2017-09-18 00:40 | カテゴリ:ブラタモリ
いやあ、感動しました剛君のナレーション「ブラタモリ・高野山と空海」
一貫していつものナレーション以上に突き抜けた清らかさがあり、
剛君のナレーションが神聖な場所で輝きを増すことを実感させられました。

その上「高野山と空海」の世界観を深く理解しているように感じさせる
味わいのある静かな語り口は、世界観と一体となっていて引き込まれました。
おかしいな、あの支離滅裂な天然5歳児はどこにもありません。
剛君の前前前世はもしかして僧侶だったのかも...。

タモリさんも感動に震えていた空海の出家宣言書である国宝「聾瞽指帰」
書道の達人と言われた空海の素晴らしい書を大写しに見られて胸が熱くなりました。
空海の達筆は息を飲む迫力と躍動感と美しさがありました。

「『尊円寂一切通』仏法の尊者は一切に通づる
 仏教の教えを極め悟りを開けば全てを理解できるという意味です。
 仏の道を生きようという、空海24歳の熱い決意が表れています。」
 
この部分の邪念のないナレーションが見事で感嘆しました。
重要な一節であればあるほど自分を「無」にして言葉の本質に委ねる剛君。

私の親元は四国出身で真言宗ですので、母の喉仏を高野山に分骨しました。
母が眠る高野山ということで思い入れがいつも以上だったのかもしれません。
それにしても剛君のナレーションは高野山と一体になっていて清らかでした。
平安時代を彷彿とさせるBGM(フルート?&合唱)と溶け合っていました。

『BALLAD』の印象があって武士のイメージが強い剛君ですが、
今回のナレーションを聞いていると平安時代の雰囲気の直衣姿も似合いそう。
草彅剛の時代劇が観たいというファンは多いですが、
中世という古典の世界まで遡ってみてもいいかもしれません

タモリさんの感動にそっと寄り添うような剛君のナレーションが際立った
「高野山と空海」は、個人的にはなかなかの神回になりました

2017-06-06 16:51 | カテゴリ:ブラタモリ
「ブラタモリ・倉敷」のナレーション、滑舌もよく100点満点でした。
花粉症の時期からやっと抜け出して、
剛君本来の好い声がしっかり出ていて、落ちついた雰囲気で素晴らしい。
抑揚の付け方も適度で心地よく、説明もこなれていて内容も入りやすい。
タモリさんは初めて訪れたという倉敷でしたが、常に笑顔でご機嫌の様子。
時代劇で使われているような町並みに趣があって風情のある所ですね。
私は昔一度行ったことがありますが、
ヨーロッパ建築らしい大原美術館を見て、また行きたいなあって思いました。
森田酒造の話の時に、「どんな商家なのでしょうか?」とシャレまで入れた
剛君のナレーションは、余裕が出て来た感じで、思わずニンマリしました

「パワスプ」のオープニングは、剛君の「暑いよ!狭いよ!」の連続でした。
一体どんな古い建物の、どんな狭い部屋?と想像を膨らましてしまいましたが、
そんなレトロな、昭和な感じのさびれた小部屋でラジオを収録している
しんつよの2人の姿が、ロックな感じそのものだなあって思っちゃいました。
「暑い、暑い」と文句っぽいことを言い続ける剛君と、
着込んでいてボタンもしっかりとめているのに何にも感じない慎吾ちゃん。
剛君「(慎吾は)鈍感なんじゃないの?」
慎吾ちゃん「文句は言わない方がと言いつつ愚痴りまくるつよポン!」と言う
2人のちぐはぐな天然の掛け合いが面白くて、思いっきり楽しいラジオでした。
こんなロックな2人ならどんな環境でも楽しめちゃうかも

そんな中でも、慎吾ちゃんが津軽の電車の絵を描き直しに行った話は感動的。
私も20年前、慎吾ちゃんが子どもたちと絵を完成させたのを覚えているので、
あの時の子どもたちの子どもたちと再び電車に絵を描いたという話に興味津々。
明日6月7日の「おじゃMAP!!」は録画しなくては!楽しみです

今週の関西での「ぷっすま」は「タレントグルメ」で、鉄板焼き屋に行きました。
ナギスケの食レポはユースケさんの「今まで1番ウマい!No.1!」と
剛君の「ウマい!」の連続で、とうとう「バカ兄弟」と命名されてしまいました。
剛君は、ストライプの紺色のシャツと口髭が大人っぽくてカッコいいです。
カッコいいのに、未だに食レポできない、いや真面目に食レポしようともしな〜い
剛君にただただ癒される「ぷっすま」でした

2017-04-11 17:50 | カテゴリ:ブラタモリ
「ブラタモリ・清水寺」内容が興味深くてとても面白かったです。
京都と言えば関西に住む私にとって生活圏内で、
清水寺にも小さい頃から何十回と行っていますが、
今回のようなことは全く知らずに
ただただ有名観光地として認識していただけでした。

ご本尊である「十一面千手観音像」に対する観音信仰。
衆生の声に耳を傾け、救い手のさしのべてくださる観音さまのこと
恥ずかしながらこの歳になって初めてしっかり知ることができました。
仏教では観音様は滝のある崖の上(補陀落)に住むと言われているらしく、
清水がそのイメージにぴったりな所だったと言うことも知りました。
清水と嵐山の間が沈んで断層が出来、盆地に都ができたということ。
断層ファンのタモリさんは「日本人はみんな断層ファン!」と言って
清水寺にたくさんの人が訪れていることを面白がって楽しそうでした。

「清水の舞台から飛び降りるような気持ちで」とは
私も何度か使ったことがあることわざですが、
本当に飛び降りたことがある人が237人で助かった人が85%とは驚き。
歌舞伎でウケたことがきっかけでまねをする人が続出したとは面白い。
清水寺の名前の由来となった湧き水を飲むくだりも、
暗渠めぐりも、あの世とこの世の話や閻魔大王と小野篁の話も興味深い。
やはりその土地のことを歴史と共にしっかり理解できる「ブラタモリ」は
貴重でためになる番組だとしみじみ思いました。
タモさんがあの世に続く井戸をのぞいて、
「閻魔さまがいるいる」と言って
後ずさりしている姿が可愛かったです。

タモリさんと近江アナの1年を共に過ごして馴染んできたやりとりも面白く、
ナレーションの剛君の声も大人っぽく落ちついていて余裕があります。
剛君の声を聞くとこの世のもろもろの悩みも吹き飛んでしまいますね。
最近とみに大人っぽくなり、芯がしっかりしてきた話し振りに惚れ惚れします。
清水の湧き水のご利益が3通りに分かれていることで盛り上がっている時も、
「まあ、ありがたい水には変わりないですよ。」
とスッキリまとめてくれました

今週関西で放送の「ぷっすま」は「物件拝見トレジャーバトル後半」でした。
こちらの剛君も可愛い中にも1本芯が通ったような大人っぽさが
恒例のエガちゃん企画のビリビリクイズでの質問。
「江頭2:50を天才だと思ってしまう自分がいる。」
剛君「いいえ!」  ビリビリビリ〜
剛君「思ってない!思ってない!」
エガちゃん「兄弟!」
ナレーション「草彅まさかのエガちゃんリスペクトが発覚です!!」
エガちゃん「寂しかったら大川興業は入れ!」
     「俺と組んだら絶対最強だよ!」
剛君「いやいやいや!」
エガちゃん「お前スパッツ履いてみ!」
剛君「いや!」
エガちゃんの畳み掛けるしつこい歓誘にも絶対屈しない草彅剛でした
それどころかスタッフも想定していなかったことを思いついちゃって、
エガちゃんの企画をぶっ潰してしまうという剛君の冷静さに場内唖然!
今回の剛君は頭が冴えまくっていたし、大人っぽくてしっかりした感じが
男っぽさを際立たせていました

先週の日曜日の「パワスプ」もしんつよ2人ともが落ちついていて
楽しかったです。ガガさんの曲が流れてスマスマが懐かしくなって、
あれからすぐにレディー・ガガの最新アルバムをダウンロードして
現在は毎日ガガさんを聴く日々。ガガさんの歌はパワーと愛があって
本当に素敵な可愛い方だったのだなあと今更ながら感動しています。

ラジオをしながら腰振り体操を始めちゃう健康つよポンと、
それに合わせて体操を始めちゃう慎吾ちゃんの様子が凄く嬉しい。
そうそう、元気に元気に身体を動かして、そしてまた踊ってほしい

「スマステ」での星野源さんと慎吾ちゃんの掛け合いに感動して、
星野さんのことも大好きになったので今、星野源作『働く男』を
買って読んでいるところです。変わった人ですが芸術的で魅力的。
こんな方だからきっと慎吾ちゃんのことも大好きなのだと思います。

『働く男』の後半を読んでいると、星野さんは長い下積み活動を経て
ついに晴れてビクターエンターテイメントから1stアルバムを発売し、
その後もビクターさんからたくさんアルバムを出されています。
なるほど〜、慎吾ちゃんのことを大切に思ってくれるはずですね。

それから、最近の私は読書を頑張っていて、西加奈子作『i』も読破。
最近の世界情勢とも絡んでいて読み応えのある挑戦的な作品でした。

西加奈子さんの本を読む度に、こんな作品を書く作家さんが剛君のことを
「草彅さんのような人ばかりだったら世界は平和になるのに。」と
スマスマで言ってくださったことを喜びとともに感慨深く思い出します。
『i』には43歳のカメラマンが登場するのですが、
この本が映画化されたら
どんな役者さんが演じるのかと思いをめぐらしました。
こんな役を剛君が演じられるようになるとさらに大人の新境地でしょうに。
でも西加奈子さんと吾郎さんとは文学仲間なので吾郎さんも合っているかも。
吾郎さんも剛君も慎吾ちゃんも良き理解者がたくさんおられるので、
これからも絶対負けないで頑張ってほしいと心から思っています。

悪いことしている人は閻魔様に地獄に落とされるんですよね
私も日々精進しなければ・・・。
2017-02-26 16:37 | カテゴリ:ブラタモリ
2週間にわたって『ブラタモリ』は神戸編。
自分が生まれ育った見慣れた風景の中を
タモリさんがブラブラして下さって嬉しいやら懐かしいやら。
結婚して神戸を離れましたが、昨年のお盆も同窓会で三宮へ。
高校の卒業アルバムのスナップ写真も異人館の前で撮りました。
映画評論家の淀川長治さんは高校の大先輩ですし、
子どもの頃、新開地で映画やお芝居や演芸を見た思い出も蘇りました。
学生時代は友達とスイーツを食べ歩いたので舌は肥えています(笑)。
演劇も盛んな場所で、兵庫県出身の演劇人の方は多いですね。
剛君が自分の生まれ育った街を語ってくれるのは嬉しいものです
いつの日か今住んでいる街にもタモリさんに来ていただきたいなあ。

昨日の『ブラタモリ』は実は録画を観ました。
友人と久しぶりの飲み会。その後やはり久しぶりのカラオケに。
私が歌った曲は『Best Friend』『freebird』『華麗なる逆襲』『シャレオツ』
『ずっと好きだった』(斉藤和義)『チェリー』(スピッツ)。
友人が『夜空ノムコウ』を歌って、SMAP率高過ぎでした

雑誌祭りも凄いですね。
『TVガイド』の表紙の笑顔の剛君。
うっすらおヒゲの剛君がラフで自然体で魅力全開です。
真っ赤な口紅、真っ赤な布、真っ赤なバラ、真っ赤な苺。
小道具を使った表情が大人っぽくて色っぽくて摑みどころがなくてゾクゾク。
うーん、これはますますいい俳優、いい表現者になりそう

『月テレ』の「お気楽大好き」では『嘘の戦争』で起こっている奇跡のこと。
遅ればせながら慎吾ちゃんと一緒にお参りに行った報告。
『TVfan』では後輩の菊池風磨君と背中合わせの黒スーツの剛君が綺麗です。

特に『TVnavi』の剛君のインタビューは哲学的でとても深い。
草彅剛流演技論などについてもかなり詳しく語られてあって
読み応えがあり過ぎです。いつもあんなに天然で子どもっぽいのに
こんなインタビューを読むと思考の深さは半端じゃないと思い知ります。
だからこそ魅力が尽きることはないし、
草彅剛が最高値を更新する瞬間の目撃者であり続けたいと思うのです

P.S.『Oggi』4月号の「絶対的好感論SPECIAL」第3弾”コミュニケーション編”。
剛君のファッションはシンプルイズベスト。窓辺の剛君はやっぱり格別
ALL未公開写真で草彅剛の魅力と愛と友情が詰め込まれていますね。
2016-05-23 00:24 | カテゴリ:ブラタモリ
「ブラタモリ・志摩」は珍しく晴天に恵まれ、とてもテンポが良く、
タモリさんと近江アナ、案内役の方々、剛君のナレーションとBGM、
編集が巧みなのか、全てがうまく絡み合って、とても楽しい時間でした。
ポールモーリアの「エーゲ海の真珠」が流れた時は懐かしさでクスッとして、
音響さんは私と同じ年代の方なのかななんて思ったりして・・・。

その土地の地形や自然条件が、その土地の特産物・宝を生み出すことが
良くわかってとても勉強になりましたし、
タモリさんのリアクションやトークが面白いので飽きることなく楽しめます。
近江アナも緊張感がほぐれてきて、天然の面白さも出てきて可愛らしいですね。
剛君の、合いの手のように入るアットホームなナレも板について来ました。
土曜日の夕飯時、ブラタモリを観ながらひっきりなしに笑う娘を見るのは
若い人にもこの番組が受け入れられていると実感できてとても嬉しいです

「パワスプ」の慎吾ちゃんと剛君のトークもまったりとして癒されました。
ビクターさんに場所をお借りして収録した回の時、
道に迷ったのか最短距離で自分を連れてこなかったマネージャーさんに対して、
マジでブツクサ言っていた剛君の口調には私も正直驚かされましたが、
逆にそんな素の剛君を垣間みることができてホッとしたような気持ちにも。
だっていつもいつもお地蔵様のように穏やかであること自体無理があります(笑)。
ファンはそこまで完璧な人格であることを剛君に求めていないでしょうし・・・。
剛君の存在そのものの「面白さ」を感覚で感じ取って応援しているので、
「いいひと」のイメージだけで好きなわけではないですからね

今日の「パワスプ」の選曲も明るい気持ちになるようないい曲ばかりでした。
「ポジティブダンス」の後に「唐獅子牡丹」。この時主人が
「この前かかったばかりじゃない?」と言ったのでその通りだと驚きましたが、
この曲を聴くとアニキを思う切ない気持ちできゅんとなるので困ります
「スマスマ」でしんつよ2人でギターデュオを披露した「天国うまれ」の原曲。
「buzzer beater」は奇跡を起こす歌、「そのまま」は前向きな愛の歌。
選曲がとても素敵だったし、慎吾ちゃんと剛君の安定したまったりトーク。

「君からもらった雪(勇気)の代わりにさ 僕の愛をあげるよ」
というメッセージ、信じてていいんですよね