2018-01-01 00:43 | カテゴリ:新しい地図
2018年明けましておめでとうございます
旧年中はなかなか更新できないこのブログをのぞきにくださって
ありがとうございました。

昨年は元旦早々に高熱を出し、
信じられないようなことが公私ともにいろいろと起こりましたが、
「新しい地図」のスタートとともに気持ちも前向きになり、
なんとか無事に2017年を越すことができました。

家族、友人は言うまでもなく、
剛君、剛君のファン、新しい地図のファンの皆さんとともに、
前を向いて明るい気持ちで踏ん張ってきたからだと思います。
それゆえに2018年を無事に迎えることができた喜びは一入です。
この感動を大切にして、今年が明るい良い1年になるよう、
良い風を吹かせることができるよう、心新たに頑張って行きたいです。

31日大晦日の「パワスプ」の剛君の声は、
とても落ちついていたし、大人っぽい充実した話しぶりで安心しました。
怒濤の2017年を乗り切って、いろいろなことを吸収されたことでしょう。
男気、優しさ、ナイーブさ、アーティスティックなところなどなど、
多面性を魅せてくれる草彅剛に今年もついてまいります。

草彅剛とNAKAMAたちにとって2018年が素晴らしい年になりますように
今年もどうぞよろしくお願いいたします

2017-12-12 16:28 | カテゴリ:新しい地図
待って待ってようやく新しい地図のNAKAMAカードが届きましたヾ(o´∀`o)ノ
届いて開いて見てようやく会員である喜びが涌き上がってくるのを感じました。
やっぱりねえ、手続きだけではなく実物が来るってことは大切ですね!

剛君たちのNAKAMAになれたこと、これから新しい地図を作ること、
そのワクワク感が嬉しくて、エネルギーが身体の底から生まれてくる感じでした。
発送しましたという通知から1週間が過ぎたので、主人も心配していたようです。
会員証を見て、「僕もほっとしたよ〜」と思わずつぶやいておりました

そういうことで昨夜からエネルギーがみなぎって、朝一から本屋さんに直行。
お正月特大号の「ザテレビジョン」を見つけて、付録のポストカードを見ると、
これまた袴姿が清々しい最高の3人の笑顔が目に飛び込んできました。
なんと若々しく柔らかく優しく爽やかな3人なのでしょう。
とても40歳過ぎとは見えないですね。アイドルオーラがきらきらしています。

その眩しさにちょっと理性を失って、なんと表紙が誰かなど気にせずに
複数冊買ってしまいました。いやあさすがに今までなかったですけど。
親しい友達や家族にまで送りたくなってしまって。
「ご心配をおかけしましたが3人は元気です。
 こんな3人をよろしくお願いします!!」って。
メンバーカラーを襟元にあしらっているのもつながっている感じで嬉しいです。

そのポストカードには来年4月に公開される映画『クソ野郎と美しき世界』の
詳細と宣伝ももちろん書きます。なんせ公開が2週間ですから。
ピンポイントできっちり宣伝しないといけないなあって思います。
「新しい地図」の公式サイトで先行発売のムビチケなるものが発売になりました。
もちろん主人も娘も行くつもりなので1セットは購入しました。
ただ2週間ということと映画館までの距離を考えると二の足を踏みますね。

Twitterの情報では剛君が映画を撮っていたらしく、いよいよ感が高まります。
きっと素晴らしい監督と共演者が集まってくださっているのだろう思いますが、
素晴らしければ素晴らしいほどお金もかかりますものね。
資金がいるのだろうと予想できます。でも大きなお金となると突然は難しい。
やはり主婦ですから計画を立てないと。
きっと同じように思っているNAKAMAは多いと思います。
NAKAMAは「宣伝広報担当」ですから、
きっとみんな今頃策を巡らしていることでしょう♪(/・ω・)/ ♪

新しい地図で発売されているカレンダーは必需品ですから購入しました。
そのカレンダーの「SAMPLE」で3人が着ている服がユニクロだと評判です。
何も発表されていないのですが、ファンの指摘で簡単に噂になってしまって。

ユニクロもしばらくご無沙汰していたのですが、まさに最近
再びマイブームになっていたところでした。デザインが可愛くなって!!
ロングのワンピースやスカート、セーターやカーディガンなど利便性も高くて。
まさにユニクロ良いじゃん!復活!!って思い始めたところ。
寒くなってきて今年の冬物を買い足さなければならないこの時期ですから
必然的に行って買ってしまいました。
これっていつ発表されるのでしょうか?
とにかくあのカレンダーも素敵で、年を越すのが俄然楽しみになります

