2018-02-24 19:11 | カテゴリ:雑誌
本日発売の月テレ「お気楽大好き」の剛君は役者モード全開で、
剛君のお芝居を愛する私としては大変読みごたえがありました。
歌もダンスもバラエティーも大好きですが役者のお仕事は別格です。
「後悔しないように生きたい」と凛々しく語る剛君に熱くなります。
そして読み終わって、訃報はこの取材の後に知ったのでしょうね
と思わずつぶやいている自分がいました。

みんなに注目される演技者に草彅剛がなり得たのは、
諸先輩方のお導きがあってのことでしょう。
舞台ではつかこうへいさんが剛君を見出し褒め育ててくださいました。
映画では晩年の高倉健さんに愛され、
共演させていただきご指導を受けるという栄誉にあずかりました。

そしてドラマでは偉大な先輩である大杉漣さんが寄り添ってくださり、
数々の名作、感動作を世の中に送り出してくれました。
私が憶えているだけでも、
「世にも奇妙な物語」の『13人目の客』
『僕の生きる道』『僕と彼女と彼女の生きる道』『僕の歩く道』
『TEAM』『愛と死を見つめて』『99年の愛』
『任侠ヘルパー』『銭の戦争』『スペシャリスト』『嘘の戦争』

慎吾ちゃんに「魂の叫び」と評された剛君の演技を
大杉漣さんは常にしっかりと受け止めてくださいました。
特に僕の生きる道シリーズの漣さんの緻密で正確な演技は、
ドラマに深みと温かさを与え、
俳優草彅剛をスターダムに押し上げる大きな力になりました。

漣さん演じる理事長(僕の生きる道)
父(僕と彼女と彼女の生きる道)
動物園の園長(僕の歩く道)と、
剛君演じる主人公が、対立から理解・共感へと変化していく過程は
それぞれのドラマのテーマを際立たせる柱になっていて見事でした。
「僕の生きる道シリーズ」の成功があっての現在の剛君です。
素晴らしい作品を私たちに届けてくださった漣さんには、
本当に言葉では言い尽くせない感謝の気持ちでいっぱいです。

近年では、漣さんと剛君は『二都物語』で舞台共演も果たしました。
その時の楽屋で剛君はギターの魅力を教えていただいたのですよね。
その後解散騒動で苦しんだであろう剛君を支えたのがギターでした。
解散が発表され、事務所退所を目前にした剛君を、
「ぷっすま」で九十九里浜の別荘へと招待してくださったのも漣さん。
2人で大好きな斉藤和義さんの「僕の見たビートルズはTVの中」と
泉谷しげるさんの「春夏秋冬」をユースケさんも交え熱唱しました。
親心か友情か、人が人を想うことを体現してくださった漣さんです。

そんな漣さんが急逝されたというニュースが日本中を駆け巡ったのです。
ただただ驚きショックでした。
そして明日のことはわからない人生をしみじみと思いました。
漣さんは役者としてたくさんの功績を残され、多くの人を愛し、
多くの人に尊敬される人生を送られたと自然と頭が下がりました。

不謹慎かもしれませんが、漣さんのような方がおられる世界なら
いつか怖がらないで行けるかもなどと一瞬思ってしまいました。
漣さんと同じ世界などというのはおこがましいですね。
優しさをたくさん私たちにくださって、本当にありがとうございました。

何もコメントが出ていなくても剛君が魂で悼んでいることがわかります。
そして何を思うのでしょうか。
現在立派なメインビジュアルも完成した
『クソ野郎と美しき世界』の撮影が佳境に入っていることと思います。
この衝撃的な訃報を聞いてどうなるのでしょう。

でも、剛君にはしっかりと、
漣さんのお気持ち、お声が届いているのではないでしょうか。
あれだけ剛君のドラマに出演し続け、剛君を見続けていた漣さんです。
ご自身が大先輩であるのにも関わらず、可愛い感じで
「剛くん」とおっしゃっていたレンレンのことを一生忘れません。
何よりも共演してくださった名作の中に生きていらっしゃいます。

3月から本格的な練習に入るという舞台『バリーターク』のフライヤーで
剛君と松尾諭さんが夕暮れをバックに長椅子に座っていますね。
なんとなく既視感があるなあと思いを巡らせると、
『僕の歩く道』でテルと動物園の園長さんが、仕事帰りに
ベンチに並んで座って色々なことを語り合っていた姿を思い出しました。
『バリーターク』は『僕の歩く道』とはもちろん設定が違いますが、
「生」とは「死」とは何かを考える作品らしいですね。

また『クソ野郎と美しき世界』の「光へ、航る」では
失った息子の右腕を探しに夫婦で旅に出るというストーリーらしいですね。
言葉にならないほどの訃報を胸に
剛君はこの作品たちにどう向き合うのでしょう。
目の前にやらなくてはならないお芝居があることで、
剛君の哀しみが少しでも昇華されることを祈るばかりです。

『バリーターク』の先行抽選ですが、
会員枠、世田谷パブリックシアターともに落選で、
神奈川メンバーズで奇跡的に当選することができました。
まだ、「チケットぴあ」「イープラス」「カンファティ」「ローチケ」
で先行抽選が間に合います(2/25まで)。一般発売は3/4からですね。
観たい方が見られることをお祈りしています。
でも、やっぱり絶対枠が少ないので、TV放送やDVD化を望みます。

『クソ野郎と美しき世界』は家族友人みんなで行こうと話していますが、
最近この映画に期待感が高まっている様子。
「新しい地図」様、
みんなで押しかけて映画館に入れないなんてことがないよう
よろしくお願いします。

2018-01-24 23:28 | カテゴリ:雑誌
記録的な寒波で、23日発売だった「サンデー毎日」が1日遅れて書店に。
仕事を終えて午後3時前に買いに行ったら、残り1冊になっていてビックリ。
先日の「TVガイド」も発売日に残り3冊だったし。
片田舎なのに私の周囲には明らかにかなりの剛君ファンがいるようです。

表紙も中にある写真もナチュラルな大人の色気が増した草彅剛ですね。
書店の棚にあった残り1冊を手に取るとそのやわらかな表情に時が止まり、
外の寒さに身体が凍てついていたこともひと時忘れてしまいました。
そうそう、剛君は大人の43歳。年相応の渋みと深さが出ていますヽ(≧∀≦)ノ

早速、「役者・草彅剛」アンケートの結果を確認。
うわあ、こうなったか。ベスト3までしか公表してくださらないのですね。
まあ、投票した剛君ファンは決め難い中投票した人が多かったでしょう。
きっと票も分かれて接戦になった作品がずらっと並んでいることでしょう。

私はもちろんベスト3をはじめほとんどの作品を心から愛していますが、
1つだけしか選べないと言われると接戦の末『TEAM』になります。
文部科学省のエリートである風見勇助の人間くさいところが大好きでした。
若きエリートが等身大に描かれていて、シリアスもコミカルも見応えたっぷり。
社会派ドラマとしてもホームドラマとしても重層的に見られるドラマでした。
こんな素晴らしいドラマがDVD化されていないのが本当に残念無念です。

と思いながら「サンデー毎日」の表紙をぼおーと眺めていると、
「小泉純一郎激白」の見出しが目に入ってきました。そう言えば
『TEAM』の第1話で文部大臣役の小泉純一郎さんと共演していた剛君。
うわあ、「サンデー毎日」の表紙で時を経てまたご一緒してる!
なんて勝手にツボにはまって感慨にふけってしまいました。
剛君のインタビューの中で、俳優として影響を受けた方として
西村まさ彦さんのお名前があるのを見て喜んだのは言うまでもありません。

今回ベスト1に選ばれている連続ドラマの9・10・11話も特別に好きです。
『TEAM』とベスト1作品は同じ監督が演出されていますね。
私は骨太な社会派ドラマを特に愛しているということなのでしょう。

そういう意味でも、いよいよ今週末1月27日(土)午後7:30から放送される
「NHKスペシャル未解決事件赤報隊」は興味深い内容です。
重いテーマですので心して受け止めます。

P.S. ちなみに私の主人は「スペシャリスト」に投票しました。
   ひとそれぞれのツボがあるようですね(^-^)/

2017-10-28 14:39 | カテゴリ:雑誌
oggi12月号「絶対的好感論」がとうとう最終回になってしまいました。
剛君の素顔を間近で見ているように感じる
五十嵐隆裕さんのナチュラルな写真が心地よくて
毎回楽しみにしていました。
ファッションも「シンプルイズベスト」が貫かれていて、
そのスタイルが草彅剛の素の魅力を余すところなく伝えてくれました。

4年弱にわたる連載の写真の数々はファンにとって宝物になりました。
願わくば写真集にしていただけるとこの上ない幸せなのですが。
出版元の小学館さまのお立場もあるでしょうが、
出版されるときっと大きな反響があると思います。

テーマは連載第1回と同じ「働く」。
この連載を読むと本来の剛君が思慮深い人などだとわかります。
剛君は直感の鋭い感覚的なところが目立ちますし、
「考えない人」というポーズをとってきたところもありますが、
この連載では「考える」剛君の姿を私たちに伝えてくれました。
普段は「考える」自分を決して前面に出してこないし、
タレントはそういう姿をあまり見せない方がいいという
ポリシーを持っているのかもしれないのですが、そういう意味でも
「考える」剛君に触れられたこの連載はとても貴重だっと思います。

過去の自分の考えや発言を振り返り分析し説明する。
そしてその考えがどういう理由でどのように変わってきたのか
自分で検証し、私たちにわかりやすく伝えてくれる。
自身の心のあり様をしっかり見つめ、説明することから逃げない。
一生懸命応援する私たち対する誠実な気持ちが伝わってきます。

制約がある中でも、できるだけ真実を伝えたいという
真摯な態度に驚き感動しました。
大好きな人が苦しかったことを含め本当の気持ちを教えてくれることは
その人を思う人間にとって、やはり嬉しいものです。
私たちファンの存在を本当に大切に思ってくれて
寄り添ってくれる姿勢に、
草彅剛のファンで良かったと心から思える内容でした。

最後に仲間(パートナー)の大切さを切々と語っています。
剛君の魅力はやはり仲間を大切にする人間味ですね。
時にひとりよがりになりがちな人間ですが、この姿勢は本当に見習いたい。
「絶えず何かを与え合い続けること」
「人」は人と人の「間」にあって「人間」になれることを思い出します。
そんな人間らしい草彅剛が大好きです

小学館、oggi編集部の皆様、
草彅剛の素顔を堪能できた素晴らしい連載をありがとうございました
今後とも「新しい地図」をよろしくお願いいたします。

本日10/28の21時よりAmebaTVで『72時間ホンネテレビ』
「放送直前!稲垣・草彅・香取と7.2分でSNSを学ぼうSP」が
放送されます。いよいよ本格始動ですね。心から応援します

2017-10-24 15:40 | カテゴリ:雑誌
久しぶりに永久保存版の雑誌祭りですね。
「TVガイド」はユースケさんと剛君の2ショットが素晴らしいです。
充実した2人の表情が、
20年という年月で培われてきた揺るぎない固い絆を表しています。
ユースケさんの満面の笑顔と感無量の剛君を見て、
今更ながらナギスケという奇跡のコンビに胸が熱くなりました
この背後にはいつも2人を支えてくださっている大熊さんと
ディレクターさんはじめ多くの「ぷっすま」スタッフさんがおられます。

これからもこの奇跡の2人を見続けられますように

「月刊ザ・テレビジョン」にも「ぷっすま」放送900回記念の記事が1P。
「お気楽大好き」はなんかいっぱい服に付けている不思議な剛君が4P。
最初何をつけているのか意識しなかったけれど、よーく見るとこれは!!
どういう意味なのかな?意味なんて特にないよおって剛君は言いそうですが。
スウェットっぽい柔らかそうなラフなスタイルがとても良く似合っています。

自然体の爽やか剛君は今、「ユーチューブ」のお勉強に勤しんでいるとか。
テキトーなところも多い剛君ですが、語学にしろ楽器にしろ凝る時には凝る。
そんな剛君が勉強中ということで期待が高まりますが、
あまりハードル上げるのもどうかと思いますので「お気楽に」待ちましょう。

「72時間ホンネテレビ」に臨む3人への直撃インタビューが面白いです。
それぞれの他の2人への思いがホンネっぽくかつ愛があってほっこりします

「パワスプ」でも慎吾ちゃんが言っていましたが、吾郎さんかっこいいですね。
毎日ジョギングを続けているせいかもしれない!
「72時間ホンネテレビ」中も
3人でトレーニングしたりダンスしたりしてほしいかも。
運動会企画があるという週刊誌の記事を見かけましたがどうなんでしょう!?
剛君、ユーチューブのお勉強もあるでしょうが、
吾郎さんに「かけっこ」負けないようにね〜

2017-09-30 15:14 | カテゴリ:雑誌
月末おまちかねの剛君の連載2本。
ようやく隠遁生活から抜け出し、攻めていく感じの発言にドキドキします。

月刊テレビジョン「お気楽大好き」は映画を見て運動を始めたというお話。
剛君の観たというDVDは後追いして観ることが多いですが、
今回の海外ドラマもなかなかハードで重そうな感じ。
でも面白いらしいので、TUTAYAの宅配で頼みました。
いつも内容が重いんですけどね〜怖いものみたさで観ちゃいます。

”最強の43歳”を目指して運動も再開したというお話。
やっぱり剛君は身体能力の高さが大きな魅力なのでこれは嬉しい報告です。
これからも出来うる限りアクティブな剛君であって欲しい!

ギターと歌も楽しみですが、ダンスもことあるごとに踊ってほしい。
若かりし時、慎吾ちゃんと曲に振り付けして完璧に踊れるまで踊り続ける
という生活をしていたらしいですが、そんな熱量を思い出して。
そして殺陣もアクションも映画やドラマでどんどん見せてほしいです。

Oggi11月号「絶対的好感論」の「テーマ」は「のこす」。
「”のこりもの”はいつ輝くかわからないから、面白い」

来月12月号でこの連載は終了するそうですが、
とにかくこの連載の五十嵐さんが撮った写真が本当に魅力的でした。
剛君の内面を浮き彫りにしてくれる芸術性の高い写真が大好きでした。

今回の撮影場所は東京の古めかしい大きな建物の路地裏。
建物の壁面から突出している通気口が大きな生き物のように呼吸していて、
人気の無い寂しく狭いアスファルトの1本道が
街の中心地に向かって遠くまで続いています。
そんな1本道に独り佇み、挑むようにこちらを見る草彅剛が凛々しい。
いままで星の数ほど剛君の写真を見てきたけれど、
この写真の力強さ、美しさに、見たこともないようなパワーを感じます。

剛君たち3人の活動に関して、
日々上げたり下げたりいろいろな記事が出るけれど、
正直そんなものに一喜一憂されたくありません。
どういう事情でこうなったのか、推測してもしかたがない。
その時その時最前を尽くすしかない。
たとえ孤高の道だとしても自分を信じて進むしかない。
最後に信じられるのはやはり自分だけ。
建物と建物の間に埋もれているようなひっそりとした寂しい道。
剛君がさっそうと駆け抜けていくのが見えるような気がします。

四国のおばあちゃんのところに行ってきたのですね。
剛君のおばあちゃんはとても感性の鋭い賢い方のようで、
剛君の応援団長とも言える方ですね。
剛君が「俳優」に留まらず「歌」を大切にしたいという気持ちが
伝わってくるようなエピソードです。

「Youtuber草彅」を始めるということで話題になっていますが、
剛君はもともとビデオ演出に興味がありますよね。
ミュージック・ビデオやスケートボード・ビデオの制作で著名な
スパイク・ジョーンズのDVDを家でずうっと流し見しているらしいので、
常に面白い、インパクトのある表現にアンテナを立てているのでしょう。

昨年終了したスマスマでも、「SINOHARA TV」や「コップのツヨ子」など、
最後まで面白いことをしようと身体を張って頑張っている姿が印象的でした。
言われて一番嬉しい言葉は「面白いね」という言葉だといつも言っていました。
正直スベっていることも多かった気がしますが、それでもめげなかった。
剛君が「頑固」って言われる所以でしょうか?
人の評価とか気にせず、ひたすら「面白い」ことを追求し続けている人。
そのひたむきさに時々あきれるような気持ちになりながらも敬意を抱きます。
「SINOHARA TV」も「コップのツヨ子」もクオリティーが素晴らしかった

「面白い」って言われることは正直一番難しいことかもしれません。
でも表現の中で、「面白い」なくしては本当の感動にはたどりつけないかも。
どんなに回り道しても豊かな表現を追求しようとする剛君が「面白い」です。
「パワスプ」の時に「新しい地図」に「いろいろなことを書いていこう」と
言いつつ、「消したっていいんだから。」と剛君は言いました。
そういう、自由に押したり引いたりする思考が素敵なんだな。
書いたり消したりするけど、めげないで前に進む人なのだと思います。

10月2日から「1本満足バー」の新CMが放映されることになりました
元気いっぱいに弾ける剛君に、はたまたお口があんぐりしそうです
10月4日の「おじゃMAP!!」2時間SPに剛君が登場も見逃せません。

P.S. 「ブラタモリ・高知」も「ぷっすま・カレ飯自慢GP」も
  自然体でゆったりと「面白く」転がしていく充実トークに癒されます