2017-11-06 01:36 | カテゴリ:TV(その他)
剛君、吾郎さん、慎吾ちゃん、
AbemaTV「72時間ホンネテレビ」完走本当にお疲れさまでした
11/2の午後9時スタートから11/5の午後9時までの72時間、
私は自分の健康管理のため深夜の放送は我慢しましたが、
それ以外の時間はこのTVを観るために連休を使うことができました。
そんなに長く見続けることができるのかなと思っていましたが、
始まってしまうとあまりの面白さに自然とTVから離れられなくなりました。

AbemaTV(ネットTV)を観たのは正直今回が初めてでした。
「FireTVStick」なるものを買うと普通のTVで観られるということでしたが、
私はこのブログを書いているMacBookで十分綺麗に観ることができました。
スマホでも観ることができるので、台所に立つ時はスマホでも観られるし。
CMは長いですが細切れに入りませんので、番組をゆったり観られますね。
CM中にちょっとした用事ができるので観やすかったです。

時間を忘れて純粋にTV番組を存分に楽しんだのは本当に久しぶりでした。
もちろん大好きな3人が出ているからなのでしょうが、出演者の方々も感じがいい。
最近の地上波のTV番組にはない、のびやかさや柔軟性があって自然に楽しめました。

吾郎さん慎吾ちゃん剛君は、30年間TV界で活躍してきた力を見せつけましたね。
どんな企画でも、気持ちよく楽しく観られるように盛り上げることができます。
安定感は30年という年月、過酷なお仕事の中で鍛え上げられたものだと思います。
そしてその努力や苦労を感じさせることなく、さらっと笑顔でこなしていく強靭さ。

3人の30年間の努力、苦労、実績、人間性を知っているからこそ、
あんなにたくさんの芸能人の方々が応援してくださるのでしょう。

慎吾ちゃんの全体の流れを把握しながらきちんと番組を進めていける冷静さ、
対応力は番組の柱としてなくてはならないものですね。
カトルドトランプに扮した時、ライブでふんばって歌を歌い上げる時、
エンターティナー慎吾の底力に震えるような気持ちになりました。

吾郎さんの魅力も倍増していました。ダンスをしてもお芝居をしても
トークをしても運動会をしても、控えめな様子から一転はっちゃけてくれます。
そのはっちゃけぶりが上品ながらも縦横無尽で面白くとても魅力的です。

剛君のテンションの高さは、番組を盛り上げるためになくてはなりません。
経験値の高さからか、テンションを上げつつ、周りを見る余裕も出てきました。
共演者を不快にさせないように気配りをしている姿に何度も感動しました。
運動会では期待を裏切らない速さで走ってくれましたし、
プロレスでの回し蹴りの美しさや、場の盛り上げ方に男草彅剛を堪能しました。

大先輩堺正章さんのアドバイスに真摯に耳を傾ける剛君の眼差し。
試行錯誤しながらも丁寧に自分を見つめる誠実な姿が見られて嬉しかったです。

森くんとの再会のシーンで涙ぐむ剛君。森くんの孤独に思いをはせる剛君。
森くんと3人のホンネトークではこれまで知らなかったことも理解でき、
話し終わった時、4人がそれぞれに語った言葉が印象的で心に残りました。
剛君「森くんのレースを見たら(自分たちが)まだ甘いと思った」
吾郎さん「森くんと話せて良かった」
慎吾ちゃん「がんばろう!」
剛君「日本一になってほしいし
  (森くんが)くじけそうになったら連絡してほしい」
森くん「ずっとずっと仲間だから」

私はやはり演劇をしている剛君に一番興味があるので、
三谷幸喜さんとお芝居を作って行く剛君の真剣な表情にのめり込んでいきました。
佐藤浩市さんが「剛」と呼んでくださるのがうれしかったし、
谷原さんの「1ファンです。一緒にやりましょう!」に愛情と絆を感じたし、
リリーさんに、演技について食いついて行く剛君の姿にワクワクしました。

72時間ホンネライブは最後まで完走出来るのか手に汗握るようでした。
たくさんの歌の歌詞にホンネの思いが込められているようで胸が詰まりました。
家族全員でライブの行方を見守りながら心から応援していましたよ。

いろいろ良い歌がありましたが、やっぱり剛君は『歌うたいのバラッド』かな。
ギターもとても上手くなっていました。
これからまだまだ進化しそうで楽しみしかありません。

60曲過ぎあたりから3人の一体感が増して盛り上がってきて熱くなりました
慎吾ちゃんのフォロワー100万人を達成したくて、
インスタグラムをやらない主人がライブ中に慌てて登録してくれましたよ。
娘に「あなたも!」と言ったら「もうフォローしてるし!」という返事
離れて暮らす息子からも「ユーチューバー草彅見てるよ〜」というラインが!

