FC2ブログ
2018-10-08 23:01 | カテゴリ:未分類
「ななにーinパリ」は色々な意味で見応えのある感動的な7.2時間になりました。

まずは長嶋一茂さん。最初はあまりにゆるく始まったので不安が走りましたが、
ゆったりと見ているうちに一茂さんの希求しているものの姿が見えてきて、
じわじわと胸が熱くなってくるような感じでした。

一茂さんもお父様に通ずるような格別にピュアな精神をお持ちの方ですね。
アナログが好き。子どもが好き。武道が好き。バーチャルでなく本物が好き。
そんな一茂さんの思いをスタッフも受け止めて、
なんとかその思いを形にしようと必死。
極真空手の組手の時、ゲーム音を動きに合わせてきたのは面白かった。
格闘技はゲームでやるよりやっぱり本当にやる方が楽しいよ。
慎吾ちゃんはきっとそんな一茂さんの思いを体現したくて頑張ったんじゃないかなあ。

剛君は格闘技が得意だということはアクションものなどで周知のことですが、
格闘技に挑戦するのはお久しぶりな感じでした。
最近はもっぱらインドアの慎吾ちゃんにとても素質があり、様になっていたのに感嘆。
後でクソ野郎の第2弾の慎吾ちゃんのキャラを空手にしたらどうかと提案されるくらい
極真空手をする慎吾ちゃんカッコよかったです。
2人とも「やれば出来る子なのに」やらないなんて勿体なーい

小林幸子さんとのライブもすっごく良かったです。
長いキャリアをお持ちの幸子さんですが、ななにーの幸子さんが本当に素敵だった。
肩の力がすっかり抜けている優しい幸子さんと新しい地図の3人。
新しさと王道をどちらも取り入れて、エンターテイメントを楽しんじゃうぞ、
っていう感じのノリが、見ている私たちを幸せな気持ちにさせてくれます。
4曲歌ってくれましたが、いつの間にかニヤニヤしながら楽しんでいる私。
凄いわあこの人たちのキャリア。エンターティナ〜

「おお〜シャンゼリゼ〜」で始まった「ななにーinパリ」は
まるで私たちもパリに行っているかのようなワクワクのライブ感が満載でした。
慎吾ちゃんの大掛かりな個展の様子や、
3人の高揚感が伝わってきて私も夢のような気持ちに。
中村江里子さんが慎吾ちゃんの個展に来られて感動しておられましたが、
まさに身内でもないけれど家族のように誇らしい気持ちになってしまいます。

一転剛君と吾郎さんの2人旅には大いに笑わせてもらいました。
ロハス兄弟、縁側の老夫婦のホンネ飛び交うちぐはぐな会話が円熟の面白さ。
剛君のハイテンション、吾郎さんの神経質、がキャラ立ちしていて漫画みた〜い

剛君て、一見普通っぽく見えるところもあるけれどやはり芸術家肌ですよね。
美術館に行ったのは初めてなんて言いながら、慎吾ちゃんの絵を売り込んだり、
ガーゴイルの魅力に取り憑かれたり、
ピカソに圧倒されたり。ピカソの絵の中に自分と似ている女の人がいると感動して、
「もしかして僕は前世でピカソに会っていたかもしれないんだよ」って興奮したり。
芸術的なものを受け取る感覚は鋭いし、独特なんですよねえ。
そんな芸術家肌のあなたの一挙手一投足をたっぷり見られて本当に楽しかったあ

その後の慎吾ちゃんと合流した「3人の本音トーク」には生々しい3人の心の軌跡が。
聞き応えありましたね。3人の話を聞くだけで伝わってくるシリアスな物語のよう。
自由を求めて脱出してきた冒険者たちの魂の叫びが胸に迫ってくるようでした。

剛君、ちょっと酔っ払ってはいたけれどとても筋の通った話をしていたと思います。
熱血なんですよね。人に対しても物事に対しても。
熱いし真面目だし。反動でぐじゃぐじゃになりそうになる時もあるけれど、
でも根底には底知れぬ反骨精神とポジティブと愛が溢れている

表現の仕方にはそれぞれ個性があるけれど、
三人とも同じ方向を向いている同志だったのですね。
3人の強みは何十年と縁の下の力持ち的な役割を
担い続けてきたことという気がします。
これまで蓄えてきたエネルギーが、今、解き放たれようとしている勢いを感じます。

三人ともよく話していました。
まだまだ語れたと言っていたほど淀みなく言葉が出てきました。
3人の自己分析、状況分析がしっかりしていて、
苦難をくぐり抜けてきた者にしかわからない切実さが伝わってきました。
生きるのは大変だけれど、へこたれたくない。
自分たちの可能性を仲間とともに支え合いながら、
刺激し合いながら追い求めたい。
まだまだこれから。

