2018-05-07 18:12 | カテゴリ:TV(その他)
「新しい別の窓」ななにーは17時から終了時間まで私を釘付けにさせた。
第2回目。この1ヶ月でたくさんのスタッフが知恵を振り絞って考えたのですね。
1回目の時、残念ながら気になってしまったことが、
ことごとく改良されていました。
たった1ヶ月でこんなに充実した内容になるなんて、
物を作るって本当に面白いですね。
もちろん、第1回の斉藤和義さんとのSPライブが剛君の人生にとって
かけがえのない特別な時間だったことは間違いありません。

全て見応えがあったので、7.2時間ほとんど動かなかった私。
家族も今日はあの人ダメだからと、娘が夕食を作って食べさせてくれた。
チャンポン美味しかったです。ありがとう。
楽しいTV観るの久しぶりなもので。

全部見応えがあったので、感想を書き切れないくらい。
特に私がツボった部分だけ書き出してみます。

吾郎さんのコントの中で掃除機を直す場面が出てきたところ。
2日ほど前に
映画『ONCE ダブリンの街角で』をレンタルして観たばかりだったので、
同じシーンが出てきてびっくりしました。掃除機直しているって。
なぜ、その映画を見たか。
もちろん剛君の舞台エンダ・ウォルシュ原作の映画だから。
それから、ロトで10億円当たったら何に使いたいって言う時、
慎吾ちゃんがスタジオを作りたいっていうのも映画にあったような話。
なにせ主人公が剛君とかぶるところがあって、
2日前に観たばかりの映画がこんなところに!

吾郎さんの舞台が今度は我が家に近い京都劇場というのも嬉しい悲鳴。
京都劇場では劇団四季の『ウエストサイド物語』を観たことがあるし、
ゴールデンウイークの後半は京都伊勢丹で革のリュックを買ったばかり。
剛君の影響で、革の製品を自分の部屋に置いて手入れなどしてみたくて。
独身貴族の守さんみたいに革を磨いて匂いを嗅いで生活してみたくて。

家族3人とも剛君の舞台の時地図の会員になったので、まずは3人で先行抽選。
娘とミュージカル観たいし、主人はジャズファンなので、
またまた誰が行くかもめそうな話。
近いからと言って当たるわけでもないかもだし。
そうそうクソ野郎を見て、友人が吾郎さんのファンになったので、
行きたいと言い出しそうだし、チケット手に入るのかなあ。

歌舞伎の片岡愛之助さんと剛君の『99年の愛』にまつわる思い出話。
あの第4話本当に良かったし、剛君の熱演が見事だったし、哀しかった。

私が人生で初めて「追っかけ」になったのは、中学生の時、
大河ドラマの『黄金の日々』で主演されていた市川染五郎さん(現松本白鸚)
に魅せられてしまったから。あれがお芝居に興味を抱いた初めでした。
中学生なのに少ないお小遣いを貯めて、染五郎さんの勧進帳を観に歌舞伎座へ。
神戸、京都、大阪。凄いエネルギーだったと思います。たった一人で。
その年で歌舞伎を観ていたのですから。やっぱりお芝居は歌舞伎から。
3人が歌舞伎の役をするとどんな役❓って愛之助さんに聞くところ楽しかった。

私が松本幸四郎さんを卒業したのは、テレビドラマ『王様のレストラン』。
三谷幸喜さん作、山口智子さん、西村雅彦さん、筒井道隆さん他、
演劇畑の錚錚たる出演者でとても見応えがあって夢中になりました。
皆さんもご存知でしょうが、
その中に剛君の舞台の演出の白井晃さんも出演されていて。
個性的な役柄をとても魅力的に演じておられて印象に残りました。
今回、吾郎さんから剛君の舞台まで演出してくださっているので、
私の中でも歴史は繋がって行くなあととても感慨深いものがあります。
戸田恵子さんも7.2のキャラクターになってくださっていて
お声を聴くだけて幸せです。

東京の街をオープンバスで行くのも、「たけし軍団」さんとのトークも、
それぞれ見応えがあってそれぞれ違う意味で楽しめました。
3人がどんな状況でもどんな色合いにでも変化できるのがさすがでした。
でも、安定して進行できるのも、スタッフの準備とバックアップがあってのこと。
キャイ〜ンやカンニング竹山さんなど熟練の力があってのことと思いました。

