2017-11-19 14:59 | カテゴリ:剛君
ユーチューブ草彅チャンネルで剛君作詞作曲の
『新しい別の窓〜略してアベマ〜』が動画として公開されました。
Abemaの社内にこんなに見晴らしのいい大きな窓があるのですね。
その大きな窓をバックにしてソファーに座り
くるみちゃんのリードを足にひっかけて弾き語りを始める剛君。
くるみちゃんの我関せずというようなマイペースな動きと表情が
全くパパに忖度していない感じで、なんとも自由でいやされまする。

新曲『新しい別の窓〜略してアベマ〜』は剛君の歌の中では大作で
一番本格的な作品になりましたね。歌詞の構成やコード進行など
工夫が凝らされていますし、剛君の正直な気持ちがあふれています。

有名なコピーライターだった糸井重里さんが、
剛君のこの歌のタイトルについてTwitterでつぶやいて下さっています。

「テレビという窓によく似ているんだけど、
 テレビじゃできないことをやれそうな気がする。
 つまり、別の窓なんだ。」と。

言葉の専門家からも注目していただいて褒められる剛君が誇らしいです。

音楽をやってきたうちの主人はメロディーが美しいと言っています。
メロディーラインが変化に富んでいて心地よく盛り上がります。
新しい窓から風が吹いて来て、窓を開けて飛び出して行く感じも爽やか。
「慎吾」「吾郎さん」「つよポン俺」と名前を入れて楽しげで、
気取ってない感じが「ありのままのギターマン草彅剛」らしくて。
歌詞を間違っても撮り直しをしない一瞬一瞬を大切に生きる潔い剛君です

ギターが格段に上手くなってきてギターの音色の良さが生きてきました。
進化の過程を恥ずかしがることなくドキュメントしてくれる剛君。
音楽ってそれでいい。楽しんだ者勝ち。何事もそうかもしれない。
そして本当に上手くなって行くのですね

ドキュメントと言えば三谷幸喜さんと作った生芝居が本当に刺激的でした〜。
朝日新聞に三谷さんが連載している「ありふれた生活」の中でも2回にわたり
「72時間ホンネテレビ」での「生芝居」のことが書かれていました。
三谷さんは最後もうワンテイク録りたかった、妥協しなければよかったと。
私も2時間の稽古風景がとても面白かったので最後は同じような気持ちでした。
剛君に要求されている演技が盛りだくさんで、少し時間切れになってしまった。
あの稽古中の剛君はそれまでのほんわかした剛君から一転ど真剣な表情に。
草彅剛があんな本気な顔をするのはやはりお芝居だからなのだと思いました。

剛君は決して器用な人ではないと私は思います。(運動は器用です!)
でも演じること、表現することを愛している人です。
三谷さん曰く、草彅剛は「積み上げることで結果を出す人」だそうです。

リリー・フランキーさんと演技について語り合っていた時、
慎吾ちゃんが、若かりし剛君が台本いっぱいに書き込んで
深みにはまってしまって周りの人に迷惑をかけたという昔話をしました。
それがやっかいであったような話でしたが私は良い話だとも思いました。
時間が許されるならああでもないこうでもないと考えたっていいのではないか。
考えるだけ考えた末に、自分を「無」にしてなりきればいい。
努力の末に潔く「純」になれるところが草彅剛の演技の魅力ではないかと。

『ゴロウ・デラックス』にビート・たけしさんがゲストで来られた回を
Youtubeで見ました。
「人生に転機があった方が良い」という励ましの言葉に
吾郎さんが感激しているのを見て、
やっぱり先輩の言葉は有り難いなあと思いました。
吾郎さんも小説家の皆さんから教えを受けてどんどん魅力的になっていますね。

剛君もせっかく自由にいろいろなことができるようになったのだから、
何事にも妥協せず、じっくり時間をかけて、
思いっきり心ゆくまでやりたいことをやってほしいです。

もちろん役者草彅剛を観たいという気持ちはいつも心にあるので
「新しい地図」のスタッフの皆様、どうぞよろしくお願いいたします

今日は17時〜『72時間ホンネテレビ再放送未公開映像7.2時間』が
放送されますね。見られていないところもあるので楽しみです

P.S.
『72時間ホンネテレビ再放送7.2時間』をすべて見終えました。
吾郎さん、剛君、慎吾ちゃんの底力にあらためてしびれましたし、
たくさんの応援者の方々の温かいお心に感動しました。
『72曲ホンネライブ』2回目はじっくりたっぷり味わえました。
→AbemaTV『72曲ホンネライブ全曲』 (11日間だけ無料視聴)
歌って良いなあ、夢を与えてくれる3人が本当に素敵でした。
これからもみんなで明るく元気に生活するために頑張りたい