剛君が言った
「もっともっと広い世界を見たいと思った。
 もっともっといろいろなところに行きたいと思った。」
という言葉が一番嬉しかったです。
せっかく素晴らしい才能を持っているのだから、
もっともっと広い世界に挑戦して欲しいと願い続けているので。

私たちも新しい地図の一員。この陽のエネルギーを広げて行けたら幸せですね

2018-09-30 01:29 | カテゴリ:未分類
今日は慎吾ちゃんと吾郎さんと剛君の3人が新潟のNST祭りに参加して、
パラリンピックを盛り上げている様子がtwitterなどで見ることができました。

フランスの慎吾ちゃんの個展に吾郎さんと剛君も駆けつけて、
パリのジャポニズム2018を盛り上げている様子が報道されたばかりですが、
3人の充実した表情や生き生きした話ぶりを見るだけで幸せな気持ちになります。

慎吾ちゃんの初個展のきっかけは、
関係者に剛君が慎吾ちゃんの絵を売り込んだからという
とっておきのエピソードが披露され、剛君の慎吾愛が溢れていましたね。
吾郎さんのブログでの慎吾ちゃんの個展に対する感想も秀逸。
自然にお互いをリスペクトし合っている姿に心からあたたかい気持ちになります。

剛君は日本に帰ってきて、
声優として主演したアニメ映画『ムタフカズ』の完成披露試写会にも参加し、
満島真之介さんや柄本時生さんたちとともに舞台挨拶に立ちました。
大好きなSTADIO4C制作の映画に声優として携わることができた喜びが
身体中に満ち満ちていて本当に嬉しそうでした。
監督に剛君は「楽器みたいに声が出る」と言っていただきましたが、
その通りだなあって思って、なんだかとっても誇らしい気持ちになりました。
この映画は10月12日公開ですね。
私の住んでいる県では公開映画館はないので、京都に観にいくつもりです

第31回東京国際映画祭「コンペティション部門」16作品に
吾郎さんの『半世界』が選ばれたそうですし、
来年3月公開の剛君出演の映画『まく子』の予告動画も配信されました。
映画なら観たいと思えば観られますので、どんどん作品に出演していただきたい。

舞台はねえ、『道』まだ取れません。
初めてですね、こんなに取れないとは
新しい地図に家族3人が登録していますがことごとく全滅。
梅田芸術劇場もぴあも先行抽選で息子も参戦してくれましたが全滅。
チケットの厳しさを思い知る毎日です。
あとは先着ばかりなので、さらに厳しそうですがとにかく最後まで頑張ります。
でも世の中でこんなに剛君の舞台を観たい人が多いんですから、草彅剛は凄いなあ。

9月22日は新しい地図の1周年でしたね。
9月23日のパワスプで剛君がこわい夢を見る話をしていましたが、
私も22日から23日にかけてすごく長い不思議な夢を見ました。
私の夢になぜか中居君が出てきたんです。
そして見ず知らずの私に話すんです。寂しいって言っていました。
なぜか私のようなものが一生懸命慰めていました。
どうして中居くんが夢に出てきたのかなあ・・・。

息子の結婚式が2週間後に迫ってきました。
結婚式でお母さんの好きなSMAPの曲を1曲入れたいと息子がいうので、
悩んだ末に、大好きな『ありがとう』を入れてもらうことにしました。
結婚式であの曲が流れたらなんだかコンサートのフィナーレを思い出しそうです。
あの興奮と多幸感と感謝の気持ち。これからも忘れずに頑張りたい。

2018-09-12 23:56 | カテゴリ:未分類
前回の更新から1ヶ月以上経ってしまいました。
目の回るような激動の1ヶ月でしたがようやく落ち着いてきました。

この1ヶ月に我が家で起こったこと。
東京に住む息子の結納を帝国ホテルで無事とり行いました。
帝国ホテルは初めてだったのですが、
ハレの日にふさわしい風格があり喜びも一入でした。
慎吾ちゃんのお店「ヤンチェ・オンテンバール」はオープン前で残念。
ななにーでたくさん紹介されてとても行きたくなったので、
次の機会には是非お買い物に行きたいと思っています。

お隣に日生劇場が見えたので、12月にここに来るわ!
と意気込みましたが、今回はまだチケットが当たっていません。
明日が二次先行の結果発表、その後は梅田芸術劇場の先行抽選ですね。
どうか当たりますように・・・。