本当に72時間もの企画をこなすこと自体無謀で大変なことだったと思います。
でも3人は不安と闘いながらも新しいことに挑戦し続けました。
その姿が美しかったから、最後まで応援し続けてこれたのだと思います。

剛君、吾郎さん、慎吾ちゃん、感動をありがとうございました。
いつも泣かない吾郎さんがたくさん涙を流していてびっくりしました。

しばらくは72時間の中で見られた3人の表情を味わって過ごせそうです。
→草彅剛『72時間ホンネテレビ』見どころ
ゆっくりと身体を休めてください。
次は映画の撮影ですね。
72時間をやり遂げてまた一回り大きくなった3人の
お芝居がますます楽しみになりました。期待しています
2016-05-18 00:22 | カテゴリ:TV(その他)
4月から夜の時間帯から昼の時間帯の仕事に戻りましたので、
何年かぶりに早起きして、家族や自分のお弁当作りを再開しました。
スマホをiPhoneに変えてradikkerを使うようになったので、
東京FMの「おはスマ」も聴けるようになり、
今週担当の剛君の放送から喜んで聴き始めました。
ギブソンを抱えての放送で、昨日は「beetle」の弾き語りを披露し、
「明日もまた弾き語りがあるかも」と言う中西さんのお言葉。
明るくて前向きな曲「ココカラ」を朝から聴くと元気にもなります

「beetle」の歌詞にはSMAPを愛する剛君の渾身の思いが込められていますし、
「ココカラ」は5人の仲の良さや前向きな気持ちが目に浮かぶ明るい曲。
剛君はどんな時でもあきらめないし、
信念を持って愛を抱き続けている人です

「ブラタモリ・横浜」のナレーションも丁寧に語っていて魅力的でした。
今はスケジュール的に余裕があるのか、
ナレーションに集中して取り組んでいるような剛君の語り口は、
やはりとても忙しい時に比べれば気配りが行き届いているように感じます。
剛君本来の力は底知れぬものがあるのですから、
ひとつひとつ丁寧に取り組む時間も大切なのかもしれませんね。

「スマスマ」のビストロでは樹木希林さんの、ついこの間のことも
「いい肥やしにして成長下さいね〜。」というお言葉がお優しく、
中居君に「成長するんですかね〜。」とつぶやかせていましたね。

樹木希林さんと阿部寛さんの「思い入れがあるのはどっち?」クイズでは、
剛君は2問とも正解していたので、演技派お2人のお芝居を見抜けました。
お2人とも素晴らしい俳優さんですが、
剛君も凄いんだから〜とついつい思ってしまう私です・・・。

お2人にお出ししたごろつよチームのそうめんは薬味が盛りだくさんで、
細めのそうめんにさらっとしたお出汁が味わい深くて美味しそうでした。
おもてなしのお料理にも繊細さが際立ったごろつよチームでした。

マジック完コピはカードの配り方など剛君らしい緊張ぶりもありましたが、
やればできる剛君だけあって、可愛い笑顔とダンディーな芝居っ気で、
奇跡の完コピを楽しい雰囲気の中、やり遂げて魅せてくれました。
なんでも芸の肥やし!ダンディーなマジシャン役ももうできそうです
まあ、「スペシャリスト」であれほど難解な事件の謎解きを
何度も見事に解き明かして来た宅間刑事ですから、
出来ないはずはないのですけどね(´∀`*;)ゞ。

今週の「ぷっすま」は「物件拝見トレジャーバトル」の後編。
ゴールして得た賞金を千秋ちゃんに「はい、結婚のお祝い。」と渡す剛君に、
「優しい剛君!優しい剛君!」と感激した千秋ちゃんの顔が印象的でした。
なんでも穏やかな顔でさらっとやっちゃう剛君のそこはかとない上品さが好き。
さりげない男気も。そんな大人の魅力を見せられる作品に出てほしいなあ〜