2017-09-07 16:54 | カテゴリ:剛君
今日は仕事が休みで、朝から何をしようか、何を見ようかと考えて、
久しぶりに連続ドラマ『任侠ヘルパー』を引っぱり出して観ていました。
やっぱり、男気漲る味のある翼彦一はいつ観てもカッコいいししびれます。
女や子どもに特に優しく「弱気を助け強気を挫く」シャイなアニキ。
最終回でのリアルなアクションや彦一の表情に胸が熱くなり覚醒します。
ヤクザものは好きではないですが、このドラマの方向性は素晴らしかった。

藤堂「これ以上抵抗しても立場を悪くするだけだ。」
彦一「こんなことをしても一部の年寄りしか救えねえ、
   何の解決にもならねえ。
   そんなことこっちだってわかってんだよ。
   神様じゃああるめえしな。
   だけどおれらは目の前にいる弱ええやつらを
   ほっとくことはできねえ。
   ましてや少しでもかかわった連中を途中で投げ出すことはできねえ。
   これが俺たちの筋の通し方だ。」

彦一「ばかやろうが。」(ニヤリ)
リコ(ニヤリ)「まだ終わっちゃあいねえぞ てめえら。」

剛君がドラマや映画で見せる表情がその場の的を射ていて引き込まれます。
どんな場所どんな人でも一歩引いて見ていて、繊細に観察してきたからかな。
繊細で優しいから、あんなふうに細やかな感情がにじみ出せるのかなあ。

そんな剛君にこれからもいろいろな人を演じて欲しいというのが私の望みです。
これまでも多くの役柄を演じてきましたが、もっともっと幅広く自由に!!

最近は個性的な特異なキャラクターが続いていますが、
「普通の人」を演じさせたら右に出る者はいないとも言われていた草彅剛。
そんな普通の人が成長したり、
変化して行くストーリーも観たいという気持ちが年々強まります。
『世界に一つだけの花』をはじめ剛君のドラマの主題歌からヒットした曲
が多いのも、普通の人の生き様が共感や感動を引き起したと言えると思います。
ドラマティックな特異な役も普通の人の役もどんどん挑戦してください!!
ホームドラマやコメディーなどもぜひ観たいです!もちろん舞台も!!!

「ブラタモリ」で剛君の神秘的な声色を、「パワスプ」で楽しい時間を、
「ぷっすま」で剛君のお姿を拝み、ゆるい癒しの時間をもらって生活しています。
この貴重な時間はなんとしても失いたくありません。
「ぷっすま」ディレクターのいーやまさんのTwitterで
「とりあえず、10月で20年目です、すばらすぃ〜」というツイートがあり、
剛君の収録の様子などもつぶやいてくださるのが有り難くてホッとします。

いよいよ明日9月8日が剛君はじめ吾郎さん慎吾ちゃんの退所日ですね。
約30年にわたるJ事務所でのお勤め、本当にお疲れさまでした。
劇的な30年間だったでしょうし、感慨もひとしおのことでしょう。
それこそ死にものぐるいで働いて来た濃密な時間だったでしょうね。
苦しみも喜びも存分に味わい尽くし、まさに時代を駆け抜けましたね。
自分自身のいろいろを犠牲にしながら踏ん張って来られたことでしょう。
ファンとしてたくさんの楽しみや癒しをいただいたことに心から感謝です。

クリエイターの皆様、スポンサーの皆様、
TV・ラジオ・映画・舞台・雑誌関係者の皆様、
今後とも草彅剛はじめ稲垣吾郎、香取慎吾の活躍が見られますように
何卒お引き立てのほどよろしくお願い申し上げます
ファンの願いがどうか叶いますように、心をこめて・・・

2016-11-12 18:54 | カテゴリ:剛君
先日の「スマスマ」で幾万の星々に囲まれ『昴』を歌うSMAPは
5人の顔が涙ぐんでいて悲しそうに見えました。
あの切ない表情の意味はなんだったのでしょう。
瞳に涙がにじむ時は、押し殺していた何らかの感情の扉が開かれ
表にあふれそうになる瞬間だと思われます。
そんな彼らが歌う「さらば 昴よ」の心中が理解しきれない私は
底知れずしんみりとしてしまいました。
「我も行く 心の命ずるままに」という歌詞が心に残ります。