吾郎さんのミュージカル『君の輝く夜に』を8月18日に観てきました。
前から4番目の良席で、娘と主人と3人でワクワクしながら楽しみました。
吾郎さんと女優陣の歌とダンスとコミカルな掛け合いが見応えたっぷり。
吾郎さんの余裕のある雰囲気は魅力倍増で本当に素敵だったです。

剛君の『バリーターク』も凄かったし、それぞれの充実ぶりに感動します。
今年2回も良席が取れたので、贅沢は言えないと思ってはいるのですが、
剛君の舞台『道』はやはり観たいので、最後まで頑張ろうと思っています。

9月2日のななにーは初っぱなの氣志團とのライブが良かったですね。
ノリノリの歌や踊り、セリフのような歌詞に力がこもっていて楽しかった!
剛君の短髪が昔の剛君風で当時を思い出すような若々しさ。
ダンスパフォーマンスは本当に心地がいいので、
これからも積極的にがんがんダンスしてほしいなあって思います。

録画をしていた「ブラタモリ」の那須高原と鳥取砂丘を、
先日の日曜日やっとゆっくり見ることができました。
その土地の地質にまつわるドラマチックな歴史が面白いし、
剛君の落ち着いたナレーションが繊細に高まっていく感じが心地いい。

宮藤官九郎さんと対談している後編を読みたくて雑誌「CREA 」を購入。
二人が出会ったドラマ『おいしい関係』で、私も剛君を発見したので、
あのドラマを回想する二人の会話が嬉しかったし、
『中学生円山』で築いた信頼関係を確認しあっているのもいい感じ。
力の抜けた、深いところで共鳴しあっている二人の空気感が好きですね。
本当に「また、いつか、なんかやりましょうね」を楽しみにしています。

主人の母の近くに住むことになり同じ市内ですが引っ越しをしました。
大掛かりな引っ越しだったし、パソコンを触る余裕はありませんでした。
台風が二回も直撃し、引っ越した先で停電と雨漏りがあり大変でした。
自然の脅威にただただ驚かされる日々です。

でも、もっともっと大きな被害で大変だったお家も多いようですね。
避難所生活を強いられている方々に比べると
我が家は大したことはありません。
台風や地震で大きな被害に遭われた方々に心からお見舞い申し上げます。


2018-08-08 00:16 | カテゴリ:未分類
「ななにーin京都」は夏の京都を満喫できてとても楽しかったです。

ファンでいっぱいの京都駅前。
見慣れた京都駅が活気と熱気に溢れていて感動的。
3人を見ようと集まった人たちの歓声が心地よく、
吾郎さん、慎吾ちゃん、剛君もとても嬉しそうな様子でした。

沿道の人たちの3人に対する声援や笑顔の大きさで、
3人がどれだけ多くの人に愛され求められているか
実感として伝わってきました。
Twitterでもななにーで地方を回って欲しいと言う要望が
たくさん流れていましたね。
地上波のTVで見ることが少なくなった3人を、
どれだけ多くの人たちが全国で待っていることでしょう。

また、3人による西日本豪雨災害への募金の呼びかけによって、
支援の輪が大きく広がるといいですね。

夏らしい浴衣姿が素晴らしかったですね。
和服で有名な京都市長さんからも、
3人の浴衣姿は「最高やね」とお墨付きをいただきました。
普段とは別のオーラを纏った3人の浴衣姿をたっぷり見られて、
猛暑で枯渇していた心が爽やかな気持ちで充足して行くのを感じました。
共演の方々、特に女優の方々の浴衣姿が素敵で、
和服ってやはり日本人の魅力を引き立てる重要なアイテムなのだと
あらためてしみじみと感じ入りました。

関西人としては見慣れた京都の景色の中で、
楽しそうにしている剛君たちの姿を見られて喜びも一入でした。
あんな風に剛君たちがぶらぶら歩いて街で遊んでくれたら、
街や文化の活性化に大いに貢献してくれること間違いありませんね。
あんなに街がキラキラして見えるなんて流石としか言いようがありません。

共演してくださるゲストの方々への親近感がぐっと増すのも不思議です。
3人の鍛え抜かれた人間的魅力が他の方々の魅力も引き出しています。
キャイ〜ンのおふたりのお人柄やお力に寄るところもあって感謝です。
多幸感が広がって行く感じがたまりませんでした。

下鴨神社でのライブも幻想的な雰囲気でとてもスペシャルな時間でした。
吾郎さんは舞台中ですが、剛君が評した透明感のある歌声が素敵です。
夏川さんと3人が歌う『涙そうそう』と『少年時代』が胸に染み入るようでした。