昨夜は娘と一緒にNHKの「鶴瓶の家族に乾杯・20周年SP」を見ました。
懐かしくて泣けて笑えて感動させられました。
鶴瓶さんのお人柄の良さや人間味が凝縮されていて凄い。
福の神、縁結びの神かと思うような不思議な力を持っている方だとも。
この番組も「人間っていいなあ」って思わせてくれる貴重な番組です。

そして「72時間ホンネテレビ」の3人にあんなに豪華な差し入れと
温かいメッセージをくださったことをあらためて凄いことだと思いました。
有り難いことだったのだなあと感謝の気持ちでいっぱいになりました。

先日の「ブラタモリ・彦根」で、鶴瓶さんも最近彦根に来たことが紹介され、
タモリさんの鶴瓶さんに対する暴言(笑)も飛び出していました。
タモリさん流の鶴瓶さんへのお祝いメッセージだったのかもしれません。
なんだか人のご縁って全部つながっているような気がしました。
綺麗な心さえを持ち続けていたらきっと人と人は繋がっていくのではないかと。

好きだなって思える人がたくさんいることが幸せです。

2017-11-26 12:10 | カテゴリ:新しい地図
GQ「MEN OF THE YAER2017」を受賞おめでとうございます
11月22日に発表され、授賞式の様子もネットで配信されました。
伝統ある男性ファッションカルチャー誌『GQ』の表紙を
吾郎さん剛君慎吾ちゃんで飾ることができて目の覚めるような喜びです。

とにかく表紙を飾った3人のタキシード姿がこの上なく美しい。
油ののった40代の男の魅力を余すところなく漲らせています。
3人の佇まいが普段のポピュラーな印象と異なっているのが素晴らしい。

慎吾ちゃんは普段ラフな服装をしている時が多いですが、
私がより好きなのはまさにビシッとタキシードなどで決めた背筋の伸びた姿。
体格の良さ、顔の作りの大きさ、大きな愛、頼りがいのある男らしさ、
エネルギッシュなパワー、華やかな品格、安定感が際立ちます。
この方はやはり「王子」ですね。世界中にパワーを示す存在です。
ある事情で身をやつしてきた「王子」が真の姿を表したという
ドラマティックな展開に胸が高鳴ります。
知略に長けつつ世界の平和をリードして行く大きな役割りを担っています。

吾郎さんは昔の控えめな陰のあるイメージが先行してきましたが、
本当は社交的で明るさもあるチャーミングで優しい人。
表紙の吾郎さんはピンクの花と緑の葉が縫い込まれた豪華なタキシードに
リボンタイという上流貴族のような装い。社交界の中心となる男爵さま。
表情が精力的で明るく目の輝きが力強い。
抜け目のないような大人の雰囲気を醸しているところが重層的。
こんなにエネルギッシュな吾郎さんは初めてでワクワクします。
こんな「男らしさ」をもっと押し出したら新しい稲垣吾郎に出会えそうです。

剛君はよくこの表情で収まりましたね。流石です。
普段はあんなに明るい少年のような癒し系で通っているのに、
表紙の草彅剛は得体のしれない「謎の男」。なんでこんなに色っぽいのだ
慎吾ちゃんが「王子」、吾郎さんが「男爵」なら、剛君は「吟遊詩人」。
何処からきて何処にいくのかわからない。
とぼけた表情で人をはぐらかすようなことを言うけれど、
たくさんの悲しみを目撃して来て心に深い深い傷を隠し持っている人。
とてもずる賢くて悪い奴かもしれない。
でもそれは人一倍ピュアだったがために多くの悲しみでゆがめられた心。
心の奥底で光を愛を渇望しているのにそれを押し殺している男・・・。
タキシードのボタンに手をかけている指まで「謎の男」を造形している

この表紙のキャラクターで舞台か映画制作したら凄い豪華な作品になりそうです。
中世のヨーロッパを舞台にした群像劇。シェークスピアをするのもいいかも。
3人は表現者なので、この表紙のキャラクターがどんぴしゃだとは思いますが、
入れ替わってもまた面白い。
三谷幸喜さんのしんつよ舞台『burst』の時のように。
可能性は無限にあると思います。
これから制作する来春公開予定の映画『クソ野郎と美しい世界』では
また全く違う3人の設定や表現が見られると思うので期待感が一気に高まりました。