ただただ、私たちを癒し、幸せを与えてくれていたSMAPを
辛い目に遭わせている人たちのことを絶対に許すことができません。

先日、録画予約している「ぷっすま」を観ようとしたら、
「スマスマ」と「ぷっすま」の間にBSプレミアムで放送された
『あなたへ』が録画されていました。主人が録画してくれていたようです。
何度も観ているのに、剛君と健さんの場面をやはり何度もリピートします。
田宮が倉島のミニバンに乗り込んで、
「あなたなら助けてくれると思ったんです!」と飛び切りの明るさで言うシーン。
運転席の倉島(健さん)が後部座席の田宮(剛君)を振り返った時の
飛び切りうれしそうな照れ笑いは演技を越えた愛しさが出ていて嬉しくなります。
健さん、空の上から慎吾ちゃんや剛君のこと見守ってくださっていますよね。
今度3人で食事に行こうと言い残して旅立たれた健さん。
バラエティーは「スマスマ」と「スマステ」しか出演されなかった大スター。
どうかどうかこれからもあの大きな愛で彼らをお守りください

本日の「ブラタモリ」「真田丸スペシャル」の剛君の声はいつも通り元気でした。
真田丸での戦いの場面を再現している映像の中に、大将姿のタモさんと、
そのすぐ前の石垣で鉄砲を構える剛君の武士姿が確認されました。
恒例になった漫画での剛君の登場が嬉しくて、思わず画面にかぶりつきますね。

私事ですが、先日地元で同じ文化活動に参加しているお仲間と
親しくなる機会がありました。その方は大のお芝居好きで、
特に劇団☆新感線のファン、古田新太さんの大ファンだそうです。
私も『二都物語』で共演した橋本じゅんさんと剛君の掛け合いが
面白かったこととか、新感線主宰者のいのうえひでのりさん演出の
堤さんの舞台を観たとか話をして、大変盛り上がりました。
来年公演予定の『髑髏城の七人』に出演される方々も、
剛君や慎吾ちゃんが共演したことのある方がたくさん。
正直このような舞台に出演できる方々が心から羨ましいです。
剛君もきっときっと舞台をしたいと思っているでしょうし、
演劇ファンとしてはそんな素晴らしい舞台に
出演できるようになったらいいのにと願わずにはいられません。
いいご縁があることをただただお祈りするばかりです

ドラマ『嘘の戦争』の公式Twitterが作られましたね。
クランクインしたのか剛君の美しい横顔が印刷された真っ赤な台本や、
衣装合わせがあったことなどが、ツイで公表されました。

世の中はいろいろな不条理がまかり通って暗澹たる気持ちになりますが、
天才詐欺師役の草彅剛の演技は嘘がヘタな剛君らしく
「嘘が無い」演技で視聴者を惹き付けることでしょう。
悲惨な境遇に育った主人公という設定ですが、
嘘ばっかりのこの世の中に嘘八百という武器を駆使して、
真実の演技で光(希望)を差し込んでほしいです

2016-11-03 23:18 | カテゴリ:剛君
「スマスマ」のユーミンとのコラボ。素晴らしかったですね。
ユーミンはメンバーひとりひとりの目を見ていろいろと感じたようですし、
切なさでいっぱいになったようです。シンガーソングライターとして
天才中の天才と言われたユーミンがメンバーに書いた手紙の文句は、
私たち一般人にはわからない深い意味が込められているのだと思います。
ただ、「不条理」に屈したままでは世の中いけないと思いますので、
ユーミンも書かれていたように、たとえ時間がかかったとしても、
この「不条理」に打ち勝つSMAPを見届けたいと思いました。

レディー・ガガさんが緊急来日して、どうやらSMAPと会っているようですね。
別のイベントで、すでに突然泣き出していたガガさんの映像を見ましたが、
大好きなSMAPのことで、きっと心を痛めていらっしゃるでしょう。
そんなガガさんの思いに触れて、メンバーの気持ちが温められたらいいですね。

「SMAP25周年ベスト収録曲」の全貌が本日ビクターさんより発表されました。
1位が「STAY」でアルバム3枚組の最後の曲が「華麗なる逆襲」という、
本当にファンの気持ちに完全に寄り添ってくれている内容で胸が熱くなりました。
200万票のリクエストがあったらしいですが、私も数十曲を投票しました。
さすがに剛君のソロ曲は入りませんでしたが、ほとんどがベスト50に入りました。