慎吾ちゃんが才能のある若い人に注目している姿勢が私は大好きです。
日本の二十歳くらいの人に凄い人が沢山いて、そういう若者にスポットを当てる。
成田緑夢君や、ぼくのりりっくのぼうよみ、こんな凄い若者が日本にいる。
若者を大切にしない国で、若者の凄さを世間に広めることがどれほど必要か。
国の政治家は、日本の将来を託す、子ども若者を大切にしていないですから。
みんなうんざりしているのです。みんな幸せになりたいのです。
前を向きたいのです。
剛君が「KISSismylife」を今までで一番難しい歌といい、
あんな素晴らしい曲を、日本の若干二十歳が作ったことが奇跡ですし希望です。

最後の「人狼ゲーム」挑戦的な大人企画ですね。
大人が出演者が心から「面白い」と思える企画をして行くべきですね。
ただ、生であのゲームに参加するのは、相当の修羅場を抜けてきた人でないと。
中途半端な人はそれはそれで全て生中継されてしまいます。
それぐらい生であのゲームに参加するということはスリリングなことなのです。
視聴者は見抜いてしまいます。
田中大貴アナウンサーの復活は純粋に嬉しかったです!!!

剛君がすぐに処刑されて残念でしたが、
吾郎さんと慎吾ちゃんの表情は見応えがありました。
吾郎さんの落ち着いた横顔は本当に大人っぽく怪しく美しいし、
慎吾ちゃんが最後人狼として生き残る様は
これまでに観たこともないような巧妙で真に迫った演技力でした。
あのゲームの先に新しい3人の深化した姿が生まれてくるように思いました。
関根さん、義丹さんのダンディズムはさすがの年輪を感じました。
市民が勝てるようにみんながこのゲームをよく知って経験を積むことが必要ですね。

でも、最後に笑顔の
「72かのナニかの何」があって良かった♪(/・ω・)/ ♪
やっぱり、歌って踊って笑顔の剛君と慎吾ちゃんと吾郎さんをみるとホッとするう。
TVって面白い○o。(○゚ω゚)ノャァヽ(゚ω゚○)。o○久しぶりな気持ちでした(=゚ω゚)ノ

2018-04-27 23:16 | カテゴリ:TV(その他)
昨日NHK公式よりお知らせがあり、今朝の「おはよう日本」で
剛君特集を6時台7時台2度に渡って放送してくださいました。

独立時の心境、現在の状況と意気込み、舞台稽古の様子、
舞台本番のアップなど、お宝映像満載でふるえるような特集でした。
ファンは当然ながら、一般の人たちにも広く、
様々な思い、現在の状況、必死ながらも充実した剛君のいい顔を
知っていただけて、本当に良かったです。
等身大の剛君をそのまま放送してくださって感謝の気持ちでいっぱいです。

私自身もとうとうこの連休に観劇する時を迎えました。
あまりの倍率の高さに当たる気がしなくて胸が苦しくなるほどでしたし、
家族が3年ぶりの舞台をなんとかとしてくれようと
地図にも会員登録してくれました。
結局、無料登録した「かながわメンバーズ」で当選メールが来た時に、
家族ラインで歓喜のパニックになったのは言うまでもありません。

そして上京直前に今日の記念特集。
進化して充実した草彅剛ここにあり。
3年ぶりの舞台の雄姿を全国の人たちが垣間観ることができました。
演出の白井さん、共演の松尾さん、小林さんのご出演もとても有難くて。
アナウンサーおふたりのコメントも嘘がなく好意的でした。

「ブラタモリ」の「銀閣寺・東山」で「美しき」を強調してくださったり、
関西遅れ放送の「ぷっすま」でビビリ劇団の方々と交流したり。
キャノンのCMソング「KiSS is my life」の楽曲がこの上なくいい感じで、
結子さんとくるみちゃんとの3ショットが最高にほのぼのしていたり。

剛君が周囲の人に愛されるのは、日頃の姿勢や心持ちがあってのことと、
しみじみ思い浸りました。「ぷっすま」で剛君がビビリ劇団の方々に、
心を込めて「ありがとうございました」と長年のお礼を言っている姿に、
グッときました。やっぱりお芝居やコントが好きなんだなぁって。
タモリさんが都の動乱を儚む横顔も、結子さんの満面の笑顔も。
こんなにたくさんの人に愛されて、応援していただいて凄いですね。