2016-03-31 01:45 | カテゴリ:TV(その他)
4月から2人の子どもたちが同時に社会人になりますので、
人生の節目を祝って、母娘2人で一泊の温泉旅行に行ってきました。
旅行カバンに買いたての雑誌「Oggi」5月号を詰め、車を走らせ、
人生初!のエステを経験し、温泉にゆっくりとつかり、
夕食で冷酒3合を女2人であっさりと飲んでしまいました。
今までの人生の中で、おそらく1番リラックスできて、
ほっと一息つけた、素敵な時間を過ごしました

そして極めつけはその夜9時からの「UTAGE春の祭典」の放送。
ホテルの部屋のTVで母と娘でゆったりと鑑賞。
和やかで心地よい緊張感もある番組内容に、笑い、見入り、
とても楽しい見応えのあるエンターテイメント番組になっていたと思います。

オープニングのダンスパフォーマンスで一気に引き込まれましたが、
舞祭組とともにダンスに加わった剛君は、キレもありますし、
体幹がブレない堂々としたダンスで、片手側転など、流石の貫禄
やっぱり剛君のダンス好きだわ〜と見惚れてしまいました
剛君をセンターに出演者全員で踊るラストは迫力があって胸が高鳴りました

リベンジのギター「歩いて帰ろう」はストロークの技術が進歩していましたが、
剛君曰く、やっぱり緊張感からはなかなか逃れられないそうです。
でも、両足の股を大きく開き、全力でギターをかき鳴らす姿は本当に男っぽい
その真剣さ、荒々しさ、ロック魂。
不器用なところも含め男臭さが際立っていてとても魅力的です。
中居君に「(リベンジするためにまた)来てください!」と言ってもらいました

極めつけはラスト、男性全員でCHAGEさんを囲んでの「YAH YAH YAH」
中居君が直々にCHAGEさんに頼み込んだだけあって、
中居君が気持ちを込めて思いっきり歌っているのがとても上手でした。
次のパートを歌う剛君の歌声にも表情にも渾身の思いが込められていました。

「必ず手に入れたいものは 誰にも知られたくない
 百ある甘そうな話なら 一度は触れてみたいさ
 勇気だ愛だと騒ぎ立てずに その気になればいい」(中居君パート)
「掴んだ拳を使えずに 言葉を失くしてないかい
 傷つけられたら牙をむけ 自分を失くさぬために
 今から一緒に これから一緒に 殴りに行こうか」(剛君パート)

"どんぐり"だとは思えないほど、2人心の歌がストレートに胸に突き刺さってきます。
聞き慣れていたこの歌がこんなに深い意味を持つ歌詞だったことに驚きましたし、
会場のみんなで拳をあげて歌う姿は、切なさと力強さが混ざり合っていて、
思わずテレビの前で心が震えてしまい、一緒に拳を上げて歌ってしまうほどでした。
CHAGEさんの右に中居君、左に剛君。
前に出たり後ろに下がったりしていましたが、最後に前に出る時、
なかなか前に出てこない剛君を中居君が促しているような場面があり、
「中居君、CHAGEさんを挟んで、この歌を剛君と一緒に歌いたいんだ!」と
なぜか強く感じました。

「Oggi」5月号の「絶対的好感論」のテーマは「信じる」。
「どう転んでも自分自身のことは絶対的に信じているし、
 そうあるべきだと思っている。」

という剛君の言葉に男らしいプライドがあって、潔い自信に胸を射抜かれます
「そして描いた未来の変化を臨機応変に受け入れること。
 限られた人生、そうやって柔軟に生きることが大事なんじゃないのかな。」


「信じる」ことの大切さを重層的に語っている今回の内容も剛君の奥深さを感じます。
自分を絶対的に信じているからこそ、未来の変化も受け入れつつ柔軟に生きるという
本当は大人の草彅剛。私はそんなあなたそのものを「信じて」います。
そしてそんな剛君を愛し、信じて下さる方を信じます
2016-03-12 21:59 | カテゴリ:TV(その他)
「明日へコンサート」冒頭、ホールの外で5人で並んでいるSMAP。
とにもかくにも5人揃ってこの復興支援番組の冒頭に登場して、
心配をかけたファン、国民の中に存在する潜在的ファンの皆さんに
少しでも安心してもらおうと頑張っている、踏ん張っているSMAP。
まだまだ私たち一般人にはわからなことがいろいろあるのかもしれない。
それでも、5人全員がみんなのために頑張りたいと思っていることだけは
紛れもない事実。5人の笑顔がみんなを笑顔にすることは事実・・・。

