。娘は「40歳も過ぎたいい大人が人生観、仕事観が違って来るのは
あたりまえなのだから、解散してそれぞれが自分らしく仕事をすればいいのに。」
と言います。一緒にライブに行ってくれる家族でさえこんなに意見が違うのです。

私は役者草彅剛から入ったSMAPファンでもあります。
SMAPの楽曲の音楽性の高さは
いろいろな意味で素晴らしいと唸らせられてきました。
そんな音楽を25年も歌ってこられた裏には、
敏腕マネージャーの力があったでしょう。
5人ひとりひとりはそれほど歌が飛び抜けて上手いわけでありませんが、
5人の声が重なった時の心地よい声色はまさに奇跡のハーモニーだと思われます。
5人5様の個性的なパフォーマンスは誰1人かぶることはなく、
長年の経験によって培われた重層的な表現で楽しませてくれる、
まさしくプロのエンターティナー集団です。

でも、そんな彼らの能力を生かしてくれるマネージャーが、
今彼らの側にいるのでしょうか?
彼らのずば抜けたグループとしての能力を、
一体今後、誰がマネージメントしてくれるというのでしょう。

もう少し時間が必要なのでしょうか。
待っていれば事務所のマネージメントの体制もきちんと整えられるのでしょうか。
私は、25年も第一線でアイドルを続けてきた5人なら、
セルフマネージメントも十分できるのではないかと思います。
そのためには、やはり一番年長の中居君と木村君がグループとしてのあり方を
腹を割ってしっかりと話し合って、事務所とも交渉して、
まとめていく必要があるのではないかと思っています。

草彅剛は下から2番目なのにがんばっていると思います。
「フラット」を保とうと心がけている姿がけなげです。
新曲が歌えないから、ギター1本で作詞作曲して、
下手でもなんでもいいから、とにかく歌って歌って歌いまくってくれています。
「動くことで何かにつながっていくんじゃないかな。」を体現しています。

でもね、この間の「ベビスマ」で、
未公開だった劇団ひとりさんとのやりとりが放送されました。
剛君とひとりさんは長年「いいとも」金曜日でレギュラーを共にしてきたのに、
1回もご飯を食べに行ったことがないというくだり。
その時、剛君が真面目な顔つきで
「僕は本当に、これを機にひとりさんと仲良くなりたいと思っています。
 ひとりさんはお芝居や映画のことも詳しいし。」と言いました。
この言葉には、剛君の真実の思いが込められているのではないかと感じました。

今まではお芝居や映画やドラマなど、敏腕マネージャーが後押ししてくれていました。
でも、これからは、もっと自分でチャンスを作っていかなければならないと
思い始めているのかなあと。剛君にとってもちろんSMAPは大切ですが、
やはり、お芝居や映画もこの上なく大切なものだと思っていることでしょう。
こんな草彅剛の気持ちを、所属事務所がどれだけ大切にしてくれるのか、
役者草彅剛のファンとしては、心して心して見届けたいと思っています。

会報では、「解散騒動」についてメンバーたちが私たちファンに謝罪していますが、
そもそもこの騒動の引き金を引いたのは彼らではなく事務所の方ですよね。
彼らが負い目を感じる必要は何もないってことなのではありませんか?
いろいろな行き違いや人間の感情などが交錯しているのだろうと思いますが、
何はさておき、一番大切なのはこれからどうなるのかということです。

ジャニーズ事務所に残って良かったと全国のSMAPファンは思わせてもらえるのか、
役者草彅剛に仕事をさせてもらえるのか、ファンは固唾を飲んで見守っています。
会報にあった「Smapper’Voice」におハガキを書いたらいいのかな?
この熱い熱〜いファンの気持ち、必ずや受け取ってくださいますよね。

2016-06-07 00:00 | カテゴリ:未分類
keiko_studio

「ブラタモリ」また過去最高18・6%!国土地理院「測量の日」表彰で注目集める(スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース https://t.co/pIkwlEnNDv #Yahooニュース
06-06 14:17

2016-06-01 00:00 | カテゴリ:未分類
keiko_studio

香取「急激な成長能力の高さは半端ない」的確すぎる草なぎ評を披露(Smartザテレビジョン) - Yahoo!ニュース https://t.co/L7xevpyKW6 #Yahooニュース
05-31 15:29