「必死ですよ。必死じゃないと、みんなついて来てくれないと思うし」
心と実がまさに並び合って、熟成し始めた剛君。
舞台人としても一瞬一瞬の表現に集中し、実質が伴ってきて、
確実に魅せる人になってきていますね。
また、観劇後、ゆっくり報告させていただきます。

2017-11-06 01:36 | カテゴリ:TV(その他)
剛君、吾郎さん、慎吾ちゃん、
AbemaTV「72時間ホンネテレビ」完走本当にお疲れさまでした
11/2の午後9時スタートから11/5の午後9時までの72時間、
私は自分の健康管理のため深夜の放送は我慢しましたが、
それ以外の時間はこのTVを観るために連休を使うことができました。
そんなに長く見続けることができるのかなと思っていましたが、
始まってしまうとあまりの面白さに自然とTVから離れられなくなりました。

AbemaTV(ネットTV)を観たのは正直今回が初めてでした。
「FireTVStick」なるものを買うと普通のTVで観られるということでしたが、
私はこのブログを書いているMacBookで十分綺麗に観ることができました。
スマホでも観ることができるので、台所に立つ時はスマホでも観られるし。
CMは長いですが細切れに入りませんので、番組をゆったり観られますね。
CM中にちょっとした用事ができるので観やすかったです。

時間を忘れて純粋にTV番組を存分に楽しんだのは本当に久しぶりでした。
もちろん大好きな3人が出ているからなのでしょうが、出演者の方々も感じがいい。
最近の地上波のTV番組にはない、のびやかさや柔軟性があって自然に楽しめました。

吾郎さん慎吾ちゃん剛君は、30年間TV界で活躍してきた力を見せつけましたね。
どんな企画でも、気持ちよく楽しく観られるように盛り上げることができます。
安定感は30年という年月、過酷なお仕事の中で鍛え上げられたものだと思います。
そしてその努力や苦労を感じさせることなく、さらっと笑顔でこなしていく強靭さ。

3人の30年間の努力、苦労、実績、人間性を知っているからこそ、
あんなにたくさんの芸能人の方々が応援してくださるのでしょう。

慎吾ちゃんの全体の流れを把握しながらきちんと番組を進めていける冷静さ、
対応力は番組の柱としてなくてはならないものですね。
カトルドトランプに扮した時、ライブでふんばって歌を歌い上げる時、
エンターティナー慎吾の底力に震えるような気持ちになりました。

吾郎さんの魅力も倍増していました。ダンスをしてもお芝居をしても
トークをしても運動会をしても、控えめな様子から一転はっちゃけてくれます。
そのはっちゃけぶりが上品ながらも縦横無尽で面白くとても魅力的です。

剛君のテンションの高さは、番組を盛り上げるためになくてはなりません。
経験値の高さからか、テンションを上げつつ、周りを見る余裕も出てきました。
共演者を不快にさせないように気配りをしている姿に何度も感動しました。
運動会では期待を裏切らない速さで走ってくれましたし、
プロレスでの回し蹴りの美しさや、場の盛り上げ方に男草彅剛を堪能しました。

大先輩堺正章さんのアドバイスに真摯に耳を傾ける剛君の眼差し。
試行錯誤しながらも丁寧に自分を見つめる誠実な姿が見られて嬉しかったです。

森くんとの再会のシーンで涙ぐむ剛君。森くんの孤独に思いをはせる剛君。
森くんと3人のホンネトークではこれまで知らなかったことも理解でき、
話し終わった時、4人がそれぞれに語った言葉が印象的で心に残りました。
剛君「森くんのレースを見たら(自分たちが)まだ甘いと思った」
吾郎さん「森くんと話せて良かった」
慎吾ちゃん「がんばろう!」
剛君「日本一になってほしいし
  (森くんが)くじけそうになったら連絡してほしい」
森くん「ずっとずっと仲間だから」

私はやはり演劇をしている剛君に一番興味があるので、
三谷幸喜さんとお芝居を作って行く剛君の真剣な表情にのめり込んでいきました。
佐藤浩市さんが「剛」と呼んでくださるのがうれしかったし、
谷原さんの「1ファンです。一緒にやりましょう!」に愛情と絆を感じたし、
リリーさんに、演技について食いついて行く剛君の姿にワクワクしました。