剛君は昨日が「スペシャリスト」のクランクアップで、
過酷なロケを終えたばかり。
身体の芯から疲れが溜まっていたことでしょう。
それでも東北に赴き、3曲を歌い、大サビを歌い、
最後まで踏ん張りました。
歌の時、剛君が真ん中にいると不思議と場が締まります。
時々笑顔、時々涙目、不器用な男が哀愁さえ感じる神妙な顔をしていると
剛君本来の渋い「男」らしさが際立ちます。日本の男を感じます。

綾瀬はるかさんの「花は咲く」の独唱が紅白の時以上に心に沁みました。
綾瀬さんは本当に東北に何度も足を運び、あたたかい交流をしているようですね。
綾瀬さんが心を込めて丁寧に歌を唄っている姿を見ていると、
突然「僕の生きる道」で歌手になりたいと中村先生に訴えていた生徒役の
綾瀬さん演じる高校生の杉田さんの姿を思い出しました。
中村先生、杉田さん、本当に初心を貫き人々を癒す「歌手」になりましたね、
なんて、後ろで並んでいる剛君に向かって心の中でつぶやく私でした。
あの時剛君が何を思っていたのかは想像することもできませんが、
あなたが後輩達に撒いてきた種は芽を出し、花を咲かせているようです

昨日は「スマスマ」で5年間募金の呼びかけを続けているSMAPさんとともに
東北の方々の1日も早い復興を願って、銀行に支援金の振り込みに行きました。
振込先は「みずほ銀行・大手町営業部(普通)3514117・公益財団法人
東日本大震災復興支援財団」ですね。
中居君が今日の番組で何度も繰り返して言っていたように、
東北のいろいろな場所にできるだけたくさん遊びに行きたいと思いました。
福島の原発事故で被害に遭われた方々の無念さを忘れることなく、
自分たちの生活と原発との関係もしっかり見つめながら生活していきたいです。
やっぱり人と人とのつながりが一番大切だと思った「明日へコンサート」でしたし、
「また来年!」ときっぱり言った中居君の声が耳にしっかりと残りました

2015-12-23 22:31 | カテゴリ:TV(その他)
「さんスマ」は毎年何かしら嫌な思いをさせられるのですが、
やはり、この年の瀬に生剛君が見られる嬉しさで見てしまいます。
今年の番組内容にもあちらこちら?と思うことがありましたが、
剛君の憧れている美女モデルが長谷川潤さんだったし、
小鳥もとまりそうという彼女の神秘的な雰囲気に魅かれると言う
剛君の感性のセンスの良さを実感できてとても衝撃的でした

正直あまりモデルさんのことを知らないので、今回思わず
長谷川さんのことを検索してその人となりを調べちゃったりしました。
とてもナチュラルでおおらかな美しさを持った方で、
旦那様やお子さんとの生活とモデルの仕事を自然体でこなしている姿、
自然の中でヨガをし、太陽のような笑顔をふりまいていらっしゃる姿に、
確かに文句なしに魅力的で美しい方だなあ思いました。
長谷川さんも剛君のことを「ナイスな方。ジェントルマン!」と
笑顔で言って下さって、「そうそう、わかっていらっしゃる!」と
心から嬉しく思いました

剛君の女性の趣味は「悪くない!」って思いました
長谷川さんは残念ながら既婚ですが、そういう方向性で
剛君が心から好意を抱ける尊敬すべき女性が現れるといいですね
と思いつつ、剛君の憧れる長谷川さんみたいな女性に、
1ミリでも近づきたいなあと、年甲斐もなく思った私でした

もう1つ印象に残ったのは、SMAPの歌うメドレーの1曲が
ピース又吉さんリクエストの『ありがとう』だったこと
剛君がイントロを歌い出した時の又吉さんの満足そうなお顔。
又吉さん、絶対剛君のこと好きですよね愛を感じましたから。
私もやはりなんだかんだ言って『ありがとう』が1番好きです。
そして、わかる人にはわかっていただける愛ある剛君が大好きです