最後の人狼ゲームの行われる法輪寺が映し出された時はびっくり。
嵐山にある法輪寺といえば、1300年前に建てられた歴史あるお寺。
私の家は京都の隣県ですが、わざわざ家族揃って出向いて、
息子と娘の十三詣りでご祈祷や訓話をしていただいたご縁の深いお寺です。

あの由緒正しいお寺の中での真夜中の話し合いに耳を傾けていると、
『源氏物語』の「雨夜の品定め」がふと頭に浮かんできました。
時空を超えて、平安時代にタイムスリップしたような錯覚すら覚える雰囲気。
今回のななにーは半端ないわああ。

京都市全面協力。「日本文化を味わってもらう」が貫かれていましたね。
冒頭から日仏の友好やジャポニスム2018の話題も散りばめられていましたし。
壮大なテーマの中のびのびと遊んで喋りまくる3人が見応えありました。

特に剛君、よく喋り冴えまくっていましたね。
舞台中で頑張っている吾郎さん、
フランスでの個展を控えている慎吾ちゃんのために、
一生懸命に話を振って盛り上げていました。
女性の方々への言葉かけや気配りも並並ならぬものがありました。
人狼ゲームの時に推理を熱く語る姿は『スペシャリスト』がよぎるほどの熱量。
熱くなりすぎて暴走気味な剛君も可愛かった。
任侠入っている颯爽とした浴衣姿、少年のような大人可愛い剛君がたっぷり。
今回のAbenaTVの見逃しビデオは再生回数がいつも以上に増えそうです。

私事ですが、法輪寺で十三詣りをしたという息子は、現在東京で働いています。
その息子がこの度結婚することになり、今週末結納をすることになりました。
場所はなんと新しい地図にゆかりの深い帝国ホテルです。
息子と彼女が場所を決めて連絡してきたのでびっくり。
ということで今週末は東京に向かうことになっている私です。
帝国ホテルなんて大丈夫かしら。無事つつがなくできますように。

2018-08-02 12:21 | カテゴリ:未分類
先週の金曜日の「金スマ」にとても癒されました。
理不尽なことがまかり通るようになってきた日本社会に
底知れぬ嫌悪感や不安感を抱きつつあった昨今。
サッカー日本代表の人たちの言動はとても爽やかで、
日本人としての誇りを蘇らせてくれるようでした。
長友選手の表情や言葉、生きる姿勢も、
お茶目で親しみやすいだけでなく、心から尊敬の念を抱きました。

番組の最後ではひとり農業の渡辺さんが
西日本豪雨で被害を受けた農業の方たちを
お見舞いにうかがっていらっしゃる映像が流れましたが、
被害の実態や被災者のお気持ちがダイレクトに伝わってきました。
自然の恐ろしさ、農業の過酷さを感じさせていただきました。
何か復興のお手伝いができないものかと心から思いました。
そういう気持ちにさせてくれた番組の真ん中に中居君がいますね。

同じ夜、木村君の「What'UP SMAP」の最終回が放送されました。
「SMAP」を唯一残していた番組。
木村君が何を話すのか耳を傾けました。
リスナーのお葉書を読む形で「ななにー(72年)生まれ」と言ったことで、
やっぱり剛君たちとは今でも繋がっているのだと感じました。
最後にかけた『夜空ノムコウ』。
慎吾ちゃんが『クソ野郎と美しき世界』で歌っている「新しい詩」で、
「夜の向こうには約束の場所」と言っているのを信じたい。

東京オリンピックの総合監督が『バリーターク』でもお世話になった
野村萬斎さんだと発表されました。パラリンピックの演出は
スマスマの最終回で犬のお父さんが「さよならじゃないよな」と呟いた
ソフトバンクCMのや缶コーヒーのBOSSを手がけた佐々木宏さん。
このニュースに閉ざしていた頑なな思いが
揺さぶられるような気持ちになったのも事実です。

あまりに理不尽なことが続き体調までおかしくなった身としては
慎重な気持ちについついなってしまうのですが、
差し込んできた光を手繰り寄せたいと思いもあります。

何はさておき、今度の日曜日は月に一度の「ななにー」ですね。
我が家からも近い京都からの生放送です。
ライブ観覧に応募したかったけれど健康にそこまで自信が持てないので
応募を我慢しましたが、夏川りみさんとの世界遺産でのライブが楽しみです。
お寺で開催されるというの人狼ゲームや3人の浴衣姿での京都まち歩きも。
京都は日曜日まで猛暑が続きますが、事故なく、無事成功しますように。