72時間ホンネライブは最後まで完走出来るのか手に汗握るようでした。
たくさんの歌の歌詞にホンネの思いが込められているようで胸が詰まりました。
家族全員でライブの行方を見守りながら心から応援していましたよ。

いろいろ良い歌がありましたが、やっぱり剛君は『歌うたいのバラッド』かな。
ギターもとても上手くなっていました。
これからまだまだ進化しそうで楽しみしかありません。

60曲過ぎあたりから3人の一体感が増して盛り上がってきて熱くなりました
慎吾ちゃんのフォロワー100万人を達成したくて、
インスタグラムをやらない主人がライブ中に慌てて登録してくれましたよ。
娘に「あなたも!」と言ったら「もうフォローしてるし!」という返事
離れて暮らす息子からも「ユーチューバー草彅見てるよ〜」というラインが!

本当に72時間もの企画をこなすこと自体無謀で大変なことだったと思います。
でも3人は不安と闘いながらも新しいことに挑戦し続けました。
その姿が美しかったから、最後まで応援し続けてこれたのだと思います。

剛君、吾郎さん、慎吾ちゃん、感動をありがとうございました。
いつも泣かない吾郎さんがたくさん涙を流していてびっくりしました。

しばらくは72時間の中で見られた3人の表情を味わって過ごせそうです。
→草彅剛『72時間ホンネテレビ』見どころ
ゆっくりと身体を休めてください。
次は映画の撮影ですね。
72時間をやり遂げてまた一回り大きくなった3人の
お芝居がますます楽しみになりました。期待しています
2016-05-18 00:22 | カテゴリ:TV(その他)
4月から夜の時間帯から昼の時間帯の仕事に戻りましたので、
何年かぶりに早起きして、家族や自分のお弁当作りを再開しました。
スマホをiPhoneに変えてradikkerを使うようになったので、
東京FMの「おはスマ」も聴けるようになり、
今週担当の剛君の放送から喜んで聴き始めました。
ギブソンを抱えての放送で、昨日は「beetle」の弾き語りを披露し、
「明日もまた弾き語りがあるかも」と言う中西さんのお言葉。
明るくて前向きな曲「ココカラ」を朝から聴くと元気にもなります

「beetle」の歌詞にはSMAPを愛する剛君の渾身の思いが込められていますし、
「ココカラ」は5人の仲の良さや前向きな気持ちが目に浮かぶ明るい曲。
剛君はどんな時でもあきらめないし、
信念を持って愛を抱き続けている人です

「ブラタモリ・横浜」のナレーションも丁寧に語っていて魅力的でした。
今はスケジュール的に余裕があるのか、
ナレーションに集中して取り組んでいるような剛君の語り口は、
やはりとても忙しい時に比べれば気配りが行き届いているように感じます。
剛君本来の力は底知れぬものがあるのですから、
ひとつひとつ丁寧に取り組む時間も大切なのかもしれませんね。

「スマスマ」のビストロでは樹木希林さんの、ついこの間のことも
「いい肥やしにして成長下さいね〜。」というお言葉がお優しく、
中居君に「成長するんですかね〜。」とつぶやかせていましたね。

樹木希林さんと阿部寛さんの「思い入れがあるのはどっち?」クイズでは、
剛君は2問とも正解していたので、演技派お2人のお芝居を見抜けました。
お2人とも素晴らしい俳優さんですが、
剛君も凄いんだから〜とついつい思ってしまう私です・・・。

お2人にお出ししたごろつよチームのそうめんは薬味が盛りだくさんで、
細めのそうめんにさらっとしたお出汁が味わい深くて美味しそうでした。
おもてなしのお料理にも繊細さが際立ったごろつよチームでした。

マジック完コピはカードの配り方など剛君らしい緊張ぶりもありましたが、
やればできる剛君だけあって、可愛い笑顔とダンディーな芝居っ気で、
奇跡の完コピを楽しい雰囲気の中、やり遂げて魅せてくれました。
なんでも芸の肥やし!ダンディーなマジシャン役ももうできそうです
まあ、「スペシャリスト」であれほど難解な事件の謎解きを
何度も見事に解き明かして来た宅間刑事ですから、
出来ないはずはないのですけどね(´∀`*;)ゞ。