『GO JAPAN』の公式サイトで「MEN OF THE YEAR2017」を受賞した
9人のインタビュー動画が見られて、見応えがありますね。
→『GQ』公式サイト
草彅剛の動画は特にしゃべりが自然体で素晴らしかったです。
雑誌『GQ』の中にある「インタビュー」の内容にも自然体が貫かれていました。
気負いがなく、自分を決して大きく見せない、等身大であろうとする潔さです。
「パワスプ」によると、さすがアメリカに本社があるGQの取材ということで
外国人記者もたくさんいたとか。剛君はその場の状況がよくわかっていなかった?
感じがあったのかもしれませんが、なにがチャンスになるかわかりません。
3人の魅力が海外にも広く届いて欲しいと願います

自然体なしゃべりの中でも表情が多彩なのが草彅剛の凄いところ。
限られた時間の動画の中に、シリアス、ニヒル、ナチュラル、ダーク、ライト、
そして笑い声まで入れてしまうのですから
話の内容も全く自然体。正直な感想を飾ることなく語っています。
「ダメさ」も「不完全さ」も「滑稽さ」もエキスとしてさりげなく含める。
素晴らしい賞をいただけたけれど
自分は今「リボーン」「リスタート」したばかり。
凄いですよ草彅剛。ファンは「役者草彅剛」を求めているのに
あえて「ユーチューバー」「即興ギターマン」を口に出す。

剛君の理想とする表現は
もっともっと自由で広い世界なのだとあらためて思います。
そして言葉にしないからこそそこに大志があるように感じます。
雑誌『GQ』のインタビュー記事の右上に添えられた剛君の写真に
右手で顔半分を隠し目を閉じている写真がありますが、
この写真に剛君の姿勢が表れているような気がします。
中にどんどん蓄える。あらゆる表現に興味を持つ。そしてひとつずつ。

2018年の抱負は「攻める」。
この言葉がファンにとってどれほど嬉しいか。
いろいろお仕事も決まっているそうなので、
明るい気持ちで新年に向かって頑張れそうですね。
ここ2年ほどファンにとって本当に息の詰まるような日々でしたので、
本当に本当に元気が出てきますし、頑張って応援したいと思います

2017-10-17 15:30 | カテゴリ:新しい地図
10月16日に本格始動ということで、「新しい地図」サイトが
「クソ野郎と美しい世界」という題名の映画を製作すると発表しました。
3人が登場している新しい動画も発表され、その動画のスタッフに
これまでSMAPとともに上質なものを制作した一流の方々が
たくさん携わってくださっているのを知り、大変心強く思いました。

吾郎さん慎吾ちゃん剛君それぞれの才能や魅力は理解しているつもりですが、
映画で3人の魅力を違和感なく最大限に生かすには
アイデアと技術が必要になると思われます。
3人の魅力が化学反応を起こし、大きな力を生み出すことを祈るばかりです。

映画の題名はストレートでザラザラしていますね。
このザラザラ感から逃げることなくそのまま向かい合うということですね。
日本財団DA企画展MOTOに慎吾ちゃんが作家として絵を出品し
話題になっていますが、その絵の題名もとてもストレートです。
私のような世界の片隅の1ファンがひそやかに願っていることと
真摯に向かい合っていると理解していいのですよね。

明日の「おじゃMAP!!」は2時間SPで萩本欽一さんと太田光さんがゲスト。
懐かしい「欽ドン!」や2ショット対談が見られるそうですね。
私は慎吾ちゃんは欽ちゃんに愛され信頼されるだけあって、
笑いのセンスが超一流だと思っているのでとても嬉しいし楽しみにしています。

動画のラストの吾郎さんがとても大人でクールで見惚れました
われらが草彅剛は美しい横顔だけだったのでじれったいくらいでした。
まああの、男の決意と哀愁が滲み出ている背中が好きなんですけれど。

スタッフの中にシマホCMのクリエイティブディレクターをされた
山崎隆明さんがおられるのは剛君ファンとしてこの上ない喜びです。
シマホCMには俳優草彅剛の魅力が詰め込まれていますものね。
シリアスとコメディーの調合具合が絶妙なので大好きです。
シマホCMが終わってしまってもの凄く寂しかったので、
山崎さんとのつながりが続いていることがわかってほっとしました。

映画が3人3様の魅力を堪能できるものであることを願って止みません。
とにかく剛君を映画館で観られるということが嬉しい

2017-10-07 23:44 | カテゴリ:新しい地図
「おじゃMAP!!しんつよ2人旅」何度も繰り返し見ました。

解き放たれた剛君は少年のように弾けていて天衣無縫の輝きがあります。
と同時に長年バラエティーで揉まれ培って来た経験値の高さも。
剛君はまさにゴールを決めずに常に新しい表現を求めるチャレンジャー
権威や体面に執着することなく、自由と愛と表現することを楽しむ人。
そんな人だから笑顔になれる。驚きがある。惚れ惚れする。胸が熱くなる。

くるみちゃんに始まり、愛車、古着、ギター、慎吾ちゃんの作品、
ピクニックセット、バーベキュー、おジャーマップ、恋話などなど、
「おじゃMAP!!」は剛君と慎吾ちゃんの2ショットを存分に味わえました。

特に「パワスプ」の収録現場が見られたのはなかなかのお宝もの。
ラジオを聴きながら「このせっまい部屋」や「近くで笑ってる人誰?」
といつも想像していたので、映像で見られてスッキリするというか嬉しくて。
しかしまあ、本当にザキヤマさんもびっくりの小さな狭い収録現場
スマスマの楽屋で録っていることも多かった「パワスプ」とは
あのような世界だったのですね〜。親近感湧き過ぎのアットホームさです

ストリートダンスで慎吾ちゃんと剛君が踊る姿を見られたのもお宝もの
ただ私は、剛君たちが事務所を退所することがわかってからこの方、
駅前でストリートダンスをするしんつよを頭の中で思い描いて来たので、
なんだか想像通りになったことが不思議でたまらなかったです。
このことはブログにも書いたことがあります。
記事を遡らないといつ書いたのかも思い出せないのですが・・・。
今回ばかりは剛君の発想と自分の想像が一致したので感動も一入でした。
「しんつよ」と言えばやっぱりあの姿がスタートだと言う気がするので。
「原点」を思い出して輝いた2人。これからもバンバン踊って欲しいし、
2人が3人に、3人が5人になればやっぱりいいのにと自然に思いました。

踊る剛君は音符のようにリズムを体現することができる人。
慎吾ちゃんのガタイの大きさや骨格も迫力があってオーラがあります。
でこぼこコンビの踊りを見ていると自然と身体が揺れてきます

「スマスマ」のS-Liveと「僕らの音楽」を思い出したしんつよライブ。
懐かしい(と言うほど前ではないのに)スタッフさんが周りにいたようです。
慎吾ちゃんの感激と緊張が剛君にも伝わって2人の気持ちがとてもリアルでした。
2人のリアルな様子を見ていると、彼らが第3者によって
愛しい「歌」の世界から引きはがされたということがわかりました。
そして今、自分たちの意志で「歌」の世界の扉を再び開いたということも。
その意志の元に、東京タワーの真下に
懐かしいスタッフさんたちが笑顔で集結してくれたようでした。

歌を愛する人たちが、気心の知れたNAKAMAが2人の再出発のために。

剛君の歌声、柔らかで深くてとても良い声でしたね。
ギターもかなり上手くなっていて弾き語りがだんだん様になってきました。
魂のこもった「Shintsuyo be on right」に涙が流れました。
魂の入った2人の表情に胸が熱くなり、本気の手応えに震えました。
人間って40歳過ぎてもこうやって再出発することができるのですね。

余韻に浸っているうちにブログも更新出来ず、もう今週の「パワスプ」です。
今日はBayfmの偉い方が来られてちゃんとしたスタジオで収録しているそう。
偉い方が「おじゃMAP!! 」を見て、
ちゃんとしたスタジオで収録するように言ってくださったとか。
本気の気持ちが人の気持ちを動かしていくのですね
元気を取り戻してエンジンがかかってきた慎吾ちゃんが嬉しいです。
剛君、なんだかんだ言ってお兄ちゃんだね。頼りがいがある。

「変な人でさ、変な事言ったり急に変な事したりするけどさ
 スッゴク真面目でしょ?こんな所が好きです。」
という慎吾ちゃんの愛の言葉がとても自然で感動しました。
その通りですね。私も基本真面目な人が好きなので全く同感です

大きな慎吾ちゃんが笑った。剛君が笑った。くるみちゃんが吠えた。
ザキヤマさんも笑った。ザキDが面白くて温かくて素晴らしかったです。
新百合ケ丘駅でしんつよを見守った人たちもとても優しく笑っていました。
みんなが本当の笑顔をひとつひとつ取り戻して
みんなで元気になりたい