「STAY」「BEST FRIEND」「この瞬間、きっと夢じゃない」「ありがとう」
「シャレオツ」「世界に一つだけの花」「FREEBIRD」「華麗なる逆襲」など....。
「チョモランマの唄」にも投票したら入っていたので、コンプリートが楽しみです。
(って書きましたが、ベストアルバムとコンプリートシングルスの曲は同じでは
ないってこと、今頃気がつきました。コンプリートのDVDの曲数の方が
多いし、ベストに入っていない「そっときゅっと」などもあって楽しみです。)
しかし、何度も言いますが「華麗なる逆襲」で終わる3枚組ベストアルバムって
もう最高じゃあないですか。あの曲を聴くとテンションが上がるし元気になれます。
これこそSMAPからのファンへのメッセージだと思って前向きに受け止めたいし、
この3枚組を聴きながら元気に毎日を過ごし、その日が来るのを待ちます
→SMAP25周年ベストアルバム収録曲

今日は、剛君の1月からの連ドラ『嘘の戦争』の共演者も発表になりました。
なかなか味のある陰のあるキャスティングで、
おひとりおひとりにじわっくるような個性があって、手応えを感じました。
剛君のドラマの守護神である大杉漣さんがいて下さるし、
共演して欲しい俳優のお一人であった安田顕さんがおられて嬉しかったです。
女優陣も男優陣もキャラが被っていないので、
多彩な場面が構築できる群像劇になりそうです。
どこかしら陰影のある方たちばかりで、人間の深層心理を描く、
大人のドラマになりそうな予感がして、楽しみが増しました。→『嘘の戦争』キャスト

剛君自身もこの1年の「不条理」を身をもって味わった者として、
抱えきれないような思いを胸に、全力でお芝居に臨むと思われます。
今はただ、SMAPのメンバーそれぞれの苦しみが少しでも無くなるように、
それぞれが自由に、幸せを追求できる環境で仕事ができるように、
祈るばかりです。
SMAPのメンバーは長年、ファンのために、社会のために、
粉骨砕身して、本当に、本当に、頑張ってくれていたと思います。

2016-09-22 01:08 | カテゴリ:剛君
ファンクラブ会員限定の書籍『SMAP』がようやく届きましたが、
なんとも不思議な心持ちがするものですね。
メンバーそれぞれの年輪が刻まれたような写真をじっくりと眺めながら、
この人たちはこの25年間、アイドルとしてどれほど頑張ってきたのだろう、
誠心誠意ファンのために、どれほど身を粉にして働き続けてきたのだろうと、
あらためて思わずにはいられませんでした。

今朝、いつものように「おはスマ」を聴きながらお弁当作りをしていると、
今日はファッションショーの日ということで、モデルウォークのお話。
「僕もステージに立つことがあるので、胸張っていきたいですよね!
 皆さんも胸張って行きましょう!」という感じの剛君の元気のいい声。
「ステージに立つ」ことに関して、現在進行形のような話し振りだったのが
何よりも嬉しかったですし、剛君の前向きな言葉に心が明るくなりました。

その後、中西哲生さんが、SMAPのベストアルバムが12月に発売されること、
投票によって50曲3枚組のアルバムになることを話して下さいました。→★
突然のお知らせだったので、一気に眠気が吹き飛んでしまうほど驚きました。
ベストアルバムだけでなく、「コンプリートシングルス」のDVD&Blue-rayも
発売され、両A面を含むシングル63曲の映像が収録されるそうです。
MVが存在しない楽曲についてはライブなどの秘蔵映像が収録されるらしいので
昔の曲を映像で持っていない私にとっては、とても貴重な内容になりそうです。
→ビクター投票サイト「SMAP 25 YEARS」

「ぷっすま」のイカ部も波瀾万丈で楽しかったですし、
番組愛にあふれるテレビ朝日の皆さんの温かさに心から癒されます。
「ブラタモリ」も大変好調で、剛君のナレーションがタモリさんと呼応し、
相乗効果で番組を盛り上げています。日本を再発見させてくれる番組ですね。

正直なところ「ベストアルバム」が発売されたり、
記念書籍などが送ってこられたりすると、
「いよいよ...」という気持ちになりとても複雑な気持ちになりますが、
常に前向きな剛君の表情や言葉を道標に
信じてついていこうという思いばかりの私です