今週の「ぷっすま」は「物件拝見トレジャーバトル」の後編。
ゴールして得た賞金を千秋ちゃんに「はい、結婚のお祝い。」と渡す剛君に、
「優しい剛君!優しい剛君!」と感激した千秋ちゃんの顔が印象的でした。
なんでも穏やかな顔でさらっとやっちゃう剛君のそこはかとない上品さが好き。
さりげない男気も。そんな大人の魅力を見せられる作品に出てほしいなあ〜

2016-03-31 01:45 | カテゴリ:TV(その他)
4月から2人の子どもたちが同時に社会人になりますので、
人生の節目を祝って、母娘2人で一泊の温泉旅行に行ってきました。
旅行カバンに買いたての雑誌「Oggi」5月号を詰め、車を走らせ、
人生初!のエステを経験し、温泉にゆっくりとつかり、
夕食で冷酒3合を女2人であっさりと飲んでしまいました。
今までの人生の中で、おそらく1番リラックスできて、
ほっと一息つけた、素敵な時間を過ごしました

そして極めつけはその夜9時からの「UTAGE春の祭典」の放送。
ホテルの部屋のTVで母と娘でゆったりと鑑賞。
和やかで心地よい緊張感もある番組内容に、笑い、見入り、
とても楽しい見応えのあるエンターテイメント番組になっていたと思います。

オープニングのダンスパフォーマンスで一気に引き込まれましたが、
舞祭組とともにダンスに加わった剛君は、キレもありますし、
体幹がブレない堂々としたダンスで、片手側転など、流石の貫禄
やっぱり剛君のダンス好きだわ〜と見惚れてしまいました
剛君をセンターに出演者全員で踊るラストは迫力があって胸が高鳴りました

リベンジのギター「歩いて帰ろう」はストロークの技術が進歩していましたが、
剛君曰く、やっぱり緊張感からはなかなか逃れられないそうです。
でも、両足の股を大きく開き、全力でギターをかき鳴らす姿は本当に男っぽい
その真剣さ、荒々しさ、ロック魂。
不器用なところも含め男臭さが際立っていてとても魅力的です。
中居君に「(リベンジするためにまた)来てください!」と言ってもらいました

極めつけはラスト、男性全員でCHAGEさんを囲んでの「YAH YAH YAH」
中居君が直々にCHAGEさんに頼み込んだだけあって、
中居君が気持ちを込めて思いっきり歌っているのがとても上手でした。
次のパートを歌う剛君の歌声にも表情にも渾身の思いが込められていました。

「必ず手に入れたいものは 誰にも知られたくない
 百ある甘そうな話なら 一度は触れてみたいさ
 勇気だ愛だと騒ぎ立てずに その気になればいい」(中居君パート)
「掴んだ拳を使えずに 言葉を失くしてないかい
 傷つけられたら牙をむけ 自分を失くさぬために
 今から一緒に これから一緒に 殴りに行こうか」(剛君パート)

"どんぐり"だとは思えないほど、2人心の歌がストレートに胸に突き刺さってきます。
聞き慣れていたこの歌がこんなに深い意味を持つ歌詞だったことに驚きましたし、
会場のみんなで拳をあげて歌う姿は、切なさと力強さが混ざり合っていて、
思わずテレビの前で心が震えてしまい、一緒に拳を上げて歌ってしまうほどでした。
CHAGEさんの右に中居君、左に剛君。
前に出たり後ろに下がったりしていましたが、最後に前に出る時、
なかなか前に出てこない剛君を中居君が促しているような場面があり、
「中居君、CHAGEさんを挟んで、この歌を剛君と一緒に歌いたいんだ!」と
なぜか強く感じました。

「Oggi」5月号の「絶対的好感論」のテーマは「信じる」。
「どう転んでも自分自身のことは絶対的に信じているし、
 そうあるべきだと思っている。」

という剛君の言葉に男らしいプライドがあって、潔い自信に胸を射抜かれます
「そして描いた未来の変化を臨機応変に受け入れること。
 限られた人生、そうやって柔軟に生きることが大事なんじゃないのかな。」


「信じる」ことの大切さを重層的に語っている今回の内容も剛君の奥深さを感じます。
自分を絶対的に信じているからこそ、未来の変化も受け入れつつ柔軟に生きるという
本当は大人の草彅剛。私はそんなあなたそのものを「信じて」います。
そしてそんな剛君を愛し、信じて下さる